色々と新しい取り組みを考えて、実際に実験、実践をしています。
その中の一つが、個人的に気になるトレンド系のニュースを取り上げよう!という取り組みです。
カテゴリーも将来的なことを考えて「今週のトレンドニュース」という風にしようとしたのですが、おそらく時系列関係なくなりそうなので(笑)ありきたりではありますが、今のカテゴリーにしました。


その中で、直近で一番テンションが上がったのが、今回の記事のメインになる「FF7リメイク」です。
この記事を書いている時点では、下記のニュースが一番最新のものになります。


【動画あり】『FF7 リメイク』バトルシステムまとめ&試遊追加リポート【E3 2019】 - ファミ通.com
ちなみに、今後のニュースやリリースされた後の内容に関しては現在考え中です。



オリジナルの100倍以上のデータ容量でリメイク


オリジナルはCD-ROMでしたから、今作と単純な比較をした場合、オリジナルのディスク1枚を少し多めの容量にして1GBだとしても、リメイク版とでは25~50倍の容量の差になります。
ちなみに、CD-ROMの場合大体700MBほどですが、今回はわかりやすく1GB(1000MB)として書いています。

今作はBDでの発売になりますから、1層であれば25GB、2層なら50GBもの容量になります。
この辺については、まだ公式に発表をされていないので、明確なことは言えませんが個人的な予想では、ここまでの作り込みと、あえて「分作でのリメイク」ということを基準に考えると、おそらく2層の2枚組になると思われます。ということは、100GB相当のデータ量になると言ことですね。

そして重要なのが、今作はミッドガル脱出までのストーリーという部分です。
オリジナルでは、3枚のディスクで物語が展開されました。先程の容量だと大体3GBということですね。
しかし、今回のストーリーは物語の展開でいえば、序盤と言えます。
オリジナルのディスク1のストーリー展開をいくつかに区切ると大体8つほどの節目があります。
その中の一番最初が今作のミッドガル脱出になります。ですので正直、リメイクが何部作になるのかは、全く予想ができません。
しかし別の視点で考えれば、それだけハイクオリティーな作品になる!ということでもあります。

今までの100倍以上のクオリティーのゲーム…と言われて、皆さんはすぐに、ハッキリと想像できますか?おそらく、ほとんどの人が難しいでしょう。
そのような、想像を超えまくったゲームの一つが、今作の「FF7リメイク」という作品なんです。



今までのシステムの集大成のバトルシステム

オリジナルでは、リアルタイムで時間は経過していきますが、行動の選択は「コマンド」での選択のみでした。
それとは違い、今作は、コマンドでの選択もありますが、基本的には、リアルタイムアクションでの操作になります。詳しくは、最初に張ったリンクを参考にしてもらいたいと思います。

動画を見たという前提で続きを書きますが、多くの人が気付いているとは思いますが、今回のバトルシステムの大本は、スクエアエニックス(当時はSQUARE)の代表作になる「キングダムハーツ」シリーズがベースとなっているはずです。

…が!実はその前に「エアガイツ」という、SQUAREのゲームキャラクターが「KOF」のように戦う格闘ゲームがありました。
私は、運よくそのゲームを持っている人が知り合いにいたので、何度か遊ばせてもらいました。ちなみに、この時も声がついているのですが、現状の声優さんとは違う人です。たしか、この時の声優さんのままなのは、「ユフィ・キサラギ」だけだと思います。

このように、昔から試行錯誤を続けながら、様々な(バトル)システムの挑戦をしてきました。
その集大成が、現状プレイができる作品では「ディシディア」シリーズなどになります。もちろんスマホゲームである「ディシディア・ファイナルファンタジー オペラオムニア」のような簡単なコマンド式のゲームもあります。

個人的には、オリジナルの「コマンド」システムも好きなので、そちらでもプレイできると嬉しいのですが…おそらく難しいでしょうね。

ただ、コマンドの選択中はスローモーションになるという演出は、映画「マトリックス」の1シーンみたいで、とても個人的には大好きです。
これもゲームならではの演出と言うか楽しみ方だと思っています。現実じゃあ、まず無理ですから(笑)

リミットブレイクに関しても、どの程度の頻度で使用できるのかも気になりますね。
キングダムハーツだと、フォームによって固有の技があり、それらは基本的に条件を満たせば、結構な頻度で利用ができますが、今作のリミット技もこうなるのでしょうか?
それともテイルズシリーズのような頻度になるのか…その辺も大変気になりますね。

個人的にはリミット技のほかに、キャラクターごとの固有の技や、「マテリア」によるスキル変化を期待しています。
とにかく、リミット技が頻繁に使えるのは、ちょっと嫌なタイプです(笑)
必殺技!って感じがしませんからね。



ストーリーの臨場感が半端なく高いハズ

最初の方に書きましたが、おそらくオリジナルの100倍以上のデータ量になるということは、それだけ臨場感が高くなるということです。
もちろん、データが100倍だから、臨場感も100倍になる…とはいかないでしょうが、間違いなく、歴史上トップクラスの臨場感の高さになると思います。

もともと、PS三部作はストーリーがかなり作り込まれた作品です。(というか、FFシリーズ全体でそうですが。)
個人的には、オリジナルの時点でも臨場感高く、ストーリーに熱中できたので、今作にはかなり期待をしています。

ゲームの目的は、娯楽としての時間をとことん楽しむという部分にあると思います。
しかし、その楽しみ方も人により違います。育成ゲームのように、すべてのキャラクターのステータスを完ストして、アイテムもフルコンプすることが一番好きな人もいますし、私のようにストーリーを楽しみたい人もいます。
また、今作はフルボイスですから、好きな声優さんを楽しむというのもあるでしょう。あとは、映像を楽しみたいもありますね。
今回の作品はこれらすべてがハイクオリティーで楽しめると思います。

ゲームシステムは当然ながら現時点で最高の内容になっていますし、ストーリーも20年以上の時間が経ち、関連作品とのすり合わせも行っているはずですから、より深い部分まで作り込まれているでしょう。映像に関しては、書くまでもなく、凄いことになっています(笑)
どの分野に関しても、確実に熱中できること間違いなしでしょうね!



キャラクターを通して、プレイヤーも成長しよう!

攻略本などに書かれていますが、登場人物たちは、みんな何かしらの「嘘を自分についている」状態です。FF7のコンセプトの一つに「自分と向き合う」という要素があり、キャラクターたちの成長を通して、プレイヤーである私たちにも、いい影響をくれるはずです。

近年ではゲーム脳などのネガティブな内容が目立ちますが、ゲームも広い意味では「ツールの一つ」ですから、使い方によって、結果が全く変わります。

基本的にはゲームというのは、娯楽の典型ですが、それ以外の内容を娯楽から得られないとは限りません。
例えば、今回の作品をきっかけに、間違いなくプログラマーになる人はいるでしょう。このように、リアルの人たちの人生に、何かしらの大きないい影響だって与えているのです。

ゲームやアニメと言えども、何かしらの表現行為ではありますから、現実世界においても、何かしらのきっかけとなる発信を作品に込めているチームがほとんどだと思います。
そのような意図もくみ取れるのであれば、くみ取って自分の人生に活用するのは、全く悪いことではありません。
使えるものは、なんでも使えばいいのです。
…と書いていますが、基本は気楽に、自由に、マイペースに楽しむのが一番だと思います。

間違いなく、今回のシリーズは、歴史上に(また)残る作品になるでしょう!
まだまだ、公式に続報が続くと思いますので、機会をみて、この記事なども更新をしていきたいと思います。
皆さん、「興味がでましたか?」
発売まで、半年以上ありますが、わくわくしながら、待っていましょう!

それでは、今日も最高の一日を。