速読で多読が日常

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

現実的な「インターセクト」はサングラスじゃなくて「ヘッドフォン」になりそうかな?

まずはこちらの記事を読んで貰いたいと思います。

プロスポーツ界も注目! 脳に電気刺激を与え能力を高めるヘッドホン型デバイス 
| テクノロジー | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト



ちなみに「インターセクト」とは、大人気海外ドラマ「CHUCK」の主人公である「チャールズ・アーヴィング・バトウスキー」通称「チャック」が脳内の中にダウンロードした「国家機密兼様々な知識と身体技術を使いこなせるスーパーソフトウェア」です!

まあ、将来的に「インターセクト」の様な学習方法が一般化されるはずだ。という予測はずっと前からあったのですが、今回は「ニューズウィーク日本版」にも登場をするくらいに結構な規模での内容になります。

ニューズウィークの記事の中には、アマチュアだけでなく多くのプロスポーツ選手やセミプロクラスのアスリートが今回の機器のために協力をし、また実際に使用をしてその効果を体感しています。

ただ、この機器の効果のほどは実際に使ってみないと何とも言えませんし、もう一つ言いたいのは現時点ではありますが、この機器は全く未知の内容を、つまりは、神経ネットワークが出来ていない内容については効果が無さそうです。

記事の内容を読む限りでは、すでにある程度の神経ネットワークの構築が出来ている内容に対して、今までよりも質が高い刺激を与えることで学習効率を上げている。という感じになるでしょう。

まあ、今の科学力で、本当に「CHUCK」の「インターセクト」がそのまま出来上がるとは思っていません(笑)

ですが、今回の機器は、まだまだ、改善点は多くあるでしょうし、当人たちもそこはわかってはいると思いますが、「新たな時代に向けて」という意味では、とても素晴らしい内容だと思います。

実用はまだまだ先の話になるでしょうが、将来的な学習方法の一つとして「DNAハードディスク」を利用した方法が考えられます。

この「DNAハードディスク」を使った学習方法ですと、単に握手をしただけで、相手側に必要な知識や技術を習得させることが可能になります。

勿論、実用化までには、まだ、だいぶ時間がかかる内容です。

現時点で分かっている内容だけでも、この様な未来が容易に想像ができるくらいのテクノロジーの進化や発展は毎日起きています。

ですので、この部分では皆さんも大いに楽しみにしてくれて良いでしょう。

ですが、同時に、これらの機能を悪用する人間も出てきます。

今回の記事に絡めるのであれば、オウム真理教が信者に行っていた方法と原理はどちらも同じなのです。

どこに向けて電流をどれくらい当てるのか?という、本当に些細な違いなだけです。

または、「ソードアートオンライン」の様にすることも可能です。

素晴らしい技術というのは、そのまま使えばいいのですが、どうしても、今の時点での人類の中には自分のエゴのために悪用をすることを自然と行える人間が結構いるのも事実です。

まあ、今回の記事の内容に対しては、そこまでの悪意を持った危険性は無いでしょう。

ちょっと嫌な話が出たので、ここでいい話に戻しましょう。

今回の記事の機器の様に、ある特定の部位に電流による刺激を与えることで、脳のパフォーマンスを向上させる。という内容は、実は結構昔から言われていますし、実験もされています。

このブログでも出てきた「並列処理」一般的な言い方では「マルチタスク」という呼び名の処理方法に対しても面白い内容があり、ある特定の行動しながら、それ以外の活動に関係している部分に電流を与えると「マルチタスクの処理効率が高くなった」という内容があります。

ここでは、一例と言うか、イメージとしては、「パソコンで文章を書きながら、英語を聞き流して、英語の勉強をしている」という状態だとしましょう。

メインとなるのは文章を作成している状態であり、英語を聞き流しているのはサブになります。

この時に、英語の聞き流しの時に使われている部位に適切に電気刺激を与えると「どちらの行為も質が高くなった」ということです。

これは、面白いと思いませんか?

英語の学習効率が高くなるのはわかりますが、一切外部から刺激を与えていない行為に関しても
同じように質が高くなる!というのは、普通は不思議に思うハズです。

まあ、そうはいっても、部位でなく「脳という抽象度で考えれば」どこかに刺激を与えれば、それぞれの場所で程度の差はあれど「脳全体に影響がある」という感覚は、すんなりと受け入れられるハズです。

これは、お腹が痛いときには、身体全体で調子が悪くなり、思考の方にも影響がある。というのと同じです。

つまりは、全体と個々の双方向通信状態になります。

全体が悪ければ個々も悪くなるのは当然ですが、同時に、個々の一部が悪くなれば、それ以外の全体にも影響が出る…という本当に、ふつ~うの出来事になります。

勿論、この様な外部からの電気刺激を与えなくても、マルチタスクは人間が常に行っていることですから、ある程度の訓練をすれば大体の内容はすぐにできるようになります。

まあ、今回のニューズウィークの記事の内容はマルチタスクでは無いので話を戻します。


ニューズウィークの記事の後半に「ニューロ・ドーピング」という言葉が出てきましたが、おそらく、この言葉はそう遠くない未来には定着をする言葉だと思います。

では、ここで多くの人が思うであろう、だったら、この記事の様な練習方法を認めてしまえばいいじゃないの?と思うかもしれませんが、そう簡単では無いでしょう。

というのも、実際のところは、現時点でも国ごとの資本力の影響は出ていますが、それが、ますます広がることになります。

つまりは、先進国の人はどんどん、強くなり、途上国などの国の人間は、ここでも大きなハンディキャップを生まれながらにして持つことになります。

その為に、優秀な人材がどんどん、途上国から先進国に流れていきます。

では、途上国にも均等に、これらの技術や知識を教えてあげたらどうだい?という人もいるでしょうが、これも、そう簡単ではない。

というのも、今回のニューズウィークの記事の内容は優秀な兵士やエージェントを量産できる方法です。

これは、最初の方に出て来た「CHUCKシリーズ」の敵対組織である「フルクラム」や「リング」が「インターセクト」を利用して、テロリストを量産しようとしていたのと同じような状態になります。

勿論、テロリストを量産する目的で使うというのは国家単位ではあり得ないでしょうが、それでも、今度は政治的な話しにどっぷりと関係がある内容になってしまいます。

ですので、今回の機器に限らず、素晴らしい内容のモノでも、誰彼かまわずに、すんなりと教えたりすることが現実的には難しいのです。

ただ、これも最初の方に書いた内容ですが、これからの学習方法も、これから数年で大きなルネサンス革命の様にもの凄い変化が起きるでしょう。

今ではまだ、従来の方法の延長線という感覚の内容が多くなっています。

まあ、今はどうか知りませんが…というか、今はテレビをほとんど見ないのでわからないのですが、数年前に見かけたバラエティー番組の中で、体育の授業の家庭教師をつけて、マンツーマン指導で逆上がりの練習をしている。という様な内容を見たのですが、これなんかは、百年以上も前には貴族だけの特権と言えた内容でしょう。

ですが、今では誰でもある程度のお金を払えば、貴族と同じ状態で学べる訳です。
勿論、貴族に教えていたような超優秀な家庭教かは、わかりませんが(笑)

しかし、そろそろ本当に、学習という内容においても、直接的に人の手を使わないで、必要なデータを使った電気刺激やイメージングをVRなどを使い、模擬学習や訓練という環境を利用して一人で学習をしていく時代になる。という状態に向けて、着々と進んでいると感じています。

まさしく、SFの世界。
「サイコパス」アニメ3期が決まったように!…まあ、ここはネタですが(笑)

これからどんどん「サイコパス」の様な社会環境になっていくとは思うので、可能であれば「サイコパス」とか「ドラえもん」とかの作品を見ておくのも、これからの時代を予想するいい材料になると思います。

ただ、だからと言って、今までの学習方法を、今からやらなくてOK…ということでは無いですからね。

ですが、本当に未来では、今の学習と呼ばれる内容は、学習ではなく「娯楽や遊び」という位置になるのでしょうね。

そういう意味では、これからの半不老不死の時代にとっては「時間をどのように使うか?」ということは、今よりももっと重要になります。

ですので、今の学習という行為は、未来においては「娯楽へと変わる」訳ですから、その様な未来の変化も意識しながら、どんどん楽しんで、学んで貰いたいと思います。



それでは、今日も最高の一日を。


何回読んでも、今はわからん!そんな書籍があるのが普通。だからこそ気軽に、今日も読書!

何度読んでも理解が出来ない状態というのは、科学的に言うのであれば「その時点での、その人の知識と情報の限界点に到達している」という意味になります。

ただ、安易に勘違いをして貰いたくない「大切なこと」ですので、もう一度書いておきますが「その時点での限界点」ということを忘れないでください。

つまりは「その時点を越えれば、限界点が上がる」ということです。

勿論、そのまま意識的に何もしなくても、無意識が解決をしてくれる可能性もありますし、結構日常的にはよく起きていることでもあります。

ですが、当然なことですが、すでにお気づきの様に、新しい情報や知識、その他にも経験などを与えてあげると、より理解をする可能性が速くなります。

これは、「のだめカンタービレ」という漫画を例にするのであれば、オクレール先生がOKを出した作品から一度離れ、違う作品を練習することで、以前にOKを貰った作品をより魅力的に演奏をすることができるようになる!という様な感覚と同じです。

ビジネスであれば、自分は営業部の人間であるが、他の部署の仕事内容を理解することで、より、自分の営業力が高くなり、成果もより高く出しているという様な内容を想像してください。

これらは、今までの内容から、一旦離れ、異なる未知の内容に触れたことで、限界点が高くなった証拠でもあります。

ですので、逆説的に言うのであれば「今の時点でわからないこと」というのは「情報が足りていない」という意味になるので「今までとは違った角度からの情報を集める」必要があります。

その間はわからない内容は「今はわからん!」という感じで、一旦眠らせておきましょう。

そして、眠らせている書籍とは違う情報に触れまくって、ある程度たったら、まあ、個人的にはその本が読みたくなった時に再度読み返してみると、こういうことを言いたいのかな?という内容が浮かんでくることがあります。

勿論、毎回ではなく、まだ、そのリトライの時点でも足りないときも普通にあります。

それであれば、また違う情報へと視野を広げたり、今の情報をもっと深くしてみたりという感じで別のアプローチをしていきます。

そして、これも大切な内容で、「その取り組んでいる内容から、あえて離れる」という方法です。

これは有名な話しであれば、イチロー選手の話が分かりやすいと思います。

イチロー選手は不調な時には、「あえて勇気を出してバットから、野球から離れてみる」という話をされていますが、つまりは、「取り組んでいる対象自体から離れることで、逆説的にその対象を修正もしくは強化をする」という感覚です。

やりもしないで、成長をする訳がないだろ?という風に思う人いるでしょうが、これが人間の面白いところで、思考にしても、肉体的な内容にしても、「ある程度の刺激を与えたら」そのまま、無理をして継続をするよりも、その内容から「離れた内容」を行ったり、「何もしないで休む」という行為をすることで、「目的の内容がしっかりと成長をする」という状態が起きるのです。

これは、一例を出すのであれば、まずは「徹底的に意識による、刺激を与え」、そして、ある程度の刺激を与えたら、「後は無意識に処理をさせる」ために「その内容から離れる」というプロセスになります。

この時のコツは、まず、意識の刺激の質をなるべく高くして、刺激を送ることです。
ここがしっかりと出来ていると無意識による構築処理も、効率が高くなります。

では、読書において、意識的な刺激の質を高くするにはどうすればいいのか?ということですが、「今日も読書!」という言葉が表すように、とにかく毎日何かしらの書籍を読んで、その読んだ本から刺激を貰うことです。
もちろんここでの読書には新聞やネットのニュース記事なども含まれます。

そして、その刺激は、一過性のモノではなく、しっかりとストックされていきます。

あとはそのストックを上手く使えばいいのです。

これからの時代を生きる上での、大きな分かれ道になる一つの内容は、このストックをしっかりと積み重ねることです。

自分のペースで良いですから、どんどんストックして欲しいと思います。

それでは、今日も最高の一日を。


多くの人は現状をしっかりと認識できていないし、しようともしない…。

皆さんも、今日も仕事が沢山あって、もしくは宿題や課題が沢山あって、やる気がしない…という経験を一度はしたことがあるハズです。

というか、多くの人はこの様な言葉が、認識が日常になっているのではないでしょうか?

ですが、この様な言葉はしっかりと現状が認識出来ていない証拠でもあります。

というのも、仕事がわかり易いので仕事を例にしますが、多くの場合沢山ある仕事というのにもそれぞれ期限がある訳です。

この時にしっかりと認識をしているとこの様な感じになります。
今溜まっている仕事は全部で10個。このうち、今日中に片付ける必要があるのが2つ。翌日までに片づける必要があるのが1つ。今週末までに片づけるのが2つ。残りは今月末と再来月の頭が〆切だ。
であれば、まずは、今日中に仕上げる必要がある、この2つから手を付けよう。
という感じで沢山の仕事と雑に一括りにしている内容をしっかりと処理をし易いように分析し、認識をして、行動につなげる必要があります。


この内容は言われれば当然だ…と思う人が多いでしょうが、最近よく思うのですが、要は言うは易く行うは難しですよね?ということです。

つまりは言われてみればその通りのことを書いているのですが、まずここで感じて貰いたいのは、その当たり前を言われるまで気が付いていない…という現状があります。

そして、これも良くあることですが、小ばかにして、すぐにできるから!という悪態をつきながら一切できないし、そもそもやろうとしない人間が大勢いるということです。

そしてまた最初と同じ言葉を繰り返すわけです。

つまりは自分で負のサイクルを作り、維持している訳です。

ここが現状を認識しようとしていない証拠の一つです。

もっと正確に言えば「認識をしようとしない、認識をしたくない」という言葉の方がいいでしょうね。

冷静に考えれば面白くないですか?

○○が大変だ~と喚くから、こうしてやれば解決できるよ!と、優しく教えても、そんな当然な事わかってるから!と、ある種の逆ギレ的な対応や小ばかにした対応をとる。そして口先だけで一切行動をしないためにまた、最初に戻る…。

もうね~。他人にはどーにもできません。
それでいて、やたらと他人に依存をしようとするんですよ。こー言う輩は…。

ですので、もし、皆さんの周りにこの様な口先だけの我がままちゃんがいたら、当然ですが(笑)
うま~く、相手にしないように、やり過ごしてください。自分の時間を吸い取られるだけですから。

そうでは無く、自分はしっかりと行動をして、現状を変えて行くぞ!という人は、すでに書いた様に、まずは、現状の認識をしっかりとしましょう。

勿論、ここでも完璧など求めないでOKです。

途中で問題を発見したり、出てきたら、その時に更新をして対処をすれば良いのです。

また、この時のコツも書いておくと、しっかりと未来側の状態を軸に考えることです。

例えば最初に書いた内容をそのまま、〆切までの日付が短いものから毎回先にやるのではある意味ベルトコンベヤーの様な状態になり、結果として、また違った意味で仕事などに追われる状態になります。

ですので、明らかにデッドラインがすぐのモノを処理したら、少し前倒しになっても良いから、自分がその時にやりたい内容を優先的にやりだしても良いのです。

というのも、この様な状態の時は毎回必ずでは無いですが、多くの場合、無意識による処理がひと段落をして、表面上に上がってきている状態である確率が個人の経験上高いからです。

ですので、せっかくの良い状態を逃さないためにも、本当であれば仕事や課題はさっさと余裕をもって終わらしておくことが良いわけです。

まあ、当然ですがその時々で進み具合が違いますので絶対ではありません。

ですが、ある程度の流れの様なものがわかっているのであれば、その内容はため込まないで、すぐに片づけるように癖付けておけば、仕事や課題に追われて精神的に苦しい思いをすることは少なくなるでしょう。

ですので可能な限り、先に頭の中でこの様な感じになる。と、予想を交えた状態で良いので、仕事を、課題を、スケジュールを終わらしてしまうのです。

出来ればこの様な脳内処理を毎日、それぞれの時間軸で行うと効果的です。

例えば、今日中の仕事。今月中の仕事。半年、1年、3年、10年…という感じです。

繰り返しますが、あくまでも予想交じりでOKです。
この内容を絶対に守る必要はありません。
あくまでもリハーサルの様なものです。

当然ですがリハをするのとしないのでは実際に本番を迎えた時の状態は全く違う状態になります。

ですので仕事などにおいても可能な限りリハーサルを行うことも効果的な方法の一つなのです。

ちなみにリハーサルも現状をしっかりと認識をし、修正を行うための方法なのは言うまでもありません。

毎回場当たり的に、いい加減にやるのではなく現状をしっかりと認識をしつつ、今、必要な処理を行いながら、未来のリハーサルも同時に行っていくというのが、この記事における最終的な状態になりますが、まずは最初に書いた様に現状の認識をしっかりと行い、行動で解決をするという癖を持ちましょう。

そこから徐々にできることを増やしていけば良いのです。
焦らずに、慌てないでどんどん行きましょう。


それでは、今日も最高の一日を。



主な参考書籍

仕事力を10倍高める瞑想トレーニング [Kindle版]
成瀬 雅春
PHP研究所
2013-03-29




スポンサードリンク
プロフィール 
皆さん、始めまして。 IroN(アイロン)と申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
Amazonライブリンク
スポンサードリンク