今回の記事は、私のクラスメイトのお話になります(;´Д`)


中学、高校と同じ学校だった男の子がいます。

その子は、あだち充さんのタッチと言う漫画のキャッチャーのような体格をしています。

まあ、実際に野球部でしたしね(笑)

ポジションは知りませんが(;・∀・)

んで。

その彼と、私の実家も結構近くて、自転車で3分くらいの距離になります。

つまりは、高校に行くまでの距離もほぼ同じな訳です(゚д゚)(。_。)ウン


しかし…(;゚д゚)ゴクリ…


ここで、私と彼との間で、大きな違いが出てきました…(;゚д゚)ゴクリ…

それは…(;゚д゚)ゴクリ…


私は一切痩せなかったのに、彼は、高校で自転車通学になっただけで…(;゚д゚)ゴクリ…

3ヶ月ほどで、10キロ以上も体重が減っていたのですΣ(゚Д゚;エーッ!

ちなみに、彼は高校では帰宅部です。

そして、学校への距離も20~30分くらいの距離なんですよね(;^ω^)

つまりは、そこまで遠くない、長い距離ではありません(((uдu*)ゥンゥン

多くの人が、通っている距離と言えるはずです。


それなのに、他の友人たちも含めて、彼だけが、異常に痩せることが出来た…(-ω-;)ウーン

というのは、当時は、不思議で仕方がありませんでした。


ただ、今となっては、なんとなく理由がわかった訳です( ̄▽ ̄)

まあ、詳しく調べた訳ではありませんが、間違ってはいないでしょう(笑)


というのは…(;゚д゚)ゴクリ…


私や彼以外の友人は、元々運動習慣がしっかりとあったが、彼は、私達の様な習慣は無かった…という違いです。


先程、中学では野球部だった…と書きましたが、確か、ベンチ入りしているか、していないかみたいな状態でしたし…。

そもそも、走るのがとても苦手な男の子でした。


それとは違い、私や当時仲が良かった子たちは、みんな平均以上の運動習慣を持っていました。

その中には、高校では帰宅部だった子もいますが、それでも、運動は平均よりも上でした。


ここが、なぜ理由になるのか…というとですね(;゚д゚)ゴクリ…

元々、あまり運動をしていなかった人は、自転車に乗って通学をする…という行為でも、かなりの運動効果を得るからです。


例えるなら、ドラゴンボールのベジータ様と、ミスターサタンでは、疲れ始めるレベルが全然違います。
ミスターサタンであれば、腹筋を1万回もすればヘトヘトに疲れてしまうでしょうが、ベジータ様なら全然余裕です。
むしろ、あくびをしながら余裕で行うでしょう(笑)


このような感じで、元々運動習慣がなかった人であれば、あるほどに…。

本格的な運動などを行わなくても、ダイエット効果、シェイプアップ効果が出てきやすいのです(((uдu*)ゥンゥン


そして多くの人が、運動習慣が少ない側の人である…。
という風に私は思っていますので。

ただ、自転車で移動をする…というだけでも、結構な効果が期待できると思っています。


とは言え、いつも自転車でパートに通っているが全然痩せない(。-`ω-)
という人もいるでしょう。

そういう場合は、かなりの確率で、食べ過ぎだと思いますので、運動ではなく、食事の方のアプローチを行いましょう。


…(;・∀・)

でも、10キロ以上痩せた彼は、食事制限などしていませんでしたがね(;´Д`)

まあ、これは個人差だ…としておきましょうε≡≡ヘ( ´Д`)ノ


ただ、自転車に乗る習慣がある人は、少しばかりの食事、食生活の改善で、ダイエット効果を得られる可能性はかなり高いと思います。

ですので、もしすでに自転車に日頃乗っているのであれば、まずは、腹五分目を目標に、少しずつ食事の量を減らしていくと良いでしょう。
コツは、最初から、多く減らさない…ということです。

1週間くらいを目安に、少しずつ、減らしていきましょう( ̄ー ̄)ニヤリ


という感じで、今回はこの辺で。



自転車もしっかりとした全身運動ですから、ココもお忘れなく( ̄▽ ̄)



それでは、今日も最高の一日を!