まずはこちらの記事を読んで貰いたいと思います。

プロスポーツ界も注目! 脳に電気刺激を与え能力を高めるヘッドホン型デバイス 
| テクノロジー | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

最終閲覧日2019/06/30



次世代の学習システムになる可能性がある機械

ちなみに「インターセクト」とは、大人気海外ドラマ「CHUCK」の主人公である「チャールズ・アーヴィング・バトウスキー」通称「チャック」が脳内の中にダウンロードした「国家機密兼様々な知識と身体技術を使いこなせるスーパーソフトウェア」です!

まあ、将来的に「インターセクト」の様な学習方法が一般化されるはずだ。という予測はずっと前からあったのですが、今回は「ニューズウィーク日本版」にも登場をするくらいに結構な規模での内容になります。

ニューズウィークの記事の中には、アマチュアだけでなく多くのプロスポーツ選手やセミプロクラスのアスリートが今回の機器のために協力をし、また実際に使用をしてその効果を体感しています。

ただ、この機器の効果のほどは実際に使ってみないと何とも言えませんし、もう一つ言いたいのは現時点ではありますが、この機器は全く未知の内容を、つまりは、神経ネットワークが出来ていない内容については効果が無さそうです。

記事の内容を読む限りでは、すでにある程度の神経ネットワークの構築が出来ている内容に対して、今までよりも質が高い刺激を与えることで学習効率を上げている。という感じになるでしょう。

まあ、今の科学力で本当に「CHUCK」の「インターセクト」がそのまま出来上がるとは思っていません(笑)

ですが今回の機器は、まだまだ改善点は多くあるでしょうし、当人たちもそこはわかってはいると思いますが「新たな時代に向けて」という意味では、とても素晴らしい内容だと思います。

おそらく、今回の技術は、次世代の教育に大きな影響を与えるでしょう。
また、ここでの教育とは子供や学生に限らず、人類全般を意味しています。
つまりは、老若男女関係なく、学習という内容に大きなパラダイムシフトを起こすということです。

出来れば、私としては「インターセクト」のような感じで完成してもらいたいです(笑)
あれは、一回はやってみたいですから(笑)



さらにその先の未来では「DNAハードディスク」が基本になるかも?

今回の記事では登場しませんし、実用化もまだまだ先の話になるでしょうが、将来的な学習方法の一つとして「DNAハードディスク」を利用した方法が考えられます。

この「DNAハードディスク」を使った学習方法ですと、単に握手をしただけで、相手側に必要な知識や技術を習得させることが可能になります。
勿論、実用化までには、まだだいぶ時間がかかる内容です。

しかし現時点で分かっている内容だけでも、この様な未来が容易に想像ができるくらいのテクノロジーの進化や発展は毎日起きています。
ですので、この部分では皆さんも大いに楽しみにしてくれて良いでしょう。

ですが同時に、これらの機能を悪用する人間も出てきます。
今回の記事に絡めるのであれば、オウム真理教が信者に行っていた方法は、同じではありませんが、近い部分があります。
または「ソードアートオンライン」の様にすることも可能です。

素晴らしい技術というのは、そのまま使えばいいのですが、どうしても今の時点での人類の中には自分のエゴのために悪用をすることを自然と行える人間が結構いるのも事実です。

まあ、今回の記事の内容に対しては、そこまでの悪意を持った危険性は無いでしょう。


マルチタスクを理解するのにもおススメ

ちょっと嫌な話が出たので、ここでいい話に戻しましょう。

今回の記事の機器の様に、ある特定の部位に電流による刺激を与えることで、脳のパフォーマンスを向上させる。という内容は、実は結構昔から言われていますし、実験もされています。

このブログでも出てきた「並列処理」一般的な言い方では「マルチタスク」という呼び名の処理方法に対しても面白い内容があり、ある特定の行動しながら、それ以外の活動に関係している部分に電流を与えると「マルチタスクの処理効率が高くなった」という内容があります。

ここでは、一例と言うか、イメージとしては、「パソコンで文章を書きながら、英語を聞き流して、英語の勉強をしている」という状態だとしましょう。

メインとなるのは文章を作成している状態であり、英語を聞き流しているのはサブになります。

この時に、英語の聞き流しの時に使われている部位に適切に電気刺激を与えると「どちらの行為も質が高くなった」ということです。

これは、面白いと思いませんか?

英語の学習効率が高くなるのはわかりますが、一切外部から刺激を与えていない行為に関しても、同じように質が高くなる!というのは、普通は不思議に思うハズです。

まあ、そうはいっても、部位でなく「脳という抽象度で考えれば」どこかに刺激を与えれば、それぞれの場所で程度の差はあれど「脳全体に影響がある」という感覚は、すんなりと受け入れられるハズです。

これは、お腹が痛いときには、身体全体で調子が悪くなり、思考の方にも影響がある。というのと同じです。
つまりは、全体と個々の双方向通信状態になります。
全体が悪ければ個々も悪くなるのは当然ですが、同時に、個々の一部が悪くなれば、それ以外の全体にも影響が出る…という本当に、ふつ~うの出来事になります。

勿論、この様な外部からの電気刺激を与えなくても、マルチタスクは人間が常に行っていることですから、ある程度の訓練をすれば大体の内容はすぐにできるようになります。

まあ、今回のニューズウィークの記事の内容はマルチタスクでは無いので話を戻します。

近い未来には「ニューロ・ドーピング」が日常になるかも?

ニューズウィークの記事の後半に「ニューロ・ドーピング」という言葉が出てきましたが、おそらく、この言葉はそう遠くない未来には定着をする言葉だと思います。

では、ここで多くの人が思うであろう、だったら、この記事の様な練習方法を認めてしまえばいいじゃないの?と思うかもしれませんが、そう簡単では無いでしょう。

というのも、実際のところは、現時点でも国ごとの資本力の影響は出ていますが、それが、ますます広がることになります。

つまりは、先進国の人はどんどん、強くなり、途上国などの国の人間は、ここでも大きなハンディキャップを生まれながらにして持つことになります。

その為に、優秀な人材がどんどん、途上国から先進国に流れていきます。

では、途上国にも均等に、これらの技術や知識を教えてあげたらどうだい?という人もいるでしょうが、これも、そう簡単ではない。

というのも、今回のニューズウィークの記事の内容は優秀な兵士やエージェントを量産できる方法です。

これは、最初の方に出て来た「CHUCKシリーズ」の敵対組織である「フルクラム」や「リング」が「インターセクト」を利用して、テロリストを量産しようとしていたのと同じような状態になります。

勿論、テロリストを量産する目的で使うというのは国家単位ではあり得ないでしょうが、それでも、今度は政治的な話しにどっぷりと関係がある内容になってしまいます。

ですので、今回の機器に限らず、素晴らしい内容のモノでも、誰彼かまわずに、すんなりと教えたりすることが現実的には難しいのです。

ただ、これも最初の方に書いた内容ですが、これからの学習方法も、これから数年で大きなルネサンス革命の様にもの凄い変化が起きるでしょう。

今ではまだ、従来の方法の延長線という感覚の内容が多くなっています。

今の時代は「昔の貴族の教育」を誰でも受けれる時代


今はどうか知りませんが…というか、今はテレビをほとんど見ないのでわからないのですが、数年前に見かけたバラエティー番組の中で、「体育の授業の家庭教師をつけて、マンツーマン指導で逆上がりの練習をしている」という様な内容を見たのですが、これなんかは百年以上も前には貴族だけの特権と言えた内容でしょう。

ですが、今では誰でもある程度のお金を払えば、貴族と同じ状態で学べる訳です。
勿論、貴族に教えていたような超優秀な家庭教かはわかりませんが(笑)

しかし、そろそろ本当に学習という内容においても、直接的に人の手を使わないで、必要なデータを使った電気刺激やイメージングをVRなどを使い、模擬学習や訓練という環境を利用して一人で学習をしていく時代になる!という状態に向けて、着々と進んでいると感じています。

まさしく、SFの世界。
「サイコパス」アニメ3期が決まったように!…まあ、ここはネタですが(笑)

…と書いていますが、これからどんどん「サイコパス」の様な社会環境になっていくとは思うので、可能であれば「サイコパス」とか「ドラえもん」とかの作品を見ておくのも、これからの時代を予想するいい材料になると思います。

ただ、だからと言って今までの学習方法を、今からやらなくてOK…ということでは無いですからね!

ですが、本当に未来では、今の学習と呼ばれる内容は、学習ではなく「娯楽や遊び」という位置になるのでしょうね。

そういう意味では、これからの時代にとっては「時間をどのように使うか?」ということは、今よりももっと重要になります。
ですので今の学習という行為は、未来においては「娯楽へと変わる」訳ですから、その様な未来の変化も意識しながら、どんどん楽しんで、学んで貰いたいと思います。

それでは、今日も最高の一日を。