娯楽

待ち遠しくてたまらない! 「ファイナルファンタジー7リメイク」

色々と新しい取り組みを考えて、実際に実験、実践をしています。
その中の一つが、個人的に気になるトレンド系のニュースを取り上げよう!という取り組みです。
カテゴリーも将来的なことを考えて「今週のトレンドニュース」という風にしようとしたのですが、おそらく時系列関係なくなりそうなので(笑)ありきたりではありますが、今のカテゴリーにしました。


その中で、直近で一番テンションが上がったのが、今回の記事のメインになる「FF7リメイク」です。
この記事を書いている時点では、下記のニュースが一番最新のものになります。


【動画あり】『FF7 リメイク』バトルシステムまとめ&試遊追加リポート【E3 2019】 - ファミ通.com
ちなみに、今後のニュースやリリースされた後の内容に関しては現在考え中です。



オリジナルの100倍以上のデータ容量でリメイク


オリジナルはCD-ROMでしたから、今作と単純な比較をした場合、オリジナルのディスク1枚を少し多めの容量にして1GBだとしても、リメイク版とでは25~50倍の容量の差になります。
ちなみに、CD-ROMの場合大体700MBほどですが、今回はわかりやすく1GB(1000MB)として書いています。

今作はBDでの発売になりますから、1層であれば25GB、2層なら50GBもの容量になります。
この辺については、まだ公式に発表をされていないので、明確なことは言えませんが個人的な予想では、ここまでの作り込みと、あえて「分作でのリメイク」ということを基準に考えると、おそらく2層の2枚組になると思われます。ということは、100GB相当のデータ量になると言ことですね。

そして重要なのが、今作はミッドガル脱出までのストーリーという部分です。
オリジナルでは、3枚のディスクで物語が展開されました。先程の容量だと大体3GBということですね。
しかし、今回のストーリーは物語の展開でいえば、序盤と言えます。
オリジナルのディスク1のストーリー展開をいくつかに区切ると大体8つほどの節目があります。
その中の一番最初が今作のミッドガル脱出になります。ですので正直、リメイクが何部作になるのかは、全く予想ができません。
しかし別の視点で考えれば、それだけハイクオリティーな作品になる!ということでもあります。

今までの100倍以上のクオリティーのゲーム…と言われて、皆さんはすぐに、ハッキリと想像できますか?おそらく、ほとんどの人が難しいでしょう。
そのような、想像を超えまくったゲームの一つが、今作の「FF7リメイク」という作品なんです。



今までのシステムの集大成のバトルシステム

オリジナルでは、リアルタイムで時間は経過していきますが、行動の選択は「コマンド」での選択のみでした。
それとは違い、今作は、コマンドでの選択もありますが、基本的には、リアルタイムアクションでの操作になります。詳しくは、最初に張ったリンクを参考にしてもらいたいと思います。

動画を見たという前提で続きを書きますが、多くの人が気付いているとは思いますが、今回のバトルシステムの大本は、スクエアエニックス(当時はSQUARE)の代表作になる「キングダムハーツ」シリーズがベースとなっているはずです。

…が!実はその前に「エアガイツ」という、SQUAREのゲームキャラクターが「KOF」のように戦う格闘ゲームがありました。
私は、運よくそのゲームを持っている人が知り合いにいたので、何度か遊ばせてもらいました。ちなみに、この時も声がついているのですが、現状の声優さんとは違う人です。たしか、この時の声優さんのままなのは、「ユフィ・キサラギ」だけだと思います。

このように、昔から試行錯誤を続けながら、様々な(バトル)システムの挑戦をしてきました。
その集大成が、現状プレイができる作品では「ディシディア」シリーズなどになります。もちろんスマホゲームである「ディシディア・ファイナルファンタジー オペラオムニア」のような簡単なコマンド式のゲームもあります。

個人的には、オリジナルの「コマンド」システムも好きなので、そちらでもプレイできると嬉しいのですが…おそらく難しいでしょうね。

ただ、コマンドの選択中はスローモーションになるという演出は、映画「マトリックス」の1シーンみたいで、とても個人的には大好きです。
これもゲームならではの演出と言うか楽しみ方だと思っています。現実じゃあ、まず無理ですから(笑)

リミットブレイクに関しても、どの程度の頻度で使用できるのかも気になりますね。
キングダムハーツだと、フォームによって固有の技があり、それらは基本的に条件を満たせば、結構な頻度で利用ができますが、今作のリミット技もこうなるのでしょうか?
それともテイルズシリーズのような頻度になるのか…その辺も大変気になりますね。

個人的にはリミット技のほかに、キャラクターごとの固有の技や、「マテリア」によるスキル変化を期待しています。
とにかく、リミット技が頻繁に使えるのは、ちょっと嫌なタイプです(笑)
必殺技!って感じがしませんからね。



ストーリーの臨場感が半端なく高いハズ

最初の方に書きましたが、おそらくオリジナルの100倍以上のデータ量になるということは、それだけ臨場感が高くなるということです。
もちろん、データが100倍だから、臨場感も100倍になる…とはいかないでしょうが、間違いなく、歴史上トップクラスの臨場感の高さになると思います。

もともと、PS三部作はストーリーがかなり作り込まれた作品です。(というか、FFシリーズ全体でそうですが。)
個人的には、オリジナルの時点でも臨場感高く、ストーリーに熱中できたので、今作にはかなり期待をしています。

ゲームの目的は、娯楽としての時間をとことん楽しむという部分にあると思います。
しかし、その楽しみ方も人により違います。育成ゲームのように、すべてのキャラクターのステータスを完ストして、アイテムもフルコンプすることが一番好きな人もいますし、私のようにストーリーを楽しみたい人もいます。
また、今作はフルボイスですから、好きな声優さんを楽しむというのもあるでしょう。あとは、映像を楽しみたいもありますね。
今回の作品はこれらすべてがハイクオリティーで楽しめると思います。

ゲームシステムは当然ながら現時点で最高の内容になっていますし、ストーリーも20年以上の時間が経ち、関連作品とのすり合わせも行っているはずですから、より深い部分まで作り込まれているでしょう。映像に関しては、書くまでもなく、凄いことになっています(笑)
どの分野に関しても、確実に熱中できること間違いなしでしょうね!



キャラクターを通して、プレイヤーも成長しよう!

攻略本などに書かれていますが、登場人物たちは、みんな何かしらの「嘘を自分についている」状態です。FF7のコンセプトの一つに「自分と向き合う」という要素があり、キャラクターたちの成長を通して、プレイヤーである私たちにも、いい影響をくれるはずです。

近年ではゲーム脳などのネガティブな内容が目立ちますが、ゲームも広い意味では「ツールの一つ」ですから、使い方によって、結果が全く変わります。

基本的にはゲームというのは、娯楽の典型ですが、それ以外の内容を娯楽から得られないとは限りません。
例えば、今回の作品をきっかけに、間違いなくプログラマーになる人はいるでしょう。このように、リアルの人たちの人生に、何かしらの大きないい影響だって与えているのです。

ゲームやアニメと言えども、何かしらの表現行為ではありますから、現実世界においても、何かしらのきっかけとなる発信を作品に込めているチームがほとんどだと思います。
そのような意図もくみ取れるのであれば、くみ取って自分の人生に活用するのは、全く悪いことではありません。
使えるものは、なんでも使えばいいのです。
…と書いていますが、基本は気楽に、自由に、マイペースに楽しむのが一番だと思います。

間違いなく、今回のシリーズは、歴史上に(また)残る作品になるでしょう!
まだまだ、公式に続報が続くと思いますので、機会をみて、この記事なども更新をしていきたいと思います。
皆さん、「興味がでましたか?」
発売まで、半年以上ありますが、わくわくしながら、待っていましょう!

それでは、今日も最高の一日を。

カラオケは上手く聴かせるよりも「楽しく歌う」を楽しもう。という訳で、原曲キーからズラしましょう。

というタイトルですが、結局これは楽しみながら上手く歌えるようになる内容でもあります。

以前、プロデューサー経験もあるミュージシャンの人が良いことを言っていたので、その人の言葉を一部お借りすると「カラオケで言うところの原曲キーというのは、そのシンガーの人のキーであり、自分のキーではない。自分には自分のキーがあり、そのキーで歌うからこそ、単なるモノマネから自分の曲になる」という内容です。

これは、音楽を生業にしている人だけに限られた話ではなく、全ての人に言える内容です。
もちろん、たまたま自分が歌いたい曲のキーが、オリジナルの人のキーと同じであれば、わざわざキーを変える必要はないでしょう。
ですが、そうでないならば、この時の対応は主に二つになります。一つは、曲のキーを変える。もう一つは、自分が歌える範囲を広げる、という内容になります。基本的に二つ目の内容は、いわゆるボイストレーニングなどの領域になりますので、今回は、除外をします。
また、基本的にこの記事では、これからの季節…というわけではないでしょうが、日常的に多くの人が楽しめる娯楽の一つである、カラオケでのシーンを想定した記事にしています。

カラオケの場合、キーを変えるためのボタンがリモコンなどにあります。
あとはそのキーを移動させながら「これかな?」と思う数字、場所を見つけるだけです。
こう書くと「ある程度の専門的な音楽教育を受けてないとできないでしょう」と思う人もいるでしょうが…大丈夫です!というのも、日本人のほとんどは学校で音楽の授業をやっていますので、問題なくできます。言い換えるなら、その程度の内容で大丈夫ということです。
これは学校の音楽の授業は苦手で、成績もよくなかった…という人でも、ほぼ大丈夫です。

まず第一に、日本において、本当の意味での音痴と呼ばれる人は少ないでしょう。
これについては長くなるので、ここでは省きますが、本当に「これは真実だ!」と言い切っても良いくらいに本当だと思います。

「上手く歌えない」というのは、もちろん程度の差はあるでしょうが、多くの場合「慣れの問題」や「元々自分に合っていないキーで歌っているから」というのが、ほとんどの原因になります。
そして、すぐに解決できる問題が、この、「自分に合ったキーで歌う」という方法です。

ちなみに、よくネットでは自称5オクターブとかいう人が多くいるようですが、その人たちの声が、単に音として出ているだけなのか、歌声と呼べるのかで中身が全然違うでしょう。
ちなみに山下達郎さんですら、確か3オクターブちょいだったハズです。

そして、実際のポップスの曲では毎回3オクターブもの音の振れ幅があるのではなく、だいたい1オクターブから1オクターブ半くらいです。
そして、大体1オクターブほどの音の振れ幅であれば、自分のキーにしっかりと移調が出来ていれば、ほとんどの人には、問題なく歌えるでしょう。

そして、ここが大切です。山下達郎さんを始め「実力派」と呼べるシンガーやミュージシャンであればあるほどに、この移調と呼ばれるキーの移動をしっかりとしています。
もちろん、何かしらの意図がある場合は移調をした方が良い曲でも、そのままの場合もあるでしょう。
ですが、その時の目的は確実に、単なる「モノマネである」ということはないでしょう。

ハッキリ言いますがネットや身内の中だけでの、自称何オクターブの声の持ち主なんて発言は「痛い奴」という言葉しか出てこないくらいに、中身がなく、無駄なものはありません。
特に、カラオケで歌うだけなのに、その様な事に固執している時点で、中身が無いのがもろわかりです。

身近なカラオケでの役割はたった一つ。自分や周りが楽しめることです。
その中でも大切な要素の一つが、自分が楽しく歌えることでしょう。
そして、その為の簡単であり、さらには結果として上達への近道にもなる方法が、すでに書いている「自分が歌い易いキーに変えて歌うこと」なのです。

そして、これもほとんどの人に言えることでしょうが、ボタンをいじって変えていると、何となく自分が「これかな?」と引っかかるというか、直観的な感覚で感じられるキー、場所があると思います。
多くの場合、それが「あなたのキー」になります。おそらく、かなり歌い易いハズです。
これを読んでも「本当に?」と思う人もいるでしょうが、ほぼほぼ、この通りになるハズですので、まずは、実際にカラオケに行ったときに試してください。

ほとんどの日本人は、実は自分がある程度の相対音感が養われていることに無自覚です。
しかし、個人的な感覚では、日本人というのは「かなり歌に対しての操作能力が高い人が多い」という認識があります。これは、学校の授業では成績が良くなかった…という人もしっかりと含まれています。カラオケの場合は、自分が好きで何度も聴いて覚えている曲を歌うハズです。ここが学校の授業と違うところの一つです。
もし、それでも不安なら、「ガイドメロディ」などを調整すれば良いでしょう。
「ガイドメロディ」や「ガイドボーカル」というサポート機能を使えば、より歌いやすくなるハズです。

基本的には、単にボタンでの簡単な操作ですが、これをするだけでも、自分はとても歌い易くなり、聴いている人に対しても、かなり上手く聴こえているハズです。

そして、ここが大切です。
「自分のキーで歌う」ということは「その人のオリジナルの魅力が沢山詰まっている」ということです。
個人的には、ここをとても大切にして欲しいと思います。

カラオケによく行く人と言うのは、当然ですが歌うことが好きなだけでなく、多くの場合、私のように、他人の歌を聴くことも好きな人が多いと思います。

確かに、カラオケには採点ゲームや、ネットを利用したランキング機能などがありますから、これらの競争的な部分を楽しむのも、一つの娯楽としての機能でしょう。
ですが、個人的に思うのは、カラオケというのは、自分が楽しく歌って、他人の歌を楽しく聴く、と言うのが、基本だと思っています。
ただ、日本人は権威的なものが好きな人も多いので、プロのアーティストの「ものまね」をすることで、優越感を感じたりする人も多いでしょう。
もちろん、それで問題がないなら全然いいのですが、やはりポップスの基本は、人それぞれに違うところだと思いますし、それが良い部分だと思っています。

そして、俗にいう「世界観」と言うのは、個人が全員持っているわけです。
これは、プロと呼ばれる人だけが持っているのではなく、歌うのが苦手だと感じている人たちも含めて、人類全員が持っているのです。
そして、その多くの世界観を、気軽に楽しめる場所の一つが、カラオケだと思っています。
最初に書いた様に、自分が歌いやすいキーで歌うからこそ、その人の世界観が出てくるのです。
もちろん「世界観など出したくない…」と思う人がいても良いのです。
ただ、そこの部分を抜きにしても、今までよりも、楽に歌える状態を作れますので、是非とも、カラオケに行かれた際には、この方法で数曲歌ってみてください。

それでは、今日も最高の一日を。
スポンサードリンク
プロフィール 
皆さんはじめまして。IroN(あいろん)と言います。  このブログでは、皆さんの「スコトーマ」と呼ばれる「心理的な盲点」を少しでも外せることを目標に、様々な記事を書いていこうと思います。  いわゆる「雑記ブログ」のような感じになると思いますが、書きたいことが沢山あるので、本当に幅広いジャンルの内容になると思います。  また、皆さんの人生の「何かしらのきっかけになるような記事」のほかに、ちょっとした暇つぶしに使ってもらえるような「娯楽的な記事」や、私が「いいな~」と思った様々な内容も紹介していきます。 どうぞ、末永くよろしくお願いします。  それでは、今日も最高の一日を!
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー   広告の配信について  当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」  https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム、バリューコマース・アフィリエイトプログラムの参加者です。  第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。   免責事項  当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。   著作権について  当ブログ(Splendor ~素敵な日々をあなたに~)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。ただし、全文転載はお断りいたしております。引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
スポンサードリンク