正直、与沢翼さんとかには、全く興味がなく、具体的にどのような人なのかも、この本を読むまで知りませんでした。むしろ、香取慎吾さんの「香沢翼」の印象しかありませんでした。

ただ、たまたま見ていた某動画の中で、この本が紹介されていて、丁度、色々と視野を広げようと思っていた時期でもあったのと、どうせアマゾンランキング1位になると思ったので、すぐにポチっとして、翌日に読みました。

今回の記事では「ブチ抜く力」の具体的な内容は書きませんが、与沢翼さんという人物がどのような人物で、どのような人生を過ごしてきたのか?という部分が知りたかった私としては、この本は当たりの部類に入ります。なので、その辺をメインに今回は記事にします。

勿論、人によっては与沢さんが進める内容を実践することで大きな利益になる人もいるかもしれませんが、おそらくですが、その様な人は本当に一握りでしょう。
というのも、多くの人は、「何もしないで年収1000万円!」みたいな願望を持っています。
そして、書籍や教材もこのような感覚で、認識をし、購入を「するだけ」で実践をしない。
つまりは、行動をしないで、自己の変化を期待します。
勿論、「変化というのは、内側の変化から始まり外側へと繋がっていく」という現象がありますが、当然ですが、外側の変化をするためには、行動をする必要があります。
つまりは、まずは内側のマインドが変化を起こし、それから外側の環境などへと影響が出ていく!ということです。
外部環境を変化させるためにはそれ相応の行動が必要になります。

例えば、FXなどで毎月黒字を維持するには、黒字を維持するための行動が必要ですよね?
具体的な取引やタイミング以外にも、世の中の流れをしっかりと把握して、先を読んで、判断を下す。
この様な行動が必要不可欠です。
確かに、将来的にはAIが代わりにやってくれる可能性はかなり高いですが、それだって、どの会社のAIをどのような設定で運用をさせるのか?という思考的な判断は必要でしょう。何故なら、多くの人が同じようにAIを使うのですから、どこかで差別化をしないと、上手く行きません。

タイトルにもありますが、金が欲しい人は、まずは行動をすることです。
もしくは、行動をする人になること…という言葉の方が的確ですかね。
そういう意味では、与沢翼さんが平均年収よりも多くのお金を稼いでいるのは、当然と言えば、当然なのです。
それだけの金額を稼げるだけの行動をしていますし、サラリーマンとかよりも、しっかりと毎日勉強をしています。

ですが、全く行動をしない人達はお金が欲しい~!と喚きながら、与沢さんの足を引っ張っている時間はある訳です。
その時間を勉強や行動に使う…ということが出来ない限り、いつまでたっても、その人達に変化は起きません。

もちろん、与沢さんが詐欺師だ!とは、私は思いませんが、彼がおススメをする仮想通貨というジャンルの中には、詐欺まがいの内容もまだまだ多くあると思いますので、その辺に関しては、もし、今すぐに手を出すのであれば、本当に、注意深く行わないと大変なことになるでしょう。
そういう意味もあり、現時点では、私は仮想通貨否定組なのです。

だからと言って、自分の肌に合わない内容は全て切り捨てる…まあ、切り捨てはしないモノの、記事にはしない…というのは止めにしています。
というのも、私には不要でも、他人には必要である!という内容が多くあるからです。

個人的には、与沢さんは学生の頃から、お金を稼ぐ事に関しては、かなりの力の入れようであったのはわかりました。そして、お金を稼ぐ事においては勉強もしっかりとして、行動もちゃんと行ってきた!ということも、この本を読めばわかるハズです。

後は、お金を稼ぐ事に関しては与沢さんは、かなりエフィカシーが高いのでしょう。ですから、2度事業を潰しても、今回の様に、また復活を(他人から見ると)簡単にできたのでしょうね。

またこの本には、これからの時代をどのように生きていくのか?という意味でも参考になる内容が多くあります。
例えば、以前テレビを中心にマスメディアで取り上げられていた時に、多くの芸能事務所から所属のお誘いがあったようです。
ですが、当時の与沢さんも、芸能事務所に所属をすることのデメリットを回避するために、全ての誘いを断っていたようです。
この話を例にしても、おそらく、多くの人はどの事務所にしようか考えて、自分が一番お気に入りの場所に所属をするはずでしょう。

勿論、全てが悪いとは言いません。
私の大好きなキンキキッズの堂本剛さんが、「ジャニーズ事務所にいるからできることがある」という様な内容をだいぶ前に言われていますが、この様に個人と企業のどちらにもメリットがあるのであれば、どこかに所属をするのは良いことです。

この本では、与沢さんが、もし「自分が芸能人になるとしたら?」という内容も出てきまして、その中では、まずはネットで人気者になってから、100%オーナーのマネジメント会社を作り、その会社を通してテレビに出演をする!という手順をとる…という様な内容が出てきますが、個人的にはこちらの方が好みですね。

最近の芸能人であれば、武井壮さんも同じような内容で、テレビを中心に活躍をされています。
武井さんの場合は、始まりはネットではなく、フリーでの活動でしたが、今は自分の個人事務所で大活躍をされていますね。

ただ、これからは与沢さんの提案するような方法でネットからテレビに進出をする人が増えるでしょう。というか、すでに、そういう個人活動化の人はいるのかな?この辺は、テレビを見ていないので、具体的な内容を出せなくて申し訳ないです。

あとは、個人的な意見を追加すると、例えば、与沢さんのように、ビジネス成功者という枠組みで最初、芸能事務所に所属をしたり、自分の個人事務所で活動をして、あるときから、舞台役者としてデビューをしてもいい訳です。
これは、お気付きの方もいるでしょうが、この話のモデルは、「くらたまさん」こと、「倉田真由美さん」になります。
くらたまさんは、TBSラジオが主催の舞台「エグ女」という舞台で女優デビューをしています。
他の人であれば、ホリエモンこと、堀江貴文さんも似たような感じで、役者デビューやコメディアンとして活動をしていたハズ…です。

この様に、入口としては、くらたまさんの様なコメンテーターとかの入りであっても、後々、俳優やお笑いタレント、ミュージシャンや映画監督、ダンサーなどへと広げて行けます。もちろん、プロアスリートとかもありでしょう。
この様な、個人で初めて、多方面に広げて行く!ということのメリットは、「本当に自由だ~!」ということです。

例えば、芸能事務所であれば、多くの事務所では、なぜか知りませんが年齢制限を設けています。
勿論、与沢さんのように、30代前半でも事務所が欲しいと思えば、例え、公に事務所が掲げている25歳までとかいう決まり事も、いとも簡単に無視することができます。
まあ、年齢制限などは、多くの場合、根拠がない内容ですから、本当に恣意的に使われることがほとんどですが…。

ですが例えば、80歳の人でも、長年続けてきた「ちぎり絵」を最初から作るライブ配信などをして、人気者になって、テレビに出たり、CMに出たりする。
もしくは「こち亀」の100巻あたりで登場をする、両さんのおじいちゃんたちのバンドのように、内田裕也さんよりも、もう少し年上の現役ミュージシャンたちのバンドとかは、かなり人気が出そうだと個人的には思います。

しかし…これらの人たちは、今の多くの芸能事務所の年齢制限という決まりにより、内容を見る前に弾かれるでしょう。
ただ、これを個人で始めれば、弾かれることも当然なく、自由に活動をすることができます。
また、この記事を書いている直近で、出光と昭和シェル石油が経営統合をしましたが、これからの時代はこの様な業界内の経営統合で一社ごとの規模はどんどん大きくなります。
そして、それに比例して、人手もますます多く…ならないでしょうね。
というのも、大半はAIとロボットになるハズですから、今の感覚で言うところの1割りくらいの人数になるでしょう。もしかしたら、従業員は居なくて、(法律上の)社員だけになるかもしれません。

ということは、結局のところ、与沢さんが、「もし、芸能人になるなら?」という内容は将来的な個人の活動の仕方として、捉えることができます。
与沢さんもご自身で言われていますが、今は実業家ではなく、個人事業主である!という言い方をしています。

ここまでは、基本的にお金や働き方についての内容をもとに記事を書いてきました。
ですが、この他にも、色々と参考になることは多くあります。
また、皆さん大好きなダイエットに関しても書いてあります。
もしかしたら、与沢さんのダイエット方法が合う人もいるハズです。

今回の書籍は個人的には読む価値はある!と思っています。
確かに、仮想通貨などの様に、個人的には否定的な内容も結構出てきますが、その様な部分を差し引いても、多くの人には、何かしら、役に立つことや、きっかけになることはあるハズだ!というのが、今回の書籍の簡単な感想です。

また、Twitterを見ていて感じたのは、与沢さんも言われていますが、かなり力を入れてこの本を書いた様です。それは、読んでみるとすぐにわかるハズです。ですので、この辺に関しても、読んでみると良いですよ!と、おススメをしたい理由になります。

ただ、ここでタイトルに戻りますが、お金が欲しい人は行動を必須にしないと絶対に無理です。
動かなくても、何もしなくても、お金が増えるのは、本当の貴族だけです。
あなたが貴族でないなら、自分で考えて、行動をしていかない限りは、お金は増えません。もちろん、金に執着しろ!とは思いません。お金は単なるツールです。ですが、お金で解決できる内容も多くあります。必要な時もあります。
この辺のバランスをしっかりと取りながら、お金に飲まれるのではなく、ツールとしてしっかりと上手く使いこなしてください。

それでは、今日も最高の一日を。