速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

小説

速読は使わないで読もう! 「バッテリー」あさの あつこ

基本的に小説などの娯楽を対象にした本は
速読を使うことはありません。

あるとしたら
本当の「書評家」の人だけ。

ネットに溢れている
自分の視点のみで
一回何となく読んだだけで
点数をつけているだけの
自称書評家ではなく

本当の書評家

のことです(笑)


依頼が殺到し、とにかく、次から次へと本を読まなければいけない…
なんていう状態の書評家の人だけ
速読で読んでください。
この様な状態でない限り
書評家でも速読を使わない方が良いでしょう。

この詳しい理由はまた別の機会に。

では
今回の本題。

「15歳若返る脳の使い方」
では
小説や漫画は脳を若返らせる効果がない。
という一文があり
「速読脳」や「44のルール」、「天才脳」などでは
小説や漫画はおススメである。
という内容が出てきます。

一見すると矛盾した内容ですが
どちらが正解なのか?
と言うとですね。
テレビの様にやたらと
もったいぶらないで書きますが(笑)

当然、どちらも正解になります。

気付いている人もいるでしょうが
これは目的による違いな訳です。

まず、「15歳~」の方では、速読とか、読書量とかの視点で内容が展開されているのではなく
あくまでも
物理的な脳への影響
という目的で書かれています。

違う言い方をするなら
「15歳~」
の方は、
ボディービルダーの大会に出る人向けに書かれている本で
他の本は
日常レベルのシェイプアップを目的にしている。
という本だとします。
(当然、これはあくまで理解を促すための仮の分け方ですからね。誤解しないでくださいね。)
このように考えれば
確かに、
日常のシェイプアップを目的にしているなら
小説や漫画の負荷でも全然大丈夫そうだけど、
ボディービルの大会に出て優勝を狙うなら
小説や漫画じゃ負荷が足りないよな…。
という風に思いませんか?

実際の本の内容に絡めるなら
本当の意味でIQを高めていくのか?どうか?
ということです。
もちろん、速読を心がけることで自然とIQも高くなります。
ですが
速読はあくまで「スキル」であり「ツール」の様なものです。
スキルやツールである以上、
使い方を間違えると
逆効果になります。

その典型の一つが
先に上げた
ネットの自称書評家です。

彼らは
自分の読みたい情報「しか」読んでいません。
つまり
いくら読んでも知っている情報、知りたい情報「しか」入って来ないのです。
この様な状態でいくら何億冊と読んでも一切IQは上がりませんし
むしろ、
読めば読むほど馬鹿になります。
せっかく、成長のためのスキルであるのに真逆に機能する訳です。

このように書くと
十分に私はIQが高いから小説や漫画を読む必要はない!
思うかもしれませんが、
そもそも
小説や漫画は
「結果として」
多くの人々のIQを上げているだけ。
ですから、
基本的に
最初から
そんな
くだらねぇことを目的に読まないのです。

もちろん、
「ドクターストレンジ」
の様な
IQを上げる効果が期待できる作品であれば別ですが、
基本的な所では、IQ云々は関係がありません。

というか…
もし、本当に
「私はIQが高いので、一切小説など読まないのだよ。」
とかキメ顔でいってるやつが居たら
間違いなくIQ高くないでしょ(笑)

なので、
リハビリ目的の人には
当然
小説や漫画はおススメですし
別に、昔から読書の習慣がある人にも
小説や漫画はおススメです。
リラックスの効果もありますし、
色々な世界観を知ることは
人生において無駄ではないでしょう。

ただ
速読はしなくても良いですが
「先読みのテクニック」
使っていても、邪魔にならないハズですから
どんどん使うことをおススメします。
そうすることで
また結果として、速読の訓練の効果も手に入る訳です。
楽しみながら、速読の訓練効果も高まる。
ということですね!

また
フィクションだから感じられる内容は多いです。

いくつも書きたい例がありますが
ちょうど
「テイルズオブデスティニー2」
「ジューダス」
の小説が目に入ったので
彼らを
ネタバレありきで
知ってる人にしかわからない例えで書きますが(笑)
(たまには良いでしょう…。)

要は
自分が
リオンの立場になった
カイルの立場になった
ハロルドの立場になった
ときに
彼らの様な選択をできるだろうか?
とか
もし、
彼らの仲間だったら
どのような言葉をかけ、接するだろか?
という
思考は
娯楽でありながら
実生活、社会においても
とても良い訓練になります。

別に
「バッテリー」
この様な内容にとても向いている…
と思いますが
それを理由に記事にした訳ではありません。

単に、
これも目の前にあったから(笑)

ですが
せっかく最近アニメにもなったことですし
(アニメについてはノーコメントで。)
できれば
しっかりと原作を読んで欲しいと思っていたわけです。

児童書として書かれた作品ですが
正直
そこら辺の
大人向け(笑)とか言われている本なんかよりも
全然、面白いし、考えさせられます。

正直に言うと
大人向けとか言われて
なんとか売っている小説って
多くの場合
本人の単なる愚痴的な内容の作品て
結構多いですよ?
何とか賞を取った!
とか
大ヒット○○とか。
の作品でも
正直
その手の内容多くて
マジ?
となることが多い。
それなら
全然
「バッテリー」
の方が
マシ!
と本気で思っています。

ということで
まだ読まれていない人は
どうぞ何度も読んでください!

帯の通り
「胸が熱くなる一冊(シリーズ)」
です!

それでは
今日も最高の一日を。


バッテリー (角川文庫)
あさの あつこ
KADOKAWA/角川書店
2003-12-25



バッテリー 全6冊合本版 (角川文庫)
あさの あつこ
KADOKAWA / 角川書店
2014-08-01

「アルジャーノンに花束を」 ダニエル・キイス

今までは、主に実用書関係をメインに書いてきましたが
少しアティチュードを変えていきます。

その一つ目がこちら。

この小説は
たまたま、ローカル局で
ユースケ・サンタマリア さんが主演をされていた
この本原作のドラマを少しだけ見て、
翌日すぐに、本屋で購入をしました。
(私の悪い癖?では無いですが、ドラマやアニメ化された作品の大半は、
そのまま、原作を観たら、原作を買うきっかけになったドラマやアニメを
その後、一切見ない…というパターンが多いです。
なので、このドラマの内容は本当に知りません。
個人的には、ユースケ・サンタマリアさんは好きな人ですが…。)

まだ、この手の本についてどのように記事を書いていけば良いか…。
というのは、まだよくわからないのですが、


ただ
商業的な作品のプロ
と言われている人ですら、
その時々の限界まで出し尽くして
その時の最高の作品を提供しつつ
同時に
日々、
自身の限界を超えて、
成長をして行く、
洗練されていく。
という、
一つのお手本を日々見せてくれているのですから、
とにかく、
今は、出来る限り
書きまくる!
作品を作る!
行動する!
考えまくる!
試しまくる!
みたいな感じで、いろいろ実験している真っ最中です。

読書であれば、
とにかく、
速読とか関係なく、
どんどん本を読むことで、
知識や情報が蓄積され
結果として
本を読む速度は速くなり、
記憶力や思考力も高くなります。
これは世間一般的に行われている読書法で、これらを得られる訳です。

ですので、
今はまだ、
自身のスタイルの様なものが見えてこない、掴めて来ないけど
とにかく、
「実際にやりながら、走りながら、作っていく」
ということをまさにやっている訳です。

また、
日本の漫画家さんというのは、
本当に多くの人が
この、
その時の限界を形にする
自分の中で今のシグモイド曲線の限界を超え、成長する。
これを繰り返す。
という、
人間本来の成長曲線を、
まさに、体現してくれている人が、本当に大勢います。

これは、商業的に成功している、していない。
つまり、金を多く得ている、いないということに関係なく、
本当に、いい作品を書いている人が多くいます。

ちょっと、話が違う方向にいきましたので、話を戻しますと

今回の小説は
「誰かの視点になる」
という内容には、持って来いの一冊だと思っています。

少し(結構?)、ショッキングな内容がありますが
それも含めて、ある意味、「臭い物に蓋をするマインドを捨てる」のには良いと思います。

それと、個人的な感想ですが、
主人公である
チャーリイ・ゴードン
の様な
「優しくも 強い心と 勇気を持つ人間」
で日々あろうと思っています。

また、
今回だけでは無いですが
一度書いた記事や作品を
その時だけで終わらせなければいけない…という決まりは一切ありませんから
この本だけでなく
また、その都度、何か書きたかったら、書こう!
という考え方に、今は変えています。

これも、今はまだ、
あくまで個人の感想レベルの内容ですが
おそらく、
学校のテストの時間切れ、一回限り…的な内容が悪影響を出しているんだろうな…。
という風な考えが、ぼや~と浮かんできました。
これについても、後々、記事にします。

それでは、
今日も最高の一日を!

HiroN


アルジャーノンに花束を〔新版〕
ダニエル キイス
早川書房
2015-04-30







spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 HiroNと申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク