速読で多読が日常

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

ニュース・雑誌記事

現実的な「インターセクト」はサングラスじゃなくて「ヘッドフォン」になりそうかな?

出来れば
まずは
こちらの記事を読んで貰いたいと思います。


プロスポーツ界も注目! 脳に電気刺激を与え能力を高めるヘッドホン型デバイス 
| テクノロジー | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト



ちなみに「インターセクト」とは、大人気海外ドラマ「CHUCK」の主人公である
チャールズ・アーヴィング・バトウスキー
通称
チャック
脳内の中にダウンロードした
国家機密
様々な知識と身体技術を使いこなせる
スーパーソフトウェア
です!

まあ、将来的に「インターセクト」の様な学習方法が一般化されるはずだ。
ということを
何度か他の記事で書いているのですが
今回はニューズウィーク日本版にも登場をするくらいに
結構な規模での内容になります。

ニューズウィークの記事の中には
アマチュアだけでなく
多くのプロスポーツ選手やセミプロクラスのアスリートが
今回の機器のために協力をし、
また
実際に使用をしてその効果を体感しています。

ただ…。

この機器の効果のほどは実際に使ってみないと何とも言えませんし
もう一つ言いたいのは
現時点ではありますが
この機器は
全く未知の内容を
つまりは
神経ネットワークが出来ていない内容については
効果が無さそうです。

記事の内容を読む限りでは
すでにある程度の神経ネットワークの構築が出来ている内容に対して
今までよりも質が高い刺激を与えることで学習効率を上げている。
という感じになるでしょう。

まあ、今の科学力で、本当に
CHUCKの「インターセクト」がそのまま出来上がるとは思っていません(笑)

ですが、今回の機器は
まだまだ、改善点は多くあるでしょうし、当人たちもそこはわかってはいると思いますが
新たな時代に向けて。
という意味では
とても大きな内容だと思います。

勿論、実用はまだまだ先の話になるでしょうが、
将来的な学習方法の一つとして
DNAハードディスクを利用した方法が考えられます。

このDNAハードディスクを使った学習方法ですと
単に
握手をしただけで、
相手側に必要な知識や技術を習得させることが可能になります。

勿論、実用化までには、だいぶ時間がかかる内容です。

ですが、
現時点で分かっている内容だけでも、この様な未来が容易に想像ができるくらいの
テクノロジーの進化や発展は
毎日起きています。

ですので、この部分では皆さんも大いに楽しみにしてくれて良いでしょう。

ですが、
同時に、これらの機能を悪用する人間も出てきます。

今回の記事に絡めるのであれば
オウム真理教が信者に行っていた方法と
原理は
どちらも同じなのです。

どこに向けて電流をどれくらい当てるのか?

という、本当に些細な違いなだけです。

または、ソードアートオンラインの様に、することも可能です。

素晴らしい技術というのは
そのまま使えばいいのですが、
どうしても、
今の時点での人類の中には
自分のエゴのために悪用をすることを自然と行える人間が結構いるのも事実です。

まあ、今回の記事の内容に対しては、そこまでの悪意を持った危険性は無いでしょう。

ちょっと嫌な話が出たので、ここでいい話に戻しましょう。


今回の記事の機器の様に
ある特定の部位に電流による刺激を与えることで、
脳のパフォーマンスを向上させる。
という内容は
実は
結構、昔から言われていますし、実験もされています。

このブログでもよく出てきた、
並列処理、
一般的な言い方では
マルチタスク
という呼び名の処理方法に対しても面白い内容があり
ある特定の行動しながら、それ以外の活動に関係している部分に電流を与えると
マルチタスクの処理効率が高くなった。
という内容があります。

ここでは、一例と言うか、イメージとしては
パソコンで文章を書きながら
英語を聞き流して、英語の勉強をしている。
という状態だとしましょう。

メインとなるのは文章を作成している状態であり
英語を聞き流しているのはサブになります。

この時に、英語の聞き流しの時に使われている部位に適切に電気刺激を与えると

どちらの行為も質が高くなった。

という内容があります。


これは、面白いと思いませんか?

英語の学習効率が高くなるのはわかりますが
一切外部から刺激を与えていない行為に関しても
同じように質が高くなる。
というのは、普通は不思議に思うハズです。

まあ、そうはいっても、部位でなく、脳という抽象度で考えれば
どこかに刺激を与えれば、それぞれの場所で程度の差はあれど
脳全体に影響がある。
という感覚は、すんなりと受け入れられるハズです。

これは
お腹が痛いときには、身体全体で調子が悪くなり、
思考の方にも影響がある。
というのと同じです。

つまりは、全体と個々の双方向通信状態になります。

全体が悪ければ個々も悪くなるのは当然ですが
同時に
個々の一部が悪くなればそれ以外の全体にも影響が出る。
という
本当に、ふつ~うの出来事になります。

勿論、この様な外部からの電気刺激を与えなくても、
マルチタスクは人間が常に行っていることですから
ある程度の訓練をすれば大体の内容はすぐにできるようになります。

まあ、今回のニューズウィークの記事の内容はマルチタスクでは無いので話を戻します。


ニューズウィークの記事の後半に
「ニューロ・ドーピング」
という言葉が出てきましたが
おそらく、この言葉はそう遠くない未来には定着をする言葉だと思います。

では、ここで多くの人が思うであろう、
だったら、この記事の様な練習方法を認めてしまえばいいじゃないの?
思うかもしれませんが、
そう簡単では無いでしょう。

というのも、
実際のところは、現時点でも国ごとの資本力の影響は出ていますが
それが、ますます広がることになります。

つまりは、先進国の人はどんどん、強くなり、
途上国などの国の人間は、ここでも大きなハンディキャップを生まれながらにして持つことになります。

その為に、優秀な人材がどんどん、途上国から先進国に流れていきます。

では、
途上国にも均等に、これらの技術や知識を教えてあげたらどうだい?
という人もいるでしょうが、
これも、そう簡単ではない。

というのも、
今回のニューズウィークの記事の内容は
優秀な兵士やエージェントを量産できる方法です。

これは、最初の方に出て来た「CHUCKシリーズ」の敵対組織である
「フルクラム」
「リング」
「インターセクト」を利用して、テロリストを量産しようとしていたのと同じような状態になります。

勿論、テロリストを量産する目的で使うというのは
国家単位ではあり得ないでしょうが、
それでも、今度は政治的な話しにどっぷりと関係がある内容になってしまいます。

ですので、
今回の機器に限らず、
素晴らしい内容のモノでも
誰彼かまわずに
すんなりと教えたりすることが現実的には難しいのです。

ただ、これも最初の方に書いた内容ですが
これからの学習方法も
これから数年で
大きなルネサンス革命の様に
もの凄い変化が起きるでしょう。

今ではまだ、従来の方法の延長線。
という感覚の内容が多くなっています。

まあ、今はどうか知りませんが、
というか、もうテレビをほとんど見ないのでわからないのですが
数年前に見かけたバラエティー番組の中で
体育の授業の家庭教師をつけて、マンツーマン指導で
逆上がりの練習をしている。
という様な内容を見たのですが
これなんかは、
百年以上も前には
貴族だけの特権と言えた内容でしょう。

ですが、今では誰でもある程度のお金を払えば、
貴族と同じ状態で学べる訳です。

勿論、貴族に教えていたような超優秀な家庭教かは、わかりませんが(笑)

しかし、そろそろ、本当に
学習という内容においても
直接的に人の手を使わないで
必要なデータを使った電気刺激や
イメージングをVRなどを使った模擬学習や訓練という環境を利用して
一人で学習をしていく時代になる。
という状態に向けて、着々と進んでいると感じています。

まさしく、SFの世界。

「サイコパス」アニメ3期が決まったように!

