Twitterにて大人気となっている、石原雄さんの柴犬漫画「世界の終わりに柴犬と」について、今回は記事を書いていきます。

Twitter以外にも「コミックウォーカー」と「ニコニコ静画」にて公式連載中ですが、基本的にTwitterで先に作品を公開しているようです。

なので、一度にまとめて読みたい人はこれらのサイトを利用してください。
この記事を書いている時点では、どちらのサイトも無料で読めます。
また、リアルの書籍にもなっていまして、こちらにはコミック書下ろしのショートストーリーが収録されています。
ただし、いつもの内容とは全然違うストーリーになっています。
もちろん、素晴らしいお話です。

Twitterでは、今回の主人公の一匹である「ハルさん」のモデルになった、「ハルさん」が時々登場をします(笑)
こちらも笑顔が素敵な柴犬ちゃんですよ!




人間よりも博識な柴犬・ハルさん

この作品では動物たちと会話ができる設定になっています。
そのため、動物たちがさまざまな知識や歴史などを教えてくれることがあります。
…というか、今のところ「地球人」は「ご主人」だけなんですけどね(笑)

ハルさんはものすごい理系で、理屈っぽい柴犬になります。
すでにこの時点で、興味が出てきませんか?
しかも、可愛いのですよ!

このギャップが本当にすごくいいのです!個人的には…。

しかしながら、どんなに博識で、知的でも、やはり「柴犬」です。
お風呂が嫌いだったり、ボールを取ってくるのが嫌だったり…と多くの柴犬らしさも時折見せてくれます。

これがまた私の中では、本当に最高なのですよ!


「引きこもり」から「サバイバー」に!他の生き物とお話しできる自称クール&ビューティーな「ご主人」

そして今作の主人公である(今のところ)最後の地球人である「ご主人」。
名前はまだ…というか、出すつもりが無いようです。
ですので、ずっとこのまま「ご主人」ということになります(笑)

私がなぜ「地球人」という書き方をしたのか?と言うと、この作品には「宇宙人」から様々な「妖怪」も沢山登場をします。
つまりは、ワンコやニャンコだけでは無いのですよ!
たしか、悪魔も出てきます。
相手にされてませんでしたが(笑)
あと幽霊も出てきましたね…。

すでに書いていますが、ご主人は他の生き物と会話ができる設定になっています。
この能力は世界が滅亡する前からの能力であり、どうやらご主人だけの特殊能力のようです。

しかも凄いのは様々な宇宙人とも即会話ができ、最近では昆虫の会話も理解ができるようです。
どうやらこの世界では、昆虫は「関西弁」で話をするようです。

世界が滅亡をするまでは、「引きこもりオブ引きこもり」でいつもゲームをしていたご主人ですが、今では超上級のサバイバーです。
時には河童を釣り上げたり、人魚を釣ったりと本当に不思議な生き物ばかりを釣っています。
今のところまともな魚を釣っている描写はありません(笑)

ハルさんとは対照的に、全くの無知とは言いませんが、細かいことは気にしない!というスタンスで、ガンガンと我が道を行くタイプです。
旅を始めた当初はまだまだゲーム脳の影響で、ことあるごとに多くのゲームの内容を基準に判断をしていたようです。
最近ではその傾向は収まったようですが(笑)

そして、このご主人はなんと「猫好き」なようです。
しかし、ハルさんは別腹。
そんな猫のようなご主人と、ハルさんは本当にいい相棒だと思います。

世界が滅びたその理由…。

このような見出しをつけておいてあれですが…。
作者さんご自身が言われていますが、そもそもの問題提起すらも考えていない!とのことです。
つまりは、なんか知らないうちに世界は滅びて、ご主人とハルさんの旅は始まった!くらいのかるーい感じで認識をしていればOKでしょう!というのが、私のこの作品に対する感想です。

一々細かいことを気にする必要が、この作品では不要なのですよ!
「ワンピース」とかじゃないんですから…(笑)
わざわざ考察系のコンテンツとかいらないんですよ、ハルさんたちには(笑)

しかし、ある意味真理をついている部分もありますよね。
おそらく、本当に世界が滅びる時というのは、まさにこんな感じで、知らないうちに滅びていた…なんて感じになりそうです。
まあ、リアルでは勘弁してもらいたいですけどね(笑)

柴犬だけではないのだよ!

ハルさんは柴犬ですが他にも多くのワンコが登場をします。
今のところ登場頻度が高いのは、個人的には小野大輔さんCVな「シベリアンハスキー」です。
彼は元自宅警備員を務めていたようです。
ほかにも、腐女子犬のコリーねえさんとか、たぬきの3兄弟に、シバーズ(柴犬たち)、除霊ができる(これまたCV小野大輔さんな)狐様とか…。
それぞれの個性がすごくある動物たちが、物語をより面白くさせてくれています。

ハルさんはただの雑学犬では無いのだよ!


最初に書きましたが、理屈っぽい柴犬なハルさんですが、役に立たない雑学をバラまくのではなく、本当に科学的な視点で色々な内容を教えてくれます。
また、理系の内容だけでなく、人間の歴史などにもかなり詳しいようです。
ただし英語は喋れないようですが(笑)
というかそもそも、いつそんな勉強をしているのだ?と毎回ツッコミが出てきます(笑)

このような記事の内容だと、皆さんはおそらくノウハウ系の漫画なのかな?と思うかもしれません…。
確かにノウハウというか、すでに書いているように本当に幅広いジャンルの内容が出てきます。それも文系、理系、体育会系、芸術家系など問わずに…です。
しかし、しかし!
この作品の一番の魅力だと私が思っているのは、何よりも「おもしろい!」ということです。
この記事を書いている時点でのTwitterのイラストには、このような言葉が書かれています。

「世界はもっと面白くていい」

この言葉は、ご主人とハルさんを本当に上手く表しているな~と、私は思っています。

いまのところ、このブログは少し硬めというか、読書習慣が無い人だと、すこし大変な記事が多いと思います。
(まあ、あえて「今は」このような書き方をしているのですが…。でも、これからは色々な書き方をしていきますけどね。)

しかし、年がら年中ずっと真面目と言うか、常に思考をフル回転させているのも違うよな~と、私は思っています。
ここではあえて「力」と言う言葉で書きますが、年中力を入れっぱなしでは、まともに生活ができないように、力を使うときと、抜くときとのメリハリは大切だと思っています。
そういう意味でも、今回の石原さんの作品は色々な視点からもおススメをしたいのです。

ご主人とハルさんの旅は、楽しみながら知的好奇心も満たしてくれる。
そして何よりも、本当に読んでていて癒される。
自然とニヤニヤしてしまう。自然と笑ってしまう(笑)

そんな最高なハルさんとご主人の旅を、皆さんもどうぞご一読を!
ワンコ好きは、確実にハマることになるでしょう(笑)


そして、こちらが石原さんのTwitterになります。

石原 雄(@K5dbZRmjNe77i5r)さん / Twitter


私のわがままも少し入りますが、個人的には、もっともっと沢山の、ご主人とハルさんの旅を見ていきたいと思っています。
もしよろしければ、皆さんも石原さんの応援よろしくお願いいたします。


それでは、今日も最高の一日を。