この記事には一部ネタバレ情報が含まれています。

ネタバレが苦手な人はご注意ください。




前回はこちら。

ワンピース 966話の感想と考察




















967話のあらすじ

第967話 ロジャーの冒険

空島から海に戻ったロジャー海賊団。

ワノ国とゾウにロードポーネグリフがあることを知ったロジャー。

ポーネグリフを探しながら、各地を転々とし、最後の島に向う準備を整えるロジャー一行。

しかし、トキはワノ国の近くで体調を崩し、トキの看病のためにミンク族の二人はワノ国に残った。

その時のワノ国はかなりの問題があったようだが、おでんは苦渋の選択の末、航海を続けることを選んだ。

全ての準備が整い、今から最後の島へ向かおうとしたその時、バギーは高熱を出し、ある港で休養をすることになる。

バギーの看病のために残ることを選んだシャンクスは、ロジャーたちに、「いつか自分の力で最後の島に向う」と告げる。

そして、ついに最後の島に到着をしたロジャーたち。

そこで彼れらは、莫大な財宝を目の前に、盛大に笑っていた。

真実を知ったロジャーは、それにかけてこの島の名前を「ラフテル(Laugh Tale)」と名付けた。



すべての秘密は笑い話にある

ここからは感想と考察がメインになります。
また、このあともネタバレ情報が出ることがありますので、苦手な人はご注意ください。


今回も、沢山の濃い情報が出てきて、とても大変でした(;・∀・)
いい意味で(笑)

その中でも最後のラフテルにたどり着いたことで、おでんは、大昔にワノ国が世界とつながっていたことを知ります。

そして、ここに関係していると思われる「空白の100年」、「Dの一族」、そして「古代兵器」という、ワンピースファンからしたら、お馴染みの内容。

また今回のラストに、ロジャーがラフテルで言った「お前に会いたかったぜ、ジョイボーイ」という発言も、凄く気になりますね。

そもそもジョイボーイは、未だに名前だけしか出ていないキャラクターでして、魚人島では、かなりの重要人物である…というのは、わかっていましたが、まさか、ここに来て名前を聞くとは(;゚д゚)ゴクリ…

ロジャーは続けてこう言います。
「とんでもない宝を残しやがって…。とんだ笑い話だ…。」とね。
ここからロジャーは、最後の島を「ラフテル(Laugh Tale)」と名付けましたΣ(・ω・ノ)ノ!

本当にね~(;・∀・)
今回は、ビックリの連続ですよ(;・∀・)

まさか、ラフテルの名付け親?がロジャーだったとは(;^ω^)

ただ、今回のお話を見て、このような妄想をする人も出てくるでしょう(;´Д`)

ワンピースは存在しない…とね。

ですが、それはまず無い(`・ω・´)

というのも、尾田さんが「ワンピースは存在をする」と言っているのは、ネットでも有名なはずです。

ですが、今回ロジャーは「とんだ笑い話だ」と言っていることから、「思わず笑ってしまうような宝」ということは、確かでしょうね(((uдu*)ゥンゥン

ここについては、別の記事に譲ろうと思います(o*。_。)oペコッ

というか…(;^ω^)

すでに書いていますが、今回もまた、かなり濃い内容が沢山出たので、気を抜くとすぐに、あっちこっちに話の内容が、簡単に飛んでしまいます(m´・ω・`)m ゴメン…

なので、無理やりにでも、軌道を修正します(笑)



ルフィの予言はどうなる?

見出しを書いてすぐに感じたのは…(;゚д゚)ゴクリ…

魚人島編から、もうかなりの時間が経ったんですね(;^ω^)
リアルでは(笑)
作中では、全然でしょうが(*´Д`)

覚えている人も多いと思いますが、魚人島に入ったときに、アーロンさんの妹である「マダム・シャーリー」が、麦わらのルフィが魚人島を破壊する…的な予言をしています。

そして今回のお話でも、マダムでは無く「幼女・シャーリー」が色々な予言でネプチューンたちを振り回しています。

この辺の内容を見ても、シャーリーの力は本当だと思いますので、いずれルフィが何かをするのでしょう…。

ただし、あの時のイメージからは魚人島への厄災に思える感じでしたが、たぶん違うでしょうね(((uдu*)ゥンゥン
と、同時に(;゚д゚)ゴクリ…

ルフィが暗黒面に落ちて魚人島を滅ぼすかもしれません…(-ω-;)ウーン
という予想もありますが、まあ、たぶんこちらは大丈夫(笑)

本命はやはり、今回登場をした「ジョイボーイとの約束」に関係をしていると思います。



ラフテルが終わりではない!?

これは、ネットでも少しばかり話題になっている内容です。
また、今回とは別に、この内容の記事を書くつもりですので、ここでは短めです(o*。_。)oペコッ

というのも、ワンピースでは「扉絵シリーズ」の内容も本編に深く絡んできます。
というか、かなり重要な内容も、扉絵シリーズで沢山登場をします。
なので、扉絵シリーズも本編と同じ時間軸で進んでいる…と認識をするくらいでちょうどいいでしょう。

そして、ここでカギになるのが、昔から言われている「エネル社長」です(((uдu*)ゥンゥン
というのも、アクセルを全開まで使って、月に到着をしたエネル社長…(;゚д゚)ゴクリ
そこでは、空白の100年に関係をしていると思われる壁画を沢山見つけたエネル社長。
そして大空洞のような場所で、色々と悪さを?何かをしているエネル社長…。

そうなると、このシーンが無関係で終わると、全く思えないのです。

というのも、ラフテルは、月に向かう場所…。
リアルでいうところの、ロケット発射場…みたいな場所である…。
みたいな、考察がネットでも出てきています。
それゆえに、持ち帰ることが出来ない、笑い話のネタになる宝…という考察もあります。

ただ、これ以外に私が思うのは、確かに、ラフテルはグランドライン最後の島かもしれませんが、旅の最終地点ではないと思うのです。

ロールプレイングゲームでもよくあると思いますが、すでにクリアしたダンジョンでも、他の条件をクリアするとマップが追加をされることがよくあります。
また、尾田さん自身が、特に連載初期の頃は、ロールプレイングゲーム感覚で漫画を描けるハズ…という思い込みがあったというのも、有名な話です。
ということは、このようなシステム的な部分での影響も作中に出ている可能性もすごく高いと思います。

そこで、カギになるのが、先程書いた「魚人島」になります。

ラフテルにはワンピースのほかに、多くの歴史的な情報が残っています。
これは、単なる記録だけでなく、過去の人からの直接的なメッセージも残っている可能性が凄く高いのです。
例えば、魚人島のジョイボーイのポーネグリフみたいな感じです。

ラフテルでジョイボーイの名前が出たということは、ほぼ間違いなく、魚人島に関する内容も出てくるはずです。

これをきっかけに、シャーリーの予言が現実化をする…というのが、今のところの私の考察になります。

まあ、これについては、別記事で(o*。_。)oペコッ



お菊さん…。スパイ疑惑再浮上…。

最後に、無理やりにでも(笑) ワノ国に関する内容を今回書いて終わりにします。

現在の時間軸では、オロチに作戦の情報が駄々洩れをしてピンチなルフィ一行。

私は以前、裏切者は赤鞘の中にはいないで、相手側の能力者の可能性が高い…という記事を書きました。

ただ、結構な確率で仲間だと思っていた人物が裏切るのはワンピースでよくあること。

んで。

色々とあいつだ、こいつだ、ネットで騒がれていますが、その中で、もし私が、こいつ臭いな…(゚д゚)
いえ(;'∀')
怪しいな(。-`ω-)
と、思うのが、お菊な訳です。

んで。

ここでは、簡単に書きますが、まずは、兄のイゾウと離れ離れになったこと。
そして、国が大変な時に、それでも海に出たこと…。
というのが、心は乙女なお菊には、とても堪えたのではないでしょうか(。´・ω・)?

また、この時にお菊だけでなく、おでんの家臣全員に、裏取引の話がオロチからあった可能性も十分にあります。

そこで、お菊だけが寝返ってしまって…。

というのが、今回の「ろくでなし事件」から浮かんできた内容です(-_-;)

ただ、まあ…。

これも別記事で書きましたが、私としては、お菊は好きなので、出来れば裏切らないで貰いたい(´Д⊂グスン
というのが、本音です。

しかし、また可能性が出てきたので、今回、一応ですが書いておきました。


この過去編はとても重要な内容だと、尾田ヌーさん自身が直筆のメッセージを書いているくらいですから、本当に、今までとは比較にならないくらい、凄い内容が沢山出ています。


次回は、お休みでは無いみたいですから、今からワクワクしながら、また2週間待っています(;・∀・)

…(´Д⊂グスン

今回、ドクターストーンがお休みだったのは…です(´Д⊂グスン


ということで、次回はワンピース、ドクターストーン、両方を楽しみたいと思っています(`・ω・´)


それでは、今日も最高の一日を!