…。

まあ、ここはネタですが。

「サイコパス」の様な社会環境になっていくとは思うので、
もしよければ、「サイコパス」とか「ドラえもん」とかの作品を見ておくのも
これからの時代を予想するいい材料になると思います。

ただ、だからと言って、
今までの学習方法を
今からやらなくてOK
ということでは無いですからね。

ですが、
本当に未来では
今の学習と呼ばれる内容は
学習ではなく
娯楽、遊び。
という
位置になるのでしょうね。

そういう意味では、
これからの
半不老不死の時代にとっては
時間をどのように使うか?
ということは
今よりももっと重要になります。

ですので、
今の学習という行為は
未来において
娯楽へと変わる訳ですから、
その様な
未来の変化も意識しながら、
どんどん、
学んで貰いたいと思います。



それでは
今日も最高の一日を。


「咳やくしゃみの飛沫は4メートル飛び、45分間、空中に留まる」だと?

「咳やくしゃみの飛沫は4メートル飛び、45分間、空中に留まる」との研究結果 
 ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト



これは…。

飛沫がかなりの距離を飛ぶ…。
というのは
知っていましたが、
半減するまでに、10分かかる細菌とか…。

これは
電車の中とかもそうですが
個人的には
駅の中にある様な
小さなコンビニ
とかの方が怖くなりました。

利用をされている人ならわかると思いますが
マスクなしで
咳やくしゃみをする人は
たくさんいますよね。

特に
おでんの前で
くしゃみをしたり、咳をしたりする人も珍しくない。

ちなみに、
私は
2、3度ですが
鞄に
他人の鼻水や痰が付いていたことがありました…。

全部電車の中でやられました…。

そういう意味もあり

マスクをしてください。

ということをここでも書いていますが、
これなんかも
トラブルは当然ですが
十分過ぎるくらいに
訴訟に繋がるお話です。

これが
高い
着物とかだったら、
かなりの金額になりますし、
他にも、運悪く高価な機材とかを、鼻水や痰で壊したりしたら…。

マスクは基本的には感染の予防を目的としていますが、
それ以外にも、すでに書いた様に、他人への配慮と、同時に、訴訟のリスクを防ぐ。
という効果もあることを、新しく、認識をしてください。

また、最近であればファッションの一部にもなっていますね。

昔であれば、ヤンキーの定番くらいでしたが、最近では大衆向けになったようです。

その一つのきっかけは
ざわちん さん
というタレントさんの影響で
身に着けることへの抵抗は無くなったどころか
むしろ
好意的に感じる人も増えたのではないでしょうか?

私の場合は
季節問わないで
外出時は
マスクは常につけています。

それこそ
夏場でも関係なくつけています。

まあ
流石に
炎天下のアスファルトの上とかは外しますが
絶対に
電車とか
お店の中に入ったら
マスク
装備!
なります。

これも慣れで、すぐに、気にならなくなると思います。

今までは
当然ですが
個人の健康管理、自衛。
という目的で
マスクをしていましたが
ここ最近は
自衛だけでなく
パンデミックの予防などの目的としても、
十分過ぎるくらいに
効果があることを
一般の人も耳する機会が増えています。

自分の健康を守ると同時に
他人の健康も一緒に守る。
という
二つの効果を
同時に得られるのですから、
是非とも
マスクを日常にしてみてください。

後はすでに書いた様に、他人に不快な思いをさせないためにもね…(笑)

それでは
今日も最高の一日を。



人間の定義が広がる瞬間。

エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文  ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


「炭素以外でできた地球外生命体」
という言葉が、ニューズウィークさんの記事で出てきますが
これについては同意します。

まあ、以前も記事に書きましたが
大暮維人さんの「魔神 DEVIL」という漫画のキーパーソンである

魔神 ホワイテッドヴァンパイア

と呼ばれる
中田譲治さん
とか
中尾隆聖さん
とかのCVを
個人的には希望をしているキャラクターがいますが
この白D
(「ヒゲD」では無いですよ。魔神違いです(笑))は
自らの身体を捨て
情報生命体として
主人公の頭の中に住み着いていました。

もっと言うならば
一部と二部という風に分けて書けるであろう
この作品ですが
一部の段階では
まだ、身体は持っていました。

ですが
二部が始まる前から
どうやら、二部の主人公である「デコッパ」という
(オニオンナイト的なダークなフレイムの副社長的な人がCVをやってくれると個人的にはうれしい)
人物の超優秀な頭脳、脳みそを使い
自らを
情報生命体へとシフトをしました。

元の記事では
ロボット的になっている。
という様なことも出てきますが
実際に
物理空間的な身体を持っているとは限りません。

まあ
すでに書いた
魔神も
脳内の電気信号という
物理的な内容ですが
ここでの、
物理的
情報的
というのは
とりあえず
物理的は
実際に身体で、手で持てるような物体になっている内容
情報的は
電気信号やデジタル処理をされているような内容
という様な感覚で
話を進めて行きます。

例えば
最近放送が終了をした
「アニメ版のグリッドマン」
とか
シリーズが大ヒットしている
「デジモンアドベンチャー」
とか
絶賛放送中の
「ソードアートオンライン」のカヤバ博士
とか
みたいな
感じで
すでに
地球人にとっては
膨大な世界になっている
ネット空間に
すでに
情報生命体の宇宙人が紛れ込んでいる…。
なんて妄想も
あながち、外れていない可能性があります。

もしくは
地球内の未開の地の一つである
深海
とかに
実はコミューンが出来ている。
とか。

個人的には
すでに深海は
イカのGirlに侵略されているハズ…。
なんて考えています(笑)

元の記事がSFチックな話なので
さらに
漫画で例えますが
「まほろまてぃっく」
という漫画のラストの方で
宇宙人にとっては
捨てても
痛くも痒くもない兵器
という内容が出てきますが
あまりにも
文明のレベルが
かけ離れている場合
私たちは
それらを正しく使う方法を認識ができません。

ここでもアニメでの例えをしますが
何話か忘れましたが
「キテレツ大百科」
というアニメで
原始時代でマツタケを食いまくる(`・ω・´)
という話があるのですが
その時に熊田薫くんが
カセットコンロを持参していたのですが
その時の
を見て
原始人たちは
そのカセットコンロを祭っている
という様なシーンがあるハズです。

これなんかはいい例だと思いますが
本来のカセットコンロはマツタケを焼いたりはしますが
祭られたりするようなものでは無いです。

ですが
カセットコンロを知らない原始人からしたら
カセットコンロは
まさに神の様な存在なのでしょう。

勿論、地球外生命体が神様である。
とは言いません。

ただ、人間という生き物が何かしらの影響を受けている可能性は高いと思っていますが…。

ですが
人間が初めてコンタクトを取る
地球外生命体が情報生命体である可能性も十分にありますし
これから先の地球でも
情報生命体との共存が当たり前になる時代が
どうやら来そうです。

この時に
例えば
はじめて出会った宇宙人が
情報生命体であった場合、
多くの人は
生き物では無い
言う可能性が
高いのかな?
今は思っています。

ですが
自我がある。
という内容があれば
十分に
人類である。
認識をしてもいいと思っています。

ここでも漫画を例にします。

「鋼の錬金術師」という漫画の中に
「この子(主人公のエドワード)は人間という内容の範囲があまりにも広い。」
という言葉が出てきます。
ハガレンを読まれた人ならその理由は理解できると思いますが
そう遠くない未来に
私たちも
人間という言葉の中身が
大きく広がる瞬間に出会うハズです。

その時がいつになるのかは
まだまだ分かりません。

ですが
確実に言えるのは
100年もかからないハズ。
ということです。

もっと言うと
個人的には
50年かからないで
この様な世界になっているハズです。

もしかしたら
10年かからないかもしれません…。

他の記事に書くつもりですが
これからの
今の人類は
利他的な視点を
自然と
常に
持てるかどうか?
という
部分が
大きな分かれ道になると思っています。

この様に書くと
ハードルが高いと思う人もいるかもしれませんが
そんなことはありません。

この
利他的な心
というのは
人間が全員
生まれながらに持っている
生得的な機能
です。

ですが
現代では
その機能が上手く機能していない人が多い…。
というのが
悲しい現状でしょう。

ですから
この機能をしっかりと使うぞ。
という人と
めんどくせーな。他人なんてかんけねーよ。
という人とでは
圧倒的という言葉では表せないくらいの
大きな差になるハズです。

その最初の転換点は
5年以内には確実にくるでしょう。


まあ
それまでに
地球外生命体との交流が始まれば
また
事情は変わるでしょうけどね(笑)


地球の中も、外も
未だに
未知のわくわくする内容が沢山あります。

それらを楽しんで
これからも日々を過ごして行きましょう!

それでは
今日も最高の一日を。



参考書籍

百年後の日本人 [単行本(ソフトカバー)]
苫米地英人
角川春樹事務所
2018-09-13

あぁ。来ましたね。AI面接官。

【就活最前線】採用・不採用は人工知能が決める | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/01/post-11518_1.php


まあ、以前から言われていることですし、
予想をしている人はたくさんいると思いますが、この様な記事が出ています。

ただ、この様に書いても

新卒とか転職組くらいしか関係がないのでしょう?
私は大丈夫です~(笑)

とは
思わないように。

この様なAIが採用をされたら、
正直言って
常時面接をされているような感覚になる。
思った方がいいでしょう。

違う言い方をするのであれば
一種の管理システムのようになる訳です。

そんな馬鹿なこと実現をする訳がないだろ?
思うかもしれませんが
個人的にはそうは思いません。

というか
時代の流れを見るからに
明らかにこの様な監視システムが導入をされる時代になる。
ほぼほぼ確信をしています。

でも、
この様な監視システムが導入をされても
真面目に仕事をしている人にとっては問題が全くありません。

この様なシステムで監視をしたいのは
簡単に書くのであれば
しっかりと仕事をしてくれる人材を採用していきたい。
という目的であり
違法的な奴隷を獲得することが目的ではないからです。

なので
現時点でしっかりと真面目に働いている人は
気にしなくて大丈夫です。

結局、このブログでも何度も書いていますが
これからの時代で
真っ先に、職を失う人間は
現時点から
自分勝手に職場で振舞い
仕事をしていない人間です。

当然ですが
職場は
個人の遊び場ではありません。

社会に何かしらの機能を提供をして、その対価として利益を得ることを目的としている集まりです。

ですが
現状は、ここすらも理解をしていない人が多い。

ですので
最初に淘汰をされる人々はこの様な人たちになりますが、
企業側からしたら
当然と言えます。

もし、そのようになるのが嫌なのであれば
そうならないように
今から準備をしていくしかないのですが…。

この様な人に限って、何もしない無いので
個人的には
一切厳しいとは思いませんが
多くの人にとっては厳しいと感じられる言葉を言いますが
それは、自業自得です。
ということです。


そういう風に言うと
イヤ、企業側だって、従業員からだいぶ搾取をしているではないか~。
という人もいるでしょうし、実際にその様な企業もあるでしょう。
ですが
ほとんどの企業は、ぎりぎりでやっている所は多い。
しかも、人柄が良い社長とかに限って、
この様な、寄生虫と言われてしまう様な
問題児…問題社員ですかね。
何人も抱えていることが多いようです…。

ですが、
個人的には
そこは
他の真面目な従業員や、取引先や、顧客などのことも考えて
しっかりとしかるべき態度を取るべきです。

何度も書きますが
仕事は傷の舐め合いや慣れ合いの場所ではありません。

しっかりと社会に価値を出していくことを大前提として行動をしていくことを目的とした集団です。

勿論、そこの内容は企業ごとに中身が違います。
ですので
やる気がない
とかよく言う人は
そこの中身に共感ができていない。
ということですから
さっさとやめることですし、
代表としても
その様な人物に対しては
すぐにでもしかるべき対応をするべきです。

多くの場合
その様な人物は自分がいないと職場が回らないだろ~?
みたいに
舐めてかかってますが
正直、ほとんどの場合、そうはなりません。

他の人の生産性を下げているので、その部分を解消をすれば
他の人の生産性が高くなるので
むしろ、利益が上がることが殆どでしょう。

まあ、現時点では
この様な部分で頭を悩ませている人は多いと思いますが
この様な部分も今後は
AIが行ってくれます。

そう考えれば
真面目な人にとっては、あまりデメリットはないでしょう。

マイナスな面にフォーカスをされがちですが、
しっかりと良い面もあります。

両面をしっかりと把握して
これからの時代は
AIと上手に生きていきましょう。

それでは
今日も最高の一日を。



有酸素運動がテロメアを伸ばしている…らしい。 

老化に勝つには筋トレよりもゆっくり走ろう ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト



最近の研究では、運動などにより
寿命の原因ともいえる
テロメアが長くなることがある。
という内容が出てきているようです。

その様な内容が書いてあるのが、今回の記事になるのですが…。

ただ、個人的には
過度な運動は逆に細胞の酸化を速めると思っているので、
やっぱりやりすぎには注意が必要だと思っています。

ただ、これも人により、求められるレベル、内容が違うのは当然です。

例えば、
寝たきりの人であれば、普通に、椅子に座って、立って…を繰り返すだけでも、だいぶいい運動になりますが、
一般的なサラリーマンであれば、逆に運動不足となるでしょう。

で、
あくまでも、
やり過ぎない。
ということが前提ですが
個人的には、
一般的な人よりもだいぶ身体を動かしてきた人間でありますから
確かに、運動による恩恵というのは、多くの人よりも実感をしていると思います。

今回の記事には
テロメアが伸びるには
有酸素運動が必要のようだ。
という内容が出てきます。
どうやら、筋トレのみではテロメアに関しては一切効果が無いようです。

それとは違い
有酸素運動、ウォーキングかゆっくりとジョギング、
高強度インターバルトレーニング(HIIT)
では、テロメアが長くなっているという結果が出たようです。

この結果から、有酸素運動に秘密があるのでは?
という結論に至ったようです。

なので、今後も新しい情報が出てくるでしょう。

また
有酸素運動には体内の炎症を抑える効果もあるようだ。
という一文も出てきます。

これについては詳しく書かれていないのですが
パッと思いついたのは
「ベイビーステップ」というテニス漫画の中で
「アクティブレスト」
という内容が出てきます。

要は
疲労を取り除くのに
ジッとしているのではなく
軽めの運動をすることで
逆に
回復を早めていく。
という内容です。

一般的な感覚では
座りっぱなしで肩や腰にきた時に、軽く伸びや身体を回したりして疲れが和らぐ。
というイメージが良いのではないでしょうか?

実際に、アクティブレストなどで、
溜まった疲労物質が全身に分散され、代謝による処理が行われやすくなっている。
と考えるのであれば
確かに
有酸素運動で全身の代謝、血流の流れを緩やかに活性化をすることで、
炎症物質などを分散していることで、回復効果が高くなる。
という様な考えは十分にあるでしょう。

忙し過ぎる日本の企業戦士には
もう少し、ビジネスという戦場から離れる時間をつくり
好きなスポーツを行う時間も作ってもらいたい。
個人的には思っています。

何度も書きますが
過度な運動は、正直、
余程特別な理由が無ければ、おススメはしませんが
健康とストレスケアという意味では
手軽な運動は良いと思います。

個人的には
高強度インターバルトレーニング(HIIT)
なんかは
昔はよくやっていました。
というか
今も、また再開をしようと考えていたところです。

この時に
きっかりと区切るのではなく
HIIT「風」のトレーニングでも
全然良いのです。
今考えているのは
武闘家が行う筋トレをメインにして
有酸素運動としての効果は
「ぷるぷる気功」
「行功」
代用できないかな?
という
考えがあります。

まあこの辺は人体実験をある程度してから記事にします(笑)


それでは
今日も最高の一日を。




spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 IroN(アイロン)と申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク