これは
いくつかの書籍に直接的に関係してくるのですが
今回は
コレクション版の新福音書
元に書きます。

そもそも
多くの福音書は

実践の書

である。

特別寄稿の中で書かれています。

そして
実践とは
行動のことでありますから
それこそ
実践をできることは
山の様にあるでしょう。

むしろ
多すぎて
何をすればいいのか…(´Д⊂グスン

という人には
こー言っておきます。


自分が
「今」
やりたい内容を
やればいい。
とね。

それと
もう一つおススメなのは
特に
危険性がないのであれば
自分が
今までやらなかった内容に取り組む。
とかです。

やりたいこと
やらなかったこと
という
相反するものを
同時に
やることで
より実践の効果が高くなります。

勿論
これは
ある程度
実践をして
実践に慣れてきたらでOKです。

まずは
自分が
その時に
「やりたい(`・ω・´)」
思ったことから
順に取り組めば良いでしょう。

そこから
徐々に
実践の質を高めればOKです(´ー`*)ウンウン

なので
まずは
短くても
実践を
開始して
継続をすることです。

そーいう意味でも
繰り返し
何度も
同じ本を読む。
読み込む。
というのは
とても
立派な実践の一つと言えます。

いくつかの効果として
当然ですが

読むごとに
違う発見がある。

そして
その著者の視点をより深くもてるようになる。

これは
その著者の視点で世界を見れるようにもなっていく。
ということです。

つまり
複数の視点から
世界を観れる。

例えば
一つの情報に対しても
自分の視点一つしか持っていない人と
自分と好きな著者の視点の二つを持っている人では
同じ情報源でも
手に入る情報量は2倍になります。

この様な状態は
今後の時代を生き抜き、人生を切り開くためには
必須となる内容の一つです。

ですので
まずは
自分が好きな著者から始めていき
どんどん
他の著者の視点も増やしていきます。

その
第一歩が
今、気になる著者の本を
繰り返し
何度も
読むことです。

これは
立派な実践であり
同時に
知識や情報の収集であり
IQの訓練であり
新たな視点の獲得である。

勿論、他にもまだありますが
今回は
とりあえずここまでに。

どーですか?
とても良いことづくめでしょ?

ですので
皆さんも
時間が許す限り
どんどん書籍を読みまくってください( ´ ▽ ` )ノ

それでは
今日も最高の一日を。