速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

苫米地式・タイス式コーチング

さっさと捨てよう不要な3つのものさし。その2「社会の価値観」

不要なモノサシ2つ目です。


これも多くの人が
振り回されていることが多いでしょうが
正直
他の2つよりも
捨てやすいのでは?
個人的には思っています。

というのも
次の記事に書く予定の不要なモノサシは
自分自身が行う行為であり、
前の記事では
全てでは無いですが
多くの場合
直接的に他人から何かしらの言動をやられる(; ・`д・´)
という部分があるからです。

ですが
今回の
社会の価値観
という内容は
本当に
気にしなければ
それで終了。完了。
という
言葉で、終わりに出来てしまう内容になります。

ということで、
おしまいです(´・ω`・)エッ?

(笑)

まあ、それでは流石にちょっと~(; ・`д・´)
という人もいるでしょうから、
もう少しだけ書いておきますε-(´∀`*)ホッ

そもそも
社会の価値観
というのは
多くの場合
すでに権力などを持っている人間に
都合がよく作られ流布されているものばかりです。

例えば
学歴がわかりやすいですが
東大こそ全て(`・ω・´)
みたいな感覚を持っている人は
東大というブランドに自分が関係をしていることで愉悦を感じていますが、
その中身には
東大で何を学び、その学びをどのように社会に還元をするのか?
という視点が一切ありません。
これは他の例えでいえば
トロフィーワイフやトロフィーチャイルドのようなものと同じです。

そもそも学校というのは
愉悦を得るために選ぶものではなく
学びに行く場所です。

こんな当然のことを
わざわざ書かないといけないくらいに
この様な
競争を煽る価値観に
どっぷりと
毒されている人間が多くいる。
ということです。


ちなみに
補足的な内容を書いておくと
大学というのは
専門的な内容を学ぶ場所ではなく
専門的な内容を学ぶための
土台を作る場所である。

だから、大学の4年間は
徹底的にリベラルアーツに専念すべし。

というのが
苫米地英人さんの考え方であり、
世界のトップの大学は全部このプリンシプルで運営をされている。
との
ことです。

専門的な内容は大学ではなく
大学院でするもの。
というのが
世界のトップの学校の考え方です。


これは
スラムダンクの谷沢君を例に考えればよくわかりますが
谷沢君は渡米前は
毎日のように
安西先生から
基礎練習を徹底されていました。

これは
漫画の中でも出てくることですが
才能がある。と言われる人物でも
その才能を開花させるためには
それ相応の鍛錬が必要となる。

そこを怠っていては
いくら才能のかたまりであっても、
その才能は当然成長もしないし、開花もしない。
ということです。


これは違う例えであれば
ドラゴンボールGTというオリジナルアニメの
スーパーサイヤ人4になるための過程で考えても良いでしょう。

いくら才能のかたまり
天才ベジータ様
でも
修行が足りなければ
いくら大猿化して理性があろうとも
スーパーサイヤ人4にはなれない。
という
厳しい現実があります。


現実世界でも
土台となるリベラルアーツをしっかりと行っていないと
いくら
教えるのが上手な教授に指導をされても
思うように成長ができません。


その様なことが無いように
しっかりとリベラルアーツを徹底する。
というのが
何度も書いていますが
世界のトップ大学の考え方になります。

これが本来の大学のあるべき姿です。


ですが
現代日本では
単なるブランドとしてしか見ていない人が
あまりにも多い。


まあ、この辺はまた別の記事に書いていきます。




話を戻しますが、
学歴以外にも
社会の価値観
という言葉で表せるものは
多くありますよね?

例えば
何歳までに結婚をするべし。
とか
何歳までにこれくらいの年収になっている。
とか
他にも書きだしたら
本当に切りがありません(; ・`д・´)

ということは
それだけ
個人を観えない鎖で縛ろうとする人々が多くいる。
ということでもあります。

…が(`・ω・´)

すでに書いているように
これらの
押し付けの価値観など
一切気にしなければ良いのです。

本当に
今回の解決法は
これに尽きます。

ですが
この様な価値観にどっぷりの人から
不快な思いをさせられることもあると思います。

その様な時に
どーしたらいいのか?
ということですが、
これも
有り体の言葉ですが

相手にしない。

聞き流す。

OKです。


というのも
言葉は悪いですが
これらの価値観にどっぷりの人は
だいぶ質の低い社会洗脳にやられている人たちです。

今、だいぶ低い社会洗脳と書きましたが、
これらの内容の多くは
本当に
この言葉で片付きます。

つまり
他の洗脳と違い
自分で脱洗脳をし易い内容だからです。

脱洗脳と書きましたが
そこまで大げさな話しではなく
先ほどから
何度も書いている

これらの内容を
一切気にしない。
という風にすればOKだからです。

脱洗脳なんてほどでもありません。


ですが
逆に
この様な簡単な内容ですらも
出来ないくらいに
この価値観にどっぷりな人…。
というのは
思考停止の極致にいるような人です。


その様な人たちの言葉に
耳を傾ける価値が
ありますか?
聴かれれば
多くの人は
一切ない。
答えるでしょう。

それが答えです。


街を見渡せば時折
社会のために~(゚Д゚)ノ
という言葉を使い
自分の承認欲求などを満たそうとしている人物がいると思います。

根本的には
あの様な人達と同じです。

ただ、
その様な人達よりも
多少は
身近な人から
今回の社会の価値観などを押し付けられると
少し
ウっとなると思いますが
そこは
上手く思考を働かせて
冷静に対処すればいいのです。

その時に上手く処理できなくても
最初は全然OKです。

この様な対応をしたり、
そもそも
最初から気にしないように過ごしていれば
今回のものさしは
他の内容よりも
はるかに簡単に
消えていきます。

勝手にゴミ箱行きです(((uдu*)ゥンゥン


不要なモノサシに
振り回される必要はありません。

どうぞ、自分が目指すゴールにのみ集中をして
どんどん進化を続けてください。


それでは
今日も最高の一日を。

さっさと捨てよう3つのものさし。 その1「他人の視線」

これは特に
日本人にとっては
厄介な不要なモノサシですよね(;´・ω・)

ですが
このモノサシは
この瞬間からすぐに捨てて構いません。

というのも
そもそも
日本という国自体が
他人との相互監視的な部分が

強すぎる国である。

ということも関係がしていますが
ここを抜きに考えても
そもそも
他人の評価
呼ばれるものが
正当性があるとは限らないし
ましてや
神の言葉の様なものでもありません。

ただ
そうはいっても
他人からの視線や言葉、態度などで
嫌な気持ちになったり
パフォーマンスが下がったり…(;´・ω・)
ということは
珍しくないでしょう。

ただ、ここでも
こう考えて貰いたい。

珍しくないでしょう。
という言葉自体が
そもそも
正当性があるとは限らないだろう(・・?
とね。

この言葉の意味するところは
いたるところに溢れている。
つまり
よく見かけることである。
という
認識が強いでしょう。

ですが
ここがまずは
おかしくないか?
思って欲しいのです。

それは
周りに沢山いるから、あるから
それが普通で
正しいことである。
思考停止で決めつけないことです。

それこそ、そーいう時に思い出して欲しい
超有名な歴史的な事件があります。

それは
天動説と地動説です。

この事件を考えれば
いかに
大衆と呼ばれる人々の支持が
当てにならないのか?
ということが
嫌という程に
理解できるハズです。

特に
日本では
少数派=おかしなやつ。
という決め付けが
珍しくありません。

多くの人が
そもそも
存在をしていない
これが正しい真っ当な道。
という
妄想のレールに取りつかれています。

そんなもの
最初から存在していません。

それらなのに
多くの人が
これが~(`・ω・´)
ということを言い出したり、信じだしたりすると
本当にその人達には
その様な幻覚のレールが見え始めるのです。

ですが
そもそも
人間というのは
一人ひとりが
完全に違う生き物です。

人生というのも同じです。

多少部分的に似たような境遇を共有できることはあるでしょうが
それだけです。

本当に
それだけ。
という言葉で終わりです。

ただ、これは
トコトン自己チューになれ。
ということではありません。

自分をトコトン信じると同じように
他人のことも
認める。
ということです。

まあ、これは別の記事で。

他人からの
出来ない奴
とか
おかしな奴
とか
道を踏み外した
とか
悪意のある妄想に
正当性は
一切ありません。

そしてこれも重要なのですが
多くの人は
過去の「一部の」情報でのみ
他人を判断しています。

そして
これも以前の記事に何度か書いていますが
人間は
自分が今見たいと思う情報しか見ない、認識をしない。
という
RASという生得的な機能を持っています。

しかも
このRASは
人により感知できる幅が違います。
それは生得的というよりも
後天的な理由からです。

わかりやすい例を使うなら
興味が多岐に渡る人はRASの範囲も広がるが
自分の欲望にしか興味がない人はその中の範囲にとどまる。
ということで説明ができます。

自己チューな人間の視野が狭いのもこれが関係しています。

そして
この様な狭いRASの人間は
どんどんRASの範囲が狭くなります。

その様な人間の判断や評価に
正当性
という言葉を使うのはどうかと個人的には思っています。
単なるいちゃもん、妄言くらいでちょうどいいでしょう。

そして
一部の過去の情報ですから
未来の情報に
フォーカスがありません。

例えば
全く料理をしなかった人が
これから毎日3時間料理をする。
そして上達をしていく。
というときに
未来志向の人間であれば、
その未来を叶えた状態を
現時点で観る事ができるので
とても楽しみだ。
という気持ちや
さらにその先に何をするのかな?
という所まで
思考にあがります。

ですが
過去思考の人間には
これができません。

前例主義
という言葉がありますが
常に
すでに起きた出来事との
比較をすることでしか
良し悪しを決められないのです。

ですが
そもそも
過去を基準に判断をすることが
いかに危険であるのか(。´・ω・)?
ということを
よーく理解した方がいいでしょう。

当然ですが
過去と全く同じ状態など
起こりうることは
絶対にありません。

それなのに
何故、過去の前例を絶対的な基準として
神の様に扱うのでしょうか?

まあ、理由の一つとしては
それが楽だから。
ということでもあるのですが。

要は
逐一その都度情報を更新をして処理していては大変だから。
ここでは認識してください。

楽をする為に
手抜きで他人を判断、評価した内容ですから
ますます
信頼性が無いでしょう。

ですので
これ以外にも
まだまだ
書きたいことが
た~くさんあるくらいに

他人の視線、評価
というのは
全く持って
一切合切
当てにならない、
信じるに値しない
情報である。

という認識で
基本的にはOKです。

その判断の一つとしては
過去思考の人間は
この様な人間である人が殆どですから
その様な人間からの妄言は
全て無視をして
自分が思い描くゴールと
そのゴールにいる自分を
信じて
ただ、突き進めば良いのです。


あなたの
より良い未来を
心より楽しみにしています。



それでは
今日も最高の一日を。

新規の人にも何冊も読み込んでいる人にも本当にどちらにもおススメ 苫米地英人 ビジネスが変わるコグニティブ・サイエンス(認知科学) (まんが苫米地式02)

ここ最近はこの書籍の記事が続いております。

ですが
まだまだ、
本当に書く気になれば
100や200は余裕で記事を書けるのではないのか?
思うくらいに、書きたいことが沢山あります( ̄▽ ̄;)

…(;・∀・)
というか
他の本や音楽関連やその他の内容も
少ないやつでも
今の10倍以上は記事にしたいと思っています。
…( ̄▽ ̄;)
10倍じゃたぶん足りないね…。
間違いなく(´ー`*)ウンウン

