速読で多読が日常

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

気功

ストレッチやヨガなどで身体を伸ばすよりも前に重要なことは、とにかく動かす!

準備運動と言えば

ストレッチ!

思う人は多いと思いますが
それよりも大切なのは
今できる範囲で良いから
多少の痛みがあっても
動かす。
という方が
実は
身体を柔らかくする。
とか
健康にする。
という視点では大切なのです。


これはストレッチの前に行う準備運動的な意味合いではなく
もっと根本的な意味合いになります。

つまり
日常的に行う
身体構造の整理動作
という表現ができるでしょう。

犬や猫には
肩凝り
などの
凝り
というモノが存在しない。
という話をよく聞きますが
その理由は
頻繁にあくびや身体を伸ばしているから。
というのが一般的です。

この時の
伸び
とは
文字通りの
自然と行う動作であり
ストレッチやハタヨーガの様な内容の伸びではありません。

というか
逆説的に聴こえるかもしれませんが
ハタヨーガやストレッチをしっかりと行う場合は
ある程度の身体の柔らかさが無いと
そもそもこれらの内容は上手く実践できません。
一般的には
身体を柔らかくする=ストレッチやヨガ
という内容が多く世に出ていますが
正直、それらは正しくないモノが多い。

また
中途半端に行うことで
逆に身体が固くなる。
という状態も起きてきます。

ストレッチやヨガは
しっかりと行えば
確かに効果はありますが
その
しっかりと行う。
という内容が曲者なのです。

多くの現代人は
どこかしら
必ずと言っていいほどに
歪みがあります。

いや、私は毎日ストレッチをしたりランニングや筋トレをしているから
歪みはありません!
思う人もいるでしょうが
そういう人ほどかなり危険です。

個人が書いているブログであればすぐにわかりますが
トレーナーをつけてしっかりと筋トレをしてます。
みたいな感じで
自分の肉体写真をプロフィールに張っている人は多いですが…。
明らかに歪んでいるのがわかる。
多いのは肩の位置がズレていたり、
腰が前か後ろに傾いていたり
全体的に筋肉の付き方がアンバランスだったり。
正直、書きだしたら切りがありません。
さらにここに重心の位置だとかも加わるので本当に細かく見れば大変なのです。

この様に書くと
しっかりと身体を使う。
というのは
大変なのだな…。
凹まないでください。
むしろ
多少のタイムラグはありますが
できるようになるでしょう。

ここでいう
しっかりと身体を使う。
とは
生得的な身体動作を行う。
ということです。
歪みがある状態とは
いわば、この生得的な状態からズレているという意味です。

ですので
ここを本来の状態に戻してあげるだけ。
ということです。

元々
そのように生まれてきているのですから簡単でしょ?

そして答えはすでに
冒頭で書いています。

できる範囲で良いから
とにかく体を動かす。

例えば
肩凝りであれば
肩をグルグル回す。
とか
上に伸ばしみる。
とかの
本当に簡単にできる範囲での動作をしっかりと行うだけでも全然身体の柔軟性などは変わるのです。

そして
この時のコツを2つほど書いておきます。

まずは
その時の身体感覚を
しっかりと観察をする。
意識に上げる。
ということです。

慣れるまでは
その感覚に対して簡単な言葉で言語化をしてあげると良いでしょう。
例えば
左肩を上に上げた時に
肩の付け根が伸びている感覚がある。
あと左右の肩甲骨周辺にも刺激があるぞ。
みたいな感じでOKです。

慣れてくると
言語化しないで
複数の箇所の内容を
意識に上げれるようになるでしょう。

これも比較的簡単にできるようになるでしょう。

そしてもう一つは
無理のない範囲で
色んな方向に身体を使う。
ということです。

もう一度書きますが
絶対に無理のない範囲で行うことです。

また
ここでの動作も
多少の生得的な力が入ることはありますが
意識的に力を籠めることはしません。
あくまで動作を行う際に自然と使われる力のみです。

このようなことに注意をして
出来れば
普段は使わない様な使い方をする。

例えば
いつも前側で腕を組む人は
後ろ側で腕を組む。
みたいな感じです。

人間は身体の使い方にも癖があり
この時の癖とは
無意識的に
反復してよく行う動作
ここでは捉えてください。

この様な行為も
ホメオスタシスが関係しており
無意識的に行うという行為は
要は
脳のエネルギーの消費を極力下げるための行為である。
ということです。

いうなれば
そんな些細な事でさえも
意識的に介入をすると
エネルギーを多く消費する。
ということでもあります。

本来は
これらのエネルギーの温存としての機能は
生命維持を目的としていますが
結果的に
逆向きに働くことも多くあります。

ですので
これらのことを意識して
自分が行える範囲で
色々と観察をしながら行うと
徐々にではありますが
身体の感覚が明らかに変わってくるハズです。

また
ここでも
当然
ホメオスタシスの抵抗があります。
それは
俗に言う
筋肉痛的な痛みです。

実際の筋肉痛というよりかは
ある意味
好転反応的な痛みや怠さ。
捉えてください。

これも
少しずつ消えていきます。

ある程度まで
身体が戻ってきたら
そこから
ストレッチやハタヨーガなどに進みたい人は進むと良いでしょう。

ここに書いたことだけでも
短くても習慣にすれば
だいぶ違うハズです。

それでは
今日も最高の一日を。


参考書籍


脳に免疫力をつければ病気にならない! [Kindle版]
苫米地英人
コグニティブリサーチラボ株式会社
2014-04-28

スコトーマって恐ろしい…(笑) 良薬は口に苦し? 葛根湯はお湯に溶いて飲むのがおススメ!?

これは
本当に最近あった話です。
すでに別の記事に書いていますが
現在
風邪の初期症状、真っ最中です。

まるで
アラスカ横断
ブンブン1st
の時の
某泉洋さんの様な状態です(笑)

まあ、精神的な原因はぜんぜん違いますけど…。

以前の記事では
葛根湯がおススメですよ~。
書いたのですが
さらに
そこに追記的な内容を今回書いておきます。

まず
ずっとスコトーマだった内容に
「葛根湯をお湯で溶く」
という
内容です。

私が
今まで使っていたのは
某大手企業の葛根湯でした。

確かに
そこにも
「白湯」と一緒にだか
もしかしら
白湯に溶いて
という風な表記があったのは記憶にあります。

ただ
今回薬が切れたので
近場の薬局に行ったところ
今回の飲み方を教えてもらいました。

また
これは店によると思いますが
そもそも葛根湯は
なんとかスエット
みたいな
ある企業の特許的な薬品ではなく
確か
正露丸の様な
薬そのものの名称になります。

例えはあれですが
某ホーム系ラーメンは
この系列の独自のラーメンですが
とんこつラーメン
というのは
数あるラーメンの種類の一つになります。
葛根湯もこれと同じです。

ですので
大手企業と同じ配合の商品で
2倍の量が入っていて
お得な商品を
おススメされたので、
そちらを購入したのですが
そこの会社の葛根湯は
しっかりと
お湯に溶いて飲むと
より効果的ですよ。
という
説明も書いてありました。

ちなみに
同じ内容でも
大手と大手以外の価格と量の差は
どこから来ているのか?というと…。

それはまた、別の記事で(笑)

まあ
いつもながらに簡単に書くと
大手の商品は
品物以外の
余計な部分に金を使っているのでその分コストがかかっている。
という
ことです。

食材などに関しても
そのお店の専売特許的な商品以外であれば
無名な所と大差はありませんし
そもそも
調理の段階で
ほんの一工夫をするだけで
味は格段に美味しくなりますからね~。

なので
大手=安全、高品質
という
思い込みは無くすこと。

むしろ
ここにハマると
多くの場合
余計な出費が出ます。


これからの季節は
ますます
風邪になる確率は高くなります。

液体の葛根湯もありますが
コスパを考えるなら
今回のように
粉末の薬を
お湯に溶いて飲むのが
おススメだと思います。
ただし…
個人的に
味はあれですが…(笑)
本当に
良薬は口に苦しだな~。
実感した
一日でした。

それでは
今日も最高の一日を。

参考書籍


脳に免疫力をつければ病気にならない! [Kindle版]
苫米地英人
コグニティブリサーチラボ株式会社
2014-04-28



軽い風邪「にも」ぷるぷる健康と「葛根湯」withオレンジジュース

ここ数日
一気に
寒くなりましたね。


個人的には
服装など
しっかりと対応をしていたのに
なぜか
体調が悪くなりました。
しかも
出先の室内の中で…。
そのまま、
特に体調の変化はなかったのですが
ちょっと仮眠をとったら
さらに体調が悪くなりました(笑)

症状としては
風邪の初期症状なのですが
ハッキリ言って
思い当たる節が
無さすぎる!

私は
感染症には
世間的な人よりも
かなり
気を使っています。

真冬であれば
寝るときにも
マスクとネックウォーマーをつけています。

ただ
この世に絶対はありませんので
何かしら
原因があるのでしょう。

個人的には
コンフォートゾーンが
移行するような内容や出来事が
最近、頻繁に起きているので
その影響で
ホメオスタシスが
邪魔してきたのかな?
というのが
正直な今の感想です。


これは
コーチング理論が回り始めてくると
結構な頻度で起きるようですので
これから先の季節は特に
気を配る必要があると思います。

特に
これからは
風邪以外にも
めちゃくちゃ厄介な
インフルエンザ
ノロウィルス
良く起きる時期です。

特に
ノロウィルスは
軽くても
幻覚とか見えますからねぇ~。

「外食産業の食事にも」
要注意です!
適当に作ってるバイトなんて
そこらじゅうに溢れていますから…。


まあ
自分で出来る範囲外の内容は
ある意味仕方がないとして
本当に
風邪などの
軽い症状に対応する方法ですが
タイトルにある内容を
おススメします。

もちろん
明らかに…
な時は
しっかりと医師に任せましょう。

今回は
医師に関係することは書きません。
それはまた別の記事に。



タイトルにある内容をもう一度書いておくと

「ぷるぷる健康法(気功)」

「葛根湯」

「オレンジジュース」

になります。

それでは
一つずつ書いていきます。


まずは
「ぷるぷる健康法」

これは
以前にも書いているので
方法は省きます。

ただ
この健康法は
元々
気功の秘伝の技です。

本来であれば
一子相伝の秘伝の技として
門外不出の内容でした。

ですが
この健康法を世に広めてくれた
張永祥さんのおかげで
誰でも実践できるようになりました。

基本的には
健康法と書いていますが
気功法の一種です。

ですので
気功による健康へのアプローチになるのですが
そもそも気功自体が
日本では
怪しい内容に思われていますし
結構いい加減な内容も多い。

ですので
ここでは
この健康法を行うことで
疲れが
悪い気として
どんどん足の裏や呼吸や毛穴から
どんどん外に出ていっているイメージと
同時に
善い気
おでこの中心とか
頭のてっぺんとか
呼吸や
これまた毛穴とか
から
取り込んでいる
というイメージと
出来れば
体感も持って取り組んで欲しい。

ですが
この様に書いても
最初からは難しいので
本当に
はじめて行う人向けには
とにかく
足の裏から邪気が流れていく
善い気が呼吸によって入ってくる
というイメージのみでOK

あとは
スポーツ医学的なイメージとして
血流が良くなり
身体のコリなどがなくなっている
という
イメージと体感を上手く利用して欲しいと思います。

こちらであれば
気功よりも
行い易いでしょう。


続いて
「葛根湯」

これは
書籍の中でも出てくるのですが
苫米地さんが知り合いの医師に聴いたところ
医師たちは
風邪の薬を処方してもらうのではなく
自分で買ってきた
「葛根湯」を飲む
と言っていたようです。

これについては
今回は省きますが
医師たちは
薬剤の効果も知っていますが
同時に
副作用についても良く知っている。

それらの知識を使って判断をした結果
多くの医師が
薬ではなく
「葛根湯」
飲むのでしょう。

また
昔からある
漢方薬
などには
一発でドーピング検査に引っ掛かる様な
強い効果が出るモノもあるとのこと。

一般的に市販されているものは大丈夫でしょうが
個人的に興味がある内容の一つです。


最後に
「オレンジジュース」

これは
正確には
「ビタミンC」
風邪の症状の時に意図的に取ることで
回復に役立つ。
これもまた昔から言われています。


その理由は

未だによくわかっていません!


一説には
単なる「プラシーボ効果」であるとも言われていますが
とりあえず
今のところ
効果があるのは間違いがない。

なので
コンビニやスーパーで
「100%片思い」
いえ…
「100%のオレンジジュース」
飲んで

そして
いつもよりも
しっかりと睡眠をとる。
というのが
風邪の時の
鉄板みたいですね。

というか
今まで書いてきた
方法は
あくまで
おまけ。

メインはやはり
「睡眠」
になります。

ですので
睡眠中の身体のメンテナンス時間、作業を
より効率的に行えるように
睡眠前に
色々とやっておくのです。


また
ビタミンCに話を戻しますと
個人的は
オレンジジュース
よりも
「CCレモン」
よく飲みます。

あとは
今の時期であれば

「美柑をよく食べています」

失礼
(果物の)
みかんをよく食べています。(笑)

他にも
食欲が無いときであれば
他の果物や
ウイダー系のゼリーとかで
食欲を紛らわせます。

個人により
合う、合わない
ということは
当然ありますので
自分に合った
もっと言えば
自分が効果があると思えて
リラックスして取り組める内容を
実際に行い
しっかりと寝る。
というのが良いと思います。

とにかく無理はしないで
よく寝ましょう!

そして
体調が戻ったら
また
動けばいいのです。

それでは
今日も最高の一日を!


脳に免疫力をつければ病気にならない! [Kindle版]
苫米地英人
コグニティブリサーチラボ株式会社
2014-04-28

15歳若返る脳の磨きかた [Kindle版]
苫米地英人
フォレスト出版
2014-08-29



疲れて身体が動かない…。そんな時こそ、ぷるぷる健康法で身体をケアしよう!

以前の記事

リラックスの一つの目安 「指一本動かせないくらいに力を抜く」

でも少し触れた内容ですが、
季節が変わってきたので、再度、違う角度からまた記事にします。

タイトルにもある
「ぷるぷる健康法(ぷるぷる気功)」
とは、
気功技術の中では
「秘伝中の秘伝の技術」とも
言われているくらいにすごい内容のようです。
本来であれば本当に「一子相伝の内容」であるのですが、
この「ぷるぷる健康法」を世に広めてくれた

張 永祥さん

には本当に感謝の言葉しかありません。

もちろん、気功といっても
ドラゴンボールのような
実際にエネルギー波を放ったりするものでは無く
科学的な視点で書くのであれば、
まだ、実際に科学的な観点では証明できていないが
おそらく、人間が本来持っている、未発見の「情報伝達手段を使っている」のだろう…。
という、仮設を基に運用している感じです。

正し、注意して欲しいのは
俗にいう オカルト的な人が使う「未科学」みたいな詭弁ではない!
ということです。

科学的に、まだ証明は出来ていないが、
「実際の多くの現場で効果、成果がでている内容を使う」
ということになるのですが、
この、
「多くの現場で成果が出ている」
という事実が重要です。

これは、自称成功本が多くの人に再現性が無い…。
要は、その方法はその人のみ、もしくはその人に近い状態の人にしか成果がでない内容である…ということになります。
そこには多くの人に対する再現性がありません。

ただ、今回紹介している内容は
まだ「ブラックボックス」の部分も多いですが、それでも多くの現場で成果は出ています。
最近は、少し事情が変わりましたが、
ちょっと前までは、アメリカの医療現場で、どのように気功に保険点数を付けようか…
という風に国家機関が議論していたほどです。
今は、気功は補助的な位置づけとして、落ち着いたようですが、
それにしても、まだ気功のメカニズムは解明はされていません。
一説には、「量子化通信」を行っているのではないか?
とも言われています。

また、少しでも不明な箇所が残っている内容は、一切使わない…。
というのであれば、この世の中の多くのこと…というか
ほぼ、全てのことが使えなくなりますし
言ってしまえば、我々が生きていることすらも、否定していることになります。
だってそうでしょう?
科学的にすべてが証明されたこと以外は認めない。
というのであれば、人間という存在…ここでは生物学的な観点で書きますが
人間の生命現象ですら、全ては解明されていないのに、
証明されているもの以外はダメだ!というのはあまりにも…な訳です。

ただ、全てが、未証明で良いという訳ではなく、
要は、
自分が何を採用するかは、自分で考えて決める。
もしくは、
自分の感覚を信じる。
ということになります。

まあ、詳しくは書籍や動画が多くありますので、その中から
ちゃんとしたものを自分で探す!
ということも、やってみてください。

では、本題に入ります(笑)

ぷるぷる健康法は
最近のスポーツ医学の観点から言うと
「アクティブレスト」
としての機能が強くあります。
最近は、アクティブレストの記事がネットに溢れているみたいなので、さわりの部分はこれらでも良いでしょう…。
実際のイメージとしては
私は、
「ベイビーステップ」
という漫画の1シーンをおススメしてます。
あのシーンは、わかりやすく、自分に「フィードバックする」のに役立つと思います。

具体的な方法は他の記事などを観て欲しいのですが
一つの実体験として
特に、自分が疲労や痛みを感じている部分の「気」や「血流、疲労物質」などの
流れが良くなっている、綺麗になっている、細胞が生まれ変わっている…
というような「イメージ」を出来るだけ「体感を持って」
ぷるぷる健康法や屍のポーズ(シャバーサナ)などをやって欲しいのです。

この時に、特に疲れている個所に「意識を持っていく」ことが結構重要になります。
ただ、ここでの注意点は、一部の箇所に意識を持っていくという行為は、
逆に働くことも起こりえるのです。
実際に身体を動かすシーンであれば、ケガの原因や上手くプレイできない原因にもなります。
また、先に書いたリラックスをする、身体を緩めるという行為の時も、上手くいかない原因にもなります。
なので、この時の意識の仕方も、少し慣れるまでは「丁寧に扱う」気持ちで取り組んでください。
慣れてくれば、ちゃんと使えてるときと、これはダメな状態だ…というのがわかるようになってきます。
また、この時の良い、悪いという感覚は他の作業などにもそのまま、活用できますので、
是非とも、慣れて欲しいと思います。

なので、ここからはある程度ちゃんとできているという前提で書いて行きますが
例えば
自分の肩が凝っている、疲れている…
と感じているときは
まずは
その一番疲労や凝りを実感できる場所を緩めるつもりで
意識をそこに持っていきながら、ぷるぷる気功を行います。
この時に、最初はその部分にのみ意識をもっていきましたが
少し続けていると、実は、その箇所だけでなく「他の箇所も関係している」という実感を得られるハズです。
要は、そこだけに意識を集中してても、上手く疲労がなくならない…という感覚などを感じるハズです。
これは、気功という観点ではなく、生理学的な観点での話になります。
一般的な肩こりと言われる内容でも人により「どの部位からの影響が強いのか…」というのは
本当に人によりますし、同じ個所からの影響でも、人によりその度合いが違うのです。
例えば
一般的には肩こりの際には
僧帽筋の首のあたり、俗にいう「うなじ」のあたりが固くなっているということをよく言われますが
この時に、ただ、そのままその辺を緩めようとしても、上手くいかないことが多い。
それは、確かに医学的には「僧帽筋が固くなっている」という言葉で片付けられますが
そこがどのように、どれくらいの強度で疲労している…
というのは、人それぞれ

「身体の使い方に癖がある」

ので、教科書通りにいかないのです。

人によっては
軽く首を右に倒してぷるぷる気功をすると効果的な人もいますし
ある人は首を右に倒した状態で「少しだけ前側に倒して行う」方が効果的な人もいます。
実際に試してみればわかると思いますが、
この二つの内容は、はたから見ればそこまで大きな違いはないかもしれませんが
体感としては、全く異なる箇所が使われていることに気づくはずです。

ですので、
一応の基本の型というのは紹介できますが
実際に自分で取り組む時は
多くの場合、先に書いた
「人それぞれの身体の癖」
という内容を踏まえて
その基本とされている型、動きに合わせていく必要があります。
これは「守破離」という言葉の「守」の部分になります。

なので、ここでの流れとしては、主に体のケアを目的としていますので
紹介されている方法をまずは忠実に守る気持ちで何度か取り組む。
繰り返しているうちに、ここはこうした方が、効果的にケアができる…
という発見をしたら、自分で調整しながら行う。
こんな感じで繰り返していけば、
ここでは結果として
基本の型をしっかりと出来ている状態になっている可能性が高い…と思います。
これは、言い方を変えるのであれば
基本という型と自分の身体の状態との
「間違い探し」をしている様な状態とも言えます。

ですので、最初から上手く出来なくて良いので、
自分が気持ちいい!と感じるようにある意味自由に取り組んでください。

これを一回5分とかするだけでも、かなり効果はあるとおもいます。


それでは
今日も最高の一日を。



参考書籍


自分のリミッターをはずす! ~完全版 変性意識入門 [単行本(ソフトカバー)]
苫米地 英人
ビジネス社
2017-10-07





花粉症だけではなく、美容や健康にも効果抜群 ぷるぷる気功

タイトルに 気功 という文字が出てきました。

この様に書くと何か胡散臭い感じがしますよね。

実際私も苫米地さんの本を読み始めたころには「大丈夫?」と思いました(笑)

ですが、実際に読んでいるとオカルト要素一切なしの科学的な内容になっていました。
しかも、驚きなのが海外、とくにアメリカのCDC(アメリカ疾病予防管理センター)で
実際に保険点数を付けるための議論が真面目に行われていることです。

道教などの伝統的な気功とはべつに
科学的な観点からの気とは何か?ということを、軽く書いておきます。

簡単にまとめると

気は物理空間に「実在しない」が 情報空間に「存在している」

気は情報である。

人間は情報を「波に書き込んで」情報伝達をしている。
その一つが気功である。
よりわかりやすいのが「言語コミュニケーション」
言葉は空気の振動に情報を書き込んで意思伝達をしている。

気は「確信」することがもっとも重要である。

一度ないと思ったらすぐに気は消えてしまう。
だからこそ、気は存在するという確信が必要になる。

…以上最低限の内容になります。

この気は存在するというのは、幽霊と同じです。
幽霊は物理空間に実在しません。
しかし、夜一人でお墓の近くを通ると、なぜか恐怖を感じるのは頭の中に幽霊が存在しているからです。
その時に実際に体が硬直したりするのは、頭の中にある幽霊は怖いという情報が
物理空間の身体にフィードバックされているからです。

この時に幽霊は実際に実在していませんが、しっかりと存在しています。
なので、この時の恐怖の体感が身体へと出てきているのです。

ここで、私が心配しているのが、間違った解釈をして、スピリチュアルやカルトに行かれることです。

なぜ、ここまでこの事を心配しているのかと言うと
テレビメディアをはじめとしたマスメディアの悪影響がもの凄く大きいからです。
実際にテレビの影響で「来世や生まれ変わりはある」と信じて自殺者が増えた時期が確かにありましたし
「ライがん」来世頑張るという意味の言葉も一時期ありました。

はっきり言いますが
「そんなもの存在しません」

現在では霊感商法の被害者の会などにより「一時的に」見なくなっていますが、
彼らの主張が弱くなれば、また、すぐに同じことを繰り返します。
そして、また、批判が強くなると一時的に大人しくする。
これの繰り返しです。
それと同時に今ではネットの影響も年々強くなり、困った人たちの発言も多くなっています。

これらの要因から、間違ってスピリチュアルやカルトに行ってしまうのはとてもツライことです。

なのでくれぐれも、これらの嘘に騙されないようにしてください。

そして気功という「スキル」を人生の役に立つように「使って」欲しいと思います。


ここで紹介する
「ぷるぷる気功」
とは
道教の気功師の「秘伝中の秘伝の技」になります。

本来であれば、これは絶対に世に出ることはあり得ませんでしたが、
多くの縁により、
多くの人々へと届けられることになりました。

「自分のリミッターをはずす」の中には、実際の医師の方がぷるぷる気功をレクチャーしてくれています。

本来であれば、ここでいくつかのことを書いていきたいのですが
こと、気功に関しては実際に書籍を読まれて「実践」して頂く方が効果が出るのは早いと思います。

ただ、ひとつだけ書いておきますと
ぷるぷる気功を行うと
「好転反応」
で鼻水や涙、人によってはゲップやおならなどが良く出てきます。
これは、好転反応の結果で余分なモノが排出され、身体の中が整えられているからです。

ぷるぷる気功は一回3分ほどから効果が期待できます。

私は花粉症が酷いときには長めにぷるぷる気功をして、鼻水や涙を垂れ流していますが
これをすると、実際に花粉症の症状がかなり軽減されています。

また、ここ数年は基本的に薬も飲んでいません。

以前とても飛散が凄かった時にだけ、市販の漢方薬をときどき飲んだくらいです。
(ただ、処方薬がダメなのではなく、自分で考えて薬を使うのは全然ありです。)

花粉症の問題点は自身の生産性が下がることです。
これでは、思うように動くことが難しくなります。


ぷるぷる気功ですが
この方法がいろんな面で効果的なのは事実です。

なので、本当であれば、「自分のリミッターをはずす」から引用しようと思ったのですが
少し、わかりにくいかな…と思い、リンクを探していました。

とりあえず、書籍の中にも登場されている

とかしき気功療術院 の医院長の渡嘉敷有さんのサイト

にも
自分で出来る簡単気功
のなかに
ぷるぷる気功のやり方が書いてあります。


ただ、これに関しては、最低限、実際に何度も本を読んで知識を理解しつつ、
実際に実践をしてもらい
体感ベースで気功をわかってもらいたいと思っています。

短い時間でも良いから、習慣にすることで、成長や変化の度合いはぜんぜん変わってきます。

本当に少しの行動だけでも
とてつもない大きな差になるのです。

スキマ時間の1分とかをどんどん活用をしてください。


たったの1分とか言わないでくださいね(;´・ω・)

0と1というのは
とてつもなく大きな、大きな差があります。

そして、0からは何も続きませんが、1からは足し算でも掛け算でも、方法はいろいろとありますが
積み重ねることができます。

自分のペースで気功を積み重ねていけば
どんどん、気を体感しやすくなるでしょう。


それでは
今日も最高の一日を。


主な参考書籍

自分のリミッターをはずす! ~完全版 変性意識入門
苫米地 英人
ビジネス社
2017-10-07


夢が勝手にかなう「気功」洗脳術: 脳科学から見た「気功」の正体 [Kindle版]
苫米地英人
2017-09-05

ぷるぷる健康法―体を振動させてやせる・美しくなる
張 永祥
たま出版
2003-09-01


苫米地英人コレクション1 洗脳護身術 
苫米地 英人
開拓社
2017-10-30



spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 IroN(アイロン)と申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク