速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

サービス

自動レジ?それよりも、レジ自体が不要でしょう( ̄▽ ̄)着々と進む無人コンビニ化計画…(;゚д゚)ゴクリ…

つい先日、コンビニ大手の「ローソン」が
レジを通さないで商品を購入できるサービスである
「ローソンスマホペイ」
を全国展開する。という発表をしていました。

これはローソンの公式アプリをインストールすることで利用できるサービスで
決済にはクレジットカードやApplePay、LINEPay、楽天Payなどが利用できるとのことです。

確かに、ローソンでは無いです、一部のお店では自動レジが採用されている所もありますよね。

ただ、その場合はバーコードの読み取りはお店の人がやって、支払いだけ自分で。
という形態ですが。

ローソンスマホペイは、完璧に、最初から最後まで自分で行うスタイルですから、良いですね(´ー`*)ウンウン

まあ、レジで待つ。
というのは
個人的には
基本的に
そこまでイライラすることでも無いのですが
人によっては
本当に
何でそんなに怒ってるの(@ ̄□ ̄@;)!!
という人も結構見かけますよね(;´Д`A ```

そーいう人には
本当にこのサービスはおススメですよ(´ー`*)ウンウン

だけども、この様な人に限ってサービスを利用しないんですよね~(;´・ω・)

他のお店もどんどん、この様なサービスを導入してくれると
すんごく助かりますね(^O^)/

先ほど、レジ待ちはイライラしない。と書きましたが、
それでも、レジ待ちをしないで済むなら、それに越したことはありません。
というのも、
コンビニではなく、スーパーでの買い物では
5分くらい待たされるのが普通です。

お店と時間帯によっては10分くらいも珍しくない( ̄▽ ̄;)

この時間を毎回と考えると…(´Д⊂グスン

本が一冊読めますよ(;´・ω・)

ただ、そのときに思うのは
レジ打ちをず~っと行っている店員さんの苦労を考えてしまうのですが(;´・ω・)

確か、基本的にスーパーのレジってずっと固定なんですよね(~_~;)

そう考えると何時間もず~っとあの状態が続くのか…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
となりますね(´;ω;`)

でも、今回の様なサービスが普及すれば、レジでイライラする人も少なくなるでしょうし
今までレジ打ちに割いていた人材を他の作業に当てられますから…。
今思ったのは、
店内調理の総菜が…(;゚д゚)ゴクリ…
パワーアップしそうヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪という予想が出てきました。


そうなると、個々のお店の利益も上がるでしょうから、経済的な視点でも良いこと尽くめですし、
美味しい料理も多くなる(´ー`*)ウンウン

良いですね~( ̄▽ ̄)

そう考えると、レジ打ちの仕事はなるべく早く、今回の様なスマホ決済か自動レジにした方が
本当に、経済的な視点でも良いことばかりな気がします。

正直、レジが好きな人を除いてほとんどの人は、あんまりやりたくない仕事でしょうから
それだけでも、職場全体の生産性を下げる方向に強く影響を出します。

また、
欧米では
「ギグエコノミー」
と呼ばれるネットでの仲介を使った単発、もしくは短期の仕事をする人が増えているようです。

ただ、やはり、いくつかの問題はまだまだあるようですが、
これからの時代はこの様な働き方も増えてくるでしょう。

日本ではまだ、そこまで馴染みが深い内容では無いですが
今回の様に、レジ処理はスマホか自動レジ。
というのがメインになれば
その他の品出しなどは
典型的なギグエコノミーとして定着をしていくことになるハズです。

というのも、
個人的にも本当に少しだけコンビニでアルバイトをしたことがあるのですが
一番面倒なのは
レジ操作なんですよ。
あとの品出しとかは
要は
日付をしっかり守って出してね。
で、済むような、本当に簡単な内容です。

ですので、研修などは不要で、その日からすぐにできる。

ギグエコノミーの一番のメリットは金銭的な部分よりも自由な時間に働ける。という部分です。
正直、高給を求めるとなると、難しいと思います。

ですが、
良くある、空いた時間に、好きな時に。という働き方ができるのが、一番のメリットであり、
それ以外の使い道は今は無い…。と個人的には思っています。

まあ、今後海外の方がどうなるかにもよりますし
日本で流行る場合も、日本独自の内容になって、かなり高評価なサービスになる可能性もありますが
現状では、すでに書いた通りです。

ただ、こらからの時代は、どんどん、この様にソフトウェアが職場の作業を代わりに行ってくれる時代になります。

また、そのあとはロボット技術の本格的な活用へと進むでしょう。

ですので、
今まで、機械の代わりに人間が行っていた内容は、どんどん、機械が行ってくれるようになります。

そうなると、
やはり、人間は
人間にしか出来ないことを職業にするしか
これからの時代を生き抜く方法はありません。

その時の職業の重要な構成要因の一つとなるのは
その人の人格
と言えるでしょう。

現在はネットを中心に、詐欺的な人が溢れていますが
その様な行為も、テクノロジーの発展により、どんどん縮小をしてくるハズです。

そして、その様な時代では
より、利他的な人物が今以上に必要とされ、大きな活躍をしているでしょう。

ちなみに、これは
今、一部で流行りの
インフルエンサー
というのとは違います。

まあ、これについては別の記事で。

それでは、
今日も最高の一日を。

どんどん、世の中の価値観、考え方は変わって行く。その変化をしっかりと見て、考えよう。

YouTube 日本の音楽を救うか | 2018/11/15(木) 16:33 - Yahoo!ニュース


まずはこちらを。

日本の音楽業界も
世界にとっては
すっと前から
ガラパゴス状態でした。

定額制の音楽配信サービスも
先進国のなかでは
だいぶ遅れての導入、参入でしたからね。

これは
色々と
日本独特の業界の「決まり事」なども関係しているのですが、
それについてはまた今度に。

ただ
この様な業界でも
世界の大きな流れの影響はあるということですね。

個人的には
上手く定額制やダウンロードなどの
新時代型のサービス
レコードやCDなどの旧世代の内容を
バランスよく取り扱って欲しいと思っています。

ですが
そう上手くは行かなそうですよね…。

日本においてはCDという媒体は
まだまだ
売り上げが落ちたとはいえ
大きな収入源の一つです。

そこが
個人的には
実際に形となって手に届くことがうれしい人間にとっての
不幸中の幸いでもありますが。

色々と
法律関係での調整に時間が掛かりそうですが
良いサービスになりそうなのは
確かだと思います。

メジャー系だけでなく
インディーズ
プライベーター
などの
ミュージシャンやシンガーにも
大きなチャンス、きっかけになるといいですね。

それでは
今日も最高の一日を。
spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 HiroNと申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク