速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

読書習慣

繰り返し同じ本を読むことだって…。実践さ(`・ω・´)

これは
いくつかの書籍に直接的に関係してくるのですが
今回は
コレクション版の新福音書
元に書きます。

そもそも
多くの福音書は

実践の書

である。

特別寄稿の中で書かれています。

そして
実践とは
行動のことでありますから
それこそ
実践をできることは
山の様にあるでしょう。

むしろ
多すぎて
何をすればいいのか…(´Д⊂グスン

という人には
こー言っておきます。


自分が
「今」
やりたい内容を
やればいい。
とね。

それと
もう一つおススメなのは
特に
危険性がないのであれば
自分が
今までやらなかった内容に取り組む。
とかです。

やりたいこと
やらなかったこと
という
相反するものを
同時に
やることで
より実践の効果が高くなります。

勿論
これは
ある程度
実践をして
実践に慣れてきたらでOKです。

まずは
自分が
その時に
「やりたい(`・ω・´)」
思ったことから
順に取り組めば良いでしょう。

そこから
徐々に
実践の質を高めればOKです(´ー`*)ウンウン

なので
まずは
短くても
実践を
開始して
継続をすることです。

そーいう意味でも
繰り返し
何度も
同じ本を読む。
読み込む。
というのは
とても
立派な実践の一つと言えます。

いくつかの効果として
当然ですが

読むごとに
違う発見がある。

そして
その著者の視点をより深くもてるようになる。

これは
その著者の視点で世界を見れるようにもなっていく。
ということです。

つまり
複数の視点から
世界を観れる。

例えば
一つの情報に対しても
自分の視点一つしか持っていない人と
自分と好きな著者の視点の二つを持っている人では
同じ情報源でも
手に入る情報量は2倍になります。

この様な状態は
今後の時代を生き抜き、人生を切り開くためには
必須となる内容の一つです。

ですので
まずは
自分が好きな著者から始めていき
どんどん
他の著者の視点も増やしていきます。

その
第一歩が
今、気になる著者の本を
繰り返し
何度も
読むことです。

これは
立派な実践であり
同時に
知識や情報の収集であり
IQの訓練であり
新たな視点の獲得である。

勿論、他にもまだありますが
今回は
とりあえずここまでに。

どーですか?
とても良いことづくめでしょ?

ですので
皆さんも
時間が許す限り
どんどん書籍を読みまくってください( ´ ▽ ` )ノ

それでは
今日も最高の一日を。

口ずさみながら、本を読め? 超並列脳の訓練に(`・ω・´)

ちょっと今までと違いますが…( ̄▽ ̄;)

今回も実は
ビジネスが変わるコグニティブ・サイエンス(認知科学) (まんが苫米地式02)
関係の記事です(´・ω`・)エッ?

何故なら最後に
速読のアプリを~。
という
一コマがありますから…(;・∀・)
というのは
後付けで(笑)

本当は
タイトルにもある様に
超並列脳、
超並列思考の訓練として
簡単な方法を書いておきます。

というか
すでに
タイトルにもありますが
要は
何かしらの歌を
軽く口ずさみながら
(脳内で音声言語化しないで)
本を読み進めて行くのです(´ー`*)ウンウン

この様に書くと
そんな難しいこと…(;´Д`A ```
思うかもしれませんが
おそらく
ほとんどの人には
簡単に
すぐに
できる…
ハズです(´・ω`・)エッ?

というのも
私は
これを
一発で出来たので
今回は私の個人的な意見は
おそらく
参考にならない可能性が高いのですm(__)m

でも
皆さんも
小学校とかの合唱コンクールとか音楽の歌のテストとかで
歌詞カードを見ながら
歌った経験てあるハズですよね?
要は
あんな感じだと思ってください(´ー`*)ウンウン

勿論
そうは言っても
歌詞カードと本じゃ内容が違うじゃないか(。-`ω-)
思う人もいると思いますが…。
まずは
何度かやってみてください(´ー`*)ウンウン


歌詞カードを見ながら歌う。
という時も
実際には
よく記事にしている
先読みの技術では無いですが
歌いながら
少し先の歌詞を目で見て
頭で理解しているハズです。
というか
ほとんどの人が
気付いていないだけで
これをやっているハズです。

で…。

今回の内容を実践してくれている。
という前提で続きを書きますが
ここまでの
軽く歌を口ずさむ
という行為と
本を読む
という行為で
2つの異なる処理になります。

今回の書籍でも出てきますが
意識的な並列処理でも
2つまでであれば
ほとんどの人は
難なくできるハズです。

ですが
3つ以上になると
難易度が格段に上がる…。
ようです(;・∀・)

まあ
今回であれば
大体のポップスというのは
8ビートでの曲になるので

片足で
8カウントを数えながら、
しっかりとコントロールをしながら

その足のタップのリズムに合わせて歌いつつ

このリズムを
ガン無視して
どんどん
独立したスピードで本を読んでいく。

という
3つを
同時並列で行うと
より
並列度の訓練には良いでしょう(´ー`*)ウンウン


さらに(`・ω・´)
片足で8カウントを刻みつつ
反対の足ではアフタービート
8カウントでいうと
偶数になる2、4、6、8のカウントでのみ
足踏みをする。

つまり
このカウントでは両足のつま先、もしくは踵でリズムを刻むことになります。

なので
書き忘れてましたが
この訓練をする時は
椅子に座ってやってください(笑)

とりあえず、
まずは
ここまでを
しっかりとできるように目指してみると良いと思います。

ドラムやピアノ
吹奏楽やマーチング、
ダンス経験者
などの人は
比較的
すぐにできるようになるでしょうが
それ以外の人は
焦らないで
マイペースにどうぞ(´ー`*)ウンウン

まあ
歌いながら
本を読む。
という内容だけでも
効果は十分にありますし
非言語で本を読んでいく。
という
体感も得られますので
速読の訓練としての効果も高い内容です。

どうぞ、お試しを(´ー`*)ウンウン

それでは
今日も最高の一日を。

う~ん…。積読が進んでいる( ̄▽ ̄;) だけども焦らない(`・ω・´)

まあ、これは良くあることですが
先月は
体調不良だとか
ゴタゴタだとか
新しい挑戦だとか
オペラオムニアとか(´・ω`・)エッ?
一気に重なったので
思うように読書が進んでおりません(;・∀・)

しかも
先ほども
さらに追加で10冊もAmazonさんでポチっと~(`・ω・´)
したのでこれまた増える…(;´・ω・)
というかね~(; ・`д・´)

もうちょっと読者のことも考えて本を出してくださいよ~(; ・`д・´)
出版社さま(^_^メ)

この時期に重なる事情はよーく理解してますが
それにしてもね~(; ・`д・´)

正直
久しぶりに
本を見るのが若干イヤになってます(笑)

しかも
それ以外にも
ネットの記事やら、論文やらで
読むのが多いんだから…(;´・ω・)

Watsonではないので
かなり厳しいです(´Д⊂グスン

ですが、それでも
時間を見つけて読み進めております。

読書量は積読に比例をする。
ということをどこかで聞いた覚えがあるのですが
まさにそんな感じです。

ですが
本当に思うのは
日本人ってどんどん読書をしなくなっているんですね~( ̄▽ ̄;)
ということです。

確かに
オーディオブックみたいな動画を含めた音声メディアが
どんどん出てきてますが
音声での言語処理と
文字での言語処理では
これまた
脳における処理の仕方は
全然違うのです。

同じ言語関係ですが
やはり
基本は
文字言語を読むことです。

ぶっちゃけ
音声言語は情報量は文字よりも多くて
手軽ですが
脳にかかる負荷的な面では
圧倒的に文字言語の処理の方が
負荷が大きいし、訓練と習慣が必要です。

そして
ここの部分が読書はIQを鍛える良い訓練になる。
という理由の一つになります。

出来れば
本当に一冊通して
もっと欲を言えば
何冊も続く様な書籍は
本当におススメです。

勿論、その分大変ですが(笑)

現代は
文字言語の訓練を怠っている人向けの書籍が溢れています。
その様な本ばかり読んでいても
正直
これからの時代に必要なIQの訓練も知識や情報も
一切手に入りません。
よくても
今は世間ではこの様なことが関心を集めているのか…。
という一時的な情報がわかるくらいです。

勿論これも大切なことですが
これは本来の読書とはちょっと目的が違いますね。

ですので
多くの人が
楽な方に流れる時代だかこそ
先達の偉人たちが大昔から行ってきた内容を
真摯に実践をする。
というのは
とても大切になります。

この様な差が
今後は大きな差になって自らに現れるでしょう。


積読上等です(`・ω・´)

少しづつでも
読書習慣をもってください(´ー`*)ウンウン


それでは
今日も最高の一日を。



年収が10倍になる速読トレーニング
苫米地英人
コグニティブリサーチラボ株式会社
2013-12-23




まずは本を読もう(。´・ω・)?それでもだめなら「文字を読もう」(・ω・)ノ

書籍を読む時間がない(´Д⊂グスン
それでも1分でも読める記事はネットに溢れています。

ですので
書籍を読む時間がないのであれば( ̄▽ ̄)

とにかく、何でも良いから、文字を読みましょう(^O^)/

最高なのはしっかりと書籍を読むこと(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

だけども、すぐにできないのであれば
少し難易度を下げて
文字を読む習慣をつけましょう(^O^)/

本当に、こんな些細な内容でも
やるのとやらないのでは
大違いです(;´・ω・)

ですので、
スキマ時間を上手く利用して、
文字を読む習慣を身に着けてください( ´ ▽ ` )ノ

それでは
今日も最高の一日を

ちょびっとだけ難しい本や文章にもなるべく毎日触れてみましょう。

この「ちょびっとだけ」というのは当然ですが、人によりレベルが違います。

数学を例にするのであれば、
四則演算ができるレベルの小学生が、
いきなりフェルマーの最終定理に挑戦をするのはレベルが高過ぎるでしょう。
この場合は中学生くらいの内容に挑戦をさせてあげるのが、多くの場合効果的でしょう。

逆に、
数学検定1級の小学生であれば、どんどん、フェルマーの最終定理とか
現時点での未解決問題とかに挑戦をさせる方が良いでしょう。

この様に、今の自分にとって、ちょっとだけ負荷が掛かるな。
とか
億劫だな…。
とか
感じる内容を
できるだけ、毎日、短い時間でも触れることをおススメします。

これは
書籍だけでなく、他の内容にも共通しています。

わかりやすい例では
エレキギターであれば、
いつもお決まりのスケールや自分が好きで、現時点でコピーができる人のコピーだけでなく
全く使わないスケールを使ってフレーズを弾いたり
ちょっと難しいな…。と思う人や曲のコピー、シャドーイングをしたりする時間を
少しでも良いので作るのです。

そして、これは今回の内容とちょっとズレるのですが、
身体技術の上達という観点では、後々効果が出やすい方法ですので、軽く書いておくと
現時点では全く出来ないような内容にも少しで良いので、挑戦をする。という方法です。
例えば
先に書いたギターであれば
身近な教本のシャドーイングではなく
ヴァンヘイレンとかスラッシュとかドクターTとかスティーヴヴァイとかのシャドーイングをしようとするのです。
…(;´・ω・)
正確には、多くの人にはシャドーイング自体が難しいというか、まともに出来ないでしょう。
ですが、それでも良いので、
短くても、
自分はこの曲を軽々弾ける(`・ω・´)
という気持ちで、
何度もトライをして欲しいのです。

この時の注意としては、ネガティブなセルフトークやイメージを持たないこと。
エフィカシーを下げないことです。

やっぱり無理だ…(´Д⊂グスン
とか
この様なセルフトークやイメージは一切持たないこと。
というか
不要です。

そうでは無く
なんでこの曲を弾けないんだ?(。-`ω-)
ありえない! 
自分はこの曲を楽々に、もの凄く魅力的に演奏をしているんだ~(; ・`д・´)
というくらいの気持ちになってください。
違う言い方をするのであれば
演奏できないことに対して
ありえない(; ・`д・´)
本気で思い、感じてください。

そして、自分にはこの曲を自然と弾いているのが当然である。
というマインドを持ってください。

そして、これと並列して
今の自分にとって、少しだけ難しい内容を進めて行くのです。

一見すると矛盾をしている内容ですが
あえて高すぎるレベルに、短くとも触れることで
まず
その高いレベルの内容に対しての何かしらのイメージや体感ができます。
そして
この高いレベルにいる自分という自己イメージを構築するきっかけにもなります。

そして、これらの内容を持ちつつ
現在の自分と高い演奏技術を持つ自分との
ギャップを感じつつ、
そのギャップをすでに克服をしている。
という自己イメージを持ちつつ、
目の前の課題をクリアしていき
現時点でのギャップを埋めていくのです。

…(m´・ω・`)m ゴメン…

自分で書いていて、
これは中々言葉で伝えるのは難しい(´Д⊂グスン
と感じています。

ですので、
すみませんm(__)m

伝わり難いとは思いますが
こんなことを言いたいのだろ…。
というのが伝われば幸いです。

これについては、もう少し時間をかけて、
伝わり易いように考えておきます。


話を書籍に戻しますが
自分が楽に読めるレベルの書籍ばかりを読んでいては、
それよりも難易度が高い内容を理解するのは
当然ですが難しくなります。

もちろん、難解な文章と呼ばれる内容が全て良いとは言いませんが、
書籍を読む習慣が出来てきたら、
今までは難しくて避けていた内容とか
一度読んだけど、その時は理解があんまりよく出来なかった…。
とかの書籍にもう一度挑戦をしてみるのです。

おそらくですが、
多くの場合、
以前よりも理解できる部分が増えるハズです。

そして、これが今回言いたいことで
今まで避けてきた内容とか、難しいと思っている内容に触れることで
今まで以上に理解度が上がり、読書スピードが高くなるハズだからです。

読書にも当然、コンフォートゾーンがあり
無意識的に
自分にはこれくらいのレベルがお似合いだ…(;´・ω・)
みたいな状態が維持をされます。

ですので中々、
難しいと感じている内容を読もう。
とは思えないのですが
体感としては
多くのこの様な体感や内容は
杞憂
と言えます。

要は
コンフォートゾーンを維持しようと、ホメオスタシスがネガティブフィードバックを起こしているようなものです。

確かに、
事業であれば、今よりも収益を上げる為に、高いリスクをいきなり取ったり
筋トレであれば、いきなり、今までの3倍に負荷を上げたりすれば
色々と危険な状態になる確率が高いですが
書籍に関しては
読めなければ
「今は全くわからん(`・ω・´)」
とかで済むわけです。

そう考えれば、
一日に一冊とかネットのWikipediaとかでも良いですから、
ある程度の専門性が高い内容とか
自分が馴染みのない内容とかに
触れる時間を持つと
読書でいえば理解度や読書スピードの成長に。
処理能力でいえばIQの訓練に。
そして当然、新たな知識や情報の獲得になる訳です。

例えば、
論文サイト
とか
行政のサイト
とか
でも良いでしょう。

書籍でなくとも
例えば
企業のサイトには
結構面白い内容や
そこから広げて行くのに良い内容が結構あります。

もちろん、個人的なサイトでも面白いサイトは多くあります。

ですので
書籍はちょっとなぁ~(;´Д`A ```
思うのであれば
無料の記事やサイトを使ってみるのです。

例えばですが
「唐揚げ 歴史」
とかで検索をして、そこから関連をしている内容をどんどん広げて行く。
というのでもOKです。
(まあ、私は、このワードではまだ検索をしていませんので、詳しくは今はわかりません(笑))

一種のネットサーフィンの類でしょうが
そんなんで効果が出る訳ないだろ(-_-メ)
とか
思った人は…。

今回はあえて書きません(笑)

ですが
例えば
鶏という動物がどのような進化をしてきたのか?
という
内容だけでもかなりのジャンルを調べる必要があります。
ここには当然ですが
経済の内容も関係してきます。

ですので、
身近な内容で、意外に知らない事だとか
素朴な疑問
というのは
本当に馬鹿に出来ないのです。

しかも、しっかりと理解をしようとすると
殆どが
確実に専門的な内容に行きつきます。

これらの行きついた先の内容全てを本当に理解できている人が
一体、今の日本にどれだけいるでしょうか?

もちろん、全てを理解してなければいけない。
という訳では無いですし、
そもそも、それは現時点では不可能です。

ここで言いたいのは
金を使わなくとも
身近な内容からでも
色々と自分の血肉になる内容は
身近に溢れている。
ということです。

あとは
人により
何を、どう、利用をするかは、その人のご自由に。
ということです。


本当に、
ちょびっとだけ、今の自分には難しい。
感じるレベルから始めればいいのですから、
気軽に、取り組んでみてください。

それでは
今日も最高の一日を。


絶対成功する44のルール
苫米地英人
コグニティブリサーチラボ株式会社
2013-03-04




spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 HiroNと申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク