速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

2019年03月

モヤモヤした感情が出てきたら、文字にしろ(。´・ω・)?

実は、最近はこの様にして、ブログやTwitterのネタになるような記事をいくつかストックしています。
これについては後述します。


モヤモヤした感情とは、論理的な介入がし難い、非言語的な感情と認識をすると良いでしょう。

一般的な言葉で言うのであれば
なんか知らないけど、ムカムカする。
という状態でしょうか?
勿論、理由はわかっているけど、所々、この様な状態になる。
とか
理由は全部わかっているけど、上手く言語化できない。
というときにも有効です。

つまりは、
怒りを始めとした感情的な内容、情動の暴走や偏りに対して、
論理的な思考を介入させ、
情動に振り回されないで
冷静に対応をしていく。
という状態を作るのに
今の感情をとにかく
文字にする。
というのは、とても有効なのです。

というのも、これは、アメリカのCDCのパンデミック対策を参考にしていますが、
CDCの内容は、パンデミックが起きた時には
政府は、正確な情報を
文字情報として、出来るだけ、速やかに国民に伝える。
という内容があります。

これは、パンデミックなどの災害が起きた時に、
文字情報に触れることで、
情動優位な状態から
前頭前野が優位な状態に
半ば強制的に切り替える効果があるからです。

その時に、政府が提示をした情報を元に論理的な思考をすることで
さらに情動が暴走をすることを無くし、操作を容易にさせる目的があります。

ちなみに、この時の情報はウソは一切無しで発信をする。
という決まりがあります。
つまりは、この時の情報には
単なるウソの気休めの情報ではなく
最悪の事態も想定した内容や現在進行形で悪化をしている情報なども
そのまま出てきます。
もちろん、単にそれらの情報を垂れ流すだけでなく、政府の見解と、今後の対応も当然書かれています。

一見すると、
悪い情報に触れるのだから、より感情的になりそうですが、
ここが人間の凄くて面白いところで、
その様な情報でも、
しっかりと
クリティカルに触れることで
自然と感情の暴走が治まり、論理的な状態へと切り替わって行きます。

あとは、論理的な状態に切り替わったら、
個人個人の具体的な対策を考えたり、行動をしたりとそれぞれのアクションをとれば良いのです。

では、今回の様な目的の場合は
どのように文字を書けばいいのか?
ということですが…。

特に決まりはありません(笑)

まあ、あえて言うならば
なるべく論理的な解釈をすることを意識して行えばOKです。

人や状態にもよるので、どれくらい、論理的な状態にあるか…。
というのも、状況により全然違います。

ですから、その時々にできる限りで良いので
この部分はこの様な理由で感情的になっている。

では、なぜ、この様に思うのか?
それは、あの人の発言や行動が…。
という感じで、
自分なりの言い回しで良いので
とにかく、言葉にしていくのです。

慣れないうちは
論理的とか考えなくて良いから
とにかく言葉にするだけでも良いでしょう。

それこそ、感情的な言葉でも構いません。
ただし、そこで終わりにしないで
その内容に対して

何故(。´・ω・)?
○○だからだ(。-`ω-)

というこの2つは必ず行いましょう。

この2つがしっかりと出来ていれば、
最初のうちは、
言葉の使い方は
あんまり気にしなくてOKです。

そして、この時に
完了をさせることを目的にしなくてOKです。

勿論、内容によっては最後まで行きつくこともありますが
中には
そう簡単で無い内容もあります。

ですので、
途中で終わっても全然良いので
ここでの目的は
終わらせることではなく
冷静さを取り戻すこと。
という目的で取り組むと良いでしょう。

それこそイメージとしては
「ベイビーステップ」
という漫画の
難波江君が感情的になった時に
冷静さを取り戻すために行う
左右への振り分けショット
の様なものです。

人間は感情がある生き物ですから
感情を感じて良いのです。

ただ、多くの場合
感情が暴走をするとよろしく無いことが殆どであるから
暴走を抑えるために
それぞれ、感情をコントロールできるようにしておく。
という感じです。

勿論、わざわざPCやスマホで打ち込んだり、ノートに書いたりしなくても
頭の中で全部できるのであればそれでOKです。

というか、
最終的には、この状態を目指すと良いでしょう。

ですが、
あえて、文字にした方が
良いこともあります。

それが、最初に書いた内容になります。

つまりは、この時のモヤモヤ感情の書き出しは
漫画やイラストで言う
ラフスケッチの様な状態になります。

下書き原稿の様な状態をすぐに作るのです。

この時にも
ちゃーんと脳の訓練にもなる様にします( ̄▽ ̄)

それは
できる限り早く、書き終わることを意識して取り組むことです。

この様に意識をすることで、
より
速く、多くの論理的な思考ができるようになりますし、
結果として、これは、ハイサイクル化の訓練であり、同時に処理になりますから
他の内容にもこの時の効果がフィードバックされます。
例えば
論理的な思考はもちろんですが、本を早く読むことなどにも、ダイレクトに効果があります。

ですので、
私の様にブログを書いたりしている人であれば
記事のネタとしても、使えますので、
この様に
あえて、
文字にする方法も色々とメリットがあります( ̄▽ ̄)

まあ、
最初のうちは
どうしても頭の中だけで完了をさせるのは難しいと思いますので
時間があるときに、
おススメはPCでのタイピングが速くて便利ですので、
タイピングで書きだしたりすると良いと思います。
紙もインクもお金が掛かりますからね(;´・ω・)
もちろん、スマホや携帯でもOKですよ(´ー`*)ウンウン

今の人たちは
感情が暴走をし易い環境にありますし、
感情を暴走させて、金銭を巻き上げようとする人が多くいます。

ですので、
個人的に
何か引っかかることがあったら
自分の思うように書きだしてみてください。

そして、
時間があれば、その書きだした内容に
自分以外の視点で接するというやり方も行うと良いでしょう。

これも論理的な能力を鍛える良い訓練になりますし、
同時に
多様性を養う効果もあります。
要は
多くの立場の視点を持てると言ことです。
そして、
それらを元にして自分で結論を出すのです。
(ちなみに、最終的には、これらすべてを最初から全部同時並列で頭の中で行い完了させられる様になりますよ。)

先ほども書きましたが
感情は大切なものです。

ですが、感情に振り回されてはダメです。

感情を味わいつつ、同時に、必要であればすぐに論理的な視点で操作できるようにしておくのです。

もちろん、すぐに出来なくてもOKですから、
少しずつでも行動をしていきましょう(´ー`*)ウンウン

それでは
今日も最高の一日を。



ゲノム食品開始かな? 今から日常の商品に気を配ろう(`・ω・´)

先日の日経新聞にこの様な記事がありました。

ゲノム編集食品 今夏にも流通 厚労省が了承 
科学&新技術
2019/3/18 



以前も少し触れましたが、農業という分野は、最先端の科学技術や知識がフル活用をされている分野です。

ドローン技術を始め、GPS機能などを活用して動く作業車に、
AIを利用した仕分けや水やり、温度調整などのためのソフトウェア。

そして、タイトルにもある様な
ゲノム編集などを始めとした、
遺伝子技術を使った食材になります。

おそらくですが、
記事にある様に、今年の夏ころを目安に、色々と出てくるでしょう。

確実なのは来年には、珍しくない状態になっているハズです。

勿論、ゲノム編集が絶対悪である。
ということを言いたいのではなく、
色々と自分で考えて、
自分が納得をして、食材も選びましょう。
という部分が大切になります。

これは、料理人の様な感覚ではなく、
もっと気軽に考えて貰えればいいと思います。

もちろん、
何処どこ産だから、全部だめ。
とかの基準で決めるのではなく、
それらも踏まえて
自分で決める。
ということです。

たかが食材…。
という風に思い、そこまでする必要ないでしょ?
思うのであれば、それも自由です。

ですが、
これからの時代は
食材だけでなく、
おそらく、
世のかなの内容全てにおいて
今まで以上に
自分で、様々な思考を働かせ、判断をして、
取選択をしないといけない時代になるでしょう。

勿論、そのための補助ツールとして
AIが活躍をするでしょうが、
その様な状態はもう少し先の話になるハズです。

ですので、
今回の内容を良い材料として
今からいろいろと
身近なもので試してみると良いでしょう。

そうすることで
例えば
無駄な出費がなくなったり、
健康的になることも
珍しくないはずです。

例えば、
最近は本当に飲まなくなったのですが
缶コーヒーなどの
微糖と呼ばれる商品でも
かなりの量の甘さを感じるようになりました。

似たような内容では
トマトジュースですね。

正確には
トマトジュースをベースにした野菜ジュースなのでしょうが
本当に、
これらの商品を飲んだ時に
こんなに甘いの?
本気で驚きました。

そして、同時に
もの凄く怖くなりました…。
というのも
以前は、この甘さに違和感がなかったからです。

むしろ、毎日の様に飲んでいた記憶があります。

今では、家でも自分でつくる市販のコーヒーや紅茶を飲んでいますが
かなりの量をいれても、
缶コーヒーよりも全然甘くない…。
ですが、缶コーヒーに近づけようとすると、
とんでもない量の砂糖を入れる必要がありそうで、恐くて実験もしていません(~_~;)

それくらいに、
甘いのが
市販のジュースなのです。

もちろん、たまには
炭酸飲料などを飲みますが、
それは
一時的な嗜好品としての感覚ですので、
問題は無いと思っています。

では、なぜにこの様な市販のジュースの事を書いたのか?
思う人も多いと思いますが
これは国も、企業も十分に注意をしていることだとは思いますが
実際にゲノム食品が流通をするようになると
特に
最初の頃はそうですが
間違って悪質な商品が大量に出回ることも珍しくありません。

それこそ、記憶に新しいのは
仮想通貨での事件では無いでしょうか?
ビットコイン事件を中心に、
結構な数の事件が起きています。

しかも、そういう粗悪な品物を扱うところに限って
広告などに力をいれます。

そういう
問題があるのに、知名度がある。
という品物は、もう、凄く多いのは、ここ数年だけでもいくつも浮かんでくるでしょう…。

確かに
ゲノム編集は凄い技術です。
ですが、
その技術をすべての人がしっかりと、安全に活用をできているのか?
という部分では
正直かなりの疑問が残ります。

もちろん、将来的には
私たち人間もゲノム編集を利用をすることになるでしょう。

そういう意味でも
今のうちから、
これは大丈夫なのか?
もしくは、避けるべきなのか?
という判断行為を日常的に行う癖を持っておくと後々楽になるでしょう。

というのも、
農業だけでなく
これからの時代は
工場製品も今の時代よりも早く、安く、大量に市場に出回ることになるでしょう。

そうなると、今よりもますます、多くの品物から選択をする必要ができる訳です。

ネットを中心に、多くの情報が毎日のように生まれている状態ですが
それは、物理空間でも同じことです。

人間の変化と同じことが言えますが
変化というのは
まずは
情報空間から始まり
その後
物理空間へと進みます。

人間というか、生命の場合は
これを
進化
と呼びます。

まあ、商品の大量生産を進化と呼ぶかはわかりませんが
少なくとも
進歩
とは言えるでしょう。

ですが、この進歩が必ずしも、良い効果を出すとは限りません。

勿論、
今回の事であれば
良い部分もあれば、悪い部分もある。
ということになるでしょう。

その悪い部分の一つが
今まで以上に
自らが行う判断行為に使うエネルギーが増える。
ということでしょうか…。

ゲノム編集の食品に関しては、
正直、出回るまでよくわかりません。

ですが、
今からわかることは
すでに書いてきたような状態に、
これからなっていくということです。

ですので、
これから来る現実について、今からできることをしておくのは
どんな内容でも良いことです。

しかも…( ̄ー ̄)ニヤリ
人間の凄いことは
近い内容であれば
比較的容易に他の内容へと応用ができることです。

つまり、
ここまで書いてきた
日常の中での判断行為、思考的な判断をしっかりと行うことで
仕事や学習、スポーツや芸術など
様々な分野に役に立てることができるのです(`・ω・´)

勿論、それぞれの分野で必要な情報や内容は違うのは当然ですが
必要なプロセスはどれもほとんど同じになります。

ですから
日常からちょっと意識して過ごすだけで
それぞれの分野に良い効果が出る。
というのも珍しくない話です。

というか、
多くの人はこの逆をよくやってますよね?
つまりは
日常的な内容の悪影響をそれぞれの分野に持ち込んでいる…。
ということは
この逆も当然起きる訳です(´ー`*)ウンウン

もちろん、中には悪い影響だけしかない…。
という内容もありますが、
多くの場合は
良く使えば良い効果が、
悪く使えば悪影響が…。
という
両面を持っています。

ですので、
今回の記事をきっかけに、
日常のシーンを上手く使って、
常時良い状態を維持できる環境を作っていきましょう(`・ω・´)

それでは
今日も最高の一日を。




もうやめる(´・ω`・)エッ? 自分の肌に合わないからと言って記事にしないのは、もうやめる(`・ω・´)

今回も少しアティチュードを変えた記事にしています。

というのも、
今までは基本的に自分が
これはいい~(´ー`*)ウンウン
という内容を元に記事を書いてきました。

ですが…。

私は全知全能の神様ではありませんので、全てのことが完璧ではありません。

これはダイエットの方法が
人によって行い易い内容が違うことの様なものです。

例えば
私の場合は食事制限でダイエットが成功をしたとして
Aさんは運動で成功をした。
Bさんは、食事と運動の両方で成功をした。
という状態であった場合
自分が成功をしたのは食事制限だから、その内容だけをおススメしているようなものです。

これは、私が常々言っている歪みのある情報そのものになってしまいます。

勿論、その辺の注意はしっかりと意識をしているので、なるべく歪みを大きくしないようにしています。

また、実際の体験を元にした内容を。という考えもあるので、その辺を優先的に記事にしてきました。

ただ、今までもそうですが、自分の肌に合わなかった内容もしっかりと試しているのです。

これは料理で言えば、この様な調味料を足せば美味しくなるかも…。
みたいなことをよくやるのですが、
ここで美味しくない味になるときもあるのです。

この様な感じで、記事にしていない内容もしっかりと実践をしているのです。

そして、この記事にしていない自分の肌に合わない内容が、
他の人にはベストな内容かもしれない…。
ということに気が付いたので、
これからは、
自分に合わなかった内容も記事にしていこう(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
ということに決めました(´ー`*)ウンウン

その一つの内容に
「直観力を高める数学脳のつくりかた」
という書籍のなかで
「ポモドーロ・テクニック」
という内容が出てきます。

詳しくは
「自分で」調べて貰いたいのですが、
簡単に書くと
25分間の行動時間
5分間の休憩時間
交互に行う。
という様な内容です。

そして、これは自分には合いませんでした(;´Д`)

で…。

ここに関して、どのように書いていくかは、これからの課題ですが、
今回は
なぜ、この方法が自分には合わないのか?
ということを書いていきます。

それを読んだうえで、「ポモドーロ・テクニック」は自分には合いそうだ。
思ったら、どうぞ、ご利用してください。

では。

まず、時間を区切って行動と休憩を交互に取り入れる。
というのは良いのですが、
この時間配分が毎回固定になっている所です。

おそらくですが、これは、サラリーマンの様な、
就業時間、拘束時間が決まっているような職業向けに考えられた内容だと思います。

この本は海外の書籍でして、アメリカ人の著者になります。

アメリカでは昔から
ホワイトカラー、ブルーカラー問わないで
いかに、生産性をあがるのか?
ということに対して、ものすごく熱心に研究をされてきました。

ちなみに、今の流行はマインドフルネスであったり、工場牧師によるお祈りが最先端の内容になります。

ですので、この様な
生産性を上げるメソッドの様な内容は
アメリカでは本当に沢山のモノが存在をしています。

時間が固定になっている。
ということは、
要は作業内容よりも、時間の方ばかりにフォーカスがされており、
結局のところ、時間に振り回されることになります。

例えば
本当に集中して、ノリにノッているときに、毎回25分で終わり、すぐに5分休んで再開。
なんて事
やりたいですか(。´・ω・)?
私だったら、即、無視して、集中が途切れるまで継続をします(笑)

ですが、これは、多くの人がそうだと思います。

確かに、
have toな内容であれば良いのかもしれませんが、
むしろ思うのは
want toなことではなく、
とにかく強制を強いられている内容を消化するための手段の一つだと思っています。

確かに、
人間の集中力は20分に1分くらいの感覚で軽い休息を入れてあげると良い。
という風な内容もあります。

この内容を参考にしても、ポモドーロテクニックの5分休憩をするというのは
かなり長い時間の休憩だと思います。

むしろ、この5分間でせっかくの、アクティブな脳の状態から休憩モードに切り替わってしまい、
せっかく良い状態で動いていたのを再度アクティブな状態に戻す手間がかかるので、
効率的には良くないと感じています。

私の場合は
その時の状態や状況、環境などをその都度考慮して、毎回変則的に休憩をはさんでいます。
ですが、
私とは逆のやり方の人、毎回固定的な内容で取り組む。
という人であれば
今回記事に書いた方法は相性が良いかもしれません。


まだ、自分の肌に合わない内容に対してどのように記事にしていくのか(・・?
という部分は手探りな状態ですが
今後は、この様な記事でも、より価値のある内容にしていきたいと思います。

とりあえず、今回はこの辺で勘弁をm(__)m

それでは
今日も最高の一日を。


「うちの子」が受肉する日も近い…(。´・ω・)?

本当にね~( ̄▽ ̄;)

Twitterやpixivを見ていると思うのは
絵が上手い人が多いΣ(・ω・ノ)ノ!
ということですね(´ー`*)ウンウン

詳しくはよく理解していないのですが
みなさんが「うちの子」という表現をしているイラストをよく見かけるのですが、
要は
その人自身のオリジナルのキャラクター
という意味で
「うちの子」
ということだと勝手に思っています( ̄▽ ̄;)

で…。

そうなると、皆さん気になるのが
「うちの子」がいつ
受肉をするのか(。´・ω・)?
ということですよね(・∀・)ニヤニヤ

まあ、受肉をする前に、まずは、
「まほろまてぃっく」
という漫画の
「マシュー」の軌跡を元にすると良いと思います。

若干ネタバレになりますが、
マシューはまず、プログラミングとして情報空間に自我をもって存在をしていました。
その後、科学技術のおかげで、実際の身体を手に入れることになります。

本当にザっとな説明ですが、
おそらく、今のうちの子たちもこの様な経緯をたどることになるハズです。

まずは、情報空間、PCのデジタル空間に自我をもったキャラクターとして生身の人間と接するようになるでしょう。

今の状態を例にするのであれば、自分で考えられるバーチャルユーチューバーみたいな感じです。

おそらく、ここまでは、すぐに皆さんも思いつくはずです。

では、実際の物理空間にうちの子が出てくるのには
どれくらいの年月が必要か?
ここが、一番気になる部分でしょう。

ここに関しては、
苫米地英人さんの
「2050年 衝撃の未来予想 」
「百年後の日本人」
などの書籍を参考にして書きますと、
20年から30年以内には
確実に受肉は完了しているハズです。

もしかしたら、10年以内も可能かもしれません。

というのも、これも良く書いていることですが
量子コンピュータの普及がどのくらいの影響力があるのか、本当に未知数だからです。

ですから、量子コンピュータの出来によっては、
すでに上げた2冊の予想よりも早く、書籍に出てきたような内容が現実化する可能性が高いのです。

そう考えると、
自分の嫁や旦那は
自ら作り出すモノ
というのが、未来の常識になるかもしれません…。

というか、
そもそもの種の保存という内容自体が、これからの時代でどんどん変化をしてくることでしょう。

それこそ、人類もいずれは、物理的な身体を捨てて、完全な情報生命体へとシフトする。
という予想もあるくらいに、
科学の発展により、
生命現象自体の定義が大きく変わることになります。

勿論、今のように物理的な肉体を持つ人類も存在をするが、
その様な人達は将来的には
もの凄い特権階級になるはずである。
という内容もあります。

というか、地球よりも科学技術が進んでいる星ではすでにこの様な状態になっているかもしれません。

もしくは、以前、一時期、これから宇宙人との接触が始まるから
シュメール語を覚えなくちゃ…( ̄▽ ̄;)
みたいな話が一部ではあったようですが
宇宙人技術のおかげで、来年には
そこらじゅうに
うちの子バイオロイドが溢れているかもしれません( ̄ー ̄)ニヤリ

このように書くと
何を夢物語を無責任に言っているんだよ<`ヘ´>
謝罪しろ~(; ・`д・´)
とかいうことを
本当の無責任な連中が言いそうですが、
そもそも
新しいことというのは
最初は全て
夢物語
から始まるハズです。

有名なのであれば
ライト兄弟の飛行機です。

ライト兄弟のライトフライヤー号が12秒間の飛行をしてから
約40年ほどで、戦争の主役となるくらいの劇的な進化を遂げました。

ライトフライヤー号が飛んだのはたったの12秒です。
そこから、半世紀も経たないで戦争の主役となる。

しかも、当時とは違い、今は製造環境や、テクノロジー全般が比較にならないくらいに
進化をしています。

そして、これからもますますテクノロジーは進化をします。

この様な社会環境を考慮して考えれば
50年経たないで、アンドロイド、バイオロイド、コーディネーターなどが
フィクションの話から、ノンフィクションの現実の話に、出来事になる。
という確信も持てるのではないでしょうか?

もちろん、色々とそこまでには倫理的な内容を始めとした問題もあるでしょう。

ですが、それらの問題もしっかりと解決していき
多くの人の夢物語を、現実のものにしていきましょう(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

私だって
速くドラえもんに会いたいのです(´ー`*)ウンウン
四次元ポケットもひみつ道具もいりません!

君さえいれば、それだけで幸せだよ(`・ω・´)

そして、今の時代は
様々な過去の偉人たちが思い描いた
夢物語が実現してきた集大成である。
という事実も忘れないでください。

夢物語は必ず叶う。

そして、そのタイムラグも年々短くなるでしょう。

ですから、
皆さん、
どうか
「うちの子」
大切にしてください。


それでは
今日も最高の一日を。




翻訳ソフトを舐めるなよ(`・ω・´)これからは「グローバル(ニッチ)」な視点で情報を発信しましょう(^O^)/

ブログはオワコン(。´・ω・)?
関連の記事が続いていますが、
前回はブログを音声ソフトで読み上げて、ながら聴きに対応できる状態になることで
再度、文字情報に多くの人が集まる。
という様な記事を書きました。

ですが、この前の2つの記事は基本的に
日本人を対象とした内容になっています。

要は
ブログの読者を日本人に限定している。
ということです。

ですが、タイトルにあるように
今の翻訳システムは凄いことになっています。
そして、これからの時代は、ますます、翻訳の精度が高くなることでしょう。

というか、実際に、今の時点で日本に出稼ぎに来ている
途上国の外国人でさえ、スマホの翻訳ソフトを使いながら、日常生活を送っている人は珍しくありません。

これも、街中などで、少し気を付けて観察をしていれば、比較的簡単に見つける事ができるでしょう。

そして、これも忘れてはいけないのは
日本というのは
もの凄く読書家の多い国である。
ということです。
また、識字率もほぼ100%であり、国民全員が文字情報を発信することができるといる
もの凄く高い教養を持っている国でもあります。

身近な例では
食べログ
などの
口コミサイトへの書き込みも
立派な情報発信です。

そして、それとは逆に
途上国を中心とした海外からの労働者にとっては、
文字情報というのは
一部の人のみが扱う内容になる訳です。

つまりは、日本の様に誰でも手軽に接することができる環境では無いのです。

そうなってくると
わざわざ外国から日本に来るくらいの人たちですから
全員ではありませんが
結構な数の人が
今よりも学びたい。
という意欲をもって日々を過ごしているでしょう。

その時に役に立つのが
タイトルにある
翻訳ソフトになります。

勿論、これも音声ソフトの様に
もう少し先の未来で、品質が向上をしたことにより…。
という条件付きではありますが
やはり、一度動画に流れた人が数年後にまた戻ってくる。
という状態にはなると思っています。

そして、その時の人たちの中には
日本人だけではなく、外国人も多く含まれるハズです。

これは
フランスや中国、韓国などで
日本のアニメや漫画が大ブームになっているような状態と近いモノがあります。

日本人にとっては日常的過ぎて、当たり前すぎる内容でも
海外の人からしたら、もの凄く魅力的な内容。
というのは
本当に、身近に溢れているのです。

ですので、
将来的には
日本人だけでなく、
海外の人にも役に立つようなコンテンツを
今から作っておくことで
テクノロジーの進歩という恩恵を強く受けられることになります。

勿論、現時点でも
一部の国は除いて
海外のサイトにアクセスをすることは可能です。

ですが、それを多くの人がしないのは
単純に
その国の言語がよくわからないから。
さらには
翻訳ソフトを使っても、イマイチ扱いにくいから。
という問題が原因で、
海外からのアクセスが少ない。
という感じになるでしょう。

ですが、先ほど書いた様に
この様な問題も
時間が解決をしてくれる訳です。

その未来を見据えて
今から準備をしておくことで、
より大きな価値を
文字通りに世界中の人たちに届けることが可能になります。

また、ファイナンスの観点で考えると
世界中に顧客やファンがいる。
ということは
それだけ、ファイナンスも安定する。
ということです。

例えば
日本人だけを相手にしている場合、日本の景気が悪くなればそれだけで、一気に自分の利益もダダ下がりします。

しかし、これが世界中にファンがいれば、確かに景気が悪くなっている国の人からの収益は減るでしょうが、
一気に0になることはまずありません。

また、日本のコンテンツに海外の人が興味を持ち、さらには活用をしてくれることで
その国の人々に日本を良く知ってもらえるだけでなく、
実際にそのコンテンツから学んで実践をしたことで、
結果として、その国の発展にも協力したことになります。

まさに、
「現代の縁起の仕組み」
という言い方もできるでしょう。

ネットで世界をつなげよう。
というのは、
おそらくかなり前から言われていたことのハズです。

ですが、特に日本においては
未だに
ネットの世界でも島国のまま、
日本のネット環境に引きこもっています。

そう考えると
日本では引きこもりが多いのは
ある意味国民性なのかもしれません。

ちなみに、私は、引きこもりは怠け者である!
とは
全然思っていません。
むしろ、今の社会環境を考えれば
引きこもりたくなる気持ちも十分に理解をしています。

ただ、主にご家族の方は引きこもりの人が身内にいると
色々と気になることが多いでしょう。
というか
単純に
色々な金の心配がありますよね?

そういう、不安はよくわかります。

ですが、これからは
自宅でお金を稼ぐことが容易にできる時代です。
勿論、自宅で出来るアルバイトも多くありますし、
そこまででなくても
もっと現実的な方法であれば
内職でもやらせてみて、そのお金で自分のためになるものを自由に買わせる。
ということからやらせるのでも良いかもしれません。

今であれば格安スマホ一つで、色々と出来ますから、そこで自分でお金を稼げるんだよ。
ということに気が付かせてあげれば
ご家族の方が心配をするような状態はすぐに抜け出すでしょう。

ただ、注意の一つとしては
仮想通過やFXなどの金融商品には
絶対に手を出させないことです。
また、詐欺商材なども同様に。

なので、ここでの注意点を守れば後は自由にやらせるのが一番でしょう。

あとはもう一つ注意点を書くとしたら、
引きこもりが起きるということは
セルフエスティーム(自尊心)
エフィカシー
両方がもの凄く下がっている可能性が高いです。
ですから、
その辺に関しては、しっかりと配慮をして接してあげてください。

今回は、引きこもり対策の記事ではないので、この辺で終わりにしますが、
もし、気になるようであれば
苫米地英人さんのコーチングや教育関係の書籍
鴻上尚史さんの書籍などを
参考にして観ると良いと思います。

そして、ここではこれ以上あえて書きません。
というのも、
これも後で別の記事にするつもりの内容ですが
どうやら日本人の多くは
老若男女問わずに
自分を特別扱いしろ。
という勘違いを多くの人がしているようです。
それは
お客様は神様思考や
職場や学校の部活を始めとした
間違った儒教思想
の弊害だと思いますが
それにしても、
あまりにも
他人の都合を考えないで、
自分の都合を押し付けて、特別扱いしてよ(・∀・)ニヤニヤ
という
エゴイストが
本当に多すぎます。

ですので、
本当に自分で問題を解決する気があるのであれば
自らが行動をして、解決するしかありません。

このブログも、そして世のなかの書籍やメソッドも
全ては
自分の行動を助けるツールでしかありません。

つまりは
メインは自分の行動と思考であり
そのサポートのために
ネットや書籍などを利用する。
ということです。

ここを理解していないと
日常の中から不要な歪みを無くすことはできません。


話を翻訳ソフトに戻しますが、
日本というの内需の国でもあるためか、
本当に海外に向けてのアプローチを全くという程に行っていません。

だからこそ、多少、小規模の海外の活動とか取引があるくらいでも
大げさに評価をする人が多い。
言い換えれば、大したことをしていなくても、
海外で~という言葉をつけることで
かなりの権威付けになっている部分があります。

正直、海外に対しての使い方の多くはこの辺が殆どでしょう。

つまりは、輸入業も含めて
日本から海外に発信をするのではなく、
海外から受け入れてばかり、もしくは、利用してばかり。
という感じです。

これは、今までの時代であれば、確かに大変なことでした。

ですが、今の時代は違います。

それこそ、全くの個人が海外で大人気になる。有名になる。
というのは、
コーチングの考えで言えば
すでに
全員が現状の内側の内容になるのです。

つまりは、誰にでもできること。
なっているのです。

ですから、あとは、どのような内容を発信をするのか(・・?
という部分になるでしょう。

それは、自分で好きに決める。

私であれば
今のところは
苫米地さんの書籍などを中心に紹介をしていますが、
それは、苫米地さんの研究内容が
日本人だけでなく、海外の人々にも大いに役に立つと確信をしているからです。

勿論、苫米地さんの内容だけでなく、
他にも
これは世界のためになるぞ(`・ω・´)
という基準を元に記事を書いています。

例えば
最近はちょっとお休み気味ですが
「ももと天」
の記事を書いたり、
ワンピースの記事を書く。
他にも、山下達郎さんの記事を書いたり、
ニュース関係の記事を書いたり…
様々な内容を記事にしていますが
その中の基準は
いかにPVを上げ、金を得るか…(・∀・)ニヤニヤ
ということではありません。

すでに書いているように

誰かの、何かの役に立つ内容を。

という基準で選別をしています。

そして、日本という国に住んでいるだけでも、
海外の人からしたら
とてつもなく目から鱗が落ちるような内容が多くある。
ということを理解して貰いたいと思います。

これからは、物理空間でも
世界が小さくなります。

これは、
移動手段が格段に進化をして、
移動時間がどんどん短くなるということです。

それこそ、ホノルルに住みながら、東京に毎日通勤をする。
という様な人も普通になるでしょう。

そして、すでに始まってはいますが、日本もどんどん
多民族国家となっていくでしょう。

その様な未来が来ることを考えれば、
今から、
日本人だけのために動くのではなく
世界の人のために動いた方がよくないですか(。´・ω・)?
と言いたいのです。

この様な、
今から世界の人のために。
という行動の一つが
連日記事にしている
ブログを書くこと。
に繋がります。

勿論、ブログだけでなく
YouTubeでもインスタグラムでも、
それこそTwitterでも良いのです。

つまりは、一つ抽象度を上げて書くのであれば
世界の人のために、何かしらの情報を発信する。
ということです。

ただ、最近は
ブログはオワコンだ~!
という一方的な主張をして、自分の利益を守ろうとする人が多くいるので、
そんなことはないでしょ?
という意味合いで
あえて
ブログに重きを置いて記事を書いてきました。

他にも、まだいくつかあるのですが、
とりあえず、
今回はこの記事で一区切りにします。

それでは
今日も最高の一日を。



spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 HiroNと申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク