多くの場所では、真夏の季節になったでしょうか(。´・ω・)?

個人的には、このまま秋になってもいいと思っていますが(笑)

まあ、そこそこの冗談は終わりにしましょう。


以前から、エアコン関係の記事を書いてきました。

今回は、エアコンを使うか、高くても一日200円程度の電気代のために、エアコンを使わないか…。
という、普通の考え方であれば、即答えが出る内容について記事を書いていきましょう。

当然ですが、みなさんであれば、たかが200円程度のお金のために、長時間不快で、命の危険もある環境で過ごそうとは思いませんよね(。´・ω・)?

しかも、この200円という金額も、だいぶ高く設定して書いています。
一般的に言われているのは、大体130~150円くらいの電気代の節約を前提としています。

なので、50円近くも高く書いています。

実際には、もっとエアコンの冷房のお金は安いでしょう。

で…です。

たかだか、一日200円。
30日としても6000円の電気代節約のために、命を危険にさらしてまで、エアコンを使わない。
もしくは、明らかに不快な温度設定にする必要があるのでしょうか(。´・ω・)?

そして、このようにも聞きましょう。

あなたの命の値段は、たかだか一日200円程度なのですか(。´・ω・)?
とね。
今の時代200円では缶ジュースも1本しか買えません。
500mlのパックジュースも1パックしか買えません。

たったそれだけの金額のために、命を危険にさらしたり、体調を崩す確率を上げるような温度設定で、学習や仕事をあなたはしますか(。´・ω・)?
とね。

そして、そのような状況を半ば強要をする組織や人物が、まともだと思いますか(。´・ω・)?
とも聞いておきましょう。


当然ですが、全てにおいて、NOですよね(・∀・)ウン!!


みなさんの命は、そんなに安くない…というか、お金に替えることなど出来ない凄い、すごい価値があります。

みなさんの未来のための学習をする学校や、社会に機能を提供する環境である仕事場も、そんな小銭のために、劣悪な環境にする意味は当然ありません。


ですが、現実的にはどうでしょうか(。´・ω・)?

個人的な意見ですが、多くの場所は、録音スタジオの温度設定を基準にしたり、参考にすると良いと思っています。

ネットで調べると出てくると思いますが、音楽や吹き替えなどで使うスタジオの冷房は基本的に、低く設定されています。

その為に、演者の方々は、温度調整をし易いように、薄着の洋服などを用意して収録をしたり、待ち時間を過ごします。


このように書くと、寒がりな人からは反感を買うでしょうが、その辺はご理解をお願いしたいな~と思っています。

というのも、寒さであれば、すでに書いた様に服装で調整ができますが、暑さに関しては、限界があります。

ですから、最低温度を基準にする必要はないでしょうが、ある程度の温度まで下げて設定をするので、私は良いと思っています。

実際に私も夏場は、温度調整ができるように、一着用意して外出などをしますからね。


ただ、これは、職場や学校などの温度設定が、比較的自由にできる人向けの方法でしょう。


本当に、たかが200円程度のために、学生や社員などを、劣悪な環境に置く場所も多いでしょう。

であれば、そのような場所からは、さっさといなくなりましょう。

学生の場合は、外部の機関などを使って、環境改善を行うようにしましょう。

それ以外の仕事場などであれば、私であれば、さっさと他の場所に移る準備を始めます。

というのも、そのような仕事場の環境を良しとしている時点で、まともな経営者や上司がいない証拠ですからね。

生産性を下げることを良しとしている、ということですからね。

遅くないうちに、潰れる可能性が高いです。

もちろん、この仕事場が良い(`・ω・´)
というのであれば、環境改善を行っていけば良いでしょう。

その時に効果的だと思うのは、エアコン代をケチることのデメリットを中心にしつつ。

同時に、生産性を上げて、そこで得た利益や自由な時間などを他の問題…。

例えば、環境問題の解決の為に利用をする…などの内容を上手く使いましょう。

それでも聞く耳持たないのであれば…(´Д`)ハァ…
という感じですね(笑)

その先の言葉は、お察しください(笑)


そして自宅に関しても同じように言えます。

今まで書いてきたように、冷房を使うことのメリットの方がはるかに多いです。

逆に、ケチることには、メリットと呼べるものは無いと、私は思っています。
もしあるのであれば、例えば、一ヶ月で3000円くらいのお金が節約できたとしましょう。

ですが、一日100円ですから、他の部分で調整をすれば良いでしょう。

例えば、エアコン代よりもテレビの電気代の方が高いのは有名な話です。

であれば、テレビを無駄に点けないで過ごしつつ、無駄な買い物を少しばかり控えれば、帳尻は合うでしょう。


このように、巷で騒がれているような金額ではありません。

むしろ、命の危険を守るという視点で考えれば、一日当たり100円くらいで、だいぶ危険度は下がるのですから、安いものでしょう。
と、私は思っています。


まあ、ネットだけでなく、日本人は、他人に話すときには、やたらと誇張をする、話を盛る様な人間が多いように、私は思います。
これも一種の情報操作や印象操作とも言えますよね。
もう少し身近な言葉で書くのであれば、見栄を張っているような感じですかね。

というか、辛い環境や出来事で見栄を張っている時点でアレですがね。
まさしく、奴隷の鎖自慢そのままです(笑)

しかし、このような鎖自慢を真に受けて、エアコンは、冷房は電気代が高いから、極力使わないようにしなきゃ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
みたいになるのも、考えものです(´Д⊂グスン


まあ、ネットに限らず、リアルでもいい加減な発言を日常的にしている人間は、そこら辺に腐るほどいます。
ですから、基本的には、シッカリと考えてモノを言っていないな…と少しでも思う人間や話題は、真に受けない。
真面目に相手にしないくらいでOKです。

今の時代は、必要な情報の、ほとんどは自分で調べることが出来ます。

その証拠と参考になるのが、こちらの内容でしょうか。

ある書籍でこのような情報が出てきます。

CIAの某国の情報の95%は公開情報を使っていると、元CIAの人間が言われています。

ちなみに、この95%の公開情報を使っている…という状態は、ずっと前からになります。

ネットのインフラが世界的になる前からですね。


では、たかがエアコン代の情報は、残り5%になる、非公開情報の類なのでしょうか(。´・ω・)?

んな訳ないですよね(笑)


というか、ほとんどの情報、内容は、95%側の情報です。

しかも、今の時代はインターネットを誰でも利用ができます。

後は、そのインターネット世界を中心に、どれだけ必要な情報を集めて、自分で考え、決めて、行動できるか…という部分で差が出る訳です。


まあ最後は、ちょっと話がズレた感がありますが(笑)

とりあえずは、今回はこの辺で。


何度も書きますが、エアコン、冷房は贅沢な行為ではありません。

今の日本では命を守り、生産性や学習効率を高めるために、必須な機能になります。

ですから、変な負い目などガン無視して、堂々と、冷房を使ってください。


それでは、今日も最高の一日を!