ブログはオワコン?関連の記事が続いていますが、前回はブログを音声ソフトで読み上げて、ながら聴きに対応できる状態になることで、再度、文字情報に多くの人が集まる。という様な記事を書きました。

ですが、この前の2つの記事は基本的に日本人を対象とした内容になっています。

要はブログの読者を日本人に限定している。ということです。

ですが、タイトルにあるように今の翻訳システムは凄いことになっています。
そして、これからの時代は、ますます、翻訳の精度が高くなることでしょう。

というか、今の時点で日本に出稼ぎに来ている、途上国の外国人でさえ、スマホの翻訳ソフトを使いながら、日常生活を送っている人は珍しくありません。

これも、街中などで、少し気を付けて観察をしていれば、比較的簡単に見つける事ができるでしょう。

そして、これも忘れてはいけないのは、日本というのはもの凄く読書家の多い国である。ということです。
また、識字率もほぼ100%であり、国民全員が文字情報を発信することができるという、もの凄く高い教養を持っている国でもあります。

身近な例では、食べログなどの口コミサイトへの書き込みも立派な情報発信です。

そして、それとは逆に、途上国を中心とした海外からの労働者にとっては、文字情報というのは一部の人のみが扱う内容になる訳です。

つまりは、日本の様に、誰でも手軽に文字情報に接することができる環境では無いのです。

そうなってくると、わざわざ外国から日本に来るくらいの人たちですから、全員ではありませんが、結構な数の人が今よりも学びたい。という意欲をもって日々を過ごしているでしょう。

その時に役に立つのがタイトルにある翻訳ソフトになります。

勿論、これも音声ソフトの様に、もう少し先の未来で、品質が向上をしたことにより…という条件付きではありますが、やはり、一度動画に流れた人が数年後にまた戻ってくる。という状態にはなると思っています。

そして、その時の人たちの中には、日本人だけではなく、外国人も多く含まれるハズです。

これはフランスや中国、韓国などで日本のアニメや漫画が大ブームになっているような状態と近いモノがあります。

日本人にとっては日常的過ぎて、当たり前すぎる内容でも、海外の人からしたら、もの凄く魅力的な内容。というのは本当に、身近に溢れているのです。

ですので、将来的には日本人だけでなく、海外の人にも役に立つようなコンテンツを今から作っておくことで、テクノロジーの進歩という恩恵を強く受けられることになります。

勿論、現時点でも一部の国は除いて海外のサイトにアクセスをすることは可能です。

ですが、それを多くの人がしないのは、単純にその国の言語がよくわからないから。さらには翻訳ソフトを使っても、イマイチ扱いにくいから。という問題が原因で、海外からのアクセスが少ない…という感じになるでしょう。

ですが、先ほど書いた様に、この様な問題も時間が解決をしてくれる訳です。

その未来を見据えて、今から準備をしておくことで、より大きな価値を文字通りに世界中の人たちに届けることが可能になります。

また、ファイナンスの観点で考えると世界中に顧客やファンがいる。ということはそれだけ、ファイナンスも安定する。ということです。

例えば、日本人だけを相手にしている場合、日本の景気が悪くなればそれだけで、一気に自分の利益もダダ下がりします。
しかし、これが世界中にファンがいれば、確かに景気が悪くなっている国の人からの収益は減るでしょうが、一気に0になることはまずありません。

また、日本のコンテンツに海外の人が興味を持ち、さらには活用をしてくれることで、その国の人々に日本を良く知ってもらえるだけでなく、実際にそのコンテンツから学んで実践をしたことで、結果として、その国の発展にも協力したことになります。

まさに、「現代の縁起の仕組み」という言い方もできるでしょう。

ネットで世界をつなげよう。というのは、おそらくかなり前から言われていたことのハズです。

ですが、特に日本においては、未だにネットの世界でも島国のまま、日本のネット環境に引きこもっています。

そう考えると、日本では引きこもりが多いのはある意味国民性なのかもしれません。

ちなみに、私は、引きこもりは怠け者である!とは全然思っていません。むしろ、今の社会環境を考えれば、引きこもりたくなる気持ちも十分に理解をしています。

ただ、主にご家族の方は引きこもりの人が身内にいると、色々と気になることが多いでしょう。
というか単純に色々な金の心配がありますよね?

そういう、不安はよくわかります。

ですが、これからは自宅でお金を稼ぐことが容易にできる時代です。
勿論、自宅で出来るアルバイトも多くありますし、そこまででなくても、もっと現実的な方法であれば内職でもやらせてみて、そのお金で自分のためになるものを自由に買わせる。という方法も一つの手でしょう。

今であれば格安スマホ一つで、色々と出来ますから、そこで自分でお金を稼げるんだよ。ということに気が付かせてあげれば、ご家族の方が心配をするような状態はすぐに抜け出すでしょう。

ただ、注意の一つとしては、仮想通過やFXなどの金融商品には絶対に手を出させないことです。
また、詐欺商材なども同様に。
なので、ここでの注意点を守れば後は自由にやらせるのが一番でしょう。

あとはもう一つ注意点を書くとしたら、引きこもりが起きるということはセルフエスティーム(自尊心)とエフィカシー(自己評価)の両方がもの凄く下がっている可能性が高いです。
ですから、その辺に関しては、しっかりと配慮をして接してあげてください。

今回は、引きこもり対策の記事ではないので、この辺で終わりにしますが、もし、気になるようであれば、苫米地英人さんのコーチングや教育関係の書籍や、鴻上尚史さんの書籍などを参考にしてみると良いと思います。

また、本当に自分で問題を解決する気があるのであれば自らが行動をして、解決するしかありません。

このブログも、そして世のなかの書籍やメソッドも、全て、自分の行動を助けるツールでしかありません。

つまりは、メインは自分の行動と思考であり、そのサポートのためにネットや書籍などを利用する。ということです。

ここを理解していないと日常の中から不要な歪みを無くすことはできません。


話を翻訳ソフトに戻しますが、日本というの内需の国でもあるためか、本当に海外に向けてのアプローチを全くという程に行っていません。

だからこそ、多少、小規模の海外の活動とか取引があるくらいでも、大げさに評価をする人が多い。
言い換えれば、大したことをしていなくても、「海外で~」という言葉をつけることで、かなりの権威付けになっている部分があります。

正直、海外に対しての使い方の多くはこの辺が殆どでしょう。

つまりは、輸入業も含めて、日本から海外に発信をするのではなく、海外から受け入れてばかり、もしくは、利用してばかり。という感じです。

これは、今までの時代であれば、確かに大変なことでした。

ですが、今の時代は違います。

それこそ、全くの個人が海外で大人気になる。有名になる。というのは、コーチングの考えで言えば、すでに、全員が現状の内側の内容になるのです。

つまりは、誰にでもできること。になっているのです。

ですから、あとは、どのような内容を発信をするのか?という部分になるでしょう。

それは、自分で好きに決める。

私であれば、今のところは苫米地さんの書籍などを中心に紹介をしていますが、それは、苫米地さんの研究内容が日本人だけでなく、海外の人々にも大いに役に立つと確信をしているからです。

勿論、苫米地さんの内容だけでなく、他にもこれは世界のためになるぞ!という基準を元に記事を書いています。

例えば、最近はちょっとお休み気味ですが「ももと天」の記事を書いたり、ワンピースの記事を書く。
他にも、ニュース関係の記事を書いたり…様々な内容を記事にしていますが、その中の基準はいかにPVを上げ、金を得るか…ということではありません。

すでに書いているように、誰かの、何かの役に立つ内容を。という基準で選別をしています。

そして、日本という国に住んでいるだけでも、海外の人からしたらとてつもなく目から鱗が落ちるような内容が多くある。ということを理解して貰いたいと思います。

これからは、物理空間でも世界が小さくなります。

これは、移動手段が格段に進化をして、移動時間がどんどん短くなるということです。

それこそ、ホノルルに住みながら、東京に毎日通勤をする。という様な人も普通になるでしょう。

そして、すでに始まってはいますが、日本もどんどん多民族国家となっていくでしょう。

その様な未来が来ることを考えれば、今から、日本人だけのために動くのではなく世界の人のために動いた方がよくないですか?と言いたいのです。

この様な、今から世界の人のために。という行動の一つが連日記事にしているブログを書くこと。に繋がります。

勿論、ブログだけでなくYouTubeでもインスタグラムでも、それこそTwitterでも良いのです。

つまりは、一つ抽象度を上げて書くのであれば世界の人のために、何かしらの情報を発信する。ということです。

ただ最近は、ブログはオワコンだ~!という一方的な主張をして、自分の利益を守ろうとする人が多くいるので、そんなことはないでしょ?という意味合いで、あえてブログに重きを置いて記事を書いてきました。

他にも、まだいくつかあるのですが、とりあえず、この記事で一区切りにします。

それでは、今日も最高の一日を。