これは最近の私が、かなりハマっていることの一つです(笑)
ただ、このように言っている私も、きっかけに出会うまでは、正直かなりの抵抗がありました。

その辺に関しても、これから書いていこうと思います。


あくまでも一部の商品が、そのまま食べられる。

これは最近気が付いたことなのですが、一部の商品には、「そのままでも召し上がれます」という表記があります。

実際に某企業のサイトにも書いてあるのですが、一部の商品は製造過程で熱処理をしているので、そのままでも食べられるが、 生の状態で販売されている商品は、ちゃんと加熱処理をしないとダメですよ!という内容があります。

個人的に思うのは、輸入ウインナーや冷凍ウインナーなどは、ちゃんと自分で火を通さないとダメだと思います。

まあ、ここでは安パイを取りまして、企業側が「そのままでも~」と明記していない商品は、ちゃんと焼くなり、煮るなりの処理をしましょう!

そのまま食べるのはやめておきましょうね!

生のウインナーをそのまま食べて、体調を崩しても、私は責任を取りませんので、あしからず(笑)

とりあえず「生ウインナー」と書かれている商品は、必ず火を通しましょう!

私の身近には、結構な数で、そのまま食べていた人が居たのです…。

これが、私がそのまま食べるようになるきっかけになります。

最初に聞いた人の場合は、「はぁ!?」という感じでしたね(笑)
確かに加工処理をされているので食べられると思うけども…という感じでした。
しかもそのときに見た商品は、「そのままでも~」という表記がありませんでしたので、なおさら「こいつは…」という感じでしたよ(笑)
ただ、その人は小学生の頃から長い間、そのまま食べていたようでして、その人にとっては焼いて食べる方が違和感があったようです。
これは、私とは逆ですね(笑)

そして、他にも「そのままでも食べられるの?」みたいな話をすると、意外なことに、結構な人が「私食べてるよ!」とか、 「家族がよくやるよ!」とか言うのですよ~。

それでも、この時の私は「こいつら、アホちゃう!?」という感じでした(笑)

日本企業が言うのであれば、そのまま食べましょう!

そもそも、(あくまでも、そのまま食べられるものは…ですが。)ウインナーをそのまま食べても大丈夫だというのであれば、 今までの私が気にしていたのは、何だったんだ…という気持ちが、強くありました。

しかしです。
スーパーで、ふと確認をすると、結構な数の商品で、「そのままでも~」という明記があるではないですか!

これをきっかけに、試しに買って食したところ…。

話に聞いていたよりも、全然美味しい~!と、本当にびっくりしたことを覚えています。

それと同時に、「馬鹿呼ばわりしてすまんかった…」と、こころの中で謝罪をしていました(笑)

お酒に合うし、小腹を満たすのにも十分だし、おやつに最適な、万能食材!

それでは、実際に私が食べた感想を書いていきましょう(笑)

まず、お酒のおつまみや、おかずの一つとして食べる…というのが、私の周りでは多い食べ方でした。

ただ、おかずに関しては、私の感覚では正直「う~ん…?」という感じです。
というのも、感覚的に、駄菓子のサラミのような味わいがあり、私の場合は、おかずとしてであれば、「レンジで加熱した方が好き」ですね。

ちなみに、私がおススメをする「おかず」としてのウインナーであれば、レンジでお好みで加熱をして、「中濃ソース」をかける食べ方は、 最強だと思いますね。
めちゃくちゃ、ご飯が進んでしまいます(笑)

また、お酒のおつまみとしては、そのまま食べるのは、本当に最高な部類でしょうね!
私はお酒は飲まないのであれですが、それでも、これはお酒にはめちゃくちゃ合うだろうな~と、食べながらものすごく思いました。

それとは違い、コーラなどのジュースには、イマイチな感じがします(笑)
お茶やコーヒーも同じ感覚がしますね。

そして、小腹を満たすことに関しても、おススメが出来ます。
食べた感じでは、熱を加えるよりも、重量感があり、だいたい2~3本も食べれば、小腹を満たすという目的は簡単に達成できるように感じます。

あとは、食べていて思ったのは、加熱するよりも、そのまま食べる方が、ホイホイと食べれるので、食べ過ぎに注意を…という感じですね(笑)

そして、そして。

私がそのまま食べるのにおススメをしたいのは「豚肉100%のあらびきウインナー」になります。

もちろん、鶏肉が入っているウインナーや、皮なしウインナーなども、普通に美味しいのですが、この後に書く、某ウインナーが半端なかったので、 同じ種類のあらびきウインナーをおススメしています。

そして出来れば、一度は食して貰いたいと思うのは、「アルトバイエルン」というウインナーです。

いくつかの商品を食べ比べて、私の中で一番おいしかったのが、この商品です。

ただ、人によっては、お値段が気になるかもしれません。
そういう時には、先程書いたように、格安のあらびきウインナーなどでも良いと思います。

たしかに「アルトバイエルン」は、焼いても、煮ても、(レンジでチンでも、)美味しかったのですが、ここにきて、そのままでも美味しいことがわかりました!

私のように、一部のウインナーやベーコンなどは、そのままでも食べられるということを知らない人は、まだまだ沢山居ると思います。

しかし、ここまで書いてきたように、そのままで食べるのと、熱を加えるのでは、全く違う味わいになるのです。

ですので、自分のお気に入りの食べ方を探してみて貰いたいと思いますし、すでに書いているように、時間が無い時の食事としてもおススメが出来ます。

ただ、何度も書いていますが、あくまでも、一部の商品であり、企業側が「そのままでも~」と明記していない商品は、必ず過熱をして食べるようにしてください。



それでは、今日も最高の一日を!