速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

2018年12月

今日も読書(^O^)/


まあ、とりあえず書きますか(笑)


個人的には
年末年始とか
元号が変わるとか
あんまりどころか
全く気にしてません。

どーせ、1週間くらいで世間はいつもに戻るのですから(笑)

まあ、これ以外にも色々ありますが、それは別の記事で。

…で。
ですね。

このブログを始めたきっかけの一つは
本をどんどん読んで貰いたい(`・ω・´)
というのがあるのですが
国のデータなどの最新の情報を調べていないので
あくまでも体感だったり、他の人の発言などを参考にしているのですが
やっぱり
年々、読書習慣から離れている人が多い気がする(´Д⊂グスン
という体感がひしひしと伝わってきます。

ただ、これは色々と個人、社会共に
大きなデメリットが多くあると思っています。

ですので
この様な形で、
なるべく多くの人に本を読む習慣をもってもらいたいと思い記事を書いてきました。

なので
今年の最後はやっぱり、この内容で最後にしたいと思います。

自身の成長というのはもちろんですが
多くの人の場合
モチベーションが高くなる内容の一つは
お金でしょう。

実際に、古いデータですが
年収と読書量は比例している。
というデータが国から出ています。

勿論、一部の例外はあるでしょうが
ほとんどのビジネスマンには、そのまま言えるでしょう。

詳しくは書けませんが
個人的な知り合いでも
大企業、中小企業、など問わないで
早くから出世をしている人は
全員が読書を日課にしていました。

実際に私がビジネス書などを読むきっかけとなったのも、
当時お世話になっていた人物からの
「本は読んでおくと良いよ」
という様な軽い発言でした。

これよりも以前から
時折ビジネス書や雑誌などは読んでいましたが、
定期的に読むようになったのは
この人のおかげとも言えます。

そのおかげかどうか…というのは断言ができませんが
一つ確実に言えるのは

感覚や思考が
止まらない、
錆び付かない。

ということは
確実に言えるでしょうね。

勿論、ただ自慰行為的に書籍を読むのではダメですが
そうではなく
多角的な視点で本を読む。
という行為は
本当に多くの成長や価値を自分に届けてくれています。

そして
これからの時代に

必須となるのが

個人の感覚と思考

だと
思っています。

すでに
準備は整いつつある
AIとロボット技術のおかげで
マニュアル化できる内容は
全て
機械が行う時代が
本当に目の前に来ています。

しかも
政府も企業もそのような路線で進んで行くと日々、情報を発信しています。

あんまり書きたくない言葉ですが
ここが
これからの時代で
生き残るか、
機械の下に行くのか
という
とても大きな分かれ道になるでしょう。

この様な書き方もあまり好きでは無いのですが
一つの事実として
自分の身は自分で守る。
という
考えのもと
これからの時代を生きていくのであれば
読書は必須だと思っています。

最近は動画での学習が増えて来ていますが
確かに動画での学習は効果が高いです。
しかも、多くの人がすぐに取り組めます。

ですが
読書においては動画の様には行きません。
多少の慣れの様なものが必須ですし、
慣れても
動画のように
具体的な情報が少ない
というデメリットも多いです。

ですが
だからこそ
読書をしっかりと習慣化して欲しいのです。

もっと言うのであれば
動画と書籍の学習をセットにして行うことが大切だと思っている訳です。

ここでは詳しい内容は省略をしますが
文字を読んでいるときの脳内では
多くの部位を発火させています。
つまりは
それだけ多くの脳の部位を使っている。
ということです。

ここが動画との大きな違いの一つです。

ですので
これからの時代に確実に増えてくる
動画での学習方法を
より
効果を高く活用するためにも
読書というのは
とても効果があるのです。

他にも
過去の文献を調べるなど
現時点では
文字でしか出来ない行為は沢山あります。

勿論
ここに書いた以外にも
娯楽としての読書などもあります。

娯楽としても
人生を切り開き
築き上げる
ツールとしても
読書は
最高の方法だと思っています。


まずは
とにかく読んでみてください。

慣れるまでは
すぐに疲れるかもしれませんが
すでに書いた様に
文字を読むという行為は
脳内の多くの部分を使っています。

そう考えれば
慣れるまで疲れやすいのも納得できるハズです。
これは筋トレやランニングの様なイメージを持てばいいかな。
思っています。

ですので
何度も書いていることですが
気が向いた時の短い時間で良いので
どんどん
ページをめくりましょう(^O^)/
ということです。


それでは
今日も最高の一日を。



年収が10倍になる速読トレーニング
苫米地英人
コグニティブリサーチラボ株式会社
2013-12-23




今年最後の「も~も&て~ん」ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

パパの帰宅とママの帰宅 Welcome home!! - YouTube
Momo and Tenももと天
2018/05/05 に公開



今回の動画は、私が、もも天にハマったきっかけの動画です。

なので、
今年の最後のもも天の記事はこちらの動画を紹介して終わりになります。


色々と書きたいのですが
今回はこの言葉のみで。

良い動画です(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

とね(笑)


この動画は5月の本当に始めですから
動画が沢山増えたのも納得できます。

これからも、どんどん増えていくのでしょうね。

また、エンディングに関しても、色々と面白い内容が多くて
本当に大好きですし
同時に
色々と勉強になっています。

これからの時代は
この様な作品がどんどん増えていくのでしょうね。

楽しみです(^O^)/

それでは
今日も最高の一日を。



毎日が元旦のように。

これは、以前もバラ色ダンディの中で苫米地さんが言われていましたが

タイス式、苫米地式コーチングにおいては
過去は一切関係がない
という
大原則があります。

ですので
クライアントの人が過去の話をしたら
視点を
過去から
未来に変えるのが
コーチである。
という様な話までもあります。

以前の記事にも紹介してありますが
青山龍さんのクイックコーチングの動画の中に
コーチングは「朝令暮改OK」という内容がでてくるように
過去に決めたゴールでさえも
すでに過去の産物になっているので
変更をどんどんしてOKという意味でしょうか。

朝令暮改
という言葉は
基本的に良い意味では認識をされていません。
ですが
それくらいに
フットワークを軽くして
どんどん、ゴールを更新をしていくんだ。
という
意味合いで、ここでは使われているハズです。

そして、毎日が元旦のように。
という言葉も
これに近いもの…
というか
本質的には同じでしょう。

過去は一切気にしない。

未来には
関係がない。
影響を与えない。
という内容を
頭の中に叩き込むくらいで
丁度いいかもしれません。

だからこそ
いつも
記事の最後に

今日も最高の一日を。

という言葉を使っているのですが
本音を言えば

常に最高の瞬間を。

というのが本音なのですが
とりあえず、今はこのままでいいかな~( ̄▽ ̄;)
という風に思っているので、
今日も~。
なんですね。

そういう訳で、
過去は一切気にしない(`・ω・´)


それでは
今日も最高の一日を。

ダヴィンチ…。君は何者(。´・ω・)?

ダヴィンチの記事は何個か書いていますが
そういえば、書籍に関係している記事を書いていなかったので今回はダヴィンチ関係の記事になります。

…(;´・ω・)
と言っても
ダヴィンチは10年くらい前の某作品のおかげで、だいぶ色んな本が出ているようで
結構な数があるのですよね( ̄▽ ̄;)

そして
学術的な内容に関しても
中々最新の情報が書かれている書籍は少ない。

なので、この様な場合はとにかくローラー作戦で色々と読んでみます。

比較的新しい部類に入るのが
今回の書籍なのですが
ダヴィンチと言えば、
教科書で出てくるのは
ルネサンスの象徴
という様な内容でしょう。

実際に、ダヴィンチの作品をネットなどでも良いのでいくつか検索をしてもらいたいのですが
正直、鳥肌が立つものが沢山あるハズです。

これは「バラ色ダンディ」の中で放送された
モナリザやヨハネの絵画に
「身分の高い宇宙人の絵が描かれている」
という意味ではありませんよ(´・ω`・)エッ?

本当に、特殊な方法で確認をしないで
ありのままに
正面から作品に触れた感想という意味です。

正直
現在見つかっているすべての内容を確認できている訳ではありませんが、
それでも
少数ではありますが
めちゃくちゃ凄い。

本当に、
宇宙人とのハーフである。
という
話が
マジでそうかも…(;゚д゚)ゴクリ
すんなりと思えるような作品ばかりです。

ただ…。

この様に書いていると
全てが順風満帆ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
という風に捉えられそうですが
実際はそうでは無かったようです。

挫折の連続
という言葉が良いかはわかりませんが
現代で言うのであれば
有名人で近い人物は
メジャーリーガーのイチロー選手でしょうか。

すでに、野球選手としては生けるレジェンドとなっているイチロー選手ですが
彼自身も順風満帆、全てが思い通りの人生だった…訳では無いのは、皆さんもよくご存知だと思います。

確かに、
あの時代における
幸運と呼べるような環境に生まれたのは事実ですし
そのあとの人生において、彼を支援してくれる人物が多くいたのも事実でしょう。

ですが
一番大切なことは
やっぱり
ダヴィンチ自身が
自らの意志で、
人生を切り開いていったことでしょう。

作品を見ればわかると思いますが
彼ほどの人物であれば
貴族のように
何もしないでも
悠々自適に日々を過ごすことはできたでしょう。

ですが
彼はそうはしなかった。

彼を一言で表すのであれば
探求者
という言葉が
本当にピッタリだと思いました。

だからこそ
あそこまでの作品を生み出せたのでしょう。

いくら、某所では
「ダヴィンチさんは宇宙人とのハーフです(`・ω・´)」
という
話が出ていて
それが
本当だとしても
何もしなければ
何も育たないし
生まれることもありません。

ダヴィンチという
まさしく
時代の象徴と呼ばれる人物でも
私たちと同じ人間なんだ。
感じさせてくれる一冊です。

勿論
今後の発見で書籍の内容とは
ガラリと違う内容が見つかる可能性も高いでしょう。

ですが、そうなったら、そうなったで、その時に対応をすれば良いのです。

それでは
今日も最高の一日を。





レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き
コスタンティーノ ドラッツィオ
河出書房新社
2016-07-25

こやつ…可愛い(>_<) ももと天

こたつ天国再び!のはずが、、、 KOTATSU - YouTube


そんなことはわかっているって(・・?

甘いね…(・∀・)ニヤニヤ

今回の可愛さは、いつにもましてだぜ?
承〇郎!?

…( ^ω^)

さて、本題に(笑)

今回のももと天では
もも様の魅力大爆発です(^O^)/

すんごいですよ~(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

正直
どこかの世界にある
VMC
という秘密結社も即時降参をするレベルです。

やっぱり、こたつは気持ちがいいのでしょうね(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

(個人的にはそこまで思わないのですが(´・ω`・)エッ?)

ただね~(*´Д`)

なんでしょう(。´・ω・)?

この強烈な
和みと癒しのパワーは(・・?

すんごいとしか
言いようがない(`・ω・´)

まさに
言葉に出来ない(@ ̄□ ̄@;)!!

という訳で
実際に
何度も
観てみましょう(^O^)/

それでは
今日も最高の一日を。



spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 HiroNと申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク