カテゴリ: 読書習慣

最近他の人をきっかけに気が付いたことが、今回のタイトルの内容になります。確かに、本を読むには時間もお金も必要です。そして、読んだからと言って自分が望んだ成果や成長が、必ず手に入るとも言えません。これは、当たり前な事なのですが、どうやら、この辺の認識が多く

以前に「毎月30冊読むのは誰にでもできます!」という記事を書いていますが、今回「も」ちょっと頑張れば、誰にでも出来る内容になります。ただ、色々と「メンタルブロック」などが邪魔をすると思うので、その辺を無くしつつ、余裕をもって出来るような内容を書いていこうと思

鴻上尚史さんと言えば演劇好きな人なら、まず知らない人はいないと思います。今の私が、日常生活などの悩みを解決するためによく参考にしているのが、このブログでもよく出てきている、苫米地英人さんになります。ですが、今回の本は私が苫米地さんの書籍と出会う前に参考に

本だけでは無いですが、文字を読んでいると(急に)眠くなる人は珍しくないでしょう。一応この記事を書くにあたってネットを中心に軽く調べてみましたが…、まあ、あんまりよろしくない内容ばかりでした(笑)そもそも、姿勢がうんたらとか、眠れない場所がなんたらとか、ハッ

特に、ここ数日は一日単位での資産の増加が…マジでハンパないです(笑)というのも、つい先日ですがkindleの今年のモデルを購入しました。今までは、kindle端末は使っていなかったのですが、色々とメリットとデメリットがわかりました。ちなみに、kindleについての記事はこ

正直、与沢翼さんとかには、全く興味がなく、具体的にどのような人なのかも、この本を読むまで知りませんでした。むしろ、香取慎吾さんの「香沢翼」の印象しかありませんでした。ただ、たまたま見ていた某動画の中で、この本が紹介されていて、丁度色々と視野を広げようと思

実験的に、ある程度の言語化をして初見の本を読むというのを1週間ほど行ったのですが…。やっぱり思ったのは「誰でも一日1冊は読めるハズ」でしょうということです。ですので、今回の記事を参考にして、皆さんのペースで読書習慣を持って貰いたいと思います。それでは、続

今回は堀江貴文さんの「ゼロ」と言う書籍をベースに記事を書いていきます。この書籍は主に、堀江さんの幼少期から長野刑務所での生活などの内容で構成をされています。もの凄く細かく書かれているというよりかは、堀江さんが印象に残った記憶をベースに書いている感じです。

堀江貴文さんこと、ホリエモンと言えば、一度は名前くらいは聴いたことがあるでしょう。現在はネットでの活動をメインにしながら、時々マスメディアなどにも出演をしているようです。99%の会社はいらない (ベスト新書) [Kindle版]堀江貴文ベストセラーズ2016-11-25堀江さん

↑このページのトップヘ