さてさて。これも、CHUCKファイナルシーズンのセリフよりお借りしました。

丁度この頃は、モーガン・グライムスが「イヤな奴」になっていた時ですね。
違う言い方をするなら、図に乗っていた頃のヒゲたわし君です(笑)

少しだけ、シーンを説明すると、モーガンのダサいバイクに爆弾が仕掛けれらていました。
そのことを知ったチャックは、モーガンを守る為に、間一髪のところで、モーガンがバイクに乗るのを防ぎました。
ですが、話は理解したものの、図に乗っているモーガンは、大丈夫だろうと、遠隔操作で、バイクのドアを開けようとします。
(ドア付きのバイクなのですよ。詳しく知りたい人は、実際に作品で確認をしてみてください。)
そうすると、案の定、バイクは大爆発して、二人の顔は、真っ黒に汚れてしまいました。
そして、秘密基地である「キャッスル」の中で、タイトルにある、「前言撤回。ビビッていいぞ。チャック。」というセリフが出てきます。

さてさて。今回私が、このシーンを元に、なぜ、記事を書いたのか?と言うと、未来の出来事が今までの評価を一瞬で変える瞬間のわかり易い場面だと思ったからです。

実際に作品を見て貰えると、よりわかり易いとは思いますが、もちろん、このブログだけでもしっかりと伝わるように書いてはいきます。

バイクのドアを開けるまでのモーガンは、いくらチャックが危険だから、キャッスルに速く逃げるんだ!といっても、正直、聞く耳を持っていませんでした。自分は強い!と、うぬぼれていたからです。

ですが、いざ目の前で大爆発が起きることで、評価が一気に変わります。いくら強くても、あれでは一瞬でやられてしまう…。

これは考えれば普通のことです。
ですが、実際のところは目の前で、前言撤回をして方向転換をする方が良いときでも、その事実を無視して、泥沼の方に突き進んでいく人が多くいます。
例えば個人で金融商品を取引している時に、自身の資金が残りわずかであるのに、撤退をしないで、無謀に突き進み、結果として全てを溶かしてしまう。
もっと身近な例えであれば、今日は止めて帰ればいいのに、資金がなくなるまで、パチンコを続ける人…というのであれば、イメージはし易いのではないでしょうか?
べつに、金融商品やパチンコだけでなく、仕事でのプロジェクトや学校での人間関係、自身の身体の健康のこと…多くのことに当てはまるでしょう。

これらについて、また違った言い方をするのであれば、悪い習慣、悪い癖を、そのまま放置して、継続している状態と言えるでしょう。
この様な自分に好ましくない状態を維持してしまう仕組みは、このブログでも何度か書いている生体維持機能の「ホメオスタシス」が好ましくない方向に働いているからです。

最初に書いたモーガンも、うぬぼれている状態にホメオスタシスが働き、危機管理を蔑ろにしている状態でした。一応、スパイなのに…(笑)

ですが、モーガンは素晴らしい言葉も言っています。
それがタイトルにもある前言撤回という言葉です。

日本ではなぜか一度言った言葉は何が何でも貫き通すことが美徳である。
という変な考え方がありますが、これは美徳ではなく、むしろ、美徳のように見せかけた社会洗脳だと個人的には思っています。
というのも、一度言ったこと以外は変更してはダメ…というのは言い換えれば、変化をすることを禁止するという意味合いになるからです。

ですが、現代はすでに、瞬間、瞬間で変化を求められている時代でもあります。
それは、先に上げた金融商品の世界では、何年も前から日常的な状態になっています。
たったの1秒の違いが天国と地獄を分ける…本当にこんな状態です。

勿論、自分の信念を貫く行為は基本的には立派です。
ですが、信念という内容すらも、普通は更新が必要になります。

それは、戦時中と戦争が終わった状態で同じ信念を持って、生活をされても、正直迷惑でしかないのはよくわかるでしょう。
つまりは信念すらも、自分と外部要因の両方があって初めて成り立つのです。
外部要因に関係なく、自分単体で信念ができる訳ではありません。

これからの時代は信念すらも前言撤回!やっぱりこうする!というパッと見は軽佻浮薄な、だけども、実は、しなやかに形を変えながらもしっかりと芯が通っている。
その様な人間が、重宝される時代になってきています。

信念とは、軸がありながらも、形を自由に変えるモノ。
決して不変なものではありません。
むしろ、不変だと思い込んでいる人、思い込みたい人は、結局は目の前の変化から眼を背けたい人でしょう。

元々、世界は流動的です。
今までの時代であれば、その流れは、かなりゆっくりだったので、ある意味流れを無視していても平気でした。
ですが、すでにお気づきのように、今の時代は19世紀以前の様なゆっくりとした流れの時代ではありません。
先ほども書いた様に、瞬間、瞬間で、評価が真逆になる様な世界が現代です。
金融商品の世界だけでなく、1秒で天国と地獄が分かれる世界に、すでに日常全体がなっています。
それであれば、1秒前の判断を撤回して方向転換をする…という行為も日常的と言えます。
このことを理解していない人には、単なるコロコロ意見が変わる疲れる人間…みたいに認識をされるかもしれませんが、それは相手が現状を理解していないだけです。

これからの時代は前言撤回が日常的になるでしょう。
つまりは、今まではいい意味で使われていなかった言葉や考え方も、中身が、評価が真逆になっていくでしょう。
ですから昔の意味合いに固執をしないで、たかが言葉や考え方ではありますが柔軟に使っていきましょう。
固執、頑固は、これからの時代は自滅の道です。
カメレオンでは無いですが、その場、その場で上手く適応をしていきましょう!


それでは、今日も最高の一日を。