速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

2018年08月

まずは今の10倍を目標にしてみよう!「言葉があなたの人生を決める」

この言葉はよく出てくる方法の一つです。

簡単に書くと
例えば
月収30万円の人であれば
月収300万円稼いでいる状態をまずは目指す。
ということです。

なぜ、十倍かと言うと
大体10倍くらいであれば、現状の外側になっていることが多いから。

この
現状の外側に設定する
ということは、このブログでも何度も書いています。

理想的な現状の内側では
結局、根本的改革は起きません。
要は
「武装錬金」
という漫画に出てくる
ど変態…
いえ、
もの凄く愛を込めて
麗しき
「パピヨン」
の様に
(ほぼほぼ)不死身なのに不治の病に苦しみながら生きていく…
という状態の様に
8割方は良いんだけど、この2割がなぁ…。
みたいな、
必ず、何かしらの「大きな」悩みや不満が残ります。
なぜなら、結局は現状の内側の延長線になる訳ですから、
ある程度の悩みの改善はされているでしょうが、根本が変わっていないから。

もしくは、本当に100%満足する状態になっていたら、
それは、ゴールを達成した状態になる訳ですから、2年経たずに亡くなります。
これは、鮭の産卵後の状態と同じ。
鮭の場合は種の保存である産卵というゴールが達成されたから、そこで命が尽きる訳です。
人間は、鮭の様にその場で亡くなることはほとんどありません。
つまり、ゴールを達成してもある程度はタイムラグがある訳です。
人間の場合はゴールを達成した状態で「エピローグ」の様な期間があり
ここでゴールを再設定すれば、まだまだ、生きる力が出てきますが
そうでなければ、そのまま、人生のエンドロールに向かう訳です。

ですから
色々な理由から
現状では達成方法がわからない状態をゴール、
もしくは
ゴールの途中にあるサブゴールとして
設定をして
その状態に向かって日々進んで行く訳です。

この時の達成の方法は人それぞれです。
まだ見えないゴールへの達成方法は、
何度も書いている

セット ア ゴール
インヴェント オン ザ ウェイ

です。

まずはゴールを設定し
達成方法は創造的無意識が
日々
進みながら開発をしていく、発見をしていく。
という意味です。

ですから、
達成方法は人それぞれ違う訳です。
もちろん、共通する部分もあるかもしれませんし、
全く独立していることもある訳です。

なので、
他人とは比較をせずに、
ただ
参考にできる部分は参考にして
自分の道を進んで行きましょう。

それでは
今日も最高の一日を!
HiroN






「言葉」があなたの人生を決める
苫米地英人
フォレスト出版
2015-02-19

日々の食事のメニューはやっぱり大切 「炭水化物が人類を滅ぼす」

久々にこの書籍を参考に記事を書きます。

だいぶ前の記事では健康面よりも
美容面にフォーカスを当てた内容が多かったですが
今回は
健康面と
仕事や学習などを始めとしたパフォーマンスについて。

ついでに
ここで補足をしていくと
私がこのブログで使っている
仕事や学習という言葉は
特定の内容
例えば
ホワイトカラーの仕事のみを察す
とか
学校の授業中のみを
意味して…いません!

このブログを良く読まれている人であればすぐに思いつくであろう言葉に
抽象度
という言葉がありますが
ここでの仕事や学習という言葉は
何か特定の内容を具体的に意味しているのではなく
もう一段、二段高い抽象度で書いています。
他の言い方で書くなら
もう少し俯瞰的な意味で捉えて欲しいということです。
つまり
ホワイトカラー、ブルーカラー、正社員、フリーランス、を問わず
また
サラリーマンからミュージシャンや漫画家、警察官からヤクザまで(笑)
あらゆる内容を包括していると思ってくれて大丈夫です。
あとは
読み手の個人、個人がここから、それぞれフィードバックしてくれればOKだと思っています。
学習もこれと同じように捉えてください。
独学からスクールまでの範囲で使えるようになっています。

ということで
今回の本題に。

ここ二日間くらいは
毎食「お米」を食べていました。
今の私は
炭水化物は食べても軽めに昼と夜の最大2食。
大体は朝と夜は炭水化物は取らないのが基本です。

最初に出版された
「炭水化物が人類を滅ぼす」
の中でも
食後の眠気や起きた時の怠さや二日酔いがなくなった。
という様な内容が序盤に出てきますが
糖質制限が日常になっている今の私としては
これらはすでに日常のことであり、自然な状態になっていたので
意識に上がっていませんでした。
要は
呼吸をしているのと同じ感覚になっていた訳です。
ただ
私はお酒を飲まないので二日酔いに関してははっきりと言えませんが…。
というか
個人的な感覚では
糖質制限しててもすぐに酔う自信がありますが(笑)
これは体質ですから仕方がないです。

それとは別に
カフェインの効用については
色々と面白い自身の人体実験の結果が結構出てきています(笑)
これについては他の記事で。
一言だけ書くと
合法ドラック恐るべし(笑)ですね。
皆さんも
カフェインの
飲み過ぎ、食べ過ぎにはくれぐれも注意してください。
ジョーク抜きで言っておくと
未成年者に対しては本当に注意して欲しいと思います。

糖質制限に話を戻すと
なんかここ数日寝起きが悪いな…
とか
食後のパフォーマンスが悪いな…
良く疲れるな…
という感覚がありました。
これにたいして
また気温が高くなって暑いからだろう…
という視点でのみ考えていたのですが、
この記事を書く少し前に
「ん…?待てよ。ここ数日お米食べ過ぎじゃない?」
と気付いた訳です。
それから
食事の内容を意識して調整して、だいぶ良くなってきました。

この時のことを振り返ってみると
だいぶ
食べ過ぎていたのに
腹持ちがいつもより悪い…
という感覚が
確かに、はっきりとありました。

個人的に一番腹持ちが良いのは
「素炒りの大豆」
というおつまみです。
豆まきの時に投げるあれです。
あとは
大豆つながりでは
豆腐や納豆ですね。
手に入れやすさでは
バターピーナッツですね。

大体この辺りが
今の
炭水化物の代わりになっている食べ物です。

また、
これも人によると思いますが
個人的には一番怠くなるのが
米です。
その次は大体同じで
蕎麦やうどん、中華麺やパスタなどや
パン類はそこまで疲労を感じません。

人によっては
米よりもパンが怠くなる。
という人もいると思いますが、
この辺は個人、個人で見極めてください。

炭水化物は
主食ではなく嗜好品として認識を変えよう!
ということをこのブログでも書いていますが
ここ数日の怠さは
一般的な人に当てはめるなら
お酒を飲み過ぎてパフォーマンスを著しく落としていた…
という状態だったな。
と少し反省をしています。

炭水化物はお酒と同じ嗜好品である
再認識をして、
やっぱり
取り過ぎには注意だな…。
と思った数日間でした。

言葉のコントロールだけでなく
日々の生活のほぼ全てはコントロールの対象ですね。

それでは
今日も最高の一日を!
HiroN

こんなに教えてくれるんですか!? ぷるぷる健康法

いや、本当にこの感想しかないです。

「神の手」と呼ばれる張先生ですが
その基本的な部分についてはこの一冊に、かなり書かれています。
もちろん、ここに「苫米地式気功」とでも言うべき
最新科学からの視点を活用することをおススメします。

たまたま、この本を見かけて少し見たところ、なんと、普通に今年に入っても増刷されていました!
まあ、本音は当然でしょう!
というか
知られてなさ過ぎだろう!
という感想ですが。

本書に出てくる絵柄もパンダや犬などをモチーフに描かれていて、凄く可愛らしいです。
しろくまカフェみたいなイメージですね。
ちなみに、この本のパンダ君は真面目に働いています(笑)

何度か記事にしている気功や呼吸、リラックス関係の内容をさらにパワーアップさせてくれる一冊ですので
興味のある方は必読です。

それでは
今日も最高の一日を!
HiroN

2045年のあなたに向けて 「もうこれ以上、人間関係で悩まない極意 ─今こそ、「縁起人」として生きろ。」

現状の延長線の未来のことを
コーチングでは
「ステータスクオ」
と呼んでいます。
この言葉は元々、ディベートの用語になります。

現状とは今現在の時間だけでなく
このまま、抜本的な改革や改善などをしないまま時間が過ぎていった状態の未来も
現状であると定義しています。

今回参考にしている書籍も
このままのステータスクオのまま進んだ世界の人々に向けての本になります。
もちろん
現代の人々にも十分に役にたちます。

色々な要因が関係していますが
年々自分勝手な人が増えてきている印象が強いです。
もちろん、自分だけでなく、自分を含む多くの人々のために行動する人々も増えてはいますが
現実問題として、まだ、自分さえよければ的な人の方が圧倒的に多いでしょう。
たまたまですがこちらの記事を読んで、同じような感情になりました。

鈴木おさむ、妻・大島美幸を撮影しようとした男性に怒り「どうなっちゃってんの?」|ニフティニュース

まあ、この手のことは今や芸能人だけでなく、一般人でも普通に起こるような時代ですが、
それにしても、こういう、ちょっと…という行動を普通にとる人が昔から後を絶ちませんよね。
もちろん、今回のスマホでの行為はスマホで写真が簡単に取れる時代になったからということで起きたことですが
この様な、人のことはお構いなしの行為は、昔から形を変えてその時代ごとに存在しているハズです。
私は良く知らないのですが、
例えば
喫煙をしない方が良い場所での喫煙などでしょうか?
個人的にいえば
人混みでの歩きたばこは本当にやめて欲しい。
あれは本当に危ない!
別に私はニコチンマフィアではないので
時と場所を選んで頂ければ、吸いたい人は、どうぞご自由にな人間です。
ただ、別に煙草だけでなく、公共の場でのマナー…と、まで堅苦しく言うつもりはありませんが
必用最低限の他の人への配慮はして欲しいと思っています。

この手の話は書きだしたら切りがありませんが
おそらく、今後ますます、
この手のモラルが無い人と
他人への配慮が素晴らしい人と
二極化が、ここでも起きるでしょう。

経済でもそうですが、中間的な人たちがいなくなる現象は多くの内容で起き始めています。

ただ、二極化と書くと50対50の様なイメージを持つかもしれませんが
そうでは無く
80対20みたいに比率が傾いた二極化になるでしょう。

そこにさらに、今後5~10年以内に確実に、海外の人々も増えてきます。
そうなると、日本人だけでなく、海外の人々との交流も増えてきます。

これも別の記事で書こうと思っていることですが
日本というのは、原始時代や江戸時代などであれば
確実にサバイバルから脱落している人間が、とても多く、日常生活を送れている国
という言い方ができます。
これは、もちろん文明の発展にも関係もしていますが
ここでは簡単に書くと
日本という国は
他の国であれば劣悪な環境下でしか生活が出来ないような人々でも
文字は読めるようになるし、ある程度の職に就くこともできる。
それでもダメなら生活保護などがある。
ということで、
この様な人々の数が多いために、数の論理では有利になっていることが多いのです。
例えば
好きな様に自由に自分の人生を生きている、いこうとしている人と
とにかく某国の歯車として、我慢して働け…
という人では明らかに後者の方が多いです。
ということは、前者の様な人が、他人から叩かれる確率が自然と高くなります。
でも、文明を作り、発展させ、時代を超えた多くの人々のためになることをしてきた人たちは
間違いなく前者の人たちです。
ですが、
数の面では後者の人々が圧倒的に多くいるので
せっかく、自分を含む多くの人々のために行動できる人が邪魔をされてしまう状態になっている訳です。

詳しくは他の記事で書いていきますが
この邪魔をしてくるような人々は単純に
思考の視点が低い、つまり自分の欲望に振り回され易いと言えます。
そうなると、
原始時代であれば命の危険がある判断をする時にミスを犯しやすいし
江戸時代などのある程度の文明が出来上がり、社会的な機能が出来ている時代であれば
その集団の中でトラブルを起こしやすく、村八分になるか、村を追い出される
という様な結果になっていることが多いと思います。
ですが
今の日本では
まず原始時代のような危険は必要ありませんし
明治頃までの村同士での移動が困難だったために起きていた閉鎖的な村社会もほとんどありません。
ですが
この時のメンタリティーが形を変えて、現代社会にも影響を与えている。
例えば
クレーマーと呼ばれる人がわかりやすいでしょうが
この手の人々がとる行為を閉鎖的な村社会で頻繁に行っていれば
まず、間違いなく追放されます。
どんなに良くても村八分でしょう。
ですが、現代日本ではこの様な事はありません。
もちろん、店から出禁になったり訴えられたりはありますが、これも中々店側が行いません。
なので、結果として、この手の問題行動を取る人が世に溢れている…。
ということです。
ここではわかりやすい例を取りましたが、
この様な内容だけでなく、小さいことまで含めると、本当に日常にありふれている問題、害と言えるでしょう。
そして、私が一番嫌なのが、この様な人たちから責任転嫁の様にされて、傷つく必要がない人が苦しむことです。
もちろん、問題を起こす人々にも原因があることは理解していますが、
ここでは、それは横におきます。
ただ、
先に書いた様に、今後ますます、世の中の息苦しさは拡大していく予感がします。
ですから
この息苦しさは、個人単体の問題ではない
ということをまずは認識をしつつ
個人でできる限りの対応を取って欲しいと思っています。

この記事についても後日追記をします。

それでは
今日も最高の一日を!
HiroN


言語による解釈をしないでクラシックを聴こう 共感覚訓練にもおススメ。

「共感覚」の不思議な世界と誰でもできる簡単トレーニング法

ここでも一部が軽く書いてあるので、まずは参考にしてください。

元々は「クラシック脳」などに出てくる内容なのですが
この記事を書いている時点では絶版なので
少しだけ補足を。
この本の中では
タイトルにもある様に

作品で感じた内容やイメージを

一切言語化しないで体感する

ということが書かれています。

これは
「煩悩の教科書 あなたも菩薩になる 」
という書籍の中で出てくる
右脳のみで世界を感じる
という状態と同じだとも言えます。
これは仏教でいうところの「止観」でもあります。
そもそも止観とは言語による処理を止める。
ということであり
頭の中を空っぽにする。無にする。
という意味ではありません。
例えば
座禅をしていて
足が痺れてきたら
その足のしびれを感じるのはOK
だけども
足が痺れて痛い
という風に言語化してはダメ。
ということです。

人間はいたるところで何かしらの
言語化処理を行います。

先に上げた「煩悩の教科書 あなたも菩薩になる 」では
毎日最低一時間はテレビやスマホから離れる時間を作る、言語処理から離れる時間をつくる。
例えば
公園などを散歩して草花や日差し、風などの自然を
言語化しないで
そのまま感じるように歩く。
という方法を紹介しています。
ただ、ここでも書かれている様に
止観は日常のどこでもできる
とある様に
どんなことでも行うことができます。
これは
人それぞれ生活の中であったものを選ぶのが良いと思います。
また、今回紹介したように
クラシック音楽などを使うやり方もおススメです。
苫米地さんの公式YouTubeなどの音源でも良いかもしれません。
また、
できれば一時間…という様な言い回しは日常のいたるところで聴きますが
別に
毎回その時間でなければダメ…
ということではありません。
最近は個人の中で使っている造語?に
「ブラッシュダウン」
という言い方があります。
意味は簡単で
ブラッシュアップの逆です(笑)
ここであれば
1時間を出来る限るやってください。
というのをブラッシュダウンして
一日30分とか10分を3セットで行う。
みたいな感じです。
もちろん、他にも使いますが…。

実際に行ってもらうとわかりますが
言語から離れる時間を本当に毎日30分とかでもしっかりと作ると
非言語での処理がしやすくなるのはもちろん、精神的な状態や対応能力もだいぶ変わってきます。

時間が無い…
という人であれば5分とかでも良いでしょうから、まずは毎日5分を一週間くらいは試してみてください。
それもダメなら
気が向いた時だけでもOKです。

それでは
今日も最高の一日を!
HiroN


煩悩の教科書 あなたも菩薩になる
荒 了寛
集英社インターナショナル
2013-03-26



ホルスト:組曲「惑星」
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ユニバーサル ミュージック
2016-09-07




spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 HiroNと申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク