以前の記事に速読スキルを中心とした内容を書いたのですが、それ以外にもまだまだ書きたいことがあります。なので今回は、スキル以外の内容を基準に書いていこうと思います。また、速読、本を速く読むためのスキルについては、こちらの記事を参考にしてください。最高の速読

共感覚の記事では、共感覚とは別に「IQを高める」と書きましたが、「抽象度を上げる、抽象度の高い思考ができるということが、IQを高めることである」と、苫米地英人さんの「オトナ脳は学習できない」という書籍の中で書かれています。他の記事でも何度かリンクを張っている

これからの記事にも関係してくる内容ですので「共感覚」について少し詳しく書いていきます。そもそも共感覚とは、音を光で感じたり、触感で音を聞いたり…という感じで、本来の五感の処理に、他の五感の処理も同時に付いてくる状態のことを言い、共感覚者は生まれながらに共

コーチングにおいて「コンフォートゾーン」とセットとなる内容である「ホメオスタシス」。基本的な内容はコンフォートゾーンの記事でも引用をしたリスタさんのサイトを参考にしてください。苫米地式ホメオスタシスを味方にして自動的に夢を叶える方法http://re-sta.jp/homeos

コーチングの専門用語であり、現在ではアメリカのドラマなどでも時々セリフとして登場をすることもある「コンフォートゾーン」。詳しくは、リスタさんの記事に書かれていますので、まずはそちらを参考にしてください。公式|コンフォートゾーンを変えて自然と成功していく方

これからコーチング関連の記事を書くにあたり、必要となってくるのが、それぞれの専門用語の定義や意味になります。最近はコーチングも市民権を得てきたので、元々の意味合いから、だいぶ違う意味で使われていることが増えてきました。苫米地さん関連の話であれば、「英語脳

私が速読をできるようになりたい!という人に絶対におススメしている書籍が、苫米地英人さんの「ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫) 」という文庫です。しかし、この書籍は現在は絶版となっており、電子書籍版のみというか、kindle版だけになっています。

以下が当サイトのプライバシーポリシーになります。目次 広告の配信について 参加アフィリエイトプログラム 免責事項 著作権について 広告の配信について当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。広告

皆さんはじめまして。IroN(あいろん)と言います。このブログでは、皆さんの「スコトーマ」と呼ばれる「心理的な盲点」を少しでも外せることを目標に、様々な記事を書いていこうと思います。書籍などから得た内容と私自身の体験などを中心にして、皆さんに、少しでも価値の

↑このページのトップヘ