速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

2018年11月

入門編としては大変出来が良い、「トコトンやさしい人工知能の本」

この本は入門編としてはかなりわかりやすく、小中学生にもおすすめの一冊ですヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

また人工知能という内容だけでなく
この人工知能が普及をされることで起こると言われている
第四次産業革命
などの社会的な内容や
このブログでも何度も出てきてる
機能脳科学者である
苫米地博士
書籍の内容に関係してくる内容も多くあり、
今回の本と苫米地さんを始めとした他の書籍などの内容とが
お互いに双方向的に補完し合うようになると思います。

専門的な書かれ方をしていないので
専門知識がない人でも比較的わかりやすく読めるハズです。


このシリーズでは
見開き1ページには毎回イラストが使われているので
そう言う意味でも
この本は多くの人におススメをしたい一冊です。

特に
小中学生にもおすすめをしたい。
もちろん、大人にもですがね(;^ω^)


このシリーズって
結構マニアックなジャンルや内容もあるので
案外好きなんですよ。
個人的には(/ω\)

人工知能と言えば
苫米地さんがよく紹介しているチョムスキー博士とかの本も良いですけど
この様な切り口の書籍も多くの人には
とても良い内容だと思っています。

また
苫米地さんのワークの理解や実践の手助けになる内容もとても多くあり
そういう意味でも
苫米地さんの読者、ワークの実践者にもおススメです。

色々と内容はありますが
ここでも出てきた
音楽と人工知能との

相性の良さ、高さ

という内容は
個人的には
とても印象的でした。

あとは
最初の方に出てきた
機械の情報化の歩み
という内容は
まあ
ザっとですけど
ここから広げて行くと
凄くいい勉強と訓練になると思います。

特に
情報化ではありませんが
機械的な仕組みというのは
古代エジプトから実際に利用がされていた内容であり
まさに
イメージとしては
テイルズなどのダンジョンで幾多と登場をするトラップや隠し扉のイメージそのままです( ..)φメモメモ

考えてみれば当然ですが
個人的にはここの部分がスコトーマになっていたので
大変助かりましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

機械
という言葉から
どうしても工場的なイメージに凝り固まっていましたが
もう少し広い範囲でこの言葉に触れていこう(`・ω・´)
思わせてくれたので
本当に助かりましたよ(;´▽`A``

当然
ディープラーニング
などの内容も出てきているので
その様な
ある意味時事ネタ的な内容に興味がある人にも良いでしょう。

それこそ
細かく書いていくときりがありません(;・∀・)

なので
それらの内容は
いつも通り
追々にm(__)m
ということで(;・∀・)

そんなわけで

今日も
最高の一日を。

俺、EX釣ったわヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

今回は当然、
オペラなオムニアの内容ですわ(`・ω・´)

以前も記事に書きましたが
EXメダルで
ノクトか?
ヤシュトラか?
ということで考え中…(-ω-;)ウーン
ということでしたが…(;'∀')

ガチャで粘ったところ

まあ

いつも通りに

不意打ちで

あっさりと(-_-メ)

出てくれましたよ(/・ω・)/

ノクトのEXが(@ ̄□ ̄@;)!!

んで…。

これはあくまで
スロットなどでいわれる

オカルト


的な部分もあるのですが…。

個人的に
専用武器が一度でも出ると
その時間はやめるようにしています。

理由は
あくまでも
個人的な予測である。
アルゴリズム関係です。

(一応、)
完璧なランダムなのでしょうが(・・?

それでも
プログラミングですから
多少なりとも
影響はあるのでは?
という
まあ
めちゃくちゃオカルト的な考え方です。

ここに関しては
運営の人でないと
正直わからないでしょう(;´Д`A ```

ただ
実験的にスロットを一時的に実践をした人間としては
ダメなときはダメ。

一回当たりが来ても
続かない。
というのが
大半だったので
よほどでなければ
ある意味
投げやり的に粘らない方がよさそうだ。

つまりは
ここでも
損切りマインドが大切
という実感がありました。

…と書いていますが
粘ってラスト2枚連ちゃんで
すでに出ていた
レイルのランペイジジュゴン
スコールのキアストレート
が出てきたときは、正直…。
マジ(・・?
ってのと
なんだかなぁ(。-`ω-)
という
だいぶ複雑な感情でしたよ(;´Д`A ```

ただ
先にも書いていますが
この
損切りマインド
というのは
株式関係だけでなく
多くの内容に
とても重要だと思います。

それこそ
即断即決
という言葉を実践するに対しては
とても重要というか
必須中の必須です。

これは
ここで0か1か?
yesかnoか?
を選択する…
だけではなく(@ ̄□ ̄@;)!!
ここでは決められないから
保留にする
とか
一時撤退して考え直す、建て直す。
というのも
即断即決において重要です。

よく出てくる例で
電通さんがFacebookさんとの業務提携を決めた時のスピードの速さ。
というのが
いい例としてよく出てきますが
これを毎回できるに越したことはありませんが
実際にはなかなか難しいことが多いでしょう。

ですので
その場で決められないなら
一時撤退を(`・ω・´)
という即断即決、損切りをするのも
とても賢い選択です。

この様な一時撤退、勝負を避ける。
というのは
スポーツの試合では良くあることです。
わかりやすいのは
サッカーやバスケットでしょう。
また
経験者でないとわかりにくいかも知れませんが
テニスや卓球、バトミントンなども当然毎回のようにこの様なシーンはあります。

これは
日本人の悪い癖かも知れませんが…。
というか
それを通り越して
社会洗脳になっている部分がありますが、
何かから逃げる。
離れる。
という
行為を
絶対悪的な感覚で強要する人や場面が多すぎます。

つまりは
お前の都合や思考など関係ない!
お国のために貴様は何も考えずに全てを注ぐことが素晴らしい人間なのだ!
みたいな感覚が
未だにありますよね(-_-;)
それの現代版がブラック企業とか、ブラック部活とか、学校教育とかですかね…(。-`ω-)
まあ
改善してきている部分もありますが
やはりその傾向は強いです(´;ω;`)

ただ、
逃げるというのも

数ある選択の一つです。

自分の身を守るための強力な選択の一つです。

むしろ
強力であるからこそ
この選択法を取れないように
色々と仕向けられている感覚もありますが(-ω-;)ウーン

「バッテリー」
海音寺先輩も言っています。

「逃げたらえぇやん。逃げれる時に逃げればえぇやん。」
とね(`・ω・´)
(若干言い回しが違うかもしれませんが、そこはご容赦を。)

ただ
個人的には
逃げるのと
蔑ろにして「投げ出す」のは違うと思っています。

これは長くなるので簡単に書きますが
逃げるは防衛手段の一つなのに対して

蔑ろにして投げ出すのは
単に
何も考えないで、人生に責任を持たずに、駄々をこねている様なものだと思っています。
つまりは寄生虫マインドが良い典型です。
ちょっと、誤解を生みそうですが、とりあえず、ここでは誤解の危険性も受け入れつつ
この話は追々に。

もちろん、
べつに不要だと自分が感じる内容については
投げ出してもいいと思います。

要は
ここでも
良い意味での投げ出す。
ダメな意味での投げ出す。
という
意味合いで使っています。

これも長くなるので別の記事に書きますが
要は
山王戦の三井先輩です。

結構すぐ投げ出しがち。
というのは
自分にとって

明らかに不要な内容を拒否する

という感覚です。

ここで必要があれば拒否していた内容も実際に取り組みます。

インハイ直前の追試の勉強がそうですよね?

ですので
世間的な評価は関係なく
自分が考えた結果、取り組む、取り組まないなどの
選択を
できるだけ速く
思考をして
決めていきましょう。

ここも
思考停止で反射的に行うのとは違いますので
ご注意を。

他人から観たら反射的と勘違いされるくらいに
素早く、思考を、瞬間的に働かせて判断をするのです。

いきなりすべてのタスクでこの様になるのは難しいと思いますが
日常的な内容や仕事であれば
すぐにでもこの様な状態になるハズです。

そして
それらの訓練効果は
最初に書いた
オペラオムニアなどの
娯楽の時間でも楽しみながら鍛えることができます。

これも他の記事で書きますが

一つの内容に
できるだけ多くの内容を加えてあげるのです。

オペラオムニアであれば
プログラミング、イラスト・デザイン、音楽、ストーリー、ビジネス…
という内容をプレイしながら
楽しみながら
意識して思考ができますし、そこから他の内容へと広げて行けます。

つまりは
オペラオムニアをプレイしながら、世界の神話についても世界が広がる。
みたいな感覚です。

この様に
一つの内容に触れていても、
そこから1つだけを感じとる、使うのでなく
それと関係している内容や、
内包されている内容へと広げて
複数の内容を一度に思考をする。
ということです。

楽しみながら学ぶ、鍛える。
というのは
現代では
かなり簡単に日常的にできる内容です。

皆さん自身が取り組みやすい内容で
どんどん実践をしてみてください。


それでは
今日も最高の一日を。

お父様以外で太陽を!? 最近の中国さん、マジパネェっす(;^ω^)

中国の核融合実験装置(人工太陽)で太陽の約7倍にあたる1億度を達成  
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


個人的に、太陽を作り出せる人物は
某お父様しか知りません(;・∀・)

というか
べつに
中国の実験では太陽は作っていませんが('◇')ゞ

一部の人たちの間では
中国=全部ウソ
みたいな認識かも知れませんが
個人的にはそうは思っていません。

もちろん
この内容が完璧に真実だとは
今の私では判断が出来ないので
詳しいことは書けませんm(__)m

ですが
少なくとも
現在の中国という国は
科学においては
世界トップクラスの内容も多くある。
というのは理解しています。

ですので
今回もこのような記事をご紹介しつつ
個人的なことも書いているのですが(*´▽`*)

というか…
ニューズウィークさん…
マジパネェっす(;´Д`A ```

面白い記事があり過ぎて

追いつかん(´;ω;`)

これ以外にも
色々と本や記事やらがあるのにぃ~(; ・`д・´)


核融合が一般的に実用がされるようになれば
これまた
テクノロジーの進化に
大きく影響を与えます。

また
エネルギー問題についても
本気で解決されます。

これとは別の記事で
人工の月を上げようとしている。
という記事もありましたが…。

本当に
今の中国は凄いですね(;^ω^)

まあ
色々とお国通しでの問題もありますが
今後は
仲良くやっていきたいと思っている一人です(n*´ω`*n)

核融合の実用化には
もう少しかかりそうですが
これって
何年か前にニュースになった
某石油王の一族が
石油から核融合に力を入れていく、シフトをしていく。
という内容と
関係があるのでしょうかね?

まあ
この様な情報も知っているからこそ
関係がありそうな情報を入手すると
色々と発火して
一気に
多くの内容が
毎回
更新をされるんですけど…。

最近
マジで
多すぎて
本当に追いつかない(´;ω;`)

中国さん
速く
パーマン人形?を作ってくらさい…。
10台?くらい一気に欲しいです(*^▽^*)

出来れば
某ビリビリ娘のクローン
火影さまみたいに
全員と意思疎通が常時できるのが理想です(・∀・)ニヤニヤ

現実的に言えば
おそらく
ヘッドギアみたいな装備を付ければ
並列して作業ができるようになる
パソコンみたいなものは
比較的速く市場に出そうですよね?

でも
これだと
やっぱり重要なのは
個人で並列思考をできるかどうか?
なる訳で
シリアルな思考しかできな人は
まさしく宝の持ち腐れになる…。

となると、
今から並列思考を鍛えていけば良いわけです(`・ω・´)

なんて
内容で終わりにしますが(笑)

正直
核融合技術が普及をすれば
本当に
とあるシリーズなんて目じゃないくらいの世界にすぐになるでしょうね。

その時の
ハイパーテクノロジーを
上手く使いこなすためにも
使い手である
人間の能力が
結局は大切な訳です。

この部分があるか無いかで
個人にとって
未来が
ユートピア
になるか
ディストピア
になるか
わかれるのでしょう。

未来は確かに素晴らしいもので満ち溢れているでしょう。
ですが
このままいくと
その恩恵を受けられる人たちは
今から
思考をしっかりと働かせている人だけになりそうです。

つまり
思考停止の人にとっては
未来とは
とても
厳しい環境になる…。
今は思ってしまいます。

ですので
その様な未来を
少しでも
回避していきましょう。

それでは
今日も最高の一日を。

15万ドルは少々お高いけど…。メチャクチャカッコいい(>_<)

【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」  ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

こちらのサイトにて紹介されています、
こちらの

空飛ぶバイク!!!


なんとお値段日本円で約1700万円でございます(*'ω'*)

なんとお安い事でしょう(´・ω`・)エッ?

う~ん…。
地方で中古の住宅が余裕で買えるね(;^ω^)

ただ、これは本当に
何度も書きますが
めちゃくちゃカッコいい(/ω\)

一目見て
ロックマンXシリーズのライドチェイサー?みたいだと思いましたよ(*´ω`*)

やっぱり
ロックマンXと言えば…

「いくぞ。フェンリル。」

訳ですよ!?

皆さん(((o(*゚▽゚*)o)))

(´・ω`・)エッ?

我は放つだって(。´・ω・)?

どちらもでしょうよ(;・∀・)


変わらないのは

バスケがしたい気持ちだけ(≧∇≦)

と、まあ
ネタは終わりにして(-_-;)



一応のところ
2020年には実用を。
ということですが
おそらく記事にも出てきますが
ドローンの活用の方がメインになりそうですよね。

さらにはここにAIを組み込み、人の思考を介さずに動いてもらう。
という
構想でしょうね。

にしても
凄い。

個人的に
バイクなどの
道を走っている感覚や
アスファルトの削れた粉?とかが…
嫌いで、嫌いで(´;ω;`)

なので
この様に宙に浮いているのは
本当に
楽しみでしょうがない(((o(*゚▽゚*)o)))

テクノロジーの発達で困ったことも出てきてしまいますが
うれしいことも
多く出てきます。

なるべく
多くの人が
この恩恵を受けられるようにしていきましょう!

それでは
今日も最高の一日を。


百年後の日本人
苫米地英人
角川春樹事務所
2018-09-13




着々と進むAIの法整備

昨日の日経新聞などにも出てきますが
要は
AIを使う企業には説明責任をしっかりと。
という内容ですが
今後、どんどん法整備が進むのでしょうね。

まあ
これは前からわかっていたことですが。

最近も某企業の一部の工場で人員を9割近く削減をした。
というニュースがありましたね。

もちろん、これ以外にも色々と記事やニュースを見聞きしていて思ってきたのは
やっぱり
一気に
リストラが起きそうだな…。
という予想です。

特に
今までのニュースでは
末端の社員などの
いわゆる役職がない従業員から先にリストラをされ
その次に役職がある人へと進む。
という感覚がありましたが
もしかしたら
逆になるかも…?
通り越して
今の予想は
9割方の従業員をリストラし、なるべくできる限りのAIなどを導入する。
そして
まだ不安な部分は外国人労働者を採用する。
というのが
一番可能性が高そうです。

実際に
この様な内容がいつ頃なるのか?
ということは明確にはわかりませんが
少なくとも5年以内には行われるでしょうね。

ただ
この時に使われるかはわかりませんが
確実に言えるのは
今後は
企業などの採用の判断は人ではなく
AIが行うようになる。
と言ことです。

これは
企業側、雇用側にはとてもメリットがあります。
現在よりも
確実にその人物の内面や性格などをしっかりと把握できるようになるハズですから
現在の問題点である
面接では好印象だが
採用したら寄生虫だった(´;ω;`)
という
確率が極端に低くなるからです。

まあ
その前に
法律が変わって
即解雇OKが一般化してるかもしれませんから、それで別に大丈夫。
という人も多いでしょうが( ´艸`)

なので
ちょっと前まで副業が全面解禁をした時のために…!
みたいなことを書いていましたが
その前に
大きなリストラが起きる可能性は…
かなり高い(´;ω;`)

そう考えると
副業うんぬんよりも
どちらかと言うと
複業
方を視野に入れた方がいいでしょうね。

幸い
個人においても
AIやテクノロジー関係の発達はメリットが大きいです。

特に、
日本は世界トップクラスの経済大国ですから
これから個人が台頭をしていく土壌は
他の国よりも
多くあります。

また
これも大切なことで、
いくつかある内容ですが
とりあえずここでは
AIがライバルである。
という認識をもって
自分がAIと本当に、真っ向からやり合った時に
どのように生き延びるのか?
生き延びていくのか?
というのを
冗談抜きで
真剣に考えた方がいいでしょうね。

日本は
豊か過ぎるがゆえに
ガラパゴス
揶揄されるくらいに
世界の流れや変化に
かなり無頓着です。

しかし
当然ですが
ガラパゴスと呼ばれていても
日々
大きくて
流れの激しい川の流れの中を
無自覚的に泳いでいる。
まあ
流されているが正解の人が多いでしょうが(;・∀・)

それでも
これからは
なるべく自分でオールをコントロールしようという
意志
本当に大切になるでしょう。

この意志は他人からの強制ではなく
自分で0からつくるものです。

ですので
他人と違うのが当たり前。
という認識をしっかりともって
これからの毎日を過ごして行きましょう。

ちょっと暗い話になりましたが
ここで目を背けていては、何も変わりません。
それこそ
ドラッグに酔っている様なものです。

しっかりと
川の流れを見て
自分で
進んでいきましょう。

それでは
今日も最高の一日を。
spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 HiroNと申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク