速読で多読が日常

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

リラックス

気温差は大敵だ…。こういう時に無理はしない。

先日の気温差は凄かったですね~。

10度以上の寒暖差なんて、別にどうしたことも無いよ。
思っていたのですが…。

私にとっては運が悪かったです。

というのも、
これ以外にもいくつか事情があり、
若干の不規則的なスケジュールだったのですが…。

これが結構来ました。
正確には
普通に生活をする分には問題が無いのですが
頭を使う内容は結構ダイレクトに影響が出ていました。

しかも
今は
頭を使って
身体を動かしていますから、ここにも当然影響が出てきます…。

では、この時に私がどのように対応をしたのか。
ということですが、
それは…。

普通に暖房をつけて、足りない分の睡眠を取っただけです。

ですが、これだって、前日はむしろクーラーつけてもいいんじゃない?
思うくらいに
寒暖差がありました。

もちろん、窓を開ければクーラーは不要ですが
花粉症の人の場合は…。
無理ですよね?
まあ、普通に衣類の調整で大丈夫でしたし、
地域によっては雷が鳴っていた場所もあるようです…。

そんな暖かな日から、深夜ごろになると…。
途切れ途切れ雹が降っているではありませんか!

あれは、本当に驚きました。

もうその時点から、外はだいぶ寒かったですが、
そのまま、日中も同じくらいの気温ですから、
それは、身体もびっくりしますよ…。

勿論、普段の私であれば、この辺は問題が無いのですが、
睡眠不足を始め、スケジュールを色々といじくっている状態ではかなりきつかったです。

ということは…。
多くの人にとっては、かなり厳しかったハズです。

そして、この様な状態でも
無理して頑張ってしまうのが
日本人です。

ですが、確かに、
対応をして、ベストな状態に近づける。
というのは大切なことですが、
毎回その様にできるとも限りません。

ましてや、
今の時期は
花粉症も重なってきますし、
引っ越しシーズンで
新しい環境の人も多くいます。

特に新しい環境に変わった人はそれだけ、体調の変化に敏感になります。
つまりは、体調を崩しやすい…。
ということです。

これは、人間の生命維持機能である「コンフォートゾーン」と「ホメオスタシス」が関係しており
「コンフォートゾーン」とは自分が居心地のいい空間であり、
「ホメオスタシス」は「コンフォートゾーン」を維持する機能になります。

引っ越しなどで物理的に環境が変わった人は
強制的にこの「コンフォートゾーン」も変わっており、
そのために、「ホメオスタシス」の機能が上手く働かないので、体調不良などになり易いのです。

ですので、この様な時は少しずつその環境に馴染むことで、
「コンフォートゾーン」と「ホメオスタシス」が安定をしてきます。


そして、寒暖差もこの「コンフォートゾーン」と「ホメオスタシス」が大きく関係しています。


人間の身体は無意識的に、
自然と
これからの季節に向けて対応を、変化をしています。

これは、柴犬などの換毛期と同じになります。

人間の場合は髪の毛が抜けたりはしませんが、
それでも、しっかりとこれからの季節に向けて身体が変化をしているのです。

それこそ、25度という気温でも
夏なら涼しいですが
真冬なら暑い。
という
同じ気温なのに
真逆の体感になるのは
その時の身体の状態が違うからです。

ですので、
今の季節は「ホメオスタシス」が不安定な時期でもあります。

気温が上がったり、下がったりしているので、安定をしないのです。

もちろん
この大きな変化に対応をすることも可能ですが
今回の私の様に、たまたま不規則な状態と重なったり
もしくは
慢性的に不規則な状態の人は
この時の疲れも大きくでます。

ですので、
この様な時には
無理をしないで、
今はゆっくりと休んで、
回復したら取り戻す。
納得をして
精神的な不要な負担も一切なしで休むことが一つの理想形でしょう。

まあ、
現代はストレス社会ですから
精神的な負担を、全て無くした状態にするのは
少し難しいかもしれませんが、
それでも、
体調が悪いときには
ネガティヴにもなり易いので
あんまり気にしないで、
とにかく寝てしまいましょう。

そうすることで、体調が戻ると、
自然に改善策などが思いつきやすくなりますし、
見つけやすくなります。

それは、今までは体調の回復にエネルギーを使っていたのが
体調が回復したことで
エネルギーが
問題解決の方に使われるようになったからです。

ですから、何度も書いていますが
体調不良なら、さっさと休む。
休む比率を多くする。

そして回復したら取り戻す。

このサイクルを自然と身に着けて実行できるようにしましょう。

あとは、
天気予報もなるべくこまめに
要チェックですね!



それでは
今日も最高の一日を。



モヤモヤした感情が出てきたら、文字にしろ?

実は、最近はこの様にして、ブログやTwitterのネタになるような記事をいくつかストックしています。
これについては後述します。


モヤモヤした感情とは、論理的な介入がし難い、非言語的な感情と認識をすると良いでしょう。

一般的な言葉で言うのであれば
なんか知らないけど、ムカムカする。
という状態でしょうか?
勿論、理由はわかっているけど、所々、この様な状態になる。
とか
理由は全部わかっているけど、上手く言語化できない。
というときにも有効です。

つまりは、
怒りを始めとした感情的な内容、情動の暴走や偏りに対して、
論理的な思考を介入させ、
情動に振り回されないで
冷静に対応をしていく。
という状態を作るのに
今の感情をとにかく
文字にする。
というのは、とても有効なのです。

というのも、これは、アメリカのCDCのパンデミック対策を参考にしていますが、
CDCの内容は、パンデミックが起きた時には
政府は、正確な情報を
文字情報として、出来るだけ、速やかに国民に伝える。
という内容があります。

これは、パンデミックなどの災害が起きた時に、
文字情報に触れることで、
情動優位な状態から
前頭前野が優位な状態に
半ば強制的に切り替える効果があるからです。

その時に、政府が提示をした情報を元に論理的な思考をすることで
さらに情動が暴走をすることを無くし、操作を容易にさせる目的があります。

ちなみに、この時の情報はウソは一切無しで発信をする。
という決まりがあります。
つまりは、この時の情報には
単なるウソの気休めの情報ではなく
最悪の事態も想定した内容や現在進行形で悪化をしている情報なども
そのまま出てきます。
もちろん、単にそれらの情報を垂れ流すだけでなく、政府の見解と、今後の対応も当然書かれています。

一見すると、
悪い情報に触れるのだから、より感情的になりそうですが、
ここが人間の凄くて面白いところで、
その様な情報でも、
しっかりと
クリティカルに触れることで
自然と感情の暴走が治まり、論理的な状態へと切り替わって行きます。

あとは、論理的な状態に切り替わったら、
個人個人の具体的な対策を考えたり、行動をしたりとそれぞれのアクションをとれば良いのです。

では、今回の様な目的の場合は
どのように文字を書けばいいのか?
ということですが…。

特に決まりはありません。

まあ、あえて言うならば
なるべく論理的な解釈をすることを意識して行えばOKです。

人や状態にもよるので、どれくらい、論理的な状態にあるか…。
というのも、状況により全然違います。

ですから、その時々にできる限りで良いので
この部分はこの様な理由で感情的になっている。

では、なぜ、この様に思うのか?
それは、あの人の発言や行動が…。
という感じで、
自分なりの言い回しで良いので
とにかく、言葉にしていくのです。

慣れないうちは
論理的とか考えなくて良いから
とにかく言葉にするだけでも良いでしょう。

それこそ、感情的な言葉でも構いません。
ただし、そこで終わりにしないで
その内容に対して

何故?
○○だからだ。

というこの2つは必ず行いましょう。

この2つがしっかりと出来ていれば、
最初のうちは、
言葉の使い方は
あんまり気にしなくてOKです。

そして、この時に
完了をさせることを目的にしなくてOKです。

勿論、内容によっては最後まで行きつくこともありますが
中には
そう簡単で無い内容もあります。

ですので、
途中で終わっても全然良いので
ここでの目的は
終わらせることではなく
冷静さを取り戻すこと。
という目的で取り組むと良いでしょう。

それこそイメージとしては
「ベイビーステップ」
という漫画の
難波江君が感情的になった時に
冷静さを取り戻すために行う
左右への振り分けショット
の様なものです。

人間は感情がある生き物ですから
感情を感じて良いのです。

ただ、多くの場合
感情が暴走をするとよろしく無いことが殆どであるから
暴走を抑えるために
それぞれ、感情をコントロールできるようにしておく。
という感じです。

勿論、わざわざPCやスマホで打ち込んだり、ノートに書いたりしなくても
頭の中で全部できるのであればそれでOKです。

というか、
最終的には、この状態を目指すと良いでしょう。

ですが、
あえて、文字にした方が
良いこともあります。

それが、最初に書いた内容になります。

つまりは、この時のモヤモヤ感情の書き出しは
漫画やイラストで言う
ラフスケッチの様な状態になります。

下書き原稿の様な状態をすぐに作るのです。

この時にも
ちゃーんと脳の訓練にもなる様にします。

それは
できる限り早く、書き終わることを意識して取り組むことです。

この様に意識をすることで、
より
速く、多くの論理的な思考ができるようになりますし、
結果として、これは、ハイサイクル化の訓練であり、同時に処理になりますから
他の内容にもこの時の効果がフィードバックされます。
例えば
論理的な思考はもちろんですが、本を早く読むことなどにも、ダイレクトに効果があります。

ですので、
私の様にブログを書いたりしている人であれば
記事のネタとしても、使えますので、
この様に
あえて、
文字にする方法も色々とメリットがあります。

まあ、
最初のうちは
どうしても頭の中だけで完了をさせるのは難しいと思いますので
時間があるときに、
おススメはPCでのタイピングが速くて便利ですので、
タイピングで書きだしたりすると良いと思います。
紙もインクもお金が掛かりますからね。
もちろん、スマホや携帯でもOKですよ。

今の人たちは
感情が暴走をし易い環境にありますし、
感情を暴走させて、金銭を巻き上げようとする人が多くいます。

ですので、
個人的に
何か引っかかることがあったら
自分の思うように書きだしてみてください。

そして、
時間があれば、その書きだした内容に
自分以外の視点で接するというやり方も行うと良いでしょう。

これも論理的な能力を鍛える良い訓練になりますし、
同時に
多様性を養う効果もあります。
要は
多くの立場の視点を持てると言ことです。
そして、
それらを元にして自分で結論を出すのです。
(ちなみに、最終的には、これらすべてを最初から全部同時並列で頭の中で行い完了させられる様になりますよ。)

先ほども書きましたが
感情は大切なものです。

ですが、感情に振り回されてはダメです。

感情を味わいつつ、同時に、必要であればすぐに論理的な視点で操作できるようにしておくのです。

もちろん、すぐに出来なくてもOKですから、
少しずつでも行動をしていきましょう。

それでは
今日も最高の一日を。



今日はもうやーめた。と、投げ出したって良いんです!むしろどんどん投げ出せ~!

…。
と思ったのですがこの記事を書いています。

これは私自身のコントロール能力が未熟なために
いくつか
大きなことから
小さなことまで~♪
不快なことが一度に来ていたので
正直、今日は
シャーマンキングの道蓮(タオ レン)のように
ふて寝
でもして、メンタルが戻ったら取り戻せばいいかな~。
という感じだったのですが、
それでも、
セルフトークに介入したり、ゴール側の状態を見るようにして、
この記事を書いています。

ですので
皆さんも、やる気が無いときは
毎回、必ずこの様にしましょう!
…という訳でもありません。

今回の場合であれば、今この記事を書いているように
ある程度メンタルが戻って活動的な状態に変わってはいますが
現時点では不快に思う様な問題のいくつか…。
というか、全部が片付いた訳では無いのです。

ですが、その多くは
今この瞬間にできることはないので
(正確には他人の都合を無視してエゴをごり押しすれば、その問題は解決するかもしれませんが、
それはそれで、新たな問題の種になりますからね。
その瞬間までに出来ることは全部やっているので
後は待つだけ。
という状態です。

ですので、
このまま平常心では無いですが、
リラックスして色々と活動をすれば良いのですが
人間ですから
毎回思い通りには
行かないこともあります。

勿論、そこを理解して
一つ一つ人間らしく解決をしていくのですが、
その時の間違った認識の一つに
今日は止めた。
ということを
選択してはいけない。
という思い込みです。

これは
一種のブラック企業的な洗脳の影響と言えるでしょう。

当然ですが、ブラック企業からしたら、この様な態度を取られては仕事が回りません。

ですが、
ブラック企業と呼ばれる企業のほとんどは
クリエイティビティなど
ほとんど必要としないところばかりです。

ですから
IQが下がった状態で、低い生産性の状態で無理やり人を動かしても問題が無いのです。

ですが、
当然ですが、この様な状態は良い状態ではありません。

さらに言うと
IQが低い状態で、生産性も下がった状態でも対応できる内容というのは
機械やソフトウェアに
すぐに切り替え可能な内容である。
ということです。

ちなみに、私はかなり驚いたのですが
プログラミングをしている人の中にも
結構な数の人が
プログラミングは人間にしか出来ない内容だから、失業をしない。
的な感じで考えている人が多くいることです。

勿論、アフィリエイトのためのポジショントークの可能性もありますが、
おそらく、違うでしょうね…。感覚としては。

プログラミングなんかは
真っ先にAIに変わる内容です。

現に、世界のサイバー戦争ではプログラミングは自動作成をされていると言われていますし
身近な内容では
音楽ソフトではコードの振り分けを自動でやってくれる機能はずいぶん前から存在しています。

これからの時代で大切なのは
人間にしか出来ないことです。

まあ、この
人間にしかできないこと
という言葉もかなり都合よく使える…。というか使われている言葉ですから、
正直どんな内容かわかりにくいと思うので一つ例を書くとしたら
それは
その人の情報宇宙の内容を物理空間で形にする。
ということです。
…これもわかり難いですかね。

つまりは
イラストレーターであれば、自分が書きたいイラスト書く。
小説家であれば、自分で考えた小説を書く。
という感じです。

ちなみに、これらの内容も近いうちに、ほとんどの作品はAIが行うようになるでしょう。

また、丁度この記事を書いている時に
声優アワード
というイベントがあったようなので、
ここにも絡めると
声優さんは前から言っているように、ソフトウェアによる影響を一番に受けますし
物理的に芝居をする役者もソフトウェアによる影響を受けます。
つまりは
実際の役者を使わなくても、ソフトウェアでリアルな人間の映像ができる。

それこそ、SF作品である様なホログラム映像で全て作品を作る。
という時代になると思います。


話を戻しますが
ブラック企業を始めとした場所で行われている内容は
生産性の低い内容です。

その様な状態であれば頭を使わず、身体を動かすだけで良いのかもしれませんが
すでに書いた様に
人間だけができることをするには
リラックスをして、IQが高い状態にして、生産性が高い状態をなるべく維持する必要があります。

だからこそ、
どうやってもこの状態にならないなら
ある意味
強制終了のように
ふて寝でもして、
肉体的にも脳内の情報処理的にも
切り替えた方がマシ。
ということなのです。

ですので、
もし、ブラック企業に勤めている人であれば
まずは
出来る限り
就業中に仕事をしながら、IQの高い状態を維持するように努めてください。

すでに書いているように多くの内容は頭を使わなくても出来ますので
仕事をしながら他の内容を考えることは可能です。

勿論、工場などの仕事で危険がある内容では、その内容に集中をしてください。

この様な場合は移動時間など利用をしてIQの高い状態を5分でも良いので日課にしましょう。

5分でいいの?という風に思うでしょうが
日本のサラリーマンは一日に3分も思考をしていない。
という風に言われています。

これは思考ではなく、単なるルーティーンワークを繰り返しているためです。

そう考えれば、5分でもしっかりと思考を働かせれば、多くの人と比較をした場合では十分でしょう。

この様な日常で出来る内容は
このブログでも沢山書いているので、参考にしてみてください。

もちろん、ふて寝をすればすべてが解決する訳ではないので
勘違いしないように。

ですが、
俗に言う
煮詰まった時には
ふて寝だけでなく
何か他の内容に切り替えて
煮詰まった内容は無意識を信じて任せるのは
効果的な方法です。

どーやってもダメなら
その時は
堂々と
投げ出して
後で
取り返せばいいのです。

投げ出すことを負い目に感じないでください。

むしろ
身体と心が休みたがっているのに
無理やり動かし続ける方が問題です。

今は身体だけを動かせば成功をしたり、大金が手に入る時代ではありません。

未だにこの様な時代遅れの押し付けをしてくる輩も多いですが
基本的には無視でOK
それでもハラスメントをしてくるようなら
これもまた
堂々と
行政機関やNPOなどを利用しましょう。

とりあえず、今回の記事はここまでに。

ふて寝最高です!



それでは
今日も最高の一日を。



まずは身近な異常から疑ってみる。コンビニ24時間って必要ですか?

一つ前に今はストレスフルな時代である。
という記事を書きましたが、今回もその続きです。

まずは
日常の中に溶け込んでいる異常の一つである
24時間営業のお店です。

まあ、この様に書いておいて、実際に何度が利用をしているので、便利と言えば便利ではあります…。
この様な状態は
完全に無人化が済んでからで良いと思っています。

べつに、お店がやっている時間に必要なものを買っておけばいいですし、
食材にしても、冷蔵庫があるのですから、全く問題が無いでしょう。

勿論、
昼間の時間はお休みで、夜の時間にのみ営業をする。
というスタイルのお店は全然OKです。

この辺も今では近隣の住民事情は昔よりも把握し易いですから、調整もし易いでしょう。

ただ、なぜ、24時間営業のお店を今回記事にしたのか?
ということですが
単純に
夜中に強い光を日常的に浴びることで
体内の睡眠サイクルに確実に影響があるからです。

特に朝早くに出勤、登校をする人が
夜遅くのコンビニに毎日立ち寄る。
という
習慣があるだけでも
結構な悪影響があります。

というのも、
お店の明るさというのは
皆さんわかる様に、
自宅の明るさよりも強い光になります。

ということは、
それだけ強い明かりを浴びていると身体は昼間であると勘違いをしてしまい、
覚醒に向けての身体操作を行うようになります。

ここでは一番影響がでる睡眠について書いておきますが
睡眠に必要な物質に
メラトニン
というモノがあります。

これは、人間が眠りにつくために必要な、大切な物質ですが
このメラトニンは
ろうそくの明かり程度で
分泌が止まってしまう。
というくらいに
明かりに敏感なものです。

ろうそくの明かりとお店の明かりではどちらの方が明るいかはわかりますよね?

そして、
睡眠において大切なのは
少しずつ
睡眠モードへと移行をしていく。
というプロセスです。

ですので、
睡眠間近な時間に24時間営業のお店に短時間でも立ち寄ることで
この睡眠への移行にも影響が出てくるわけです。

そうなるとどうなるのか?
というのは、皆さんもすでにお分かりの様に
睡眠に支障が出て
心身ともに疲れがとれない。
という状態が
日常的に固定されます。

この固定は
異常な状態の固定になります。

さらに、厄介なのは
人間は
異常な状態でも固定化がされると
それが正常である。
という風に認識をします。

これは
生体維持機能である
ホメオスタシス
という機能が
悪い方向に働いてしまったためです。

確かに、
現状でも24時間営業のお店というのは
時には助かることもあります。

ですが
常時必要か?
ということを
一度本気で考えてみると良いでしょう。

これについては、あえて書きません。

むしろ
よーく考えた結果自分には○○だ。
というのは
大切なことです。

というのも、
日本人の悪い部分の一つに
自分の意見が無いことです。

今回の様な身近な内容についても
しっかりと
自分のできる範囲で良いので
まずは考えて結論を持つことは、
その大切な一歩目です。

もちろん、このままの状態でもダメで、
これだけだと
自分の都合のいい内容ばかりに埋め尽くされてしまいます。

ですので、
これに慣れてきたら
その次は
他の視点を軸にして意見を考えていきます。

そして、それらの内容を踏まえて
もう一度自分の意見を考えてみます。

そうすると
当然ですが最初の自分だけの意見とは確実に変わるハズです。

この様な
思考の作業が
これからの時代の
個人個人の多様性の時代には
とても大切になります。

自分の意見を持ちつつ、他人の意見も尊重をする。

悲しいことですが
今の日本人はどちらも出来ていない人が
多くいます。

だからこそ
異常事態が日常化しているのですが…。

ですが、そろそろ、この様な状態は無くしていきましょう。

その為に大切なきっかけは
疑うこと
です。

つまりは
みんなが良いと言っているけど本当に良いの?
一部の人に上手くやられてない?
みたいな部分をしっかりと持つのです。

この時に大切なのは
自分も含めた多くの人の視点で疑う。
ということです。

すこし難しく聞こえるかもしれませんが
別の言い方をするのであれば
エゴを抑えて、利他的な視点もしっかりともってやりましょう。
ということです。

まあ、これも気軽に時間のある時にやってみてください。

何もしないでエゴを振りまくのが一番ダメですから…。

それでは
今日も最高の一日を。



今は精神的に一番キツイ環境なハズ…。ストレスフルで成功の基準も曖昧な時代。

というのも、
もしかしたら、実は大昔は今よりもすんごい科学技術があって、
車が空を飛んだり、丸い猫型のロボットが沢山いた可能性もあります。

まあ、この様な仮説はまた別の記事で。


精神的にキツイ状態と言うのは
歴史上一番一日の中で処理をしなければいけないことが多い時代である。
ということです。

そして
変化の速度も歴史上一番速い。ということです。

量が多くて、変化がめちゃくちゃ速い…。

考えただけでも
ガクガクブルブル…という感じでしょう。

ですが、多くの人達はこの様な状態を
しっかりと生きています。

ということは
知らないうちに
精神的な疲労が日々溜まっている状態になります。

これは
一般的な言い方をするのであれば
ストレス社会
という言葉がわかり易いと思います。

勿論、ストレス社会というのは
先進国では普通に使われる言葉ですが
当然、この時の
ストレス社会という言葉の中身は
国により違う訳です。

そして、日本においては
社会的な環境であれば、おそらく世界トップクラスでしょうが、
精神的な問題という部分では
悪い方でも世界トップクラスの環境です。

というのも、
日本の特徴の一つに
見えない差別が多くある。
もしくは
日常に隠れている差別が多くある。
ということが言えます。

そして、その様な時代を生きてきた人たちと
新しい価値観の中で生きてきた人たちとの間での
ぶつかり合いが、日常のいたるところで存在します。

歴史上一番変化が速く、量が多い時代であり、
しかも、
昔からの悪習慣を押し付けてくる人間に
不要な攻撃を受ける機会も珍しくない。

このことを理解すれば
いかに
今を生きるのが精神的に大変なことかわかると思います。

しかも、今は昔と違い
成功という道標もどんどん変わっています。

正確には
高度経済成長期などを代表する時代は
社会が個人に対して
これが人生の成功である。
という
ある種の社会洗脳の様なものを強力に行ってきました。

ですので、いわば
この様にすると周りから褒められるよ。
という
ある種の基準のようなものがあった訳です。

ですが、
今は違います。

ここは今の時代のいい部分ですが、
成功かどうかは、自分が決める。
ということを理解し始めている人が増え、その様に生きている人が増えて来ている時代です。

ただ、やはり昔の価値感を基準にしている人の方が多いでしょう。

そして、悲しいことですが、この基準を埋め込まれた新しい時代の人たちも多くいます。

この様な状態があるので、
本来は不要なぶつかり合いが生まれるのです。

というか
正確には
古い価値観から人間本来の状態に対しての一方的な攻撃ですが。

そもそも、人間というのは
人それぞれ基準があり、成功の基準も個人により全部違うのが本来の姿です。

ですので
みんなが同じ基準を成功とする。
という内容自体が
人間の生得的な基準で考えれば
異常事態だった訳です。

ただ、この様な異常な状態が長く続くと
正常な状態が異常である。
という
間違った認識や判断基準が出来上がります。

これが、今の時代の人間関係における精神的なストレスの根っこである。と言っても良いくらいです。


異常事態が正常な状態になっている人にとっては
人間本来の生き方をしている人がおかしく見える。
だから、攻撃をする。
という
負のサイクルが出来がっています。

この様な嫌がらせは
多く存在をしますが
幸いなことに
今では国やNPO、所属機関でも、この様な問題行為、ハラスメントに対して、
昔よりもだいぶ素早く対応をしてくれます。

ただ、所属機関の場合はセカンドハラスメントに対しては注意をしてください。

まあ、これらの内容を使うのは、結構後な段階で良いと思いますが、
本当に
心身共にキツイ。
という状態であれば
堂々とすぐに手続きをして、場合によっては裁判所の介入も視野に入れてください。

何やら、大げさな話しに聞えそうですが
そんなことはありません。

むしろ、個人的には
一人の人生における貴重な時間を奪われている訳ですから
こんなくらいじゃ生ぬるいくらいだと思っています。

まあ、この様な方法もありますから、参考にして頂いて
まずは、
そこまで心身に支障が出ていないのであれば
おかしなことをしてくる人間の意見は聞き流すとかの
すぐにできることで、対応をしていくと良いでしょう。

それでも、ダメであれば方法を変えて行き、
最終的には
公的機関を利用する。
という
防御段階を踏んで行きましょう。

とりあえず、今回の記事はこんな感じで。

それでは
今日も最高の一日を。




spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 IroN(アイロン)と申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク