速読で多読が日常

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

10連休には「CHUCK」旋風を体感しよう!

ちょっとした緩和休題的な内容を…。
と、思っていたのですが、
ちょうど私自身も
ここ数日でCHUCKのファイナルシーズンだけですが
3回くらい繰り返して、観ていました。

まあ、区切り、区切りという感じですが…。

ただ、やっぱり思ったのは

めちゃくちゃ、面白い!!

という感想です。

一部では海外ドラマは、途中までが一番面白くて、ファイナルシーズンに向かうにつれて、つまらなくなる…。
という感想をよく聞くのですが…。

個人的には、CHUCKに関しては、
やっぱりそんなことないよな…。
と、思っています。

ただ、私自身は、他の人よりも、
海外のエンターテインメント産業のお金の事情に対しての知識と情報を理解しているので、
その辺の理解もあって、
この様な内容を知らない人よりも
少し贔屓目な視点もある…かもしれません。

ですが、贔屓目な部分があるかも?というところを差し引いても、
本当に面白い!
思っています。

丁度、10年くらい前の作品ですが、それでも、本当に面白い。
というのも、
全部は見れていないので、確実な根拠は無いので、あくまでも、仮説的な内容になりますが…。

丁度、10年くらい前の作品というのは今よりも、もっと自由に作品を作れた環境だったように感じます。
というのも、
CHUCKがリアルタイムで放送をされていたときから、
今まででは
アメリカ自体の国力や視聴者の環境、そして、クリエイターの環境も、かなり大きく変わったからです。

ここについては、現在進行形で、調べている最中ですので、詳しくは、まだ書けませんが、
簡単に言うのであれば、
年が経つごとにお金の力が強くなっている。
という部分が、大きく関係しています。


スポンサーが大切なのは日本だけでなく、当然、海外の作品も同じことです。

個人的に、
「CHUCKシリーズ」を高く評価している内容の一つである
「プロダクトインプレイスメント」
呼ばれる手法が、かなり上手いことが理由の一つにあります。


ただ、この手法は、作り方が下手だと、作品の途中で「単なる宣伝シーンが挟まれる」ことになるので、
使い方が難しい方法でもあります。

比較的相性が良いのは
スポーツ漫画とかであれば、
実際の道具やユニフォーム、スポーツドリンクなどは
試合や練習のシーンでは、ごく自然と使えますので、
その点は、他の作品よりも苦労は少ないでしょう。

ですが、「CHUCK」はスパイアクションの海外ドラマですから、
普通であれば、プロダクトインプレイスメントは、結構苦労する。
というか、
シーンに上手く溶け込ませるのにかなり苦労をする。
…のですが、
先ほども書いた様に、CHUCKはもの凄く上手く溶け込んでいる部分が多い。

しかも、5シーズンもあるので、話数も多いわけですから、それだけ、
ここはちょっと…。
というシーンに出会う確率も高くなります。

が…!

本当に、うま~く、埋め込んでいる。

それができるのは、
舞台設定もそうですが、登場人物たちが個性的で、
違う言い方をすると…。
「こいつらなら、やるな…。」
という、
もの凄い納得感があります。

納得感がある。
ということは、それだけ、作品に没頭できる。
ということでもあります。

さらに、さらに、
某国とは違い、
作品に登場をしてこない
細かな部分まで、
しっかりと、創りこまれている。
という部分です。

しかも、単なるこじ付けではなく、科学的な内容なら、科学的な根拠や歴史などを
本当に深くまで調べています。

さらに、これらの熱量が高い内容ですら、必ずしも、表に出てくるとは限らない…。

例えば
「インターセクト」がどのような仕組みで、どのような目的で、誰が作ったのか?
という内容については、
おそらく、かなり、深くまで考えていると思います。
個人的には、
カーネギーメロン大学クラスの博士号を持つ人達がアドバイスをしている可能性もかなり高いと思っています。
もしかしたら、
作中にも出てくる「DARPA」の人たちが協力をしている可能性もあります。

というのも、一部の回では、実際にCIAも協力をしている回もあるくらいです。


後は、有名な役者も多く出ていますし、
ザッカリー・リーヴァイ、イヴォンヌ・ストラホフスキー、マット・ボマーなどを筆頭に
ここからさらにステップアップをしていく人たちも多く出演しています。

それにしても、CHUCKのゲストの人たちは本当に凄いですよ…。

「ターミネーター」に、「007」、「ストリートファイター」に「ワイルドスピード」や「スタートレック」…。

もう凄過ぎです!


ザッカリー・リーヴァイに関しては、
この記事を投稿している時点では
「シャザム!」というアメコミ原作の映画でも主演として登場します。


そして、吹替の声優さんも
本当の実力者ばかりで、
「違和感なく」吹替を楽しめます。

どの作品かは言いませんが、吹替があまりにもアレで、元々の役者が下手なのか?と疑う様な作品も結構あるのですが、
「CHUCK」は間違いないでしょうね!

チャックの吹替はドラゴンボールのトランクスやスラムダンクの桜木花道を演じている草尾毅さんです。
ワンピースでは
若かりし頃のゴールドロジャーも草尾さんです。


ちなみに、「ドラゴンボール超」で登場をした「ジレン」の声優さんも登場をします。

これは、最近私も知りました…。

まさか、あの人がジレンと同じ声優さんとは…。
驚きです!


そして、吹替では、吹き替え用の演出をしますが、これがまた、良い…!
吹替のセリフも面白いですからね…。

特に、
チャックの相棒のジョン・ケイシーの口癖「ドアホ」は、
おそらくですが、チャック役の声優さんが草尾さんだから、
桜木花道を意識しているのかな?
個人的に思っていますが…。

ただ、回を増すごとに、いい意味で、どんどんキャラクターがコミカルになって行くのは、ハマる要素の一つだと思っています。


この作品は
いい意味でも、悪い意味でも、
「人は変わる」
ということを教えてくれる作品でもあります。

おそらく、CHUCKのテーマの一つに、この様な変化に重きを置いているのでは?
と個人的に思っているくらいです。


後は、お見事キャプテンや姉さんやチャックやサラの元恋人たちを筆頭に
イケメン、美女が沢山出てきます。

こういうのがお好きな人にもおススメですね(笑)


今回の記事は
「CHUCK」をどっぷりと見て、楽しんで貰うことを前提としているので、
ストーリーの内容は、あえて、そこまで書きません。


今の私は、英語の学習として使っている作品の一つですが、
すでに書いているように
吹替でも楽しめる作品です。
というか
個人的には
オリジナルと吹替の両方で楽しめる作品になります。


10連休だけでは無いですが、
休みの日に、特にすることも無いし、家からも出たくない…。
という人にもおススメですね。

…。
今回は、おススメという単語が多く出てますが、
それくらいに魅力的な作品である。
ということです。

実際に、放送当時は、アメリカで賞を総なめにしていますし、
日本でも、かなり人気があったようです。

詳しくは、まだ、よく知らないのですが、
チャック役のザッカリー・リーヴァイは、この作品を映画化したいという内容をネットで見かけました。

個人的には
映画も続編放送も両方期待します!

というのも、
最終話を見る限りは、
ちゃんと、「CHUCK2」という感じの続編に繋げることができる終わり方だと思うからです。

というか、
私自身は、どのように、次につなげるのかな?という、
ある意味シナリオライターの様な妄想を楽しんでいます(笑)

それこそ、最近実写ドラマ化した「I’s」アイズという恋愛漫画の様に
彼ら、彼女らの、その後を色々と考えたくなる作品がCHUCKなのです。

実際に観ている最中はもちろん、
最終回が終わっても楽しめる作品ですね。

最後に、
CHUCKの宣伝文句?
をお借りしておきましょう。


彼は「国家機密」、彼女は「諜報員」。
時給11ドルで世界を救う!!

最高のチャック旋風、吹きまくる!



チームバトウスキーの活躍を、皆さんも体感してください!


それでは、
今日も最高の一日を。


CHUCK/チャック <シーズン1-5> DVD全巻セット(45枚組)
ザッカリー・リーヴァイ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-11-23


まずは今の10倍を目指してみよう!

10倍を目指す前に、まずは、皆さんが今の10倍になったとしたら…。
という想像をしてみてください。

この時に、そこまでの道筋は見えなくてOKです。

というか、もし見えたとしたら、ここでは、それは、好ましい内容ではありません。

つまりは、10倍では「足りない」ということですから、もっと、数字を大きくしてください。



そして、
これは、タイス式コーチングなどではよく言われている内容の一つです。

今の10倍を目指す。
というのは、
タイス式コーチングにおける最大のポイントと呼べる内容である
「現状の外側にゴールを設定する」
別の言い方をするのであれば、
「コンフォートゾーンを現状の外側に移動させる」
という目的を達成するために、かなり使い易い考え方になります。

例えば、
現時点で、毎日1冊の読書をしている人、それも、1冊読むので精一杯の人は
この考え方を基準にして、
「自分はすでに、毎日10冊の本を軽々とリラックスして読んでいる」
というコンフォートゾーンへと動かしていくのです。

この時のコツは、すでに、自分は10冊の読書が日課である。
という自己イメージを持つことです。

ちなみに、ほとんどの内容に共通をする内容の注意点になりますが、
ここであれば、今まで3時間で1冊を読んでいたのであれば、
この時の時間を「変えないで」3時間で10冊を読んでいる。
という自己イメージ及び、実際の状態を目指すことです。

これは、言われれば当然の事ですが、
意外だったのが、この様に今の10倍を目指す。

ここであれば、今の10倍速に処理速度を速める。
という言い方が出来るでしょうが、
何かと理由をつけて、
言葉では、口先では10倍速!
とか言いながらも、実際の行動の結果は
時間を長くして、結局今までの、良くても2倍…もないかな…。
という感じの
現状の延長線での内容を
無意識的に、
自分では10倍の内容をやっているという、
「無意識的な勘違い」をしている人が多くいます。
つまりは、
少しずつ、出来ることから、コツコツと、積み重ねていく!
という「マインド」ではなく、
すでに、自分は10倍の処理能力の人間である。
という、
一気に変化をしている自己イメージを臨場感高く維持することが大切です。

コーチングという名前も色々と多くなっていますが、
元祖コーチである、タイス式コーチングの考え方では
現状の延長線を維持するやりかたではなく、
最初から現状の外側にゴールを設定するのです。

この時の間違いの一つに、
1.1倍ずつしていけば、結局は何年後、何か月後には10倍になるから、
この様な方法、考え方でも現状の外側の考え方である。
という風に言う人がいますが、
基本的にこれは、タイス式コーチングなどの考え方とは反しています。

詳しくは別の記事で書いていきますので、ここでは簡単に書いておきますが、
この方法、考え方は結局は
現状を起点にして、ゴールをステップバイステップ的に設定をしているからです。

タイス式コーチングでは、
過去や現状の状態や
やってきたこと、または、やらなかったことは
未来に一切影響を与えない。

時間は過去から未来に流れるのではなく、
未来から過去へと流れていき、過去はどんどん遠くに行くだけである。
という、
最新哲学の内容をタイス式コーチングでは基準にしています。

ただ、この様な考え方では「アビダルマ」と呼ばれる東洋の考え方の中では大昔から言われている内容でもあります。
つまりは
最新の科学と古来からの天才たちの考え方などを元にして、科学的な根拠を作っているのです。

ですので、
未来を、ゴールを設定するときに
俗に言うところの今の状態を基準にしている時点で、
すでにタイス式コーチングではな無いのです。

個人的には、コーチングですら無いと思っていますが、それは、また別の機会に。

ですので、
今の自分ができないことであれば、それはゴールとして設定をするのにふさわしい内容と言えます。

その状態を作りだす、とても効果的であり、簡単な考え方の一つが、
今の「最低」10倍以上をゴールとする。
目指す。
という考え方です。

この考え方は基本的に、何でも使えます。
ただ、ある程度の「物理的なボトルネック」がある内容は
「少し工夫が必要になる」でしょう。

例えば
スプリンターの桐生選手などが、100M走を平均で10秒2で走るから、これの10倍を目指して、1秒台で走るぞ!
というのは、今の人類の身体能力では、かなり難しいでしょう。

ですが、将来的には、遺伝子操作などで、これも可能になるかもしれません。

つまりは、サイヤ人みたいな能力を手にしている可能性も普通にあります。

ただ、現状であれば
例えば、平均タイムを9.9秒台を目標にしているのであれば、
そのタイムよりもさらに、0.1秒以上を目指していく。
つまりは、9.8秒台で走る。
という設定の方がいいでしょう。

ただ、
個人的には、世界記録よりも速い平均タイム9.4秒を目指して貰いたいと思います。

この様に、取り組む内容においては、
確かに、
現場の意見では無いですが、
実践者だから、わかる
その世界の常識や限界と呼ばれる考え方があります。

ですので、この様な、限界点などをさらに、圧倒的に超えていく。
という基準でゴールを設定するのも有効な方法の一つです。

ただ、多くの人の場合は、この様な少しの工夫をする必要はほとんどなく、
単純に、
10倍にする。という様な、本当に簡単なアプローチで大丈夫でしょう。

むしろ、
先ほど書いた内容は、ある程度、現状の外側へと進んで、更新をして、また進む。
ということを繰り返した人が行う工夫と考えても良いでしょう。

ですので、
何度も書いていますが、まずは、単純に今の10倍を目指していきます。

読書量でも、ブログやツイッターやインスタ、YouTubeなどの一日の投稿数でも
作詞や作曲、漫画などのクリエイトでも、
年収でも、本当に何でも良いのです。

もう一つわかり易い例を書くと
貯金の金額を今の10倍に設定をする。
という内容があります。

例えば、今は貯金が300万円だとして、
すでに自分の通帳には3000万円の貯金がある。
という状態を設定します。

そして、すでに3000万円の貯金がある。
という内容に強い臨場感を持つことができれば
無意識が、300万円の貯金しかないことに
強烈な違和感がを持って、
自然と、無意識的に、
貯金が3000万円になる様に、
様々な方法を考えて、
「発見をして」
自然と行動をするようになってきます。

この時に、
キツイ努力とかの感覚は一切なく、
本当に「歯を磨く」とか「トレイにいく」とか、
そんなような感覚で
自然と、無意識的に行動をしていることに気が付くはずです。


では、多くの人が気になるであろう

どのような方法で行動をしていくのか?

ということですが…。

これは、
最初の段階では、考えなくて良いです。

というか、わかる様な内容では駄目なのです。

それは、方法がわかるということは
現状の内側、現状維持の延長線の内容ということですから、
これでは、大きなエネルギーが出てこないのです。

というのも、
なぜ、現状の内側、延長線では駄目なのか?ということですが
簡単に言えば、
近すぎる内容、もう少しで出来そうだ。
という内容では、
エネルギーが出てこないからです。

これは筋トレで考えると
現状で30キロのバーベルを持ち上げられる人が
33キロを持ち上げられるようになる。
というのと、
50キロのバーベルを持ち上げられるようになる。
というのでは、どちらの方が、大きなエネルギーが必要か?
というのは、よくわかるのではないでしょうか?

つまりは、
近いことからコツコツと
というのは、
実際のところは
すでにできることを繰り返していることになるので、
成長も変化も無いのです。

10倍を目指す。
というのは
言い換えれば
大きな変化をするための
きっかけ、種の様なものです。

人間は、きっかけが無ければ、変化をしません。

そして、きっかけは、基本的に自分で作るからこそ、
自らが大きな変化をすることができるのです。

外部要因にきっかけを求めるよりも
自分自身で、変化の種を作る。

そのために、
まずは
今の10倍を目指して進みましょう!

最初は、上手く進まないことも多いでしょう。

ですが、
それは、
今、できないことに挑戦をしている、
始めたのですから、
思うようにならないのは、当然です。

ですから、
その時に、凹まないで、この様な言葉を自分に語り掛けてください。
「一つ学んだ。次は上手くいくぞ!よくやった!」
という、前向きな自己対話も習慣づけてください。

現状の外側にゴールを設定して、行動をする。
もし、
ネガティブな気持ちが出てきても、先ほど書いたようなポジティブな自己対話をマネジメントする。

これを繰り返していると
不思議なことに、少しずつ、そして時には、一気に、ゴールを達成する方法が見えてきます。

その様な内容が、見えてきたら、あとは、その内容を実践をする。

この様な
行動→発見→行動と更新
というサイクルを繰り返すことで、
現状の外側の内容がどんどん、
現状の内側に変わって行きます。

この変化は、
単なる外部要因に任せた現状維持ではなく
自分の人生を自ら築き、さらに、先へと進んで行く。
という
個人による、自分自身での、個の進化。
という言い方ができるでしょう。

これからの時代は
個人で進化をしていく時代となるハズです。

ですので、
どんどん、
自らが思い描く
現状の外側という
進化をした領域を目指して、進んで行きましょう!

それでは
今日も最高の一日を。




新年度はべつに「異世界転生」じゃない。大きく人生は変わりはしない。

今日は新年度になりますね。
本当なら、新元号が発表された正午くらいに投稿をしようかな?
と、思いましたが、止めました。
少しでも多くの人に、早くから読めるようにしたかったので。

で…。
これまた、元旦の時にはよーし!やるぞ~!
となって、月半ばくらいには、今まで通りに戻っている人が多いのと同じでしょうが…。

人によっては、シニカルだと思われそうですが、大切なことだと思うのであえて書きます。

外部要因の新年度とか、元号とかを、自分で上手く利用をするのであれば良いのですが、
思考停止で、単にメディアを中心に
新しい年度の始まりです。
新元号の始まりです。
これを機に、
「気持ちを新たにしていきましょう!」
なんて言葉で、一時的に、そんなような気持になれても

長続きする訳が無いんですよ。

そもそもね…。

だって、自分で心の底から、本音で思って出てきた感情ではなく、外側から思わされた内容ですから、
変な薬を飲まされたり、洗脳でもされてない限りは、すぐに、元に戻りますよ。

ただ、まだこれはマシな方だと思っています。

というのも、
新年、新年度、新元号などの
外部要因に
自分の人生を変えて貰おう、
もっと言えば
強くてニューゲーム、
チート能力で異世界転生
的な
願望を抱く人が…。
結構いたことに、
私はかなり驚いています。

毒を吐くようですが、
何故に、そこまで他人任せなのか?
自分の人生を、他人ですらない、単なるたまたまの社会現象にすべて任せてしまうのか…。
本当に、呆れているしだいですよ。

そりゃあ、いくら金を使い成功法や書籍を購入をしても、
変わる訳がない。

そもそも、
成功法に限定しなくても
自分が変化をするためには
自分が主体で行動をしなければ、変化など
起きるハズがないのです。

いくら、コーチングなどが凄いとはいえ、
これらは、あくまでも
補助ツールでしかありません。

コーチングも書籍も、スクールも成功法も
全ては
単なる補助ツールです。

これらがメインとなり、直接的な変化や行動をしてくれるのではないのです。

勿論、すでに書いた様に
自分がしっかりと考えて、新年度などの社会的な区切りを、上手く活用をするのは全然OKですし、
むしろ、素晴らしいことです。

どうぞ、そのまま、行動と思考を続けて貰いたいと思っています。

…。

と、ここで終わりにしては、単なる愚痴で終わりですから、
ちゃんと、なぜに、行動ができないのか?
ということに関しても、書いておきます。


まず、理由は簡単です。

行動したくないから、行動をしないのです。

勿論、なぜに行動をしたくないのか?
という、
より深い部分まで突っ込むと、多少の違いはありますが、
ここよりも一つ抽象度を上げて言葉にすると
行動をしたくないから、しない。
という表現になります。

では、行動をしたくなるようにするにはどうするか?
と言うと、
これまた、シンプル。
行動をしたくなる目標を持つことです。

…。

これまた、いつもと毛色の違う書き方をしていますが、これも意図的にやっています。

というのも、
どうやら、多くの日本人は欲望まみれの利己的な人が結構いるようだ…。
ということに最近気が付きました。

しかも、多くの人は書籍をほとんど読みませんし、新聞も読まない人が増えています。
さらには、メディアもそのことは理解しており、
雑誌であれば写真ばかり、ネットであれば動画や面白写真ばかり…。
という風にどんどん、頭を使わなくてもいい内容に進んでいます。

ただ、この様な状態でも、
自分の煩悩を満たすことにフォーカスをすると
途端に、行動をしはじめ、継続をする人が増えてきます。

あえて、ここでは名前を出しませんが、ある程度の認知度がある人達の中にも
この様な
自分の欲望に突き動かされて行動をし続けている人達。
というのは、多くいます。

ですので、
何も行動しないで、他人の足を引っ張るだけなのであれば、
まずは、自分の欲望を満たす目的だけのために行動をするのでも、
今は良いのかな?
と思い、
今回はあえて、この様な記事を書いてみました。

先ほどの行動をしたくなる目標ですが、
人それぞれだと思いますが、
あえてわかり易い内容を書きますと
社畜から脱却をし、毎日、好きな時にキャバクラざんまい、ホストざんまいをするために
仮想通貨で一発当てて、その金を、少しのメンテナンスで、右肩上がりを維持して、
ほぼほぼ不労所得を得ながら、遊んで暮らす。
というのが、夢だとしましょう。

この夢を叶えるために、今までは何もしないで過ごしていた人が、
仮想通貨の勉強のために、書籍を買い、動画を見たりして、勉強を始めたとします。

確かに、個人的には、この様な行動は、気分が良いモノではありません。

ですが、基本的に、個人の夢は、その人個人の自由ですから、ここは素直に、肯定をしましょう。

この様に、少しずつでも行動を始め、様々な問題や課題をクリアしていくうちに
徐々に現状の状態から変化が起きます。

まずは、社畜から脱却できたことで、社畜として奪われていた時間を、使えるようになったので、
この時間を、勉強と行動に当てることにしたことで、
さらに加速度的に、夢の実現へと進んで行きます。

正直言えば、ここまで出来たのであれば、個人投資家としては、普通に合格点ではないでしょうか?
そう考えると、全く何もしなかった単なる社畜から
個人投資家として、一応の合格ラインを突破した。
とい状態に変化をした訳です。

では、この変化は、何がもたらしたのでしょうか?

当然ですが、新元号でも、新年度でもなく
その人自身の行動がもたらした内容です。

今回の話は、かなり品が無い内容でしょうが、
そんなことも気にしないで、
欲望に忠実になってでも良いから、まずは行動をしてみては?
素直に思ったので、この様なたとえ話を書きました。


ただ、もちろんですが、ここで終わりにはしません。

それをしたら、大変なことになります。

最初は、煩悩丸出しの動物でも全然良いのです。

ただ、行動の途中、途中で、
その時にできる範囲で良いから、
抽象度を上げた視点でも思考を働かせてください。

例えば、
この稼いだ金を、一部の困っている人に寄付をしよう。

こういう、その時に思いつく内容や、真似したい内容で構いませんから、
今よりも一つ、二つは抽象度を上げた思考と行動も実践して貰いたいのです。

人間も動物ですから、
欲望に忠実になるのも、理解ができます。

なので、まずは、さっさとその動物的な欲望を叶えてしまい、
人間だけが感じられる幸せを体感できるようになっていけば良いのです。


新年度になっても、人生は変わらないし、強くてニューゲーム的に都合が良い異世界に転生もされません。

それであれば、
欲望まみれの動機からでも、何かしらの行動へと繋げた方がよっぽど多くの可能性が待っています。

自称清貧で、利他的だと主張するエゴイストのマウンティング行為は、今回は全て無視して、
欲望に忠実になりましょう!

…。
だけども、少しで良いから、抽象度を上げた思考と行動もお願いしますね…。

ということで、
今日はこの辺で。


それでは
今日も最高の一日を。


spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 IroN(アイロン)と申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク