タイトルの言葉は「ビジネスが変わるコグニティブ・サイエンス(認知科学) (まんが苫米地式02)」という書籍の中に出てきた一部を基にしています。今回の書籍は初めて苫米地さんの本を読む人にも、何百冊と読んできた人にもどちらの人にもおススメの本になっています。 目次

まずはこちらを。純セレブスピーカーのイベントはすごかった〜片岡祐介2018/11/26 にライブ配信https://www.youtube.com/watch?v=JJJXEiEMg4o最終閲覧日2019/06/29この動画の中「にも」とても素晴しい内容が盛りだくさんです。本当にね。この人は、もの凄い博識です!という

とても面白い内容を見つけましたので、まずはこちらの記事をお読みください!もはや人間と区別できないレベル テクノスピーチと名古屋工業大、AI活用の新バーチャルシンガー技術を発表 - ねとらぼhttps://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1812/15/news030.htmlサイトからサ

実験的に、ある程度の言語化をして初見の本を読むというのを1週間ほど行ったのですが…。やっぱり思ったのは「誰でも一日1冊は読めるハズ」でしょうということです。 目次 細切れでもいいから毎日時間をつくろう 間違った思い込みを無くす 役を自分に引き付けるような読み

多くの人には、難しくてなかなか理解が進まない、読むのがかなり大変だ…と、感じる本というのはよくあると思います。この様な本と出会った場合は、読み切っていなくても一旦読むのをやめて、他の本を読むことをおススメします。読みにくい、理解がなかなか進まない本や内容

複数の音源を同時に聞くことで脳の並列処理能力を鍛えることができます。一般的な言い方では「マルチタスク処理能力」と言うほうが、身近でしょうか。並列処理とは、文字の通りに複数の異なる内容を同時進行で行って行くことです。良くある例では、楽譜を見ながらピアノを弾

共感覚の記事では、共感覚とは別に「IQを高める」と書きましたが、「抽象度を上げる、抽象度の高い思考ができるということが、IQを高めることである」と、苫米地英人さんの「オトナ脳は学習できない」という書籍の中で書かれています。他の記事でも何度かリンクを張っている

これからの記事にも関係してくる内容ですので「共感覚」について少し詳しく書いていきます。そもそも共感覚とは、音を光で感じたり、触感で音を聞いたり…という感じで、本来の五感の処理に、他の五感の処理も同時に付いてくる状態のことを言い、共感覚者は生まれながらに共

コーチングにおいて「コンフォートゾーン」とセットとなる内容である「ホメオスタシス」。基本的な内容はコンフォートゾーンの記事でも引用をしたリスタさんのサイトを参考にしてください。苫米地式ホメオスタシスを味方にして自動的に夢を叶える方法http://re-sta.jp/homeos

↑このページのトップヘ