アニメから始まった「ドラゴンボール超」ですが、ついにコミック版でアニメ以降のストーリーが始まることになりました!
漫画のストーリーも、所々アニメとは違う内容や、物語の展開がコミック版では楽しめます。
また、アニメでは語られなかった部分の補足なども出てきます。

なるべくネタバレにならないように、簡単に「DB超」の魅力などを書いていきます。

そして現在では、一部の紙のコミックはAmazonでは品切れ中なので、こちらのリンクを貼っておきます。







コミックでは「ゴールデンフリーザ様」が…。

悲しいことですが、映画版の「復活のF」のストーリーは描かれていません…。
ちょうど破壊神同士の兄弟喧嘩が始まる少し前に、ナレーションで説明をされる程度で終わります(笑)

コミックの余白の部分でも、「飛ばされた…」と、がっくりしているソルベさんが描かれている程度です(笑)

おそらく映画作品である「神と神」、「復活のF」、そして「ブロリー」は、「アニメコミック」というバージョンで、 「カラーコミック」として発売をされているからだと思います。


また「神と神」と「復活のF」はドラゴンボール超ではなく、「ドラゴンボールZ」で表記をされています。
一応下記が、公式のタイトルになります。

DRAGON BALL Z 復活の「F」 アニメコミックス

DRAGON BALL Z 神と神 アニメコミックス

DRAGON BALL超 ブロリー アニメコミックス

ちょっとややこしいですが、動画ではなく、漫画で楽しみたい人は、こちらで探してください!
…まあ確かに、ゴールデンフリーザ様はモノクロでは迫力が足りませんね(笑)

3巻、「未来トランクス編」からコミック版のオリジナル要素が入る様になる。

まあ、所々はコミック版オリジナルの進行になるのですが、これは、コミック版の「君の膵臓を食べたい」のように、コミック化における制約ではないですが、 コミックならではの表現方法と言えるでしょう。
ですので、細かい部分では最初からオリジナルの要素はあります(笑)

しかし、未来トランクス編からは、アニメ版では描かれなかった部分や、少しだけ違う物語の展開が出てきます。

そして、当然ながらアニメのように長々と引き延ばされることはありません(笑)
ちょっと話はズレますが、私が漫画作品などのアニメ化が基本的に好きになれない理由の一つに、作品の都合ではなく演者側の都合を組み込んでくる部分です。
例えば、新人の声優さんをとにかく作品に出そうとして、オリジナルのキャラを作ったり、別に必要としないモブキャラに時間を使ったりで、 全く関係がない余計なものが良くあるからです。

このような作品とは関係がない部分に時間を使われるので、その時間のせいで、せっかくの物語への臨場感が消えるからです。


ですので、そのような邪魔が入らないという理由もあり、基本的に書籍での作品が好きなのです。


話を戻しますが、大筋の物語はアニメで放送をされた内容になるのですが、コミック版の方が、私としてはドラゴンボールらしいかな?と感じています。

もちろん、アニメ版のラストも好きですけどね!

また、細かいことかもしれませんが、物語の展開の仕方も漫画版の方が上手いように感じます。

まあ、アニメ版は先程書いた物語以外の都合などが原因で、上手く進められなかった可能性もありますけど(笑)

そして、現在の最新刊である10巻からは、新章が始まります
(正確には9巻から少しだけ始まっているのですが…(笑))

本当に、どのような話の展開になるのか、今後が楽しみな「ドラゴンボール超」です!

あえて、鳥山明さんと、とよたろうさんとの違いを探してみる。

これは、ドラゴンボール超を読み出して気が付いたことの一つなのですが、私としてはDB超を書いている「とよたろう さん」の絵は、 本当に原作者である「鳥山明 さん」の絵に非常に近くて違和感なく楽しめています。

ですが、改めて原作であるドラゴンボールを読み直したり、イラストを見直してみて、鳥山明さんの凄さを再認識しました。

この凄さについて、正直今は、うまく言葉にすることが難しくて、出来ないのが本当に申し訳ないです。

ですが、今できる限りの言葉で、なるべく簡単に書くのであれば「絵が持っている情報量が違う」ということでしょうか…。

情報量が違うというのは、鳥山さんの頭の中にあるドラゴンボールという作品に対するイメージが、凄まじい!ということです。

また別の言い方をするのであれば、大きな世界観とその世界観への臨場感が、ものすごく強くあるので、たった一枚のイラストでも、 魅力的な作品になっている…ということです。

ただ、このように書くと、とよたろうさんが、ダメダメに聞こえてしまうのでちゃんとフォローをしておきます(笑)

作中のコメントでも鳥山さんが言われていますが、私のイメージにピッタリな人が書いてくれている!というコメントがあるように、 鳥山さんとしても、とよたろうさんはベストなようです。

そして、これは後述をしますが、この二人だからこそできる、作品作りをしている最中になります。

これも物語とは少し話がズレますが、DB超では、制作秘話的な内容が結構出てきます。

例えば、とよたろうさんのイメージに鳥山さんが直しをいれた部分とか、逆に、鳥山さんのイメージにとよたろうさんが手を加えたシーンとかもあります。

また、見出しにあるように、鳥山さんと、とよたろうさんとで、「伝わり方が違うのはなぜだろう?」という風に、クリティカルに作品を見たりすることで、 漫画家を目指している人には、とてもいい教科書としても使えるはずです。

もちろん、このような方法はクリエイターだけでなく、ビジネスマンや学生、アスリートにも効果があるので、興味があれば、実践をしてみるといいでしょう。

このコンビだからこそ生まれる「新たなドラゴンボール」がある!

これは先程の、「この二人がベストなコンビだ!」という内容の続きになるのですが、 実際に、とよたろうさん「らしさ」が出てきたことで、新しいDBとして作品が出来上がっている!という鳥山さんのコメントがあります。

そうなんですよ!

鳥山さん一人では生まれなかった表現が、とよたろうさんとのコンビで生まれているのですよ!


これはオリジナルアニメである「ドラゴンボールGT」にも言えると思います。
まあ、GTのほうは鳥山さんが関わっていなかったはずですが、私としては、あの作品も大好きです!

スーパーサイヤ人4はカッコいいし、最後の「龍拳」のシーンも私は大好きです!

このように鳥山さん以外の人が関わることで、また違った面白さが出てくるのも、ドラゴンボール「シリーズ」の凄いところだと思っています。


もちろん、ここに関しては、個人の好き嫌いがあるとは思いますが、少なくとも私としては、全く問題がありません(笑)

どこまでDB超のストーリーが続くのかは分かりませんが、できる限り、長い時間をDB超と過ごしたいと私は思っています。

なので、某漫画家さんのように定期的なお休みがあってもいいので、少しでも長く連載を続けて頂ければ嬉しいです。

まあ、「バクマン」では無いですが、短くとも作品として目指すものがあるのであれば、そちらを優先して貰いたいとも思っています。

どちらにせよ、今後もDB超の今後を楽しみにしています!


今回の記事でDBシリーズに初めて興味を持った人も、私のように昔からのファンの人も、鳥山さん、とよたろうさんコンビの活躍を、 一緒に楽しみに待っていましょう!



それでは、今日も最高の一日を!