サービス

kindleは本当に世界を変える!そしてkindleアンリミテッドもどんどん使おう!

いくつか前の記事に軽く書きましたが、今回はkindle関係の記事になります。
まず、私が今回購入をしたのは、「2019年発売のKindle (第10世代) フロントライト搭載 Wi-Fi 4GB 広告なしのモデル」になります。

以下はAmazonのサイトより引用します。


Kindleは読書のための専用端末
直接目を照らさないフロントライト方式だから目に優しく、E-inkディスプレイで紙のように読みやすい
Kindleの前モデルにはなかったフロントライトを初搭載
明るさ調整機能でいつでも快適に読書を
Eメールやプッシュ通知がなく、物語の世界に没頭できる
本数千冊がこの一台に (一般的な書籍の場合)
ハイライト、辞書、フォント変更など紙の本にはない機能が充実
長時間バッテリー。一度の充電で数週間利用可能
700万冊以上の本、マンガ、雑誌、洋書を低価格で。日替わりセールも
反射しないディスプレイだから、明るい陽射しの下でもまぶしくない
プライム会員なら、追加料金なしで数百冊の対象タイトルが好きなだけ読み放題(Prime Reading)
4GB、端末本体に数千冊保存可能 (一般的な書籍の場合)

引用終わり


この他に、専用カバーとディスプレイの保護シート、そして、専用の充電器を購入しました。
これらは、まとめて購入をすると、割引になりますので、個人的には、まとめての購入をお勧めします。
専用カバーは、付属することで、一々端末のボタンを押さなくても、ONとOFFを扉の開け閉めで自動で行ってくれますし、保護シートは何だかんだと気になる人は多いと思います。
そして充電器は、一々PCのバスパワーで充電をしなくて済むので、本当にこれらの内容は、最初からの必需品だと感じました。

私が購入をしたのは、広告なしのモデルですが、使ってみた感想は、「広告ありのモデルでもよかったかな~」という気持ちがあります。
初めてのkindle端末だったので、とにかく邪魔が入るのが嫌だったので、広告なしのモデルを買いましたが、どうやら広告が出てくるのは、ロック画面だけとのことで、実際に読み進めているときには、広告が表示されることはありません。
ロック画面は、一定時間同じページにしていると切り替わるシステムなので、読書に夢中になっているときには、支障がありません。
ですので、少しでも格安にしたいと思うのであれば、広告ありの端末でも良いと思います。

紙の本と比べた時の読み易さですが、正直、紙の本よりも、目に優しいと感じています。
これは、私の知人たちも全員が開口一番に言う位に、同じ意見です。
他のタブレット端末やPCのモニターとは全然体感が違うのです。

そして、今回からフロントライトが導入をされたようですが、こちらも個人的には、部屋を暗くして、寝る前に読んでも、睡眠にはあまり影響が無い様に感じます。
もちろん、原則として睡眠前には多少の明かりすらも避けるようにする。そして、ドーパミンが出てくるような行為は行わない、というのが良質な睡眠を得る基本です。
しかし、その部分はいったん横におくとしても、寝る前の読書にもおススメです。
先程書いた様に、他のディスプレイとは全然違うので、極端に明るくないのに、しっかりと文字が読める作りになっています。


私が買った端末は、一番サイズが小さいもので、服装によってはポケットに入れられるくらいの大きさで持ち運びには便利なのですが、一部のコンテンツでは、上手く表示がされないことがあります。
もちろん、拡大表示の機能があるので、読む気になれば、全然読めるのですが、極端に読み難くなります。
ですので、そのようなことが嫌な人は、大きいサイズのモデルを買うか、iPadなどの他の端末に「kindleのアプリをダウンロードする」と良いと思います。

特に、漫画などであれば、今回の私のモデルは正直、おすすめはしません。
kindleアンリミテッドに、日本の古典や歴史の漫画があったので、読んでみましたが、一応問題なく、読めるには読めるのです。
しかし、このような漫画はどちらかと言うと、学習の範疇に入るので、「まあ、いいかな…」という感覚で評価をしていますが、娯楽目的でワンピースとかの漫画を読むとなると、話は別です。
一枚絵が分割されて表示をされるので、おススメはできません。

私が買った端末はあくまでも、文字情報をベースとした書籍を読むことに特化する方が良いでしょう。
書籍の途中に出てくる図解も見難いものが多いです。

端末の充電頻度ですが、これは人にもよると思いますが、一般的な人であれば、週に一回とか二回くらいの充電で大丈夫だと思います。
ダウンロードの時間やページをスワイプした時の反応は全く問題がありません。


そして、ここからは、「kindleアンリミテッド」というサービスについて書いていきます。

まずkindleアンリミテッドを利用するには、クレジットカードかデビットカードのどちらかの登録が必要になります。
クレジットカードについては、個人的な確認が取れている内容では、「auウォレットのカード」も利用が出来ました。
デビットカードについては、「りそな銀行」は、確認済みです。
おそらくですが、auウォレットのような、他のプリペイド式のクレジットカードも利用ができるはずです。これは「おさいふポンタ」なども大丈夫なはずです。
ここは、確認が取れていませんので、この記事では断言が出来ませんが、サイトには「クレジットカード、もしくはデビットカードの利用が可能です」というメッセージが出てきますので、まず間違いなく大丈夫だと思います。

クレジットカードを持っていないのであれば、簡単なのは、銀行のデビットカードか、携帯会社などのプリペイド式のクレジットカードであれば、誰でも、すぐに作れますので、これらを利用するといいでしょう。

また、アンリミテッドの支払いと、通常の支払いで、カードを分けることができますので、私の場合は、通常をauウォレットにして、アンリミテッドをクレジットカードで登録をしています。
というのも、kindleの通常購入は1クリック決済なので、間違って購入をすると、返品手続きが面倒なので、このように私は分けています。

この件に関して一つ注意点のようなものがありまして、ヤフー知恵袋などでは、すでに書いた、デビットカードやauウォレットなどが「利用できない!」と、間違った情報を言う人が一定数居ました。
彼らがどうして、このような発言をするのかは、よくわかりませんが、大きく分けると2つのことが考えられます。
一つは、最初から嘘や相手が嫌がるようなコメントをすることを目的とする人たち。もう一つは、単に自分が調べもしないで、好き勝手な思い込みを押し付けてくる人たちの、どちらかが大半だと思います。特に匿名の人が集まる空間ではこのようなことが珍しくないので、これらの人たちに惑わされないでください。

今回であれば、試しに、自分が持っているカードを全部登録をしてみればいいのです。そうすれば、すぐに答えが見つかります。
もしくは、わからないからと言って、最初から人に聞くのではなく、まずは、公式の情報をチェックしてみましょう。

アンリミテッドの値段は、この記事を投稿している時点で、税込みで980円です。
その値段で漫画や雑誌を含む和書が12万冊以上、洋書が120万冊以上あり、これらが「すべて読み放題」になります!
このブログでも何度か記事になっている、苫米地英人さんの書籍も、100冊近くアンリミテッドで読めますので、是非とも読んでらもいたいと思います。

著作権が切れている書籍は、アンリミテッドでなくても無料でダウンロードができます。
これは洋書、和書どちらもです。
例えば、宮沢賢治さんの一部の小説や、ダーウィンの進化論の原書など多くの名作、古典と呼ばれる作品がタダで読めるのです。また、日本国憲法なども無料でダウンロードできますので、「リベラルアーツ」としても大いに利用ができます。

ただ、kindleは基本的に誰でも出版が出来ますので、中には、「本当に勘弁して…」という書籍も多くあります。それらもアンリミテッドに対応していることが多いので、この辺は注意をしてください。
正直、時間の無駄ですから。


kindleというサービスが始まって10年近く経ちますが、どんどん端末の性能は良くなっているようです。そして、利用可能な書籍も多くなっている。

また、kindleの端末を利用しなくても、Windows、Mac、androidの各OSに対応した「kindleアプリ」がありますので、それらを利用してPCやタブレットで電子書籍を読むのもアリです。
特にカラー漫画などは、現時点では確実に、iPadなどの他のタブレット端末の方がおススメです。

kindleで購入をしたコンテンツはAmazonのクラウドサービスを利用して、他の端末でも読むことができます。なので、紙の本のように、複数冊購入をする必要もありません(笑)

また、他の作業をしながら本を読むときに、大変使い勝手が良いのも、利点の一つだと思います。
この記事は違いますが、書籍を確認しながら記事を書くのが本当に楽になりましたし、個人的な娯楽として「ファイナルファンタジーオペラオムニア」というゲームをしながら本を読むのが、本当に楽になりました(笑)
特に、片手でページをめくれるので、リアルタイムでゲームを操作しながら、本を読めるのは、最高ですね(笑)

人により、目的は違うと思いますので、無理に端末を購入する必要はないと思います。
しかし、これからの時代は、kindleというサービスが大きく世界に影響を与えると、確信が持てました。このような素晴らしいサービスを、どうぞフル活用してもらいたいと思います。

それでは、今日も最高の一日を。


今までの働き方からどんどん変化を実感できる世の中になっている。

Twitterを始めてみて、これからの時代はクリエイターの人には本当に良い時代になったな~という思いが本当に強くなりました。

というのも、昔であれば自分の作品を世に広めるためには、マスメディアを使うしか基本的に個人ができる方法がありませんでした。
というか、この方法でも利用をするには強いコネでもない限りは、基本的にそれなりの金額のお金が必要です。

ということであれば事実上、個人単体での利用は、ほぼ不可能であったと言えます。

ですが、今であればネット環境があれば特にお金をかけなくても作品を世に広められるだけでなく、
さらには販売をする事まで簡単にできるような時代になっている訳です。

これは、私も使っている「note」というプラットフォームの様なサービスが多く存在をしています。

イラストであれば「pixiv」というサイトでも販売が可能ですし、他にも同じようなサービスを展開している企業も多くあります。

また、一部の人はヤフオクなどで自分の作品を自ら出品をして金銭を得ている人もいらっしゃいます。

音楽であれば「チューンコア」というサービスを使えばiTunesや一部の音楽サイトで販売や登録を行うこともでき、俗に言う配信デビューを誰でも行うことができます。

勿論、YouTubeやニコニコ動画などに映像と一緒にして投稿をするのでも良いでしょう。

また、音楽系の内容であれば、やはり実際にCDのプレスをしたい!というのであれば、インディーズの様に自分で1からつくれば良いのです。そのあとにネットを使って販売すればいい。

もしくは、今後テクノロジーが発展すればこの様な旧来型のメディアも今以上に保管性に優れた状態での作成を簡単に行えるようになり、それこそ、今でもAmazonなどがレーザーでの作成で行っているサービスがレーザーではなく、プレス方式などの作成方法で、より高品質になって誰でも手軽に利用できる状態になる可能性はかなり高いと思います。

しかも、今は、というか、これからは確実にメジャーとインディーズや個人という垣根は、どんどんなくなっていきます。

勿論、メジャーと呼ばれる人の方が東京ドームなどの大きな会場でのライブを行い易い。という現状がありますが、それも、時間により垣根がなくなるでしょう。

ただ、現状の大きな違いの一つはメジャーと呼ばれる場所の方が大きな会場でライブをし易い。
そしてテレビや雑誌を始めとした旧来型のマスメディアでの影響力が強いくらいでしょう。
要は、はじめから宣伝などに使える金が個人よりもたくさんあるという違いだと思えば良いでしょう。

ただ、やる気になれば東京ドームなどの会場でも個人でライブを行うことは可能です。

この様に書くと後はマスメディアへの影響力くらいですが、それもすでに皆さんお気づきの様にネットでいくらでも変わりが効きますね。


話をイラストの方に戻しますが、イラストや電子書籍での販売をメインにしているクリエイターでも、これからの時代は紙の書籍化というのもやり易くなるでしょう。

しかも、時代が進むにつれて自分ではなく、買い手が材料を用意して自分で製本をしてくれる状態になるのでここでの負担は0になります。

というのも、今後は電子書籍がメインとなり紙の本は今でいうレコードの様な感覚になるからです。

つまりは一部のマニアが進んで自ら製本をする世の中になるという感じでしょうか。

他にも、ネットの中では色々な価値を提供している人が多くいて本当に勉強になりますし、いい刺激も多く貰っています。

ただ、同時にネットの功罪の部分である詐欺師的な内容や反社会的な内容も多く目にするので、ここの部分に関しては、もっと規制を強くして貰いたいと思っていますね。

ネットはすでに飽和状態である。という様なことを言う人もいますが、個人的には全然そんなことは無いと思っています。

勿論、大きな枠組みで、あえて捉えれば、「同じような内容ばかり…」ということを言えますが、それは個々の犬種に対して「動物と一括りをしているようなもの」で、それだけ広い定義をされたら、大体のモノは同じだと言わざるを得ません。

その様に言うのであれば、「私たちはみんな、生きるという生命現象を行っている」のですから善行をしても「生きる」、悪行をしても「生きる」で括れてしまいます。

まあ、確かにこの様なことも大切かもしれませんが、重要なのは、この様な「抽象度の高い場所から低い場所まで自由に操作できる能力」が大切なのです。

低いままでも高いままでもダメです。必要に応じて高さを変えなければ。

ネットはすでに飽和状態だ…とか、○○はオワコンだ…とか、やたらと「決め付けるだけの人」は抽象度が低い状態で対象を見ているから、それ以外の「自分の見たい内容以外が見えなくなっている」のです。

確かにネットは多くの情報に溢れています。
ですがそれを原因としてネットは使えないものであると、決め付けるのは早計でしかありません。

勿論、これからもどんどんネットの情報は増加をするでしょう。

ですが、そのゴミの中でも明らかにわかる輝きを持った、あなただけの価値を世に広めていけば、必ず、自分の望んだ状態に進んで行くでしょう。

そして、ゴミの情報が増加をするように、新しい画期的な内容やサービスも必ず登場をします。

その時にそれらの内容を自分の糧にできるようにすればいいのです。

未来の視点を持っていないから、現状の醜い部分ばかりを見てしまうのです。

そんなことに時間を無駄にしないで、自分が望むままにどんどん進んで行きましょう。

それがこれからの時代で価値を出し続けていく最良の方法でしょう。

皆さんの素晴らしい価値を毎日楽しみにしています。


それでは、今日も最高の一日を。



スポンサードリンク
プロフィール 
皆さんはじめまして。IroN(あいろん)と言います。  このブログでは、皆さんの「スコトーマ」と呼ばれる「心理的な盲点」を少しでも外せることを目標に、様々な記事を書いていこうと思います。  いわゆる「雑記ブログ」のような感じになると思いますが、書きたいことが沢山あるので、本当に幅広いジャンルの内容になると思います。  また、皆さんの人生の「何かしらのきっかけになるような記事」のほかに、ちょっとした暇つぶしに使ってもらえるような「娯楽的な記事」や、私が「いいな~」と思った様々な内容も紹介していきます。 どうぞ、末永くよろしくお願いします。  それでは、今日も最高の一日を!
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー   広告の配信について  当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」  https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム、バリューコマース・アフィリエイトプログラムの参加者です。  第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。   免責事項  当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。   著作権について  当ブログ(Splendor ~素敵な日々をあなたに~)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。ただし、全文転載はお断りいたしております。引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
スポンサードリンク