速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

宇宙関係

人間の定義が広がる瞬間(/・ω・)/

エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文  ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


「炭素以外でできた地球外生命体」
という言葉が、ニューズウィークさんの記事で出てきますが
これについては同意します。

まあ、以前も記事に書きましたが
大暮維人さんの「魔神 DEVIL」という漫画のキーパーソンである

魔神 ホワイテッドヴァンパイア

と呼ばれる
中田譲治さん
とか
中尾隆聖さん
とかのCVを
個人的には希望をしているキャラクターがいますが
この白D
(「ヒゲD」では無いですよ。魔神違いです(笑))は
自らの身体を捨て
情報生命体として
主人公の頭の中に住み着いていました。

もっと言うならば
一部と二部という風に分けて書けるであろう
この作品ですが
一部の段階では
まだ、身体は持っていました。

ですが
二部が始まる前から
どうやら、二部の主人公である「デコッパ」という
(オニオンナイト的なダークなフレイムの副社長的な人がCVをやってくれると個人的にはうれしい)
人物の超優秀な頭脳、脳みそを使い
自らを
情報生命体へとシフトをしました。

元の記事では
ロボット的になっている。
という様なことも出てきますが
実際に
物理空間的な身体を持っているとは限りません。

まあ
すでに書いた
魔神も
脳内の電気信号という
物理的な内容ですが
ここでの、
物理的
情報的
というのは
とりあえず
物理的は
実際に身体で、手で持てるような物体になっている内容
情報的は
電気信号やデジタル処理をされているような内容
という様な感覚で
話を進めて行きます。

例えば
最近放送が終了をした
「アニメ版のグリッドマン」
(録画してますが、まだ1話も観てない(m´・ω・`)m ゴメン…)
とか
シリーズが大ヒットしている
「デジモンアドベンチャー」
とか
絶賛放送中の
「ソードアートオンライン」のカヤバ博士
とか
みたいな
感じで
すでに
地球人にとっては
膨大な世界になっている
ネット空間に
すでに
情報生命体の宇宙人が紛れ込んでいる…。
なんて妄想も
あながち、外れていない可能性があります。

もしくは
地球内の未開の地の一つである
深海
とかに
実はコミューンが出来ている。
とか。

個人的には
すでに深海は
イカのGirlに侵略されているハズ…。
なんて考えています(笑)

元の記事がSFチックな話なので
さらに
漫画で例えますが
「まほろまてぃっく」
という漫画のラストの方で
宇宙人にとっては
捨てても
痛くも痒くもない兵器
という内容が出てきますが
あまりにも
文明のレベルが
かけ離れている場合
私たちは
それらを正しく使う方法を認識ができません。

ここでもアニメでの例えをしますが
何話か忘れましたが
「キテレツ大百科」
というアニメで
原始時代でマツタケを食いまくる(`・ω・´)
という話があるのですが
その時に熊田薫くんが
カセットコンロを持参していたのですが
その時の
を見て
原始人たちは
そのカセットコンロを祭っている
という様なシーンがあるハズです。

これなんかはいい例だと思いますが
本来のカセットコンロはマツタケを焼いたりはしますが
祭られたりするようなものでは無いです。

ですが
カセットコンロを知らない原始人からしたら
カセットコンロは
まさに神の様な存在なのでしょう(;´Д`A ```

勿論、地球外生命体が神様である。
とは言いません。

ただ、人間という生き物が何かしらの影響を受けている可能性は高いと思っていますが(´・ω`・)エッ?

ですが
人間が初めてコンタクトを取る
地球外生命体が情報生命体である可能性も十分にありますし
これから先の地球でも
情報生命体との共存が当たり前になる時代が
どうやら来そうです。

この時に
例えば
はじめて出会った宇宙人が
情報生命体であった場合、
多くの人は
生き物では無い
言う可能性が
高いのかな?
今は思っています。

ですが
自我がある。
という内容があれば
十分に
人類である。
認識をしてもいいと思っています。

ここでも漫画を例にします。

「鋼の錬金術師」という漫画の中に
「この子(主人公のエドワード)は人間という内容の範囲があまりにも広い。」
という言葉が出てきます。
ハガレンを読まれた人ならその理由は理解できると思いますが
そう遠くない未来に
私たちも
人間という言葉の中身が
大きく広がる瞬間に出会うハズです。

その時がいつになるのかは
まだまだ分かりません。

ですが
確実に言えるのは
100年もかからないハズ。
ということです。

もっと言うと
個人的には
50年かからないで
この様な世界になっているハズです。

もしかしたら
10年かからないかもしれません(´・ω`・)エッ?

他の記事に書くつもりですが
これからの
今の人類は
利他的な視点を
自然と
常に
持てるかどうか?
という
部分が
大きな分かれ道になると思っています。

この様に書くと
ハードルが高いと思う人もいるかもしれませんが
そんなことはありません。

この
利他的な心
というのは
人間が全員
生まれながらに持っている
生得的な機能
です。

ですが
現代では
その機能が上手く機能していない人が多い…(´Д⊂グスン
というのが
悲しい現状でしょう。

ですから
この機能をしっかりと使うぞ。
という人と
めんどくせーな。他人なんてかんけねーよ。
という人とでは
圧倒的という言葉では表せないくらいの
大きな差になるハズです。

その最初の転換点は
5年以内には確実にくるでしょう。


まあ
それまでに
地球外生命体との交流が始まれば
また
事情は変わるでしょうけどね(;´Д`)


地球の中も、外も
未だに
未知のわくわくする内容が沢山あります。

それらを楽しんで
これからも日々を過ごして行きましょう(´ー`*)ウンウン

それでは
今日も最高の一日を。



百年後の日本人
苫米地英人
角川春樹事務所
2018-09-13




宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測(。´・ω・)?

宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外生命からのメッセージ?  ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


個人的には、宇宙関連の内容には、敏感な方です(´ー`*)ウンウン

ということで、今回の記事を(^O^)/

ニューズウィークさんの記事を読む限りは、
前回の観測から約7年後に
2回目の観測を今回したとのことです。

最初に観測された反復するFRBは
2012年の「FRB 121102」という電波で、
地球から約30億光年離れた宇宙で発生していると考えられているようです。

そもそも、今回観測をしたのは「CHIME」という最新の電波望遠鏡になります。

詳しくは、ニューズウィークさんの記事から、公式のサイトにハイパーリンクがあるので、
そちらを、ごらんください。

そちらも、とても面白い内容になっています。

まだまだ、詳しい内容はわかっていないようですが
それでも、日々、多くの情報は確実に入っているハズです。

おそらく
というか
まず間違いなく
膨大な情報が入っているハズですから
見落としの様なこともあるハズです。

というか、
見落としということでは無いですが
単純に
膨大過ぎる情報量ですから
しっかりと処理をするのに
時間がかかっているだけ。
と言う方がいいでしょうね。

つまり、
かなりの確率で
もの凄い内容がすでに
地球に届いているハズだ(`・ω・´)
という予想をしています。

後は、その情報を発見するだけ(^O^)/

…( ゚Д゚)

その発見をすること自体が
もの凄く大変なんですけどね(;^ω^)

なので、よくいう言葉ですが
気長に待ちましょう(´ー`*)ウンウン

宇宙の謎を解決していくことで
現時点での
様々な問題を解決するヒントにもなるハズだと思っています。

それでは
今日も最高の一日を。



これが太陽の極地(;゚д゚)ゴクリ…

太陽の北極の外観を推測した人工画像が初めて公開される ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

5か月以上もかけて、一枚の画像にするのは…(;゚д゚)ゴクリ…

大変なのは誰でもわかりますね(;^ω^)


この記事に関連をして、もう一つリンクを。

気象庁|南極・昭和基地周辺の自然現象

こちらは、昭和基地にて撮影をされた、太陽を始めとした、さまざまな自然現象の記事になります。
写真付きで、凄くいいですよ(^O^)/

どうでしょうさん…(・∀・)ニヤニヤ

南極はオーロラが観れるみたいですよ(。´・ω・)?

次の旅は

南極大陸横断

で決まりですね(^^)/

大泉さんのスケジュールを早めに押さえてください(`・ω・´)


他にも、
転がる太陽
とか
四角い太陽
とか
雪まりも
とか
当然
雪の結晶もあります。

転がる太陽なんて、なんかゲームの技みたいですよね?

ローリング・サン

とかね(笑)

イフリートのリキャストアビリティみたいです(笑)


ニューズウィークさんの記事に話を戻しますと
パーカー・ソーラー・プローブの内容も出てきます。

知らない人はwikiにもありますので、観てくださいm(__)m

ニューズウィークさんの記事からは、NASAのサイトにもいけますよ(^O^)/

とりあえず、一回目の到達をするハズですが、今はどうなんでしょうね(。´・ω・)?

というか、秒速200キロって…(;゚д゚)ゴクリ…

速すぎ(@ ̄□ ̄@;)!!

でも
宇宙の感覚では
クソ遅すぎΣ(・ω・ノ)ノ!

(-ω-;)ウーン

文字通りに
次元が違う(;´・ω・)

太陽と言えば、
何年か前に、
バラいろダンディ
の放送で、
太陽からエネルギーを手に入れている
地球の10倍くらいの大きさの
宇宙船のネット動画の話がありましたが、
パーカー・ソーラー・プローブも
この時の様な映像も撮影してくれるかもしれません(`・ω・´)
というか、
あんまり近付き過ぎたら撮れねーって(;´・ω・)
地球の10倍もあるんだぞ(@ ̄□ ̄@;)!!

それよりも、実際の太陽の熱に耐えられるのかが一番の心配ですね。

もちろん、NASAと言えば超優秀な人たちの集団ですから、その辺は大丈夫だと思いますが、
極地的かつ瞬間的に予想を大きく上回る…。
とか
ありそうで((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

まあ、そうなったら、そうなったで良いデータが取れた(`・ω・´)
ということで落ち着きそうですがね(笑)

色々と頭を悩ませる内容も多くありますが、
当然、今回のように、多くの人が目を輝かせるような内容も溢れています。
これらのバランスを取って、日々過ごして行くことが
現代では大切だと、強く感じています。
どちらか一方に偏らないで、上手く調整をしていきましょう(^O^)/

それでは
今日も最高の一日を。




spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 HiroNと申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク