速読で多読が日常

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

漫画・小説

「いとしのムーコ」ちゃんもよろしくね♪

定期的に
「ももと天」
動画の紹介をしているので
柴犬成分というか
モフモフを
もっと~。
というか
そんな
変な感覚に支配されることがあります。
というか
現在
支配されている真っ最中(笑)


ここで
「ももと天」
の記事を書いても良いのですが

モフモフは世界に溢れています。

ということで
世界のモフモフを~!
とも思ったんですけど
まずは
日本のモフモフから
ズもも~っと行きます(笑)

まあ
以前にも少し記事にしたのですが

別に
繰り返し
記事にしたら
死刑
なんて法律ありませんからね(笑)

そういう意味で
今回も
「いとしのムーコ」
という漫画を基に記事にします。

元々は
同人誌がきっかけのこの作品。

それが
アニメ化を2回もするくらいに
大人気な
乙女ワンコが主人公な作品です。

もちろん
乙女度合いでは
ももちゃんも負けてませんけどね!

実在するムーコちゃんがモデルであり
以前
どこで見たのかは忘れましたが
ウインクしてるムーコちゃんの画像を見た記憶があります。

柴犬は
モンキードック
呼ばれるくらいに
知能が高く
昔から
狩猟などの
頼りになる
相棒だったようです。

もちろん
柴犬が群を抜いて賢い訳では無いですが
日本人との相性
という
視点では
やはり
長い時間をともに過ごしてきただけあり
お互い、より心が通じ合っているといえるでしょう。


人間の脳は三層構造になっているとも言われており
それぞれ
「人間脳」
「哺乳類脳」
「爬虫類脳」
区別して呼ぶことがあります。

人間も進化の過程で獲得した
「哺乳類脳」
持っているのですから
他の哺乳類である
犬や猫とも
心が通じ合えるのは
ある意味当然でしょう。

ちなみに
爬虫類は知りません(笑)
個人的には
だいぶ難しそうですが。

「いとしのムーコ」
というタイトルですが
個人的には
「いやしのムーコ」
でもあります。

モフモフ好きな人は
是非ともよろしくお願いしますね。


それでは
今日も最高の一日を。


参考書籍


いとしのムーコ(1) (イブニングKC) [コミック]
みずしな 孝之
講談社
2012-04-23

夢見た場所で待っている 「GUN BLAZE WEST」

和月さんの作品では
やはり
ベタに
「るろうに剣心」
から
思っていたのですが
今の感情を優先して
今回の作品です。

詳しくは知りませんが
簡単に書くと
色々な事情が重なり
準備期間が思うように取れなくて
思うように作品を展開できなかった…。
という
ことらしいですが
そんなこと
気にならないくらいに
面白い作品です。

矢引健太郎さんの
「邪馬台幻想記」
のように
続きが気になる作品の一つです。

最近は
昔の?作品の実写映画化とかをよくやってる某英社さん。
ここらで
掲載ペースはゆっくりで良いですし
ウェブ媒体の連載でも良いから
これらの続編とか
「P2!」
とかを
連載してくれませんかねぇ…。
コミック版になれば、ちゃんと紙の本を買いますから!!


後は
矢吹さんであれば
「BLACK CAT」
「Toloveる」
の続編とかも気になります。

あぁ…。
「Toloveる」の実写映画化は金になりそうでも、やらない方がいいでしょうね…。
マジで、色々とヤバいことになりそう(笑)
ファンの暴動とか…ね(笑)


話を「GUN BLAZE WEST」に戻しますが

この本も
「主人公」が魅力的な作品の一つです。

インスタントヒーロー
作中で指摘をされた某鵺野先生もそうですが
やっぱり
修行というか
夢や目標に向けて
取り組むべき何か
には
しっかりと
みんな
取り組んでいる訳ですね。
それも
want to
で。

have to
でも
血反吐を吐きながら
頑張って
はたから見たら
もの凄い努力をしている人は多くいますし
そこで出てきた価値に関しては
十分に素晴らしいと
思っています。

何故なら
最近では
それすらもやらない
詐欺な人や商品が溢れているから。

また
そこを抜きにしても
社会的にしっかりと価値を出しているものは多いハズだからです。


ですが
have to
で取り組むことを推奨したくないのは
結局
他の内容にしわ寄せが来るから。

わかりやすいのが
元モーニング娘。の
飲酒運転事件でしょう。

明らかに
仕事の影響が
飲酒習慣に出ているのがわかるでしょう。


他人から見たら
もの凄い努力をしている
という内容でも
自分では
特別なことはしていない。
たしかに
大変な部分もあるけど
これをやるのは当然だと思っている。
という
感覚で
他人から強要されないで
自ら取り組む。
むしろ
止めろ。
言われても
やる。
という
感じですよね?


本当であれば
シィシィも
ビューの無茶を止めたかったハズです。
でも
ビューの思いを優先させた。

現実にはこの様な
ドリームサポーターとか呼ばれるような存在や
背中を押してくれたり
認めてくれる人に
出会うことは少ないでしょう。
というか
経験的には
まず無い。

むしろ
世間という檻の中に押し込めようとしてくることが多い。

身近にこの様なドリームサポーターや
want toの人生を送っている人がいないのであれば
「GUN BLAZE WEST」
始めとした作品の
主人公たち
登場人物たち
から
エネルギーをもらい
マインドを学ばせて貰うのは
とても良い事だと思います。

苫米地さんの
手帳の特別寄稿の中にも
「文字でもホメオスタシス同調が起きる」
ある様に
漫画や小説でも
同じように同調効果がある訳です。

ということであれば
「GUN BLAZE WEST」
ビュー
「ワンピース」
ルフィー
とか
色んな主人公や登場人物から
楽しみながら
学べばいいと思います。

それでは
今日も最高の一日を。

ここで本当のエースになろう!「おおきく振りかぶって」

漫画のネタが続いております。

実際に私は野球は一切やっておりません!
ですが
野球漫画は好きな作品多いです。

西広先生みたいですね(笑)

この作品が面白いのは…

いつのまにか
ガラケー
から
スマホ
に変わっていること!!(笑)

まあ、
「バッテリー」
でも
ポケベルから携帯に変わってますからね。

あとは
「GTOの湘南編」
とか
連載当時は
出来てもいなかった
「FX」
で一山当てて回転ベット買ってましたから(笑)

ちなみに
「FX」は貯金が1億円以上ある人以外は
手を出さないように。
1億円も貯金がある人は
そのままだと値減りするので
それを防ぐために行う。
というのが一般人の基本的な使い方です。
某大手企業とかに勤める専門のトレーダーでもない限りは
うかつに手を出さないように。

GTO
では
うるみ様だからいいのです(笑)

高校野球の漫画なのに
何で金の話をしてるんだ!?
とか
思った人…
実は
某ビジネスマンによると
以前会社勤めをしていた時だかに
高校野球版の
TOTOくじ
の様なものを売り出そう!
という話があったようです。
だいぶ昔ですがね。

まあ…
実際にスポーツを多少なりともしてきた人間からすると
良くある
努力
信頼
友情
みたいなことって
かなり少ないですから。

特に
年齢が上がるにつれて酷くなる。
あるのは
クソみたいな
上下関係や
階層システムとか…
他にも
純粋にスポーツを楽しみたいだけなのに
余計な雑音とか持ち込んでくる連中とか…
闇が深いことが多いです。

なので
漫画とかの中では
その様な余計な内容は
無視して欲しいと思います。

もちろん
リアルクソ。
フィクション最高!
ということではなく
現実でも
素晴しいことは
沢山ありますが
同じくらいに
クソなこともありますよ。
ということです。


ただ、
この漫画の最初のお話とかの
嫌がらせとかって
良くある話だなぁ~。
思ってましたもん。

他にも
リアルだな…。
と思ったのは
少女漫画の
「赤ちゃんと僕」
という
漫画の
三井さ…
お隣の木村さんの息子さんが
受けていた嫌がらせですね。
あれ、本当にリアル。

よくある
ヤンキー系は潔い!
みたいな妄想は無いですから。
赤僕のような
陰湿なのがリアルです。

とまあ。
またまた
内容と離れた記事になりましたが、
個人的には
そろそろ続編のアニメを期待したい一作です。

もちろん、
他の切り口でも
当然、この漫画を参考に記事を書いていきますので
そちらは
いつも通りに(笑)
少し、お待ちを。

それでは
今日も最高の一日を。


参考書籍

おおきく振りかぶって(1) (アフタヌーンコミックス) [Kindle版]
ひぐちアサ
講談社
2012-11-05

「大好きです。今度は嘘じゃないっす」

見る人が見れば一発でわかるタイトル。
そうです。
「スラムダンク」
あのシーンです。

「スラムダンク」
内容を時折引用しているのに
その大本を記事にしていないと気付き、
すぐさま実践です!

まあ
「スラムダンク」は人気が凄いですから
かなりの人が記事にしているので
今更いいかなぁ…
という気持ちもありました(笑)
私も
タイトルのシーン同様
正直に言いました(笑)


最初はべたに、
決め台詞から入ろうかな…とか思ったんですが、
う~ん…
した結果に
一番最初に浮かんできたのが
このセリフとシーンです。

あとは
「赤は止まれだよ」
とかですかね?

ビジネス本にも使われていたこともある
「スラムダンク」

読んでいて思ったのは
コーチングとしても使える部分はあるし
それ以外にも
人間が成長をするという内容についても
大きく参考になるシーンが多い事。

もちろん、
この様な内容を抜きにしても
十分すぎるほどに楽しめる作品です。

ある意味独善的なファンの発言をすると
正直
連載後の内容はもの凄く気になります。
しかし
井上雄彦さんの意思を尊重させて頂き、
当然、無理強いをするようなことは一切いたしません。

というか
違う言い方をするのであれば
山下達郎さんがよく言う

「作品とは世に出た瞬間に、市井の人にゆだねられる」

という言葉がある様に
連載が終了したこの作品の続きは
読者それぞれの世界観で
どれも正解。
という風な感じで良いと
個人的には思っています。

それに
読み手の時代背景もそれぞれ違いますしね。

リアルタイムで連載を見ていた人にとっては
今の様なBリーグはありませんから
社会人か海外かの選択しかなかったでしょう。
ですが
今であれば
ここに3ON3とかも選択肢に入るでしょう。

それぞれの
世界観が正解。
という言葉が
比較的すんなり通る
完結をした作品の一つだと思っています。

そして
作り手から
読み手に
ゆだねられた
この作品も
しっかりと
大切にしたいと
常々思っています。



「スラムダンク」


胸が熱くなる


そんな一作です。

それでは
今日も最高の一日を。


参考書籍


SLAM DUNK(スラムダンク) 
井上 雄彦
集英社
1996-10-03

社長賞を取った社員とグータラ社員との昇給の差はたった〇円?

小玉歩さん
初著書になる
「クビでも年収1億円」
通称
「クビ億」
中には
以前勤めていた
某大企業での出来事の一部が登場します。

タイトルにもある様に
一万人以上いる社員の中でも
「10人しかもらえない社長賞」
を貰った小玉さん。
ですが、
素直に喜べることは「無かった」ようです。

まず
社長賞の副賞として
賞金10万円
研修旅行
が貰えました。

研修旅行の方は特に記載がありませんが
賞金の方はどうなったのか?
というと…
読まれた方はすでにご存じでしょうが、
内容を知らない人は
どうなったと思いますか?


実は…
小玉さんが所属している部署の飲み会に「使われて」しまいました。

しかも、
この飲み会は小玉さんが望んだ会ではなく
その「会社のルール」で
社長賞をもらった社員は
自身が所属する
部署の「為に」宴席を設ける。
という
「昔からの決まり事」
より、
一切望んでいない飲み会で賞金は全て消えたようです。


そして、
翌年の昇給は
小玉さんは8000円
他の社員は5000円
だったそうです。
社長賞をもらった超優秀な社員と
その他の社員との差は
たったの
3000円。


この会社は
多くの大学生が入りたくてしょうがない
大企業
になります。

ここに書いているのは
本の一例ですし
実際の本の中にも出てくる内容は
確実に
ほんの一部でしょう。

個人の感覚的には
おそらく、本に出てくる内容は
実際にあった出来事の
全体の10分の1くらいなのではないでしょうか?

ただ、
この様な出来事は
小玉さんが以前勤めていた会社だけでなく
多くの会社で
似たような状態でしょう。

もちろん、
今後は
大企業や公務員でも
副業が公に認められるようになるでしょうから
これからの時代の働き方の基本になるであろう
「複業」
というスタイルの一つに
今いる会社との兼業があるでしょうから
無理して、今の勤め先を絶対にやめなければダメ。
ということではありません。

ファイナンスの観点から考えれば
複数の収入源がある方が基本的には良いでしょう。

ただ
基本的に
大企業だけでなく
企業に勤めている限り
企業の
明文化されている、
明文化されていない
多くのルールに
従うことになります。


その様な現実的な内容を理解しつつ
上手く
その会社と付き合っていくと良いでしょう。

個人で行える内容に関しては
殆どの場合、
自分自身でコントロールできる内容が多いとおもいます。

もちろん
複業をされている人などであれば
体感としてすでにあるでしょうが
いくら個人の自由にできる!
と書いても
現実には、他の内容の影響を受けるのは当然です。
先の例であれば
勤め先の内容の関係で
思うように時間が取れない。
とかが
一番わかりやすく
同時に
一番起きている状態でしょう。

ですので
解決策の一つに

個人の生産性を高めていく。

という方法があります。

というか、
多くの場合、
一番最初に思いつく内容であり
王道でしょう。

もちろん
取り組む内容により
どのように生産性を上げるか?
という
具体的な内容は当然異なります。
ですが
殆どの内容で共通するであろう方法の一つに
時間を短くする。
という
方法があります。

これは
今まで、1時間かかっていた内容を
半分の30分で完了できるようにする。
ということです。
実際に
今まで1時間だったものが30分で出来るようになれば
これだけで生産性は2倍になったことになります。

もちろん
どの内容にも、それぞれ「ボトルネック」があります。
いくら
生産性を2倍にするぞ!と頑張っても
現状では難しい内容はあります。

多くの場合は
身体的な動作がメインになる内容では
このボトルネックや限界点が速く来ます。

イメージとしては
いくらウサイン・ボルト選手が2倍のスピードで走ることを目標にしても
さすがに
今の現状では100mを5秒以内で走るのは無理です。
(もちろん、将来的に遺伝子操作などの結果可能になるかもしれませんが…)

この様な内容がメインである場合は
ほかの方法を考えてみましょう。
例えば
速くはこれ以上出来ないが
これと、これなら同時にできる!
という
「並列処理」の能力を鍛えることです。

これについては
また、別の記事で。


先に書いた様に
一番取り組みやすく
王道の方法である
作業時間を短縮する。
というのは
王道であるのですが
なぜか
(いや、理由はわかってますけどね…。)
多くの人は
実践しようとしません。
なので
この様な
現状の最適化
の行為でも
手に入る成果は
他の人と比較をすると
かなり大きなものになります。

別に
今まで実践しなかった内容や
知らなかった内容だけが成長のきっかけではありません。
現状から
すでに取り組んでいる内容にも
成長の種は「隠れて」います。

このタネをしっかりと見つけて育ててあげてください。


それでは
今日も最高の一日を。



参考書籍


クビでも年収1億円 コミック版 クビでも年収1億円 コミック版 [Kindle版]
小玉 歩
KADOKAWA / 富士見書房
2013-05-16


spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 IroN(アイロン)と申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク