カテゴリ: 苫米地式・タイス式コーチング

今回は、コーチング関係の内容を書いていきます。また、私が参考にしているのは「ルータイスさん」と「苫米地英人さん」のコーチング理論になります。ですので、「タイス式コーチング」などの書籍などに、多少は触れているという前提で記事を書いていきます。もし、用語など

タイトルの言葉は「ビジネスが変わるコグニティブ・サイエンス(認知科学) (まんが苫米地式02)」という書籍の中に出てきた一部を基にしています。今回の書籍は初めて苫米地さんの本を読む人にも、何百冊と読んできた人にもどちらの人にもおススメの本になっています。 目次

コーチングにおいて「コンフォートゾーン」とセットとなる内容である「ホメオスタシス」。基本的な内容はコンフォートゾーンの記事でも引用をしたリスタさんのサイトを参考にしてください。苫米地式ホメオスタシスを味方にして自動的に夢を叶える方法 リスタhttp://re-sta.j

コーチングの専門用語であり、現在ではアメリカのドラマなどでも時々セリフとして登場をすることもある「コンフォートゾーン」。詳しくは、リスタさんの記事に書かれていますので、まずはそちらを参考にしてください。公式|コンフォートゾーンを変えて自然と成功していく方

これからコーチング関連の記事を書くにあたり、必要となってくるのが、それぞれの専門用語の定義や意味になります。最近はコーチングも市民権を得てきたので、元々の意味合いから、だいぶ違う意味で使われていることが増えてきました。苫米地さん関連の話であれば、「英語脳

↑このページのトップヘ