今回のタイトルは、苫米地英人さんの「思考停止という病」という書籍の内容が基になっています。

この書籍でも出てくる内容ですが、皆さんの周りにも話がつまらなくて、他人の愚痴ばかりを言う人っていませんか?
またその逆に、なんでこの人はこんなにも話題が豊富で面白い話を毎回するのだろう?という人もいませんか?

この様な違いは単純で、すでにタイトルにある様にゴールを持っているか、持っていないか?という違いだけです。

こう書くと、本当に?と感じる人がいますが、断言しますがその通りでしょう。
というのも、ゴールがある人間は常に情報収集と思考を行っています。
その為に、副次的に他者を楽しませる会話や話題というのを自然と話せるし、無意識的に話題を獲得できるのです。
ただ、当事者としては、べつに特別なことをしているのではなく呼吸をするような感覚があります。

また、当然ですが、書店である様な「雑談が上手くなる本」や「人気者になれる本」というのは役に立ちません。
そもそも、これらの本に書いてあるのは単なる一例であり、絶対的な内容では無いからです。

もし、コツの様なものがあるのであれば、それは「相手のことを良く知っていて、その人の好みの話題を話してあげる」という方法と、初対面であれば「できる限り、どのような人物かをその場でコミュニケーションを取りながら調べて好みを見つけだす」くらいでしょうか。

ただ、その様な面倒なことをしなくてもゴールを持って日々過ごしていれば、会話の話題などは、ほぼほぼ無限に出てきます。

それは当然で、会話で話す内容よりも、圧倒的に多くの情報を取集し、さらにその情報を元にした思考による結果の内容までも追加されるのですから、話題というのは本当に尽きないのです。

そういう意味では、この様にブログを書くという行為も実際には話題は尽きません。
ただ、打ち込みの問題や他の問題で、生産が追い付いていないだけです。

そして、これも書籍に出てくる内容ですが「思考を続けている人は必ず独自の仮説を持っている」という一文です。
実際に私もいくつかの個人的な仮説を持っています。
後は、この仮説をどのように再現性が高い内容にしていくのか?という作業が必要なのですが…今は、ちょっと優先順位が下になっています。

ですが、それは投げ出している訳ではなく、本当に今は他の内容が優先。というだけ、実際には毎日…とは言いませんが数日から1週間に一つは必ず、それぞれの内容でこれは!という発見はしています。

違う言い方をするのであれば、「発見と心理的盲点が外れた瞬間」ということでしょうか。

この時に思うのは、自分の成長もそうですが、同時に、これでまた人の役に立つぞ~!という気持ちが強くあります。

なので大変なのは、他人に伝えるにはどうするか?という作業なんですよね。
これは、他の人もそうだと思いますが、個人的な部分ではすでに納得ができているのです。
「あ~。なるほど。こことこれが、この様になるから、こーなるのね。」という感じです。
この部分を他の人に届けるときの変換が…大変なんですよ。

しかも、方法は無限にあるし…ということで、今は優先順位を下げている訳です。

では、この様な仮説や面白い話題を豊富に手に入れる。という目的があった場合はどうすればいいのか…は、すでに書いているように、自分の中でゴールを設定すれば自然と手に入ります!で終わりになります。

ただ、これだけだと、なぬ?となる人もいるかも知れないのでオマケを(笑)

それは「自分が心の底から他の人を楽しませたい」と思うことです。
というか、「これ自体がゴール設定の一つになる」のですが、ここではある人物を元にして書いていきます。

それは、今は本当に「皆さんご存知になった」チームナックスの「大泉洋」さんです。
大泉さんは今はどうか知りませんが(笑)
元々、小さな頃から他人を笑わせるのが大好きだった洋です(笑)

その一つのエピソードとして、大泉さんの本の中に出てくる「みんなでゲームをしている時に、大泉さんは大人気だった。理由はすぐに負けて次の人に速く順番が回るから。」というお話です。
しかし、大泉さんはこの時に意図的に負けていたようです。
その理由は「ゲームよりも友達を笑わせてる方が楽しいから」という理由です。
子供時代の大泉さんは他人を笑わして喜ばせるという気持ちを、すでに持っていたのです。

その気持ちは大人になってからも変わらず、今もなお大人気な「水曜どうでしょう」へと繋がり、そして、チームナックスや個人での活動へと繋がっています。

ここで、ゴール設定という言葉を使いますが「ゴールを設定する」と聴くと、何やら凄く大変な作業を必要とするイメージがあるかもしれませんが、そんなことはなく、この様な子供時代に大泉さんが持っていたような内容でも全然良いのです。
(というか、この時点で素晴らしい内容だと思いますが。)

ただ、ゴール設定にはいくつかあって、「利他的な内容を軸にしたゴール」と「利己的な内容を基にしたゴール」です。

今回の記事に関係をしている内容であれば、間違いなく利他的な視点のゴールが必要です。
というのも、利己的な内容では、確かに自分にとっては良いことが起きますが、それを他人に分け与えるとなるとちょっと難しくなるからです。
例えば、キャバクラで一人、毎晩豪遊をする。という利己的なゴールを設定し、達成したとしても、その内容で他人を喜ばせるのは難しいでしょう。

なので、この場合であれば、この内容に、キャバ嬢もスタッフも他のお客さんもみんなが楽しめる遊び方で、毎晩豪遊をする。という内容であれば、他の人が喜んでくれる話題になる可能性が高くなります。

勿論、利他的なゴールでないと、面白い会話が出来ない。という訳ではなく、確率的な話しとして利他的な内容の方が必要とする情報や作業が多くなるので、そのために結果として、自分もどんどん成長をし、成果を出し続けるという、副産物を得やすいということです。
ただし、ここで目的が逆にならないように注意はしてくださいね。

会話がつまらない…と悩んでいる人は、まずは何でも良いので「自分がこうしたい」というゴールを設定して、その為に思いつく限りの行動を起こしてみましょう。

その結果、自然と話題が豊富になり、とても面白い会話ができるように、自然となっているでしょう。
面白い会話、話題は自分の為でなく、他人を喜ばせるためにある!ということを忘れないでください。

それでは、今日も最高の一日を。