これも
よく聞くことかも知れませんが
多くの人が
この様に
行動をすることができません。

ですが…(`・ω・´)

個人的な体験からも言えますが
確かに
凹むようなときもあると思いますし
本当に
その瞬間に
すぐに
修正に取り掛かる…。
というのが
難しいときもあると思います。

そーいうときには
これまた有り体ですが
気持ちが前向きになるまで
多少の時間を使ってでも
切り替えの時間を
作ることを
おススメします。

そーいう意味では
この様な
瞬時に切り替える。
ということの訓練にもなる
おススメの内容の一つは
スポーツだと思います。


例えば
たまに書いていますが
テニスであれば
次のプレイまでの時間は20秒以内と決まっており
その時間内に次のプレイを開始しなければいけません。

試合中は20秒をフルに使われると
早くしろ~(; ・`д・´)
なる人は
多いのですが
これも普通に考えれば凄くないですか?

だって
たったの20秒が全然待てないのですよ?

むしろ
遅い(; ・`д・´)
となるのですから
体感時間の違い
というのは
本当に面白いことです。

まあ
この時間感覚については
今回は目的が違うので、
これまた
別の記事に。


話を戻しますが
たったの20秒で
さっきのプレイのミスを忘れ、フラットな状態に切り替えるように訓練をする。
というのは
多くのシーンでも役にたつことだと思います。

まあ
実際には
この20秒で
本当に
上手く切り替えるのは
多くの人には難しいのですが
それでも
この様な状態を経験していれば
他の
切り替えまでに
もっと時間を使える内容の時に
人よりも切り替えが上手く行く確率が高くなるのは
理解できるでしょう。

では
テニスなどの
スポーツ以外で
この様に
すぐに切り替えをできるようにするには
どーしたらいいのか?
ということですが…。

一つの方法として
失敗という内容は
基本的に
必ず何かしらの
修正点があります。

なので
その修正箇所を
さっさと修正をする為に
毎回すぐに動く癖をつける。
というのが
簡単な方法であり
効果的な方法です。

ですが
こうは言っても
落ち込んで…(´Д⊂グスン
上手く頭が回らないし、身体も動かない…。
というのも
よーくわかります。

ですが…。

その様な時に
こう言い聞かせてください。

落ち込んでいても
何も解決しない。

とね。

人によっては
かなり厳しく聞こえるかも知れませんが
有限の時間を
より
大切に使っていくためには
この様な
考え方を軸にした
すぐに取り掛かる。
という
習慣は
とても大切だと思います。

勿論
最初から
即行動。
とするのは
難しいとも思いますので
これも
よく言っていることですが
少しずつ
慣れていきましょう。

自然と
変わって行きましょう。

ということです。

もし
この様な修正が必要な時が来たら…。

今回の記事を思い出して
少しでも良いので
挑戦をしてみてください。

それを繰り返していれば
必ず、変化は訪れます。


それでは
今日も最高の一日を。