速読で多読が日常

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

気温差は大敵だ…。こういう時に無理はしない。

先日の気温差は凄かったですね~。

10度以上の寒暖差なんて、別にどうしたことも無いよ。
思っていたのですが…。

私にとっては運が悪かったです。

というのも、
これ以外にもいくつか事情があり、
若干の不規則的なスケジュールだったのですが…。

これが結構来ました。
正確には
普通に生活をする分には問題が無いのですが
頭を使う内容は結構ダイレクトに影響が出ていました。

しかも
今は
頭を使って
身体を動かしていますから、ここにも当然影響が出てきます…。

では、この時に私がどのように対応をしたのか。
ということですが、
それは…。

普通に暖房をつけて、足りない分の睡眠を取っただけです。

ですが、これだって、前日はむしろクーラーつけてもいいんじゃない?
思うくらいに
寒暖差がありました。

もちろん、窓を開ければクーラーは不要ですが
花粉症の人の場合は…。
無理ですよね?
まあ、普通に衣類の調整で大丈夫でしたし、
地域によっては雷が鳴っていた場所もあるようです…。

そんな暖かな日から、深夜ごろになると…。
途切れ途切れ雹が降っているではありませんか!

あれは、本当に驚きました。

もうその時点から、外はだいぶ寒かったですが、
そのまま、日中も同じくらいの気温ですから、
それは、身体もびっくりしますよ…。

勿論、普段の私であれば、この辺は問題が無いのですが、
睡眠不足を始め、スケジュールを色々といじくっている状態ではかなりきつかったです。

ということは…。
多くの人にとっては、かなり厳しかったハズです。

そして、この様な状態でも
無理して頑張ってしまうのが
日本人です。

ですが、確かに、
対応をして、ベストな状態に近づける。
というのは大切なことですが、
毎回その様にできるとも限りません。

ましてや、
今の時期は
花粉症も重なってきますし、
引っ越しシーズンで
新しい環境の人も多くいます。

特に新しい環境に変わった人はそれだけ、体調の変化に敏感になります。
つまりは、体調を崩しやすい…。
ということです。

これは、人間の生命維持機能である「コンフォートゾーン」と「ホメオスタシス」が関係しており
「コンフォートゾーン」とは自分が居心地のいい空間であり、
「ホメオスタシス」は「コンフォートゾーン」を維持する機能になります。

引っ越しなどで物理的に環境が変わった人は
強制的にこの「コンフォートゾーン」も変わっており、
そのために、「ホメオスタシス」の機能が上手く働かないので、体調不良などになり易いのです。

ですので、この様な時は少しずつその環境に馴染むことで、
「コンフォートゾーン」と「ホメオスタシス」が安定をしてきます。


そして、寒暖差もこの「コンフォートゾーン」と「ホメオスタシス」が大きく関係しています。


人間の身体は無意識的に、
自然と
これからの季節に向けて対応を、変化をしています。

これは、柴犬などの換毛期と同じになります。

人間の場合は髪の毛が抜けたりはしませんが、
それでも、しっかりとこれからの季節に向けて身体が変化をしているのです。

それこそ、25度という気温でも
夏なら涼しいですが
真冬なら暑い。
という
同じ気温なのに
真逆の体感になるのは
その時の身体の状態が違うからです。

ですので、
今の季節は「ホメオスタシス」が不安定な時期でもあります。

気温が上がったり、下がったりしているので、安定をしないのです。

もちろん
この大きな変化に対応をすることも可能ですが
今回の私の様に、たまたま不規則な状態と重なったり
もしくは
慢性的に不規則な状態の人は
この時の疲れも大きくでます。

ですので、
この様な時には
無理をしないで、
今はゆっくりと休んで、
回復したら取り戻す。
納得をして
精神的な不要な負担も一切なしで休むことが一つの理想形でしょう。

まあ、
現代はストレス社会ですから
精神的な負担を、全て無くした状態にするのは
少し難しいかもしれませんが、
それでも、
体調が悪いときには
ネガティヴにもなり易いので
あんまり気にしないで、
とにかく寝てしまいましょう。

そうすることで、体調が戻ると、
自然に改善策などが思いつきやすくなりますし、
見つけやすくなります。

それは、今までは体調の回復にエネルギーを使っていたのが
体調が回復したことで
エネルギーが
問題解決の方に使われるようになったからです。

ですから、何度も書いていますが
体調不良なら、さっさと休む。
休む比率を多くする。

そして回復したら取り戻す。

このサイクルを自然と身に着けて実行できるようにしましょう。

あとは、
天気予報もなるべくこまめに
要チェックですね!



それでは
今日も最高の一日を。



モヤモヤした感情が出てきたら、文字にしろ?

実は、最近はこの様にして、ブログやTwitterのネタになるような記事をいくつかストックしています。
これについては後述します。


モヤモヤした感情とは、論理的な介入がし難い、非言語的な感情と認識をすると良いでしょう。

一般的な言葉で言うのであれば
なんか知らないけど、ムカムカする。
という状態でしょうか?
勿論、理由はわかっているけど、所々、この様な状態になる。
とか
理由は全部わかっているけど、上手く言語化できない。
というときにも有効です。

つまりは、
怒りを始めとした感情的な内容、情動の暴走や偏りに対して、
論理的な思考を介入させ、
情動に振り回されないで
冷静に対応をしていく。
という状態を作るのに
今の感情をとにかく
文字にする。
というのは、とても有効なのです。

というのも、これは、アメリカのCDCのパンデミック対策を参考にしていますが、
CDCの内容は、パンデミックが起きた時には
政府は、正確な情報を
文字情報として、出来るだけ、速やかに国民に伝える。
という内容があります。

これは、パンデミックなどの災害が起きた時に、
文字情報に触れることで、
情動優位な状態から
前頭前野が優位な状態に
半ば強制的に切り替える効果があるからです。

その時に、政府が提示をした情報を元に論理的な思考をすることで
さらに情動が暴走をすることを無くし、操作を容易にさせる目的があります。

ちなみに、この時の情報はウソは一切無しで発信をする。
という決まりがあります。
つまりは、この時の情報には
単なるウソの気休めの情報ではなく
最悪の事態も想定した内容や現在進行形で悪化をしている情報なども
そのまま出てきます。
もちろん、単にそれらの情報を垂れ流すだけでなく、政府の見解と、今後の対応も当然書かれています。

一見すると、
悪い情報に触れるのだから、より感情的になりそうですが、
ここが人間の凄くて面白いところで、
その様な情報でも、
しっかりと
クリティカルに触れることで
自然と感情の暴走が治まり、論理的な状態へと切り替わって行きます。

あとは、論理的な状態に切り替わったら、
個人個人の具体的な対策を考えたり、行動をしたりとそれぞれのアクションをとれば良いのです。

では、今回の様な目的の場合は
どのように文字を書けばいいのか?
ということですが…。

特に決まりはありません。

まあ、あえて言うならば
なるべく論理的な解釈をすることを意識して行えばOKです。

人や状態にもよるので、どれくらい、論理的な状態にあるか…。
というのも、状況により全然違います。

ですから、その時々にできる限りで良いので
この部分はこの様な理由で感情的になっている。

では、なぜ、この様に思うのか?
それは、あの人の発言や行動が…。
という感じで、
自分なりの言い回しで良いので
とにかく、言葉にしていくのです。

慣れないうちは
論理的とか考えなくて良いから
とにかく言葉にするだけでも良いでしょう。

それこそ、感情的な言葉でも構いません。
ただし、そこで終わりにしないで
その内容に対して

何故?
○○だからだ。

というこの2つは必ず行いましょう。

この2つがしっかりと出来ていれば、
最初のうちは、
言葉の使い方は
あんまり気にしなくてOKです。

そして、この時に
完了をさせることを目的にしなくてOKです。

勿論、内容によっては最後まで行きつくこともありますが
中には
そう簡単で無い内容もあります。

ですので、
途中で終わっても全然良いので
ここでの目的は
終わらせることではなく
冷静さを取り戻すこと。
という目的で取り組むと良いでしょう。

それこそイメージとしては
「ベイビーステップ」
という漫画の
難波江君が感情的になった時に
冷静さを取り戻すために行う
左右への振り分けショット
の様なものです。

人間は感情がある生き物ですから
感情を感じて良いのです。

ただ、多くの場合
感情が暴走をするとよろしく無いことが殆どであるから
暴走を抑えるために
それぞれ、感情をコントロールできるようにしておく。
という感じです。

勿論、わざわざPCやスマホで打ち込んだり、ノートに書いたりしなくても
頭の中で全部できるのであればそれでOKです。

というか、
最終的には、この状態を目指すと良いでしょう。

ですが、
あえて、文字にした方が
良いこともあります。

それが、最初に書いた内容になります。

つまりは、この時のモヤモヤ感情の書き出しは
漫画やイラストで言う
ラフスケッチの様な状態になります。

下書き原稿の様な状態をすぐに作るのです。

この時にも
ちゃーんと脳の訓練にもなる様にします。

それは
できる限り早く、書き終わることを意識して取り組むことです。

この様に意識をすることで、
より
速く、多くの論理的な思考ができるようになりますし、
結果として、これは、ハイサイクル化の訓練であり、同時に処理になりますから
他の内容にもこの時の効果がフィードバックされます。
例えば
論理的な思考はもちろんですが、本を早く読むことなどにも、ダイレクトに効果があります。

ですので、
私の様にブログを書いたりしている人であれば
記事のネタとしても、使えますので、
この様に
あえて、
文字にする方法も色々とメリットがあります。

まあ、
最初のうちは
どうしても頭の中だけで完了をさせるのは難しいと思いますので
時間があるときに、
おススメはPCでのタイピングが速くて便利ですので、
タイピングで書きだしたりすると良いと思います。
紙もインクもお金が掛かりますからね。
もちろん、スマホや携帯でもOKですよ。

今の人たちは
感情が暴走をし易い環境にありますし、
感情を暴走させて、金銭を巻き上げようとする人が多くいます。

ですので、
個人的に
何か引っかかることがあったら
自分の思うように書きだしてみてください。

そして、
時間があれば、その書きだした内容に
自分以外の視点で接するというやり方も行うと良いでしょう。

これも論理的な能力を鍛える良い訓練になりますし、
同時に
多様性を養う効果もあります。
要は
多くの立場の視点を持てると言ことです。
そして、
それらを元にして自分で結論を出すのです。
(ちなみに、最終的には、これらすべてを最初から全部同時並列で頭の中で行い完了させられる様になりますよ。)

先ほども書きましたが
感情は大切なものです。

ですが、感情に振り回されてはダメです。

感情を味わいつつ、同時に、必要であればすぐに論理的な視点で操作できるようにしておくのです。

もちろん、すぐに出来なくてもOKですから、
少しずつでも行動をしていきましょう。

それでは
今日も最高の一日を。



ゲノム食品開始かな?今から日常の商品に気を配ろう。

先日の日経新聞にこの様な記事がありました。

ゲノム編集食品 今夏にも流通 厚労省が了承 
科学&新技術
2019/3/18 



以前も少し触れましたが、農業という分野は、最先端の科学技術や知識がフル活用をされている分野です。

ドローン技術を始め、GPS機能などを活用して動く作業車に、
AIを利用した仕分けや水やり、温度調整などのためのソフトウェア。

そして、タイトルにもある様な
ゲノム編集などを始めとした、
遺伝子技術を使った食材になります。

おそらくですが、
記事にある様に、今年の夏ころを目安に、色々と出てくるでしょう。

確実なのは来年には、珍しくない状態になっているハズです。

勿論、ゲノム編集が絶対悪である。
ということを言いたいのではなく、
色々と自分で考えて、
自分が納得をして、食材も選びましょう。
という部分が大切になります。

これは、料理人の様な感覚ではなく、
もっと気軽に考えて貰えればいいと思います。

もちろん、
何処どこ産だから、全部だめ。
とかの基準で決めるのではなく、
それらも踏まえて
自分で決める。
ということです。

たかが食材…。
という風に思い、そこまでする必要ないでしょ?
思うのであれば、それも自由です。

ですが、
これからの時代は
食材だけでなく、
おそらく、
世のかなの内容全てにおいて
今まで以上に
自分で、様々な思考を働かせ、判断をして、
取選択をしないといけない時代になるでしょう。

勿論、そのための補助ツールとして
AIが活躍をするでしょうが、
その様な状態はもう少し先の話になるハズです。

ですので、
今回の内容を良い材料として
今からいろいろと
身近なもので試してみると良いでしょう。

そうすることで
例えば
無駄な出費がなくなったり、
健康的になることも
珍しくないはずです。

例えば、
最近は本当に飲まなくなったのですが
缶コーヒーなどの
微糖と呼ばれる商品でも
かなりの量の甘さを感じるようになりました。

似たような内容では
トマトジュースですね。

正確には
トマトジュースをベースにした野菜ジュースなのでしょうが
本当に、
これらの商品を飲んだ時に
こんなに甘いの?
本気で驚きました。

そして、同時に
もの凄く怖くなりました…。
というのも
以前は、この甘さに違和感がなかったからです。

むしろ、毎日の様に飲んでいた記憶があります。

今では、家でも自分でつくる市販のコーヒーや紅茶を飲んでいますが
かなりの量をいれても、
缶コーヒーよりも全然甘くない…。
ですが、缶コーヒーに近づけようとすると、
とんでもない量の砂糖を入れる必要がありそうで、恐くて実験もしていません。

それくらいに、
甘いのが
市販のジュースなのです。

もちろん、たまには
炭酸飲料などを飲みますが、
それは
一時的な嗜好品としての感覚ですので、
問題は無いと思っています。

では、なぜにこの様な市販のジュースの事を書いたのか?
思う人も多いと思いますが
これは国も、企業も十分に注意をしていることだとは思いますが
実際にゲノム食品が流通をするようになると
特に
最初の頃はそうですが
間違って悪質な商品が大量に出回ることも珍しくありません。

それこそ、記憶に新しいのは
仮想通貨での事件では無いでしょうか?
ビットコイン事件を中心に、
結構な数の事件が起きています。

しかも、そういう粗悪な品物を扱うところに限って
広告などに力をいれます。

そういう
問題があるのに、知名度がある。
という品物は、もう、凄く多いのは、ここ数年だけでもいくつも浮かんでくるでしょう…。

確かに
ゲノム編集は凄い技術です。
ですが、
その技術をすべての人がしっかりと、安全に活用をできているのか?
という部分では
正直かなりの疑問が残ります。

もちろん、将来的には
私たち人間もゲノム編集を利用をすることになるでしょう。

そういう意味でも
今のうちから、
これは大丈夫なのか?
もしくは、避けるべきなのか?
という判断行為を日常的に行う癖を持っておくと後々楽になるでしょう。

というのも、
農業だけでなく
これからの時代は
工場製品も今の時代よりも早く、安く、大量に市場に出回ることになるでしょう。

そうなると、今よりもますます、多くの品物から選択をする必要ができる訳です。

ネットを中心に、多くの情報が毎日のように生まれている状態ですが
それは、物理空間でも同じことです。

人間の変化と同じことが言えますが
変化というのは
まずは
情報空間から始まり
その後
物理空間へと進みます。

人間というか、生命の場合は
これを
進化
と呼びます。

まあ、商品の大量生産を進化と呼ぶかはわかりませんが
少なくとも
進歩
とは言えるでしょう。

ですが、この進歩が必ずしも、良い効果を出すとは限りません。

勿論、
今回の事であれば
良い部分もあれば、悪い部分もある。
ということになるでしょう。

その悪い部分の一つが
今まで以上に
自らが行う判断行為に使うエネルギーが増える。
ということでしょうか…。

ゲノム編集の食品に関しては、
正直、出回るまでよくわかりません。

ですが、
今からわかることは
すでに書いてきたような状態に、
これからなっていくということです。

ですので、
これから来る現実について、今からできることをしておくのは
どんな内容でも良いことです。

しかも…。
人間の凄いことは
近い内容であれば
比較的容易に他の内容へと応用ができることです。

つまり、
ここまで書いてきた
日常の中での判断行為、思考的な判断をしっかりと行うことで
仕事や学習、スポーツや芸術など
様々な分野に役に立てることができるのです!

勿論、それぞれの分野で必要な情報や内容は違うのは当然ですが
必要なプロセスはどれもほとんど同じになります。

ですから
日常からちょっと意識して過ごすだけで
それぞれの分野に良い効果が出る。
というのも珍しくない話です。

というか、
多くの人はこの逆をよくやってますよね?
つまりは
日常的な内容の悪影響をそれぞれの分野に持ち込んでいる…。
ということは
この逆も当然起きる訳です。

もちろん、中には悪い影響だけしかない…。
という内容もありますが、
多くの場合は
良く使えば良い効果が、
悪く使えば悪影響が…。
という
両面を持っています。

ですので、
今回の記事をきっかけに、
日常のシーンを上手く使って、
常時良い状態を維持できる環境を作っていきましょう。

それでは
今日も最高の一日を。




spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 IroN(アイロン)と申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク