つい先日も、九州地方では、豪雨による甚大な被害が出ています。


九州地方の災害が目立ちますが、全国的に自然災害は年々増えているように思います。


去年の関東地方などの豪雨被害も、今までに経験がない場所で、多く起きているようです。


正直な話、自然災害は、いつ、どこで起きても不思議ではありません。


と同時、どのような対策を取ればいいのか、困る人も多いでしょう。

というか、ほとんどがそうだと思います。


漫画ではありますが…。

「ソウナンですか?」というサバイバル漫画の中で、このような内容が出てきます。

サバイバルでは「3の法則」というものがあり…。

人間は適切な体温を維持できなければ「3時間」で死に至る。

水なしでは「3日」しか生きられない。

食料無しでは「3週間」で死んでしまう…。

という法則だそうです。


この漫画の舞台は、無人島ですが、自然災害においても参考になると思っています。



体温に関しては、正直な話、環境によると思いますが、さらに、このような情報も出てきます。


砂の上で直接寝起きすると、体熱を奪われ、体力を激しく消耗する。


さらに、これはもっと身近な内容になりますが…。


濡れた衣服は、通常時の「25~50倍の速さで体熱を奪っていく」という情報です。


ですので作中では、雨避けに簡易的なシェルターでも良いので作る様に…ということが出てきます。

身近な道具であれば、遠足などで使うビニールシートと、紐を利用する方法が簡単だと思います。

もちろん、車内に入れるのであれば、その方が良いでしょう。


しかし、先程も書いた様に、体温に関しては、現場の状況に大きく左右されると思います。


ですので、もし、このような状況になったら、今回のこと参考にして、場当たり的に対応をしてください。



そして、準備がある程度はでき、かつ重要なのが、「飲み水」になります。


先程から参考にしている「ソウナンですか?」でも、最優先に確保したがの「水」でした。

その後に、シェルターを作り、最後に食料…という順番ですね。

ですから、一番は食料よりも「水」という基準で、考えておくと良いでしょう。


特に日本であれば、1週間もあれば、大体の地域で食料は届くと思います。

もちろん、状況にもよりますが…。

なので、一番は、何度も書いているように「水」になります。

んで。


一番手っ取り早いのは、ペットボトルの水を、ある程度買い置きしておくこと。

それと、お風呂場などに水をためておくこと。

というのは、多くの人がご存知だと思います。


ただ、個人的にはここにもう少しばかり追加をして貰いたい。

例えば、ホームセンターや、場合によっては、100円ショップでも、防災用のタンクやビニール素材で出来た折り畳み式?の容器などが売られています。

個人的には、袋のものは買わなくていいと思います。

それであれば、市販のゴミ袋を3重くらいにして代用すればいいですから。

この時に、出来れば、バケツがあると便利ですね。

綺麗なら、バケツに直で入れてもいいですし。

掃除用で、直接は入れらないなら、水を先ほどの袋に入れて、かごの代わりにすればいいですから。



そして、さらに可能なら、電池式のガスコンロとヤカンがあれば、かなり良いですね。

まあ、水だけにしますが(笑)

煮沸が出来ますからね。


まあ、これらすべてを準備してもいいと思いますが…。

とりあえずは、ある程度のペットボトルの水。

それと、常時に邪魔にならず、非常時にはすぐに持ち出せる様な、水を入れらる容器。


くらいは、あると、良いのではないしょうか…。



皆さんもよくわかると思いますが…。

防災の準備とはいえ、突き詰めていくと、個人では、ほぼほぼ無理な状態になっていきます。


しかし、出来る限り、安全を確保したい気持ちもわかります。


それであれば、冷静に考えられるときに、空いている時間で良いので、考えておくといいでしょう。

これだけでも、だいぶ違います。

要は時々とは言え、シミュレーションをしている訳ですから。


後は、食料に関しては、缶詰、ウイダーインゼリーなどのパックゼリー、カロリーメイトなどが、手軽でいいと思います。


まあ、この辺に関しては、別の記事で。


イヤな話ですが、日本も自然災害が、年々身近になっている…と私は思っています。

ですから、個人で出来ることは、シッカリと行う‼
という気持ちを持っておくといいでしょう。


という感じで、今回はこの辺で。



それでは、今日も最高の一日を!