速読で多読が日常

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

読書習慣

毎日資産が増えていてうれしいぜ!

特に、ここ数日は、一日単位での資産の増加が…。
マジでハンパないです(笑)

というのも、
つい先日ですが、kindleの今年のモデルを購入しました。

今までは、kindle端末は使っていなかったのですが、
色々とメリットとデメリットがわかりました。

なので、後で、kindleについても記事にするつもりです。

ただ、やっぱり一番の違いは、
kindleアンリミテッドの凄さを体感したことですね。

今までは、アンリミテッドはいろいろと考える部分があって、使っていませんでした。

…が!

もういいかな?
ということで、すぐに、アンリミテッドの利用を開始しました。

そのことも詳しく別の記事に書くつもりですが、
ここでも少しだけ書いておくと…。

めちゃくちゃ、便利で、早く使えばよかった~。
と、後悔をしているくらいです。

なので、興味のある人は、すぐにでも使ってみてください!

kindleはOSごとにアプリがあるので、
WindowsでもiPadでも、androidでも利用をすることができます。

ただ、アンリミテッドの利用には「クレジットカード」での登録が必要になります。

そうなると、未成年などは利用ができない…。
と言う訳でもありません!

登録の際に、クレジットカード、もしくは、デビットカードを追加してください。
というようなメッセージがありましたので、
以前も記事にしたかもしれませんが
「りそな銀行」の「VISAデビット」
「ジャパンネット銀行」でも同じように登録ができるはずです。

また
「auウォレット」
おそらく「おさいふポンタ」
も利用ができるはずです。

これについて、一応、規約と個人のサイトの記事ですが、利用者の意見も確認していました。

ただ…。

ここでもありましたよ…。

ちゃんと確認をしないで、「適当な妄言を発信している人たち」が。

ちょっと話がズレますが、
規約にはしっかりと「クレジットカード」もしくは「デビットカード」を利用できます。
と書いてありますし、
実際に登録をするときにも、この二つの登録が可能であるメッセージが普通に出てきます。

ただ、ザっと見でしたが、個人で運営をしているサイトでは、しっかりと、デビットカードなどが利用できる。
と、書いているのに対して、
不特定多数のお悩み相談系のサイトでは、
利用できないよ。そんなこともわからないのかよ?
みたいな、
勘違いをした人が、たくさんいました…。

なんともまぁ「社会的に迷惑な人たち」でしょう。

確かに、時には間違うこともありますから、その部分については、別にいいのです。

ただ、しっかりと確認をすればわかることを、一切確認しないで、
適当な妄想を押し付けて、
さらには、
人を見下している時点で、かなり迷惑です。

これらの情報は典型的なネットのごみ(情報)です。

ちなみに、体感的には、ネットでごみをまき散らす人は、物理世界でも迷惑な発言をまき散らしている人の可能性が高いです。

この「ごみをまき散らす人たち」については、別の記事で詳しく書くつもりですので、今回はこの辺で終わりにします。

ただ、今回の記事にも関係している部分を書いておくと、
ごみをまき散らす人は「資産がない」から、このような迷惑行為をするのです。


ここで、今回の冒頭に出てきた「資産」という言葉がでてきました。

すでにお気づきの人もいるでしょうが、
今回の「資産」という言葉の中身は
お金ではなく
「知識」という資産になります。

ここで、
知識なんて資産じゃね~!
と、思っているからこそ、
目の前に、大量の資産になる原石が沢山あるのに、
気が付けないのです。

そもそも、知識という資産は
ユダヤ人の考え方では一番重要な資産だと考えられています。

ユダヤ人の考え方では
一番が教育。つまりは「知識」。
二番目が宝石。
三番目がゴールド
という順番になります。

ユダヤ人には、お金持ちが沢山いるのは皆さんご存知でしょう。
他にも、有名な学者やクリエイターなども多くいます。
その彼らが一番大切にしているのが、
教育であり、知識である。
ということを理解しているだけでも、
本当に、大きな差になるのだな…。
というのを、
今回のちょっとしたサイトでの書き込みなどをみて、再確認しました。

知識という資産を大切にすることは、
結果として、お金を増やせる確率を高くできます。
その理由は言うまでもないでしょう。

ビジネスにおいては、知識は無いよりもあるほうがいいのもわかるでしょう。

また、しっかりとした知識を得るためには、情報処理の能力も自然と鍛えなければいけません。
違う言い方をするのであれば、
思考力を鍛えられる。
という表現もできるでしょう。

ですので、
先ほどの
kindleアンリミテッドでクレジットカード以外の決済が可能かどうか?
という内容を確認する。
という些細な事でさえも、
しっかりと、知識という資産を日々、積み重ねているのか?
というのが、簡単にわかるわけです。

そもそも、不特定多数の疑問に対して、何かしらの返答をするのに、
その大本の情報、
今回であれば、Amazonの規約すらも
しっかりと読まない。
理解できないのに、
さも、自分の意見が真実である。
という押し付けをする。

もちろん、一部の人は、最初から人を騙す目的で書いている可能性もあります。

ただ、
本当に、騙す目的ではなく、間違った情報を真実である。
と、信じている人は、ネットだけでなく、物理空間にも、たくさんいます。

そのような人たちの共通点の一つは、
新たな知識という資産を積み重ねることを、一切行わない。
という部分があります。

何度も書いていますが、
知識というのはユダヤ人が一番大切にしている資産です。

そして、これからの時代では、ますます、
この知識という資産をしっかりと積み重ねることができるのか?
という部分で、
ビジネスだけでなく、
自分の人生を思い通りに作っていく。
という内容にも、ものすごく大きく関係してきます。

当然のことですが、
現代は歴史上一番多くの情報が存在している状態です。

つまりは、個人が処理をする情報も、歴史上一番多い時代である。

これは、すでに体感的に感じている人も多いでしょう。

そのような時代だからこそ、何度も書いているように、
知識という資産が、大切になる。

さらに言うならば、ここでも
知識という資産の価値が歴史上最高に高い時代になっている。
ということです。

もちろん、この価値は、年々高くなっていきます。

そのどんどん価値が上がる資産を
手軽に、そして、大量に入手する方法に最適なのが
このブログでも何度も書いている
読書
という行為になります。

そして、
kindleというサービスは、本当に、おすすめです。

もちろん、紙の本のいい部分もありますし、
kindleのデメリットあります。

ただ、それらを考慮しても、
手軽に、大量に。
という目的を
本当に簡単に解決してくれるサービスがkindleだと、
現時点では感じています。

kindleについての詳しいレビューのような内容は他の記事に譲りますが
少しだけ、私が使った感想の一部を書くと、
他の端末、タブレットやPCなどと同時に使うときに
紙の本よりもだいぶ使い勝手がいいです。

例えば
FFOOというアプリゲームをやりながら、読書をするのが
本当に楽になりました(笑)

紙の本だと、ページが変わったり、折り目がついたりで、やっぱり、すぐには、対応が難しかったのですが、
kindleであれば、そのまま横においても、ページが変わったりしませんし、
指一本でページをめくれます。
また、ボタンを押せばすぐに、電源をOFFにできますから、続きを読むときもしおりが不要です。

もちろん、これ以外にも
個人的に使いやすいな~。
という内容は多くあります。

それについては、すでに書いているように、別の記事に譲ります。

kindleのおかげで、不要な時間も短縮できましたし、
そこらの図書館よりも多い蔵書がある訳ですから、
古典から洋書まで幅広く読むことができます。

これにより、
さらに、知識という資産の幅が広がりやすくなります。

本当に、ものすごく手軽で、しかも、だれでも簡単に使えるサービスです。

それでいて、これからの時代に重要になる
知識という資産を、好きな時に、好きなだけ増やすことができます。

だからこそ、
毎日、資産が、自然と増えていくのです。

当然、他の資産を増やすためにも、効果があります。

まずは、kindleなど使わなくてもいいので
身近な資産の原石に、書籍に触れていきましょう。


それでは
今日も最高の一日を。



金か?欲しけりゃ「行動」しろ。「ブチ抜く力」与沢翼

さてさて、これまた、今までとはかなり毛色の違う書籍になります。

正直、与沢翼さんとかには、全く興味がなく、具体的にどのような人なのかも、この本を読むまで知りませんでした。

むしろ、
香沢さんの印象しかありませんでした。

ただ、たまたま見ていたイケハヤさんの動画の中で、この本が紹介されていて、
丁度、
色々と視野を広げようと思っていた時期でもあったのと、
どうせ、アマゾンでランキング1位になると思ったので、すぐにポチっとして、翌日に読みました。

具体的な内容はここでは書きませんが、
与沢翼さんという人物がどのような人物で、
どのような人生を過ごしてきたのか?
という部分が知りたかった私としては、この本はあたりの部類に入ります。

勿論、人によっては与沢さんが進める内容を実践することで大きな利益になる人もいるかもしれませんが、
おそらくですが、
その様な人は本当に一握りでしょう。

というのも、
多くの人は
何もしないで、年収1000万円。
みたいな願望を持っています。

そして、書籍や教材もこのような感覚で、認識をし、購入を「するだけ」で実践をしない。
つまりは
行動をしないで、自己の変化を期待します。

勿論、
変化というのは
内側の変化から始まり外側へと繋がっていく。
という
現象がありますが、
当然ですが、外側の変化をするためには、
行動をする必要があります。
つまりは、
まずは内側のマインドが変化を起こし、
それから
外側の環境などへと影響が出ていく。
ということです。

外部環境を変化させるためには
それ相応の行動が必要になります。

例えば
FXなどで毎月黒字を維持するには、黒字を維持するための行動が必要ですよね?
具体的な取引やタイミング以外にも、世の中の流れをしっかりと把握して、
先を読んで、判断を下す。
この様な
行動が必要不可欠です。

確かに、
将来的にはAIが代わりにやってくれる可能性はかなり高いですが、
それだって、
どの会社のAIを
どのような設定で運用をさせるのか?という
思考的な判断は必要でしょう。
何故なら、多くの人が同じようにAIを使うのですから、どこかで、差別化をしないと、上手く行きません。

タイトルにもありますが
金が欲しい人は
まずは
行動をすることです。

もしくは、
行動をする人になること。
という言葉の方が的確ですかね…。

そういう意味では
与沢翼さんやイケハヤさんが
平均年収よりも多くのお金を稼いでいるのは
当然と言えば、当然なのです。

それだけの金額を稼げるだけの行動をしていますし、
サラリーマンとかよりも
しっかりと毎日勉強をしています。

ですが、
全く行動をしない人達は
お金が欲しい~!
と喚きながら
与沢さんやイケハヤさんの足を引っ張っている時間はある訳です。

その時間を勉強や行動に使う。
ということが出来ない限り、いつまでたっても
その人達に変化は起きません。

もちろん、
与沢さんやイケハヤさんが詐欺師だ。
とは、私は思いませんが
彼らがおススメをする
仮想通貨というジャンルの中には
詐欺まがいの内容も
まだまだ、多くあると思いますので、
その辺に関しては、
もし、今すぐに手を出すのであれば、
本当に、注意深く行わないと大変なことになるでしょう。

そういう意味もあり、
現時点では
私は仮想通貨否定組なのです。

が…。

以前の記事にもありますが、
だからと言って、
自分の肌に合わない内容は全て、切り捨てる。
まあ、
切り捨てはしないモノの、
記事にはしない。
というのは
止めにした訳です。

というのも、私には不要でも、他人には必要である。
という内容が多くあるからです。

また
自分のためにという部分では、大きなカオスを必要としているからです。

これは、ゲシュタルトを大きし、あえて、カオスをより深く作ることを目的としたからです。

矛盾までも含めて、ゲシュタルトに放り込む。

今までの私は、この部分が少し、緩かったので、最近から、テコ入れをしたのです。

ただ、個人的には
与沢さんは学生の頃から、
お金を稼ぐ事に関しては、かなりの力の入れようであったのはわかりました。

そして、
お金を稼ぐ事においては
勉強もしっかりとして、行動もちゃんと行ってきた。
ということも、
この本を読めばわかるハズです。

後は、
お金を稼ぐ事に関しては与沢さんはかなりエフィカシーが高いのでしょう。

ですから、
2度事業を潰しても、今回の様に、また復活を(他人から見ると)簡単にできたのでしょうね。

また、
この本には
これからの時代をどのように生きていくのか?
という意味でも
参考になる内容が多くあります。

例えば
以前、テレビを中心にマスメディアで取り上げられていた時に、
多くの芸能事務所から所属のお誘いがあったようです。
ですが、
当時の与沢さんも、芸能事務所に所属をすることのデメリットを回避するために、
全ての誘いを断っていたようです。

この話を例にしても、
おそらく、多くの人は
どの事務所にしようか考えて、自分が一番お気に入りの場所に所属をするはずでしょう。

勿論、全てが悪いとは言いません。
例えば
私の大好きなキンキキッズの堂本剛さんが、ジャニーズ事務所にいるからできることがある。
という様な内容をだいぶ前に言われていますが、
この様に、個人と企業のどちらにもメリットがあるのであれば、どこかに所属をするのは良いことです。

ですが、
与沢さんが
もし、自分が芸能人になるとしたら、
まずは、ネットで人気者になってから、100%オーナーのマネジメント会社を作り、その会社を通してテレビに出演をする。
という手順をとる。
という様な内容が出てきますが
個人的には
こちらの方が好みですね。

また、最近の芸能人であれば
武井壮さんも同じような内容で、テレビを中心に活躍をされています。
武井さんの場合は始まりはネットではなく、フリーでの活動でしたが。
今は自分の個人事務所で大活躍をされていますね。

ただ、これからは与沢さんの提案するような方法でネットからテレビに進出をする人が増えるでしょう。
というか、すでに、そういう個人活動化の人はいるのかな?
この辺は、テレビを見ていないので、具体的な内容を出せなくて申し訳ないです。

あとは、個人的な意見を追加すると
例えば、
与沢さんのように、ビジネス成功者という枠組みで最初、芸能事務所に所属をしたり、
自分の個人事務所で活動をしていて、
あるときから
舞台役者として、デビューをしてもいい訳です。

これは、お気付きの方もいるでしょうが、
モデルは
くらたまさんこと
倉田真由美さんになります。

くらたまさんは
TBSラジオが主催の舞台「エグ女」
という舞台で女優デビューをしています。

また、
確か
ホリエモンこと
堀江貴文さんも似たような感じで、役者デビューやコメディアンとして活動をしていたハズ…です。

すみません。

ここはあんまり詳しくないです。

後日気が向いた時に修正するかもしれません。

話を戻しますが、
この様に、入口としては
くらたまさんの様なコメンテーターとかの入りであっても
後々
俳優やお笑いタレント、ミュージシャンや映画監督、ダンサーなどへと広げて行けます。
もちろん、
プロアスリートとかもありでしょう。

この様な
個人で初めて、多方面に広げて行く。
ということのメリットは
本当に
自由だ~♪
ということです。

例えば
芸能事務所であれば、多くの事務所では、なぜか知りませんが年齢制限を設けています。

勿論、与沢さんのように、30代前半でも事務所が欲しいと思えば、
例え、公に事務所が掲げている25歳までとかいう決まり事も
いとも簡単に無視することができます。

まあ、年齢制限などは
多くの場合、根拠がない内容ですから
本当に恣意的に使われることがほとんどですがね…。

ですが、例えば
80歳の人でも、長年続けてきた「ちぎり絵」を最初から作るライブ配信などをして、人気者になって、
テレビに出たり、CMに出たりする。
もしくは
こち亀の100巻あたりで登場をする、両さんのおじいちゃんたちのバンドのように
内田裕也さんよりも、もう少し年上の現役ミュージシャンたちのバンドとかは
かなり人気が出そうだと個人的には思います。

ですが…。

これらの人たちは
今の多くの芸能事務所の年齢制限という決まりにより、内容を見る前に弾かれるでしょう。

ですが、
これを個人で始めれば、弾かれることも当然なく、自由に活動をすることができます。

また、
これからの時代は
企業というのは大きくなるでしょうが、
というか、
最近も
出光と昭和シェル石油が経営統合をしましたが、
これからの時代はこの様な業界内の経営統合で
一社ごとの規模はどんどん大きくなります。
そして、
それに比例して、人手もますます多く…ならないでしょうね。
というのも
まずは、大半はAIとロボットになるハズですから、
今の感覚で言うところの1割りくらいの人数になるでしょう。
もしかしたら、従業員は居なくて、社員だけになるかもしれません。

ということは、
結局のところ、
与沢さんがもし、芸能人になるなら?
という内容は
将来的な個人の活動の仕方として、捉えることができます。

与沢さんもご自身で言われていますが
今は実業家ではなく、個人事業主である。
という言い方をしています。

まあ、これは書籍を読んでください。
と書いておきます。
結構長いんで…。

他にも、
色々と参考になることは多くありますし、
ダイエットに関しても書いてあります。

もしかしたら、与沢さんの方法が合う人もいるハズです。

とりあえず、
長くなってきたのでこの辺で、この記事は終わりにしますが、
今回の書籍は
個人的には
読む価値はある。
思っています。

確かに、仮想通貨などの様に
個人的には否定的な内容も結構出てきますが、
その様な部分を差し引いても、
多くの人には、何かしら、役に立つことや、きっかけになることはあるハズだ。
というのが、今回の書籍の簡単な感想です。

また、Twitterを見ていて感じたのは、
与沢さんも言われていますが
かなり力を入れてこの本を書いた様です。

それは、読んでみるとすぐにわかるハズです。

ですので、この辺に関しても、
読んでみると良いですよ。
おススメをしたい、理由になります。

ただ、ここでタイトルに戻りますが
お金が欲しい人は
行動を必須にしないと
絶対に無理です。

動かなくても金が増えるのは
本当の貴族だけです。

そうでないなら、
自分で考えて、行動をしていかない限りは、金は稼げません。

もちろん、
金に執着しろ。
とは
思いません。

お金は単なるツールです。

ですが、
お金で解決できる内容も多くあります。

必要な時もあります。

ですので、
この辺のバランスをしっかりと取りながら、
お金に飲まれるのではなく、
ツールとしてしっかりと、上手く使いこなしてください。

それでは
今日も最高の一日を。

もうやめる!自分の肌に合わないからと言って記事にしないのは、もうやめる!

今回も少しアティチュードを変えた記事にしています。

というのも、
今までは基本的に自分が
これはいい~!
という内容を元に記事を書いてきました。

ですが…。

私は全知全能の神様ではありませんので、全てのことが完璧ではありません。

これはダイエットの方法が
人によって行い易い内容が違うことの様なものです。

例えば
私の場合は食事制限でダイエットが成功をしたとして
Aさんは運動で成功をした。
Bさんは、食事と運動の両方で成功をした。
という状態であった場合
自分が成功をしたのは食事制限だから、その内容だけをおススメしているようなものです。

これは、私が常々言っている歪みのある情報そのものになってしまいます。

勿論、その辺の注意はしっかりと意識をしているので、なるべく歪みを大きくしないようにしています。

また、実際の体験を元にした内容を。という考えもあるので、その辺を優先的に記事にしてきました。

ただ、今までもそうですが、自分の肌に合わなかった内容もしっかりと試しているのです。

これは料理で言えば、この様な調味料を足せば美味しくなるかも…。
みたいなことをよくやるのですが、
ここで美味しくない味になるときもあるのです。

この様な感じで、記事にしていない内容もしっかりと実践をしているのです。

そして、この記事にしていない自分の肌に合わない内容が、
他の人にはベストな内容かもしれない…。
ということに気が付いたので、
これからは、
自分に合わなかった内容も記事にしていこう!
ということに決めました!

その一つの内容に
「直観力を高める数学脳のつくりかた」
という書籍のなかで
「ポモドーロ・テクニック」
という内容が出てきます。

詳しくは
「自分で」調べて貰いたいのですが、
簡単に書くと
25分間の行動時間
5分間の休憩時間
交互に行う。
という様な内容です。

そして、これは自分には合いませんでした。

で…。

ここに関して、どのように書いていくかは、これからの課題ですが、
今回は
なぜ、この方法が自分には合わないのか?
ということを書いていきます。

それを読んだうえで、「ポモドーロ・テクニック」は自分には合いそうだ。
思ったら、どうぞ、ご利用してください。

では。

まず、時間を区切って行動と休憩を交互に取り入れる。
というのは良いのですが、
この時間配分が毎回固定になっている所です。

おそらくですが、これは、サラリーマンの様な、
就業時間、拘束時間が決まっているような職業向けに考えられた内容だと思います。

この本は海外の書籍でして、アメリカ人の著者になります。

アメリカでは昔から
ホワイトカラー、ブルーカラー問わないで
いかに、生産性をあがるのか?
ということに対して、ものすごく熱心に研究をされてきました。

ちなみに、今の流行はマインドフルネスであったり、工場牧師によるお祈りが最先端の内容になります。

ですので、この様な
生産性を上げるメソッドの様な内容は
アメリカでは本当に沢山のモノが存在をしています。

時間が固定になっている。
ということは、
要は作業内容よりも、時間の方ばかりにフォーカスがされており、
結局のところ、時間に振り回されることになります。

例えば
本当に集中して、ノリにノッているときに、毎回25分で終わり、すぐに5分休んで再開。
なんて事
やりたいですか?
私だったら、即、無視して、集中が途切れるまで継続をします。

ですが、これは、多くの人がそうだと思います。

確かに、
have toな内容であれば良いのかもしれませんが、
むしろ思うのは
want toなことではなく、
とにかく強制を強いられている内容を消化するための手段の一つだと思っています。

確かに、
人間の集中力は20分に1分くらいの感覚で軽い休息を入れてあげると良い。
という風な内容もあります。

この内容を参考にしても、ポモドーロテクニックの5分休憩をするというのは
かなり長い時間の休憩だと思います。

むしろ、この5分間でせっかくの、アクティブな脳の状態から休憩モードに切り替わってしまい、
せっかく良い状態で動いていたのを再度アクティブな状態に戻す手間がかかるので、
効率的には良くないと感じています。

私の場合は
その時の状態や状況、環境などをその都度考慮して、毎回変則的に休憩をはさんでいます。
ですが、
私とは逆のやり方の人、毎回固定的な内容で取り組む。
という人であれば
今回記事に書いた方法は相性が良いかもしれません。


まだ、自分の肌に合わない内容に対してどのように記事にしていくのか?
という部分は手探りな状態ですが
今後は、この様な記事でも、より価値のある内容にしていきたいと思います。



それでは
今日も最高の一日を。


翻訳ソフトを舐めるなよ。これからは「グローバル(ニッチ)」な視点で情報を発信しましょう。

ブログはオワコン?
関連の記事が続いていますが、
前回はブログを音声ソフトで読み上げて、ながら聴きに対応できる状態になることで
再度、文字情報に多くの人が集まる。
という様な記事を書きました。

ですが、この前の2つの記事は基本的に
日本人を対象とした内容になっています。

要は
ブログの読者を日本人に限定している。
ということです。

ですが、タイトルにあるように
今の翻訳システムは凄いことになっています。
そして、これからの時代は、ますます、翻訳の精度が高くなることでしょう。

というか、実際に、今の時点で日本に出稼ぎに来ている
途上国の外国人でさえ、スマホの翻訳ソフトを使いながら、日常生活を送っている人は珍しくありません。

これも、街中などで、少し気を付けて観察をしていれば、比較的簡単に見つける事ができるでしょう。

そして、これも忘れてはいけないのは
日本というのは
もの凄く読書家の多い国である。
ということです。
また、識字率もほぼ100%であり、国民全員が文字情報を発信することができるといる
もの凄く高い教養を持っている国でもあります。

身近な例では
食べログ
などの
口コミサイトへの書き込みも
立派な情報発信です。

そして、それとは逆に
途上国を中心とした海外からの労働者にとっては、
文字情報というのは
一部の人のみが扱う内容になる訳です。

つまりは、日本の様に誰でも手軽に接することができる環境では無いのです。

そうなってくると
わざわざ外国から日本に来るくらいの人たちですから
全員ではありませんが
結構な数の人が
今よりも学びたい。
という意欲をもって日々を過ごしているでしょう。

その時に役に立つのが
タイトルにある
翻訳ソフトになります。

勿論、これも音声ソフトの様に
もう少し先の未来で、品質が向上をしたことにより…。
という条件付きではありますが
やはり、一度動画に流れた人が数年後にまた戻ってくる。
という状態にはなると思っています。

そして、その時の人たちの中には
日本人だけではなく、外国人も多く含まれるハズです。

これは
フランスや中国、韓国などで
日本のアニメや漫画が大ブームになっているような状態と近いモノがあります。

日本人にとっては日常的過ぎて、当たり前すぎる内容でも
海外の人からしたら、もの凄く魅力的な内容。
というのは
本当に、身近に溢れているのです。

ですので、
将来的には
日本人だけでなく、
海外の人にも役に立つようなコンテンツを
今から作っておくことで
テクノロジーの進歩という恩恵を強く受けられることになります。

勿論、現時点でも
一部の国は除いて
海外のサイトにアクセスをすることは可能です。

ですが、それを多くの人がしないのは
単純に
その国の言語がよくわからないから。
さらには
翻訳ソフトを使っても、イマイチ扱いにくいから。
という問題が原因で、
海外からのアクセスが少ない。
という感じになるでしょう。

ですが、先ほど書いた様に
この様な問題も
時間が解決をしてくれる訳です。

その未来を見据えて
今から準備をしておくことで、
より大きな価値を
文字通りに世界中の人たちに届けることが可能になります。

また、ファイナンスの観点で考えると
世界中に顧客やファンがいる。
ということは
それだけ、ファイナンスも安定する。
ということです。

例えば
日本人だけを相手にしている場合、日本の景気が悪くなればそれだけで、一気に自分の利益もダダ下がりします。

しかし、これが世界中にファンがいれば、確かに景気が悪くなっている国の人からの収益は減るでしょうが、
一気に0になることはまずありません。

また、日本のコンテンツに海外の人が興味を持ち、さらには活用をしてくれることで
その国の人々に日本を良く知ってもらえるだけでなく、
実際にそのコンテンツから学んで実践をしたことで、
結果として、その国の発展にも協力したことになります。

まさに、
「現代の縁起の仕組み」
という言い方もできるでしょう。

ネットで世界をつなげよう。
というのは、
おそらくかなり前から言われていたことのハズです。

ですが、特に日本においては
未だに
ネットの世界でも島国のまま、
日本のネット環境に引きこもっています。

そう考えると
日本では引きこもりが多いのは
ある意味国民性なのかもしれません。

ちなみに、私は、引きこもりは怠け者である!
とは
全然思っていません。
むしろ、今の社会環境を考えれば
引きこもりたくなる気持ちも十分に理解をしています。

ただ、主にご家族の方は引きこもりの人が身内にいると
色々と気になることが多いでしょう。
というか
単純に
色々な金の心配がありますよね?

そういう、不安はよくわかります。

ですが、これからは
自宅でお金を稼ぐことが容易にできる時代です。
勿論、自宅で出来るアルバイトも多くありますし、
そこまででなくても
もっと現実的な方法であれば
内職でもやらせてみて、そのお金で自分のためになるものを自由に買わせる。
ということからやらせるのでも良いかもしれません。

今であれば格安スマホ一つで、色々と出来ますから、そこで自分でお金を稼げるんだよ。
ということに気が付かせてあげれば
ご家族の方が心配をするような状態はすぐに抜け出すでしょう。

ただ、注意の一つとしては
仮想通過やFXなどの金融商品には
絶対に手を出させないことです。
また、詐欺商材なども同様に。

なので、ここでの注意点を守れば後は自由にやらせるのが一番でしょう。

あとはもう一つ注意点を書くとしたら、
引きこもりが起きるということは
セルフエスティーム(自尊心)
エフィカシー
両方がもの凄く下がっている可能性が高いです。
ですから、
その辺に関しては、しっかりと配慮をして接してあげてください。

今回は、引きこもり対策の記事ではないので、この辺で終わりにしますが、
もし、気になるようであれば
苫米地英人さんのコーチングや教育関係の書籍
鴻上尚史さんの書籍などを
参考にして観ると良いと思います。

そして、ここではこれ以上あえて書きません。
というのも、
これも後で別の記事にするつもりの内容ですが
どうやら日本人の多くは
老若男女問わずに
自分を特別扱いしろ。
という勘違いを多くの人がしているようです。
それは
お客様は神様思考や
職場や学校の部活を始めとした
間違った儒教思想
の弊害だと思いますが
それにしても、
あまりにも
他人の都合を考えないで、
自分の都合を押し付けて、特別扱いしてよ!
という
エゴイストが
本当に多すぎます。

ですので、
本当に自分で問題を解決する気があるのであれば
自らが行動をして、解決するしかありません。

このブログも、そして世のなかの書籍やメソッドも
全ては
自分の行動を助けるツールでしかありません。

つまりは
メインは自分の行動と思考であり
そのサポートのために
ネットや書籍などを利用する。
ということです。

ここを理解していないと
日常の中から不要な歪みを無くすことはできません。


話を翻訳ソフトに戻しますが、
日本というの内需の国でもあるためか、
本当に海外に向けてのアプローチを全くという程に行っていません。

だからこそ、多少、小規模の海外の活動とか取引があるくらいでも
大げさに評価をする人が多い。
言い換えれば、大したことをしていなくても、
海外で~という言葉をつけることで
かなりの権威付けになっている部分があります。

正直、海外に対しての使い方の多くはこの辺が殆どでしょう。

つまりは、輸入業も含めて
日本から海外に発信をするのではなく、
海外から受け入れてばかり、もしくは、利用してばかり。
という感じです。

これは、今までの時代であれば、確かに大変なことでした。

ですが、今の時代は違います。

それこそ、全くの個人が海外で大人気になる。有名になる。
というのは、
コーチングの考えで言えば
すでに
全員が現状の内側の内容になるのです。

つまりは、誰にでもできること。
なっているのです。

ですから、あとは、どのような内容を発信をするのか?
という部分になるでしょう。

それは、自分で好きに決める。

私であれば
今のところは
苫米地さんの書籍などを中心に紹介をしていますが、
それは、苫米地さんの研究内容が
日本人だけでなく、海外の人々にも大いに役に立つと確信をしているからです。

勿論、苫米地さんの内容だけでなく、
他にも
これは世界のためになるぞ!
という基準を元に記事を書いています。

例えば
最近はちょっとお休み気味ですが
「ももと天」
の記事を書いたり、
ワンピースの記事を書く。
他にも、山下達郎さんの記事を書いたり、
ニュース関係の記事を書いたり…
様々な内容を記事にしていますが
その中の基準は
いかにPVを上げ、金を得るか…。
ということではありません。

すでに書いているように

誰かの、何かの役に立つ内容を。

という基準で選別をしています。

そして、日本という国に住んでいるだけでも、
海外の人からしたら
とてつもなく目から鱗が落ちるような内容が多くある。
ということを理解して貰いたいと思います。

これからは、物理空間でも
世界が小さくなります。

これは、
移動手段が格段に進化をして、
移動時間がどんどん短くなるということです。

それこそ、ホノルルに住みながら、東京に毎日通勤をする。
という様な人も普通になるでしょう。

そして、すでに始まってはいますが、日本もどんどん
多民族国家となっていくでしょう。

その様な未来が来ることを考えれば、
今から、
日本人だけのために動くのではなく
世界の人のために動いた方がよくないですか?
と言いたいのです。

この様な、
今から世界の人のために。
という行動の一つが
連日記事にしている
ブログを書くこと。
に繋がります。

勿論、ブログだけでなく
YouTubeでもインスタグラムでも、
それこそTwitterでも良いのです。

つまりは、一つ抽象度を上げて書くのであれば
世界の人のために、何かしらの情報を発信する。
ということです。

ただ、最近は
ブログはオワコンだ~!
という一方的な主張をして、自分の利益を守ろうとする人が多くいるので、
そんなことはないでしょ?
という意味合いで
あえて
ブログに重きを置いて記事を書いてきました。

他にも、まだいくつかあるのですが、
とりあえず、
今回はこの記事で一区切りにします。

それでは
今日も最高の一日を。



ブログの記事を音声ソフトで読み上げれば音声作品に早変わり。ブログは読むから聴くに変わる?

これは一つ前の記事の続きの様な記事です。

ブログはオワコンであり、これからは動画や音声のながら聴きの時代である。
という主張をする人が増えていますが、
よくよくその人達の活動内容を調べてみると、なぜ、この様な主張をしているのか?
ということが
すぐにわかると思います。
というか、ほとんどの人がポジショントークですから、
主張をした瞬間に裏側がわかると思います。


ちなみに、彼ら、彼女らの主張がポジショントークだから、全てが的外れである。
とは言いません。

大体はその主張をする人の周りに
これからの時代を先読みできる能力がある人が近くにいる可能性があったり
文字情報や自身の体験など様々ですが、
たまたま、海外の出来事を知る機会があり、おそらく、日本もこうなるだろう。
という
予測を元に主張をしている。
というのが、大体の人たちでしょう。

一応の可能性として、
その人が未来人でこれから起こる出来事をすべて知っている。
「バックトゥザフューチャー2」的な人か
魔術師的な人のどちらかの可能性も0ではありません。

そして、何を隠そうこの私も…!
という
ギャグはこの辺にしまして。

多くのブログがオワコンだという人は、
年々、
読書はおろか
文字情報に触れる時間が短くなっており
その代わりに動画の視聴時間が増えているから、
これからは動画の時代だ~!
大きな声で主張をして、自分のポジションと取ろうとしています。

確かに多くの人は文字情報よりも視覚情報の臨場感が生得的に強くあります。
というか、
文字情報は基本的に訓練をしないと臨場感を得られないのに対して
視覚情報は訓練なしで強い臨場感を得られます。

これは進化の過程が関係しており、
言語情報と視覚情報では
当然ですが
視覚情報の方が古くからある機能になります。
それとは逆に
言語情報というのは一番新しい機能であり、歴史が短い機能になります。
この部分だけを元に考えても
いかに
視覚情報からの影響、臨場感というのが強いのか?
というのは容易に想像がつくのではないでしょうか?

訓練なしで楽に接することができるのであれば
その内容に流れるのも人間の性です。

ですが、
これも厳しく言うのであれば
その流れは
原始的な脳からの影響を強く受けている状態の人間の行動である。
と言えます。

つまりは、
ここでも思考が停止をしている可能性が非常に高いのです。

勿論、動画にしても、しっかりと思考の活動を必要とするもの、促すもの。
というコンテンツもちゃんとあります。

ですが、ほとんどのコンテンツは、テレビのバラエティー番組のように
そのまま見ていては、確実に思考が停止するような内容ばかりです。
これは、ノウハウバラエティー的なコンテンツも同様です。
一応ノウハウ的な内容があっても
その多くは思考を必要とする内容ではなく、ちょびっとだけ、申し訳程度に出てくるだけです。

しかも、コンテンツ自体が思考停止になり易い内容に加え
そもそも、動画という内容自体が使い方をしっかりとしないと
コンテンツに関係なく思考停止になる効果がある。
というのが
CIAの研究などで昔から知られています。

ですので、動画コンテンツに関しては注意が必要なのです。

というか、動画であろうと、音声であろうと、文字情報であろうと
外界からの刺激には全てにおいて、それぞれの内容ごとに何かしらの危険があります。

ですので、
動画は危険で、音声は安全。ということではありません。

ここに関しては、今回の記事の内容とズレるので、別の記事で。

再度書きますが
動画コンテンツは文字情報よりも多くの人が臨場感を強く感じる内容であるがゆえに
技術的な問題が解消されつつある動画コンテンツ市場が歴史上最高になっているからこそ
多くの人が今までのブログなどの文字情報のコンテンツから
動画コンテンツに流れている。
というのが
今の世の中の流れになります。

この流れに乗って
ブログはオワコン。
これからは動画だ~!
という主張が強く、多くなっていると言えます。

ですが、先ほど書いた様に
動画の技術的な問題が解消をされたからこそ、
動画市場の勢いが強くなった訳です。

そして、この様な流れの変化は
まず、間違いなく
ブログにおいても起きるハズです。

その理由の一つが
音声による読み上げソフトの機能向上
です。

現在では、ボーカロイドのようなソフトウェアが一番有名でしょう。
また、YouTubeなどでも、音声読み上げソフトを使用している動画もあります。
どちらにしても、
現状では
実際の、生身の人間の様な会話、音声には聞こえません。

この理由は簡単に言うのであれば
ソフトウェアの処理速度の問題である。
言えます。

不思議かもしれませんが
今の時点では
日常会話よりも歌などの方が
自然と聴こえると思います。

その理由は簡単で
歌というのは基本的に数学で成り立っています。
ですので、ソフトウェアとは相性が良いのです。
それとは引き換えに
日常会話というのは
歌の様に、必ずしも数学的な要素を必用とはしません。
むしろ、
平均律では対応が出来ないような
細かな音の違いが日常会話では多様されているのです。
確かに、
音同士の幅というのは
確実に
会話よりも歌の方が広いです。
それとは逆に
会話の、特に日本語では、そこまで広い音域は必要ありません。

ですが、これも細かく書くとわかり難くなりそうですが
会話においては、歌とはまた違う、音の使い方を自然としているのです。
ここが、現状の平均律を元にした数学では対応がし難い部分になります。
ですので、この部分が解消をされると、
とても多くのことに役立つことになります。

わかり易いのは
つんく♂さんのように、病気やケガで声を失った人たちの声を、
限定的ではありますが、取り戻すことができるようになります。
勿論、本当の意味で取り戻すには
再生医療などの力が必要でしょうが、
その治療方法が確立するまでは
スマホで文字を打ち込んで、ソフトウェアが自然に読み上げる。
ということができるようになれば、今まで以上に生活の役に立つことになるでしょう。
また、つんく♂さんはテレビやラジオに頻繁に出ていたので、
元々の声の記録が多く残っています。
ですので、その記録を元にすることで、より、再現度が高く、声を取り戻すことも可能になるでしょう。

この様な事例からわかる様に
自然と会話をしている様に聞こえる音声というのは
ソフトウェアで行うには
本当に大変なのです。

ですが、これからの時代の処理速度であれば、この問題が解決をされるのは時間の問題です。

そうなると、
日常、
とくに
ネット上には
もの凄く多くの
音声ソフトが読み上げる
「台本」
「原稿」
あることに気が付くはずです。

そのメインの原稿となるのが
多くの人が
オワコンだと騒いでいる
ブログになります。

勿論、Twitterやネットニュースなどもこの範疇に含まれますが、
おそらく、多くの人が利用をする可能性が高いのが
ニュースやSNSではなく
ブログやnoteになるでしょう。

ただ、このように書くと
だったら、その様な音声ソフトを使って動画を作ればいいじゃない?
思う人もいるでしょう。

勿論、というか、当然としてその様な使い方も全然OKです。

ですが、この記事で私が言いたいのは
新しいコンテンツを作ることではなく
むしろ、
過去の記事をインプットする時に使うことを前提としています。

そもそも、ネット上の情報は大量にあります。

勿論、この方法であれば
書籍にそのまま利用をする人も増えるでしょう。

ですが、同時に、書籍には無い情報をネット上に求める人も増えることになるハズです。

また、学習的な意味合いではなく
単に
暇つぶし、娯楽的な目的で使用をする人も当然いるでしょう。

つまりは、この様な音声ソフトが普及をすることで
過去のコンテンツが再度注目を集めることになるのです。

これは電子書籍の普及により、
何十年も前の漫画作品が、現代の人々に再度認知をされたような状態と近いモノがあります。

特に、ブログというのは個人のカラーが強く出てくるコンテンツでもあります。

ですので、
勿論時代遅れのノウハウ系の内容は、再度注目をされることは、ないでしょうが、
そうではなく、
時代的な流れに影響を受けにくい内容も多くあります。

そうであれば、ここから学ぶ、もしくは楽しむ。
という人が多く現れるという予測は容易にできるでしょう。

さらに、ここでの良いところは
自分の好きな声で聴ける。
ということです。

実際の声優さんなどの声をサンプリングした音声かもしれませんし、
全く人の声を使わないで創り出した音声かもしれません。
勿論、自分の好きなペースで聴ける訳です。

どうだい?
ゾクゾクしてこないかい?

ブログはオワコンである。
という主張をする人は
要は
動画やオーディオブックのように
ながらで聴けないからオワコンである。
という論理のようですが、
この記事で書いているように、
音声ソフトの質が上がれば
多くのブログを始めとした
ネット上の文字情報の内容に
再度、多くの人が流れてくることになるでしょう。

その理由の一つに
音声であっても
話し言葉ではなく
書き言葉で聴くことが好きな人も多いからです。

つまりは、ブログをドラマCDやラジオの様なスタイルで聴く。
という接し方が、もうすぐ可能になる。
ということです。

そして、一つ前の記事に書いた
文字情報が好きな人、好む人。
今回の様に
文字情報を音声化して活用したい人。
という需要を考慮すると
まだまだ、ブログは終わらない。
むしろ、そこを見据えつつ、
自分のIQを上げる効果も副産物として手に入れるためにも
動画だけでなく
この様な文字情報のコンテンツもどんどん作っていくと良いでしょう。

これは別の記事で書きますが
動画は編集によってかなりの下駄を履くことが
誰でも可能です。
勿論、自分で全てを行うとなると、大変かもしれませんが、
そこはテレビが行っているように外注をして、
真っ当な作品に見えるように頼めば良いだけです。
実際にYouTubeでもこの様な方法をとっている人は多くいるでしょう。

ですので、
確かに、動画を作るということも
しっかりとやればIQを上げる良い訓練にもなりますが、
それよりも手軽で、かつ、難しいのが
この様なブログを書く。
などの、
書く。
という行為なのです。

そして、
動画よりも強い臨場感があるのも
文字情報になります。

言語というのは
人類が進化の最終段階で手に入れた内容になります。

その時期に手に入れた内容ですから
昔からある内容よりも操作をするのは難しいですが
同時に
それだけ強力である。
とも
言える訳です。

言葉があなたの人生を決める。
という言葉もあるくらいに
影響力の強い内容でもあります。

ですから、
単なる
小銭稼ぎの道具としてしか考えないで
もっと広い視点で
ブログ
などの
文字情報を認識をして
運用をしてください。

金を基準に過ごしていると
これからの時代は
確実に身を滅ぼすでしょう。


そして、
実はまだ続きます。

それは次の記事で。


それでは
今日も最高の一日を。



spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 IroN(アイロン)と申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク