速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

実質労働時間が3時間で良いなら…。どんどん他の職業もしましょうよ!!

これは前の記事の様に
苫米地英人さんの
「超時間脳」
という書籍を基に書いています。


書籍の中では
日本人が今の生活水準を維持するなら、実質労働時間は3時間ほどで足りるハズ。
それが出来ないのは、一人ひとりに無駄な部分が多いから。
という内容が出てきます。

勿論、実際の現場では個人以外の要因により、時間を拘束させられることが多いでしょう。

ですが、個人でできる限りのことをしっかりと行えば
今まで以上に自由な時間が増えるのは間違いが無いでしょう。

少なくとも
残業につきあう。ということは無くなるでしょう。

そうであれば、確実に1時間くらいは自由な時間ができるハズです。

なので、ここでは簡単にですが
3時間×5日で15時間を
複業の時間に使うとします。

平日は一日1時間として、5時間。
休日2日を5時間ずつで、10時間。
という感じで時間配分をすれば、
難しくないのではないでしょうか?

勿論、これはあくまでも書籍の時間を基準にしていますので
ここは個人で時間を調整して取り組めば良いでしょう。

そう考えると、
複数の職業を持つ。
ということに対しての心理的なハードルは低くなるのではないでしょうか?

(ちなみに、ここでいう副業、複業にはアルバイトは入っていませんので勘違いしないでください。)

少なくとも、
今の会社に嫌々しがみつく…。という選択からは抜け出せるでしょう。

また、
一人の個人が複数の職業を持つ。
ということに関しては
皆さんもお気づきの様に
時代が後押しをしてくれています。

基本的にはネットを中心とした
多くのテクノロジーの驚異的な発展です。

当然ですが
テクノロジーの目的の一つは、個人個人の労働を代わりに行う。
というものがあります。

ですので、少し前までの時代、
それこそ本当に10年くらい前と比較をしても、
個人が色々と活動をする時のハードルはどんどん減ってきています。

たかが10年前ですよ?

おそらくAKBブームもまだ始まってなかったのではないでしょうか?
たぶん、韓流ブームが終わるかどうかの時代のハズです。


そして、ここも大切なことですが
10年前とこの記事を書いている2019年では
環境が全然違うということです。

つまりは、テクノロジーの進化の度合いが違い過ぎる。ということです。

有名なのであれば
10年前の2009年はまだ3G回線でしたが、
2019年では4G回線になります。

ここの違いだけでもかなりのものですが

さらに来年
2020年には5G回線という
4G回線の最低100倍以上の回線がスタートします。

これによりテクノロジーの進化の速度は、また格段に速くなるでしょう。

また、アメリカでは
現時点でフリーランスと呼ばれる人たちが人口の40パーセント以上いるらしく、
少し前のデータでは2020年には人口の半分である50パーセントがフリーランスになる。
という予想もあります。

これも有名な話しですが
アメリカで起きたことは大体10~20年ほど遅れて日本でも起こる。
という話がありますが
個人的にはこの期間もどんどん短くなると思っています。

ですので
体感的には
人口の多くがフリーランスになる。
という現象は
日本であれば大体2025年くらいになるのではないか?という予想を個人的にしています。

というのも、
2020年を境目に、その後も新たなテクノロジーの登場が控えているからです。

その様な
すでにわかっている未来の情報と現時点での社会の流れを基に推測をすると
やはり、今までの様に
一つの会社に定年まで居続ける。
というスタイルは
すでに崩壊寸前である。
という結論になります。

アメリカでは
勤めている会社を辞める。と伝えると
「おめでとう」
と言われる文化だそうです。

これはつまり、会社に頼らず、自ら人生を切り開いて行く、行ける。
という考えと
アメリカ人のプリンシプルでもある
「フロンティアスピリット」
という内容が影響としては大きいのでしょう。

ですが、
今の日本では
この真逆です。

会社を辞める。と言うと、
そんなんで生きていけるのか?
という
根拠のない脅しが始まる訳です(;・∀・)

最悪ホームレスになっても
日本という国では餓死することも無いでしょう。

実際に、ホームレスで糖尿病だとか痛風になる。
なんて話も聞いたことがある人は多いでしょう。

また、直近で話題になっている
恵方巻きの大量廃棄などがわかり易いですが
べつに、恵方巻きだけがあのようになっている訳ではなく、
毎日の様にあれだけの食べ物が廃棄になっているのです。

つまり
食べ物は大量に余っているのです。

これらを抜きに考えても
今ではNPOなどの支援団体も多くなっていますから
本当にどうにでもなるでしょう。

また、ほとんどの人はホームレスになることも無いです。

それなのに
会社を辞める=ホームレスだとか、人生の終わり
の様に言う文化はどうにかしたいですね。


勿論、会社勤めが絶対悪である。
ということではありませんので勘違いしないように。

ただ、
これからの時代において、人生を自ら構築して、切り開いていく。
という
選択肢を取るのであれば
ほとんどの場合
必然的に
複数の職業を持つ、フリーランス。
というスタイルになる確率が高いだろう。
ということです。

そして、おそらく会社勤めの人でも
今後は
副業、複業が必須になる確率は高くなります。

それらの未来を見据えて、
今からできる…。
というか
やりたいと思う職業を少しずつでも初めて行くのは
とても良いことだと思います。

また、会社に勤めながらも、個人で活動をすることは
結果として会社の仕事にもプラスに働くことが殆どでしょう。

いくつか書きますが
まずは
仕事量が多くなるので必然的に個々の生産性が上がる。
次に
違う職業を持つことで、人とは違う視点で物事を見ることができるので
会社の仕事でも新しい視点を取り入れやすい。
というのは
ほとんどの人に当てはまる内容でしょう。

まずは
1週間で15時間くらいから始めて見ると良いでしょう。

くれぐれも
本気なら寝ないで20時間労働を。
とか
本気なら、毎日〇件はやって当然。
という
声が大きいだけで根拠のない内容に振り回されないでください。

ここのペース配分も自分で考えながら調整をしてください。

そういう意味で声が大きな人の内容を一時的かつ部分的に参考にするのはOKです。

とにかく
基本は自分で考えて行動をする!
です。

だからこそ
3時間という時間で
高い生産性を発揮しやすくなるのです。

やりたい!
という
エネルギーを大切にしてください。


それでは
今日も最高の一日を。


日本人が今の生活水準を維持するなら、実質労働時間は3時間でOK?

タイトルの内容は
苫米地英人さんの
「超時間脳」
という書籍の最後の方に出てくる一文です。

この一文に関して言うのであれば
日本人は
一つ一つのタスクの処理がゆっくり過ぎる。
同時に
一度に複数の内容を処理できるのに、一つの処理しか行わない。
などが、主に関係をしていますが、これは仕事だけでなく
日常からこの様な状態になっている人が殆どでしょう。

また、この書籍などでは
仕事の生産性を高めたり、学習効率を上げる為に
日常からできる訓練をよく紹介しています。

つまり、日々の過ごし方を少し工夫をすることで
結果として、
仕事や学習にもハイパフォーマンスをフィードバックしていく。
という目的で色々と紹介をされている内容があります。

いくつか簡単な内容を紹介する前に、
その大前提として
まずは
今の自分はもの凄く生産性が低い状態に「させられている」という事実を認識し、
そこから、本来の「生産性が高い自分」へと戻っていく。
という気持ちをしっかりと持ってください。

もっと言えば、すでに自分は
本来の生産性が高い自分である。
という
自己イメージをもってください。

例えば
本来の自分は200ページの書籍を毎回一字一句落とさないで、著者の視点を持って、1分で読み切り、
何度も繰り返し本を読んでいる。
というのが
本来の自分である。
という
自己イメージをまずは持ってください。

そして
実際に読み進めていると、一冊を読むのに6時間かかったとしましょう。
この時に
自分らしくない。
自分はこの本を1分で読み切り、何度も繰り返し読んでいるんだ。
自分に、語り掛けてください。

この自分への語り掛けは俗に言う「セルフトーク」と呼ばれる内容で、
自分のパフォーマンスを始め、
自分自身を作り上げている内容になります。

最新の認知科学では、このセルフトークによって
その人のパフォーマンスから人格の形成までという、本当に幅広い内容に
強く影響を与えていることが分かってきました。

また、同時に他者からの言葉もしっかりと取選択をしないと、不要な内容までも取り込むことになります。

そして、多くの人は自分が不意に語り掛けるセルフトークの内容のほとんどは
他者からの言葉が基になっています。

例えば
仕事をしていて、上司から「なんで、こんなに時間がかかってるんだよ!?」ということを
「一度でも」言われると
人間の脳はその時の言葉を
強く認識をして、記憶するように働きます。

人間の脳は進化の過程で、ポジティブな情報よりも、ネガティブな情報を強く記憶をするようになっています。
これは原始時代などを想像してもらいたいのですが、
危険と常に隣り合わせの環境ですから、
どこにどのような猛獣がいるのか?
どこに敵対している原始人がよく顔を出すのか?
どの食べ物に毒があるのか?
などの
危険が多くありました。

この時の危険情報をすぐに忘れていては、人類は絶滅していたでしょう。
そうならない為に、ポジティブな情報よりもネガティブな情報を強く認識する。
というメカニズムが出来上がったようです。

ですが、
現代においては、基本的にこのメカニズムは不要です。
むしろ、逆向きに働くことが多くなりました。

その典型的な例が
他者からのネガティブな情報を無自覚に受け入れて、パフォーマンスの低い自分、
つまり
取柄は無いが、ミスばかりをする自分
という様な
マイナスの自己イメージの形成を促進するような方向に働くことが多くなっている訳です。

ただ、ここではわかり易くこの様に書いていますが
実際の現場では
「特に取柄も無い凡人な自分」
という自己イメージを形成している人が大体数です。

そうなると
その様な人達の基準となる内容に
平均的に○○をするのには○○必要である。
という様な
科学的な根拠のない、単なる統計の結果を自分に当てはめ、生産性を極端に下げる方向に行ってしまうのです。

つまりは、自分で目標を立ててその内容に取り組むのではなく
ここでも他者の言葉を基準に、自分の生産性を決めているのです。

ここがすでに書いているように
生産性が低い自分にさせられている
という一文の根拠の一つになる訳です。

当然ですが
統計の結果や、個人的な処理時間が
必ずしもあなたに、全員に
当てはまる訳が無いのです。

ですから、本来であれば
仕事であれば、仕事を終わらせるまでの時間が個人個人ばらつきがあって良いのです。
そして、仕事が終わったら、さっさと帰る。
という風にすればいい。

ですが、日本では定時に上がる。
という様な
あらかじめ決められた時間まで、
その場に居続ける…。
という悪習慣が根強く残っています。

つまりは
仕事はとっくに終わっているんだけど、その時間まで「いなければいけない」のだから、
早く終わらせる必要はない。
という感じで、
その拘束時間を目一杯使おうとします。

ですが、ここが生産性を下げる大きな落とし穴になります。

いくら拘束時間までいなければならないからといって
本当にその時間までに終わらせる。
ということを繰り返していると、徐々に生産性が落ちてきます。

理由は単純で、その時間が〆切になるからです。
そうなると、〆切までに終わらせればOKという風に脳が認識をし始めると、
せっかく生産性が高かった人でも、周りに合わせるように、
全てのタスク処理が、周りの人に合わせるように変わってきます。

その状態にどっぷりと浸かれば、多くの人の様な
生産性が極端に低い人の出来上がりです。

これも
周りの人に流された
という言い方で表現しても良い内容でしょう。

多くの場合、
大勢という基準に合わせることは、自分の能力を極端に制限をすることを意味しています。

当然ですが、
100m走を例にするのであれば
100mを10秒台で走れる人と20秒以上かかる人であれば
圧倒的に後者の方が多いです。
そして、折角自分が11秒で100mを走れる人間であるのに
周りの人がみんな20秒以上で走っているからといって、その人達基準に合わせていくと
すぐさま自分もその人達の様になってしまいます。

この様な状態が日本のいたるところで起きているのです。

ですから
本来であれば実質労働時間が3時間~4時間ほどで事足りる所
2倍以上もの時間をダラダラと過ごしていることになるのです。

これでは、時間が足りない…。
という悩みが出てくるのもよくわかります。

が…。

そもそも、特別な能力を必要としないでも、
本来の能力をそのまま使えば、
この様に仕事を3~4時間で完了できることは誰にでもできます。

勿論、個々の具体的な現場においては、色々と無駄なしきたりなどが障害になるかも知れませんが
それでも、確実に、今まで以上に生産性が高くなるのは間違いが無いでしょう。

長々と書いてきましたが
それだけ、この事実を認識しておくことが
とても大切だと理解してください。


そして、日常からできる簡単な方法を2つ程。

一つ目はシリアルな処理速度を速めるために
日々の買い物で、買うものを「一瞬で決める」ということを意識して、買い物をしてください。
慣れるまでは、上手く思考が回らないかもしれませんが、慣れてくると一瞬という時間でも
今までと同じかそれ以上に、しっかりと商品を吟味してゆったりとした体感時間で買い物ができるようになります。

二つ目は複数の処理を同時に行えるようにする方法です。
これは並列度と呼ばれる内容を高める訓練になります。
簡単なものであれば
YouTubeなどの動画を2つ同時に再生して
それをイヤホンなどで
2つの異なる音声として
同時に聴く。
という方法です。

例えば、
一つ目のタブではもも太郎の朗読を再生して
二つ目のタブでは星の王子様の朗読を再生する。
そして、もも太郎と星の王子様の両方を一度に聴く。
という方法です。
当然ですが
二つともしっかりと理解をすることが必須です。
単にノイズとして垂れ流すのはダメです。

これはやってみると以外に簡単にできるハズです。

ですので
本来であれば、
この2つの音声を聴きながら、デスクワークをしたり、本を読んだり、もしくはゲームをしたりしてください。

この状態に慣れてくると
複数の内容を同時に処理することが比較的楽になってきます。

ただし、ここでの注意点は
同時処理に、マルチタスク処理に慣れるまでは
個々の内容の処理が雑になることも珍しくないので
ミスをしたり、ケガなどにつながる可能性がある内容やタイミングでは、行わないようにしてください。

この2つは本当に、誰でもすぐにできる内容です。

ですが、拍子抜けするほどに簡単で身近な内容のために
多くの人が侮っている感覚も強くあります。

実は、この様な侮りも
人間が現状を維持したい為に自然と行わせている行為でもあります。

べつに侮るということが全てそうだという意味ではなく
変化のための材料を提示しても、
変化を起こさせないようにするために
様々な方法で、
行動を起こさせないようにしているのです。

ですので、まずはここを超える必要があります。

その方法は簡単で
とにかくやってみる。
ということです。

そして、このときに得た体感を
上手く仕事や学習などにフィードバックをしてください。


ここに関しては私ではどうにもできません。

個人で調整をして貰うしかありません。


馬鹿にしないで、
是非とも実践をしてください。


きっと、今までと違う体感を得られるハズです。

そして、本来のハイパフォーマンスな自分を取り戻して、
素晴らしい日々を過ごしてください。




それでは
今日も最高の一日を。






声が大きなだけの連中に惑わされるな。しっかりと冷静に判断をする癖を持とう。

現代では
ネットを中心に
自称コンサルタントの様な人達が多く居ます。

これは
多くのコンサルタントと称する人の方法ですが
まずは
不安を煽る様な言葉から入り込み
そして
私の方法を使えば解決をします。
という様な手法を多用しており
さらに
この様な人達からコピペをして濡れ手に粟を狙おうとしている連中が
さらに
誇張をして
不安を煽る要素などが
ネットで一気に広がるようになりました。

この様な内容は基本的に
誰でも見れる形態でネットのいたるところに存在しています。

ただ、彼らの使う手法は
基本的に
まずは不安要素を目の前に提示して、その問題がいかに大変であるか…。
という
主張を
トコトン行ってから
本題である自分のサービスで解決するので買ってくれ。
という
流れなのですが…。

正直
この様な内容が
多くあり過ぎて
必要としていない人にまで認識をされているのが問題なのです。

というのも、
そもそも、そのサービスを購入しない人にとっては、そのサービスによる解決方法を知ることができません。
ですので
ただ、ただ、不安要素だけが残るだけになります。

ですので、
迷わず買いましょう…。
なんて
言う訳がありません!!

勿論、自分がこれは買いたい!
思うのであれば別ですが
短絡的に、感情に振り回されての購入はおススメしません。
(勿論、ここを狙っている輩も多くいますが…。)

また、当然ですが
明らかに胡散臭いものを買うのも良くないのはわかるでしょう。

ただ…。

真っ当だと思われる人の中にも
使える部分と使えない部分があります。

これは一般書籍などでも同じですね。

そして、個人的に問題だと思っているのは
個人の体験だけを拠り所にした主張を論理的で、絶対的な真理の様に言い張る部分です。

個人的には
個人の体験だけで、論理的な裏付けがない「情報」でも、人によっては利用価値が出る人もいるので全否定はしません。

ですが、
これはあくまでも権威付け的な意味合いで、個人の体験を絶対的真理のように言い張ることも考えられますが、
おそらく、ほとんどの人は
自分が成功をしたのだから、これは絶対的に正しい。
という
理由「のみ」で、論理的な裏付けなどしていないでしょう。

ここが
厄介なのです。
というのも
この様な人が
ただ単に大きな声で主張をしているだけの内容を
あたかも、相対性理論の様にしっかりと「確立された」内容である様に
勘違いをすることで、
その人の能力を極端に下げることになるからです。

例えば
とにかく、○○だけやれ。
話はそれからだ。
とか
自分は○○だけやっているのだから、本気なら当然同じように○○だけやる。むしろそれ以上やるよな?
とか
○○が形になるまで○○はかかるから。
とか
これらの内容は
確かに
説得力の「ようなモノ」はあるでしょう。

ですが、
冷静に見てみるとよーくわかりますが
これらの主張のほとんどは
根拠がありません。

つまりは、自分がやった結果が根拠だ。
ということなのでしょう。

これでは
再現性など無いのは当然でしょう。

そもそも、
金銭的な価値をつける、つけないに関わらず、何かしらの方法を他者に提示をするのであれば
再現性
という部分は
しっかりと考えて伝えないと
相手の時間を単に奪うだけです。

基本的にこの部分を怠っている人の話は聞く必要がないと思っています。

ただ、一部の例外として
たま~に面白い情報を言ってくる。
くらいの利用価値があるのであれば、その部分だけ使えばいいのです。

ですが、この時にも
根拠のない主張に惑わされないように。

そもそも、
成功した~!
と大きな声で言っている内容の多くは
すでに時間が経ち、
使い物にならなくなっていることも多いですし、
その逆に
もう手遅れ。という内容でも
人によっては
全然手遅れでなく、
むしろ
最適な内容である。
ということも良くあります。

この様な
他人の主張に対して
しっかりと冷静に判断をしないと
単に
その主張によって自分の生産性を下げる方向に向かうことが多くなります。
というのも、
ほとんどの場合、
彼らの主張は
他人の背中を押すためでなく
自分の欲求を満たすことが軸だからです。

勿論、この欲求を最初から表面に出している人はいないでしょうが、
今は、多くの情報を手に入れやすい環境ですから、
その様なツールを使ってその人物を多角的に見ると良いでしょう。

いくつかの判断基準として
まずは
やたらと攻撃的な行為をする人は、そもそも自分に自信がないということを
意識的、無意識的に自覚をしているからこそ
わざわざ火種を作る様な行為を繰り返すのです。

そして、自分の周りの人間が幸せになればそれでいい。
という様な発言も良い判断材料でしょう。

というのも
この自分の周りさえ幸せならそれでいい。
というのは
抽象度の視点でいうと
猿やゴリラと同じレベルだからです。

つまりは
人間の欲求ではなく
動物レベルの欲求です。

この様な動物的な視点を軸にしている人が
本当の意味で
他人の為に。
という情報や知識を
世に出す訳がありません。

だからこそ
先に書いた様に
再現性についてしっかりとエネルギーを使う。
という大切な行為を怠るのです。

個人的な体験を書くのであれば、
他校の後輩などから、どのようにすれば私の様なサーブが打てるのか?
聴かれた時に
この様にすると手首を上手く使えるよ。
だけども、
慣れないうちに雑に使うと手首を痛めることになるから
まずは
スピードやパワーは意識しなくて良いから
フォームに慣れることに集中をして、
ゆっくりでも丁寧にして、身体に覚えこませることが
近道だよ。
というのを
大会の途中などの短い時間で教えなければいけないので
要点をまとめるだけでも結構大変でした。

ただ、実際にフォームを観たり、観したりができるので、
必要最低限の内容を絞り易いというのはありましたが
その様な状態では無く
一方向からの内容であれば
気を使いまくるのは
普通のハズです。

また、しっかりと教える。という経験がある人であれば、ここの難しさも理解してるはずです。

それを無視して
とにかく俺の、あたしの言うとりに、書いてある通りにやればいいんだよ。
それで上手く行かないなら
お前が悪い。お前に問題がある。
というのは…。
どーなのよ?
というのは
皆さんも思うでしょう。

勿論、本当にしっかりとやりもしないで、
それこそ
5分で1億円稼げないんだけど(。-`ω-)
みたいな
怠惰すぎることを言う様な勘違いお客様根性の連中は無視して良いです。

そもそも、
自分で考えて行動をする。ということをやらない人間に
経験値はたまりません。

このブログも、一般書籍もそうですが
これらはあくまでも
補助ツールでしかありません、
メインとなるのは
自らの思考と行動です。

メインが無いのに変化が起きる訳がありません。

ですので、この様な人はそもそも相手にしなくて良いのです。

話を戻しますが
世の中には
根拠がなく、単に大きな声で主張をしている人間の内容が
真理である
という勘違いが多く存在をしています。

しかし、その様な内容にばかり触れていても多くの人は変化は起きません。

もし必ず変化が起きる!
言い切れる内容があるのであれば
すでに書いた様に
自らが考えて、そして、しっかりと行動をする。
ということでしょうか。

これはまず、間違いが無いでしょう。

ただ、その思考と行動をより効率的にするために
多くの補助ツールを自分で見つけて、もしくは考えて
利用するとより良いでしょう。

ただ、
何度も書いていますが
ネットの情報を始め
世の中には
マガイモノ
呼べるようなモノや人が
溢れています。

ですので
表面的な部分に騙されないで
冷静に
そのコアを見るように日ごろから心がけてください。

その中で
これは大丈夫。
思える内容や
マガイモノだけど
限定的に利用価値はある。
という部分を
しっかりと使い分けて
どんどん、
素晴らしい日々を作ってください。


それでは
今日も最高の一日を。


spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 HiroNと申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク