チョコバナナ、と言えば、お祭りなどのイベントでは、定番でしょう。

そしてこれからの時期には、イベントが毎週のように開催されるヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪


…のが、何事も起きていないときの日本です(´Д⊂グスン


皆さんもご存じのように、絶賛大事継続中でございます(´Д⊂グスン


ということで、まともな神経をしている人間、組織であれば、大事が本当に収まるまでは、お祭りなどのイベントは、中止にすることでしょう。

そうすると、チョコバナナとのあま~いひとときを味わえない(´;ω;`)ブワッ


どうにかして、チョコバナナのあま~いひとときを過ごしたい…(`・ω・´)

という人に向けて、今回の記事を書いていきます(笑)


…(;゚Д゚)

まあ、季節関係なく、子供のおやつやコーヒーブレイクのお菓子とかにも、全然使えますが(笑)



まずは、材料ですね。

簡単です(笑)


基本の材料は…。

バナナ。

チョコレート。


以上です(笑)


もっと屋台感を出したいのであれば、「チョコスプレー」という材料を使うと良いでしょう。



そして作り方ですが…。


まず、バナナをあらかじめ剥いておきます(笑)


そして、チョコレートを「湯煎」で溶かしていきます。

この時に使うチョコレートですが…。

個人的にはお好みで、好きな味のを使えばいいと思います。

しかし、屋台の場合は、おそらくですが、ブラックチョコレートを使っているような気がします。

というのも、私が今回使ったのは、市販のミルクチョコレートでした。

実際に食べて思ったのは、ちょっと甘さが強いかな~(;^ω^)
ということです。


なので、屋台の場合は、おそらくですが、ブラックチョコレート、もしくは、市販のチョコよりも甘さが抑えられているチョコレートだと思います。


さらに書きますが…。

市販のチョコレートをそのまま湯煎で溶かしても、屋台の様な綺麗なコーティングは難しいでしょう。

というのも、そのままのチョコレートでは、濃すぎるので、サラ~という感じではなく、べちゃっという感じになります。

もちろん、屋台のチョコバナナに拘らないで、「ディップ」として、食べるのであれば、これでも良いでしょう。

しかし、屋台のチョコバナナにしたいのであれば、少しばかりチョコレートを薄めて使うようにしましょう。

チョコレートを薄める方法には色々とあるようですが、一番簡単にできるのは、自宅にあるサラダ油を足して薄める方法でしょう。

あとはお好みの薄さになるまで調整をしてください。

そして、出来上がったチョコレートソース?に、バナナをつけて、全体をチョコでコーティングをします(;゚д゚)ゴクリ…

お好みで、先程書いたチョコスプレーを振りかけると、さらに屋台感が出てきてテンションが上がるでしょう(笑)


個人的には、棒を使ってフランクフルトみたいにしたいのですが…。

面倒だと思うので、そこはお皿で良いでしょう(笑)

あとは、1本そのままでなく、食べやすい大きさに切ってからチョコをつけても良いでしょう。
というか、私はこのようにして食べました(笑)


まあ、お分かりのように、チョコバナナ、もしくはチョコバナナディップは、凄く簡単です(笑)


チョコを溶かして、つけるだけですからね(笑)

後は、チョコの濃さをどうするかで、変化をつけます。


そして、皆さん気になるコスパですが…(;゚д゚)ゴクリ…


めっちゃ良いです(笑)

下手したら、200円かからないかもΣ(゚Д゚;エーッ!

まあ、チョコ100円。
バナナ一房200円としても300円ですからね。

調理時間も5分くらいでしょう(((uдu*)ゥンゥン

それでいて、少なくとも3本以上のチョコバナナが食べられる( ̄ー ̄)


まあ、個人的には、お祭りの屋台の商品て、アレだよな~(; ・`д・´)
と、ずっと思っていましたからね(笑)

という感じで、今回はこの辺で(o*。_。)oペコッ


ちなみに、次は、「バナナクレープ」を予定しております(笑)

ただ、ちょっとバナナを食べ過ぎたので(笑)

しばしお待ちを(o*。_。)oペコッ


それでは、今日も最高の一日を!