速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書

いろんな内容になりそうですが 基本的に書籍から得たものを皆様に 届けていきたいと思います。

時間

情報が足りてないから、判断に迷う。だけども、全ての情報を知ることができるのは神様だけ…。

おそらく、多くの人が
どのように判断したらいいか、わからない。
という経験をしたことがあるでしょう。

精神的、肉体的な状態も確かに関係がありますが
基本的に
この様な時は
決まって
その対象に対しての
情報や知識が足りていません。

その為に
思考が停止してしまうのです。

まあ、この様なことは言われてみれば当然の事なのですが、
その時に
具体的な解決策を聴くことは無いのではないでしょうか?

多くの場合、

だからもっと調べれば良いのだよ。

というアドバイスを言われると思います。

ここの部分については間違っていないので同意をします。


ですが、
この時にどこまで、調べれば良いのか?
思う人もいますよね?
そう言うとこの様な返答が来るでしょう。

自分が納得するまで調べれば、やれば良いのだよ。

これにも、当然同意をします。

ですが、ここでもさらにこう思う人がいるでしょう。

やってもやっても、次が見えてきて、終わりが来ない…。

まあ、一般的な返答はもういいでしょう(笑)


基本的にしっかりと、行えば行うほど、その対象に対しての改善点の様なものが見えてきます。
これは、その対象に対しての観察眼が磨かれているから。という言い方も出来ます。
ただ、観察眼が磨かれているのと、今回の様な自分で納得して気切りをつける。
というのは別の話です。

次から次へと改善点などの気になる内容が目につく。
というのは当然の話で、世界は無限の情報で成り立っています。
この瞬間もさらに新しい情報がどんどん追加をされている最中です。

そして、この全ての情報を人間が把握をすることは不可能です。
これは完全情報という考え方になるのですが、この完全情報を人間が手に入れることは不可能です。

それは、人間とは「不完全な存在」だからです。

不完全な存在なのに、完全な情報を自由にできる訳がありません。

まずは、ここを理解しておくだけでも
完全完璧を求めることがいかに不毛なことかが、納得できるハズです。

ですが
だからといって、
いい加減にやれ、手を抜くのは当然である。
勘違いをしないように。

ここで大切なのが
自分で納得をするまで行動をする。
ということです。

これが、不完全な存在である人間が生み出す内容に
価値を与える効果的な方法になります。

というのも、
完全情報を人間が自由にすることは不可能なのです。

つまり
人間は常にどこかしら不完全な内容を日常的に使っている訳です。

ですが、多くの人はその事実に気づいていません。

わかり易いのは、
ソフトウェアとかでしょう。

最初から完全なソフトウェアなど、そもそも存在をしていませんから
必要に応じてアップデートを繰り返します。

昔であれば、バグによる更新をしないように、徹底的にデバックをしてから、市場に出していました。
これは近年であれば
ポケモン
などがわかり易いハズです。

初代のポケモンは確か、ゲームボーイという機種から発売をされていますが
その時に
多くのバグが残ったまま、発売をされ、大ヒットをしました。
このバグについてはネットで調べれば簡単に知ることができます。
ですが、
現在のゲームではこの様なバグがあれば、ネット回線を使いすぐにアップデートでの修正が入ります。

つまり、ポケモンというゲームの歴史を例にしてもわかるように
修正部分が見つかったらすぐに修正をする。
という
解決策を前提として、作品を作れば良いのです。

これも、すでに書いているように
手を抜いてやれ。
ということではなく
人間が生み出すのもは必ずどこかに穴がある。
ということです。

勿論、この穴の範囲を出来る限る埋めていくに越したことはありますが、
全ての穴を埋める行為は神の領域になります。
つまり、不具合をすべて無くす。というのは、完全情報を作る様なものですから、人間には無理です。

ちなみに、
先ほどの初代ポケモンの多くのバグは
普通にしていれば、そんな変なことしないよね?
という様な操作をして意図的に?バグらせて遊んでいるのですから、
そこまで、考えてデバックしろ。というのは、かなり酷ですよ( ̄▽ ̄;)

ですので、
大切なことは
あらかじめ、行動をする前に、ここまでにする。とか、この様な結末にする。
という
自発的な区切り
の様なものをしっかりと作ってから
実際に行動を開始するのです。

勿論、ここでも最初の内容に絶対的に固定をしなければいけない。
ということではありません。

例えば
尾田栄一郎さんの「ワンピース」とい作品では
すでに、結末まで尾田さんの頭の中で完成をしています。
しかし、連載をしていく中で当初の予想連載期間よりも大幅に延長して
今でも連載を続けています。

また、連載前のキャラクターデザインと今では別人の様になっているメインキャラクターもいますし
CP7の「ワンゼ」というキャラクターは、漫画の中では男性として登場をしてきますが、
構想の始めでは可愛らしい女性のキャラクターとしてイメージされていたようですが
少しずつ、今の外見へと変わって行く様子が、「SBS」というコーナーで知ることができます。

この様に、行動をしていくうちに、初期の内容と変わる可能性も少なからずあります。
それは、行動をすることで自然とアップデートが行われたために、大幅に内容が変わることもあるからです。

この様なことは作品を作るときには良くあることで
他の人から依頼をされた時は本当に良くあることでしょう。
要は
依頼主からイメージと違うので、違う作品を。ということを言われた時ですね。
ちなみに、この様な経緯で出来上がった有名な曲に
山下達郎さんの「希望という名の光」という曲があります。

ここまでは
作品作りを例に書いていますが、
情報収集においても、最初の段階から
ある程度で構いませんので
区切りをつけておくのです。

ただ、自分が知らない内容であればあるほど、
情報収集を行っているうちにどんどん、
区切りのラインのアップデートが進んで行きます。

ですので、
この区切りのアップデートが
本当に心の底から
一区切り(笑)と思えるまでは
とにかく徹底的に続けて行くと良いでしょう。

ですが、この様に書いても、
それでも、変わらずに、終わりが見えなくなる状態にハマったら?
思う人もいるでしょうが、
ほとんどの場合
杞憂に終わりますので大丈夫です。

というのも
人間にはその段階ごとに
情報における限界点が存在します。

これは、あるレベルまで行くと、必ず、頭打ちになる。
ということです。
この頭打ちを超えるには、自分自身の根底から次の段階まで成長をさせる必要があります。

これは、「ファイナルファンタジーオペラオムニア」というゲームで採用をされている
「クリスタルレベルの上限システム」と同じと思ってください。

簡単に説明をしますが
クリスタルLV60になるためには、まずはクリスタルLV59になる必要があり、さらには、必要なアイテムを集める必要がある。
というシステムなのですが、
これを人間の成長に当てはめるなば、
IQの高さなどの根幹の部分を単体のレベル(クリスタルLV59レベルまで育てる)になり
知識や情報が必要なアイテム
ということになります。

ここで次のレベル解放である70レベル分のアイテムを持っていてもレベルが上がることはありません。

その理由はそもそものレベルを上げていないから。
ということです。

実際の私たちの場合は
いくら情報収集に時間を使っても、根幹の部分で頭打ちになっているので、それ以上は新しい発見などは見つからないのです。

ですので、
理想的に言うのであれば、常にこの状態までやって欲しい。
…のですが、
多くの人はここまで行うのは中々難しいと思います。

ですので、
折衷案の一つとして
あらかじめ
大まかで良いので
区切りを決めてから取り組み始める。

その過程で、これは!と思える様な、根底から関係がしてくるような内容を手に入れたら、
ベースからアップデートをして、再度取り組む。
という方法が良いでしょう。

また、出来るのであれば、時間制限などの期限も決めると良いかも知れません。
この時間制限も、ここでは緩めの運用でOKでしょう。

また、ビジネスなどで情報収集をする場合はもっと楽です。
というのも、区切りとなる内容が明確に見えていますし
そもそもビジネスにおいて
自分のビジネスと全く関係がない内容を行うことは基本的にありえないからです。
例えば、
料理人が新しいレシピを考えろ。
ということで、古今東西のレシピや食の歴史について調べることはあるでしょうが
そこで、車の整備の内容だけを徹底的に調べる。
ということはまずあり得ないのはわかると思います。

つまり、ビジネスの場合はある程度の根幹と必要な知識や情報をあらかじめ持っているので
区切りのラインが、未知の内容よりも明確に見えやすいからです。


この様に、自分の現時点での情報収集の頭打ちまで調べる。
もしくは、
求められているレベルまでの情報収集を行う。
または、
自分で設定をした情報収集のレベルまで行う。
という
3つの基準で取り組むと
終わりがない…。
という苦痛を味わうことは無くなるでしょう。

完全完璧は神の仕事であり、人間には絶対に不可能な行為です。

ですので、
何かに取り組むときは
あらかじめ
できる限りで良いので
区切りを
必ず最初に設定をする。
その区切りも行動をしながら、アップデートを繰り返していく。

この様に考えて、取り組めば、
ずっと調べ続けなきゃ…。
という
ある種の絶望感からは開放されるでしょう。

終わりがわからない内容は
本当にきついものです。

それこそ、
良いというまで校庭をずっと走っていろ。
というのと同じです。

ですので、
必ず、区切りは最初に設定をしましょう。

そして、自分が納得するまでトコトン取り組んでください。

それが、
多くの価値を継続して世に出すコツになるでしょう。

どうぞ
自分のペースで取り組んでください。


それでは
今日も最高の一日を。


計画をすればするほど、上手く行かなくなる…。そうじゃなくて、走りながら考える(`・ω・´)

「走りながら考える」
という言葉は最近よく聞くようになって来た言葉です。

今回は

「いつも結果を出す部下に育てる フィードフォワード」

久野和禎

フォレスト出版

という書籍の一文を基に記事にしていきます。


まず、一つ勘違いをして貰いたくないのは
一つ目
この様な記事を始めとした
物理的、情報的問わずに
ものつくりをする時には
必ず実際に作業を始める前に全体像が頭の中で完成している状態を基本とします。

ただ、これは慣れるまでは難しいかも知れないので、
わかり易い例で書くと
彫刻をつくるときに
理想的なのは頭の中だけですべての工程を終わらせてから、実際にすぐに作業に取り掛かる。
という状態ですが、
慣れるまでは、紙に色々と書きだしたり、練習を目的として一度作ってみてから本番を作る。
という感じで
頭の中の内容を物理空間に一度、「仮組み」の様な形で落とし込んであげると、良いと思います。
慣れてきたら、少しずつで良いので、この様な予行練習を少なくして、
最終的に頭の中の内容を最初から具現化させるようにしていくのです。


二つ目は
今回のタイトルと関係していますが
その時点でできる範囲で構いませんので
ある程度の流れを最後まで、予測をしておきます。

出来れば、頭の中で最後まで終わらせてください。

ただ、この一連の流れはあくまでも暫定的な内容であり、
絶対的に固定的な内容ではありません。

何かしら変化があればその都度アップデートを行い、
同時にアップデートされた状態で、また、頭の中で最後までシミュレーションをして、完了をさせます。


どちらかと言うと、今回の記事は二つ目寄りの記事です。

なので、計画という内容を一切行わなくてOKという意味ではなく、
全体像と一連の流れはしっかりとあるものの、
巷で溢れている、計画を神の様に絶対視して、何が何でも固定的に扱うのではなく、
ソフトウェアの日々のアップデートの様に、
毎回手直し、変更を当然として、ミッション完了まで進めていく。
という感覚で、捉えて貰いたいと思います。

というのも、
多くの場合、
計画とは固定的であるのが基本であり、頻繁に更新、手直しをすることはよろしくないことである。
という認識が強くあります。

その理由の一つとしては、
その計画を実行に移すまでに、長い時間をかけて作りこんだから…。
という理由が強く影響をしているでしょう。

ですが、長い時間をかけた=絶対的に信頼できる内容
とは
必ずしもなりません。

確かに、作品作りであれば、長い時間を使った方が、良質な作品になる可能性は高くなります。

ですが、計画。
という内容の場合、むしろ、逆効果になることが多い。

例えば
50年前の技術を基本として、そのまま50年間根幹を変えることをしないで作られたマンション建築の計画
最新の技術を中心に作られたマンション建築の計画。
どちらの計画で作られたマンションに住みたいですか?
聴くと
一部の人を除いて後者のマンションが圧倒するでしょう。

つまり、計画とは、基本的に時間制限、〆切がある内容である。
ということです。

これについては、夏休みの計画表を想像すれば理解しやすいでしょう。

ただ、計画を作ることにエネルギーと時間を取られていては元も子もありません。

ですので、
計画というのは基本的に頭の中でどんどん進めて行く内容であり、
実際に物理空間で行う作業をしている状態では、
頭の中ではすでにその先まで、というか、理想は最後まで完了をしている状態にしておくのです。

この様にしないと
良くある
計画と実際の進捗状況との誤差の修正に追われて、計画自体が進まなくなる。
ということに陥りやすくなります。

そもそも、この様な状態になるのは、計画自体に問題があるからです。

当然ですが、実際に進めて行くと必ずといって良いほどに次々と問題が出てきます。
これは、あらかじめ出現する問題を想定して、事前に対策を取っていても
ほぼ必ず出てきます。
ですので、ここでも、あらかじめわかっている問題をそのままにする…ということではありません( ̄▽ ̄;)

問題が起きた時点で、計画自体を一部、もしくは全部アップデートをする必要があります。

これは、考えてみれば当然の事ですが
実際の現場ではどうでしょうか?

おそらく多くの現場では、計画を修正をする。というよりも、計画に沿った流れに戻すために
不要な時間を使っていることの方が多いのではないでしょうか?
そもそもの計画に改善点が多くあるのに、一度GOサインