別にFXデイトレーダーでは無いのですが、なんとなく今回の記事のタイトルが浮かんできたので、このようなモノにしました(笑)ちなみに、伝説の空賊は目指していません(笑)なるなら、「伝説のSEED」か「自称ソルジャー」を希望します(笑)タイトルにもありますが、その日暮らし

基本的に、目標となる…というか、コーチングにおける「ゴール設定」は大きくするようにしています。しかし個人的に思うのは、なんでもかんでも、大きいスケールで考えていては、上手く行動ができない人も多いと思います。ただ基本的には、大きなギャップなどを基準にして貰

本だけでは無いですが、文字を読んでいると(急に)眠くなる人は珍しくないでしょう。一応この記事を書くにあたってネットを中心に軽く調べてみましたが…、まあ、あんまりよろしくない内容ばかりでした(笑)そもそも、姿勢がうんたらとか、眠れない場所がなんたらとか、ハッ

私は、多くの人には「小説や漫画などは速読など使わないで、いつも通りに読む」ことをおススメしています。これらの作品において、速読などを使う場合は、限定された目的の時だけです。例えば、職業的に書評などを生業としている人。もしくは、将来小説家になるために、とに

「ステーキ宮」さんというお店の、オリジナルのタレである「宮のタレ」。私にとっては小さいころから馴染みがあるお店と、味でして、今でも大好きな料理の一つになります。今回は、この「宮のタレ」の魅力について記事を書いていきます。また、以下のアドレスにて公式サイト

現在の日本は、「超情報社会」と言われるくらいに、情報や知識が生活に影響を与えている時代です。多くの人は、知識や情報は、自分の可能性を広げてくれる、高めてくれる…という認識を持っているのではないでしょうか?しかし、「表裏一体」という言葉がある様に、物事には

ちなみに、今回の主題歌という中には、広義における挿入歌なども含んでいます。…で。なぜこのような記事を書こうと思ったのか?というと、他の記事でも書いている「君の膵臓をたべたい」という小説を読んだら、色んな曲が頭の中に浮かんできたからです。キミスイはアニメ化

速読関係の内容は基本的に以前書いた記事にある、苫米地英人さんの「ハイサイクルリーディング」という方法が私の中での基本であり、中心になります。ただ、最近読んだ長倉顕太さんの「モテる読書術」という書籍の中で、「あえて言うなら、目を速く動かすくらいか。」という

つい先日に「深夜ドラマ化」された、この作品。いくつかの媒体で原作漫画を読むことができます。私の場合は、「kindleアンリミテッド」で1~3巻まで読めましたので、なんとなく気になってもいたので早速読んでみました。正直な話、そこまで期待をしていなかったですが、読

↑このページのトップヘ