まあ
本題でもあるのですが
今回の記事は
今後の記事に対しての
軽めの記事…。
という感じの記事です。

ですので
ここで書いた内容が
後日違う記事で
多少なりとも出てくるでしょう。

ということで
今回の記事は
全体の軽めの紹介系の記事になります。


まず
何度か読んでいて感じたのは
この書籍は
個人的には
漫画形式の書籍では
一番出来がいい。
思っています。

どのあたりが出来がいいのか?
と言うと
漫画全体を通しての軸の部分が
最初から最後までぶれない。
という感じです。

当然
今までの書籍も良かったのですが
どちらかと言うと
その章ごとに
メインのノウハウ系の内容があり
それを軸に
お話が進んで行く…。
という
まあ、
構成を考えれば普通の流れなのですが
違う例えをするのであれば
ワンピースという漫画をご存知ない方はちょっとわかり難いかもしれませんが
今までの書籍は
一章はルフィの話
二章はゾロの話…
という感じで
それぞれの章ごとに、お話の主人公が変わる様な感覚があります。

勿論、書籍全体を通しては
しっかりとまとまりがあります。
それは
間違いがありません。

ですが
今回の書籍に関しては
一冊を通して

負のスパイラスから抜け出し
本来の輝かしい自分を取り戻し
さらにその先へと進んで行く。

という
軸が
最初から最後まで
徹底的に貫かれている感覚があります。

というのも
最初の漫画形式の書籍である
「立ち読みしなさい」
という
本では
脳機能のそれぞれの機能を紹介することを目的にして
それぞれのお話が登場をします。

「人を笑顔にしたいラーメン屋の美大生」
「多くの人を救いたいと願う、元フリーターの政治家」
「これから激変をするためにゴールを探すサラリーマン」
という感じで
登場人物が
若干違うのです。

そのあとにでた
まんが苫米地式01の「営業は洗脳」でも
今回の様に一冊を通して
同じ登場人物が、どんどん成長をしていくお話になっています。

こちらの書籍もとても良い内容が多いので、
再度、いくつか記事にする予定です。

ただ、どちらかと言うと
「営業は洗脳」というタイトルの通りに
今回の本よりも
よりビジネス現場向きの内容になっています。

そして
再度書きますが
今回の
ビジネスが変わるコグニティブ・サイエンス(認知科学)
ビジネススキルとかよりも

自分が変わって行く

という部分に
(現在出ている漫画形式の書籍の中では)
一番重きを置いて
お話が作られている作品になります。

これもべつの記事にも書いていますが
この本は
元々
文字のみの書籍である
「すべての仕事がやりたことに変わる」
という書籍などが基になっています。

こちらの書籍を読まれている人ならわかると思いますが
こちらの書籍では各ページごとにそれぞれ、実際の現場などでも役に立つメソッドなどが沢山出てきます。

ですが
今回の書籍に関しては
そこまでメソッドの紹介はされていません。
ちょびっとだけです。
勿論
このちょびっとだけ…でも
やれば凄く生産性は高くなりますが(´ー`*)ウンウン


それでも
何回も書いていますが
この本の最初から最後までの軸は

輝く自分を取り戻す。
理想の自分に変わって行く。

という内容になります。

で…。

何故に
新規の人だけでなく
何冊も苫米地さんの本を読んでいる人にも
おススメなのか?
と言うと
これも
あくまでも
個人的な体感なのですが
この本は
確かに
そこまで
詳しく
メソッドや理論が
ぎっちり詰め込まれている。
という
書籍ではありません。

おそらく
理論書的な視点で考えれば
本当に
必要最低限のことしか書かれていない。
という感覚を受けるでしょう。

ですが
それでも
今回の書籍をおススメしたいのは
まず
何度も書いている上記の部分がしっかりとしているから。
ということがあります。

これは
それだけ
その内容が伝わる様に
考えられて作られている。
ということでもあります。

特に
今回はいつもと違い
漫画というアプローチを取っているので
いつもと
全然感じ方が違うのです。

そして
ここの部分を
本当に舐めない方が良いのです。

特に
読み込んでいる人であれば
この漫画を読むことで
意識的、無意識的に
発火をする内容が
沢山ある。
という部分を
しっかりと認識してもらいたい。

勿論
今まで通りの
文字だけの書籍でも
同じように
意識的、無意識的な発火は起きています。

ですが…。
今回の漫画という部分からは
若干いつもと違うアプローチの刺激になるのです。

それは
いつもは
基本的に自分という視点で読み進めて行きますが
(今回は著者の視点になる…、という部分は省いて書いていきます。)
今回の書籍は
主人公である
真知さん
という人物を通しての刺激になる。
という部分です。

これは
バラいろダンディ
などの番組でも言われていますが
人間は
他人のことを自分のことの様に感じる生き物である。
という内容が関係しています。

これは
番組などでは
他人が怒られている所を見ると、
実際には
自分が怒られている訳ではないのに
脳は
自分が怒られている。
という風に認識をする。
という内容で紹介をされていたりするのですが
今回は
この逆を脳は受け取る訳です。

つまり
どんどん
負のスパイラルから抜け出し
輝く自分へと変わって行く
真知さんを
観る事により
自分自身も
真知さんのように
理想の自分へと変わって行っている…。
脳は認識をし、
実際に
その通りに
変化をしていくようになる。

というのが
この漫画を
多くの人におススメをする大きな理由の一つです。

ちょっと長くなってきたので
今回はこの辺で。

まだまだ
個々の記事で
今回の書籍に関係をする記事を書いていきます(笑)


それでは
今日も最高の一日を。

毎日が元旦のように。

これは、以前もバラ色ダンディの中で苫米地さんが言われていましたが

タイス式、苫米地式コーチングにおいては
過去は一切関係がない
という
大原則があります。

ですので
クライアントの人が過去の話をしたら
視点を
過去から
未来に変えるのが
コーチである。
という様な話までもあります。

以前の記事にも紹介してありますが
青山龍さんのクイックコーチングの動画の中に
コーチングは「朝令暮改OK」という内容がでてくるように
過去に決めたゴールでさえも
すでに過去の産物になっているので
変更をどんどんしてOKという意味でしょうか。

朝令暮改
という言葉は
基本的に良い意味では認識をされていません。
ですが
それくらいに
フットワークを軽くして
どんどん、ゴールを更新をしていくんだ。
という
意味合いで、ここでは使われているハズです。

そして、毎日が元旦のように。
という言葉も
これに近いもの…
というか
本質的には同じでしょう。

過去は一切気にしない。

未来には
関係がない。
影響を与えない。
という内容を
頭の中に叩き込むくらいで
丁度いいかもしれません。

だからこそ
いつも
記事の最後に

今日も最高の一日を。

という言葉を使っているのですが
本音を言えば

常に最高の瞬間を。

というのが本音なのですが
とりあえず、今はこのままでいいかな~( ̄▽ ̄;)
という風に思っているので、
今日も~。
なんですね。

そういう訳で、
過去は一切気にしない(`・ω・´)


それでは
今日も最高の一日を。

現状の外側に進んだ時のエネルギー補給としては、やっぱり、○○かな( ̄▽ ̄)

先日、色々と更新をして、怠くなった…。
という様な内容の記事を書きましたが、
だいぶ復活してきましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

その時の対処法としては…(;゚д゚)ゴクリ…

一つは
しっかりと休む(^O^)/
めちゃくちゃ、寝ました(笑)

それと
個人的にはこちらが大切だと思うのが
とにかく、新しい情報を収集をしつつ、今までとは違う行動や選択を色々と試す(`・ω・´)
ということです。

ゴールの更新をするとは
言い方を変えるのであれば
一度、今までのゲシュタルトを分解をしているということです。
そして、その分解されたゲシュタルトを新たに再構築をしているために、
色々と身体的な疲労や精神的なエネルギー不足が起きている。
という認識を持つと良いでしょう。

これはパソコンのアップデートの処理を行っているときに、他のタスクにも多少なりとも影響が出ているのと同じです。

そして、このゲシュタルトの再構築の作業の際に大切なのが
今までと違う内容を組み込む
ということです。

せっかく分解をしても、今までと同じ構成要因だけでは変化は起きません。
これは単なるホメオスタシスの揺り戻しになるだけです。

ですので
大変かも知れませんが、
ゴールに近づき、ゴム紐が緩んでいるときにこそ
色々と
新しい情報に触れたり
行動をしていくのです。

この時に
大きな変化を組み込む必要はなく
本当に些細な情報や行動でも、全然良いのです。

もちろん、可能であれば、大きな変化の内容を組み込んでも良いでしょうが
これも、状態によるでしょう。

ですので
無難な方法としては
本当に小さな変化でOK
例えば
毎朝5分の筋トレを追加して、
夜寝る前の10分の読書を追加した。
みたいなイメージです。

もちろん、これはイメージによる例え話で、実際に私が行った内容ではありませんが、
取り組む際の難易度としては、本当に、こんな感じです。

ですので、
多くの人には余裕で出来るハズです。

また
これも勘違いをしている人がいるので補足をしておくと
先ほど
「無難」
という言葉を使いましたが
この様な選択を思考停止で毛嫌いをする人が結構います。

もちろん、この様な選択も時と場合によりますが
毎回、全てにおいて、ダメな選択ではありません。

なぜか最近は、変化にはリスクが必要である!
みたいな勘違いをしている人が多いみたいですが
おそらく、悪質な他者などからの影響か
漫画などの内容をそのまま、リアルにフィードバックしようとしているかのどちらかでしょう(;´・ω・)

変化するたびに、毎回不釣り合いなリスクを取るのは割に合いません。
それこそ、バイトの身分であるのに、社長が起こした不祥事による訴訟を引き受けるようなモノです(;´Д`A ```
そんな、アホな事やる必要がないでしょう(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

まあ、書いていて思ったのが
多くの人に
ブラック企業マインドが少なからず影響を与えているのかな(。´・ω・)?
という感覚です。

ですので、
何度も書きますが、
変化には
大きな内容を組み込む必要があるときと
小さな、些細な内容を一つだけでOKな時と
ハッキリと分かれています。

そして
日常的に役に立つのは
確実に後者です。

逆に言えば
毎回大きな変化をする。
というのは
人間の脳機能的にも違うと言えます。

人間にはホームとアウェイという空間がありますが、
毎回大きな変化をしていてはアウェイばかりでホームがありません。

それこそ
ロックマンシリーズのように
ベースとなる秘密基地があり
そこをホームとして
様々なミッションをクリアしていき、アウェイをホームに変えていくイメージです。

この時に、毎回一回でミッションをクリアする必要はなく、
出来る範囲まで行ったら、
一度基地に戻り、他のミッションに移る。
という進め方が普通である様に
人間の変化においても、
途中までの変化
とかでも
全然良いわけです。

なので
ブラック企業マインドの一つだと思われる
一度取り掛かったら、その場で最後まで完了をさせる。
とか
途中で切り上げてはいけない。
みたいな
考えや癖は無くしましょう。

これらの内容は
必要なときのみ、その様にすれば良いのです。

あとは、その場その場で判断をしていけばOkです。

コーチングを使っていなくても
何か
日々の中で
エネルギーが出てこない(´Д⊂グスン
思う人は
本当に何でも良いので
今までとは違った新しい内容に触れることをおススメします。

それでは
今日も最高の一日を。
spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 HiroNと申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク