元ネタ?
当然、やつですよ。
黄色な嫌な奴(笑)
あいつ大好きです(笑)



色々と
「トライ&エラー」
実践していくぞ!
決めたので
早速今までと違う記事を。

というか
何を書こうかな~。
というのが
今の正直な気持ち。

ただ
漠然とあるのは
もっと
娯楽的な要素も増やそう!
思っているので
pixivとかの内容も書いたり
紹介したりしていこうかな?
というのが
今は一番強いです。

音楽関係の内容は
もう一つのブログで色々と追加していくつもりですので
こちらは
主に
音楽以外をメインに。

もしくは
「ファイナルファンタジーオペラオムニア」
関連では
無いですが
ゲーム関係の内容は
このブログと向こうのブログ問わずに
書いていこうかな?
みたいな感じで考えています。

では
なぜ
こんな感じの記事を書いているのかと言うと…。

一つは
引用を多く記事に使っているので
その反動が出ている(笑)
もう一つは
最初に書いた様に
「トライ&エラー」
という実践と一例を兼ねて。
最後に
単に書きたいから。
という
コーチングの
want toなこと
という内容を元にして書いています。

それでは
一つずつ書いて…
ここではしません!!(笑)

色々と

新しい刺激

挑戦をして

どんどん
自分を書き換えている最中です。

ですので
いつもと
違うことを
どんどんやるのです。

ただ
少しだけいつもと
同じ様なことも書いておくと

実際の日常生活で
新しい事を
色々と行うことも当然できますが
多くの場合
何か他人と関係がある環境では
その環境を維持したい他人が
邪魔をしてくることが多いと思います。
もちろん、コーチングの考え方などを
共有できていれば
大丈夫でしょうが
コーチングの考え方が市民権を得てきたとはいえ
まだまだ
マイナーでしょう。

ですので
せっかく
トライ&エラー
積み重ねる。
という
実践をしても
無知な連中に邪魔をされて
エフィカシーを下げたり
ドリームキリングにあうのは
正直、私としても望んでいません。

ですので
方法の一つとして
私のようにネットを上手く使う。
例えばいつもと違う記事を書いてみる。
とか。

または
何かしらの
ものつくりをしている人であれば
例えば
音楽を例にして
いつも
J‐POP
を作っているのであれば
海外の作品を参考にして
海外向けの曲を書く。

詳しくはここでは書きませんが
多くの日本の曲は
「ブルーノートスケール」
言われる内容を基にして作られています。

また
コード進行やアレンジパターンなども
だいぶ固定化されています。

これも
あえてボカシて書きますが
ある、日本では売れっ子ミュージシャンとして知られる人がいます。
その人は
日本の曲に関しては
ほとんど一発で曲を演奏できるそうです。
しかし
海外のミュージシャンと共演した時には
半年以上も練習をする必要があった。
これは
先に書いた様に
日本の固定化されているパターンはできるが
日本では馴染みのない内容は
他のミュージシャンと同じ様な状態になる。

ここが
トライ&エラー
一つの例だと思っています。

ここでの
トライには
挑戦。
という日本語の意味もある。
というか
勝手にあると思っています(笑)

挑戦ですから
今まで手を付けなかった内容に挑む行為は
全て
トライ&エラー
となります。

ですので
もちろん
以前に書いた
苫米地さんのワークも実践してもらいたいですが
それだけでなく
want toで取り組みたい内容にも
どんどん
挑戦してみてください。

きっと
楽しみながら
自分も変わって行くハズです。


それでは
今日も最高の一日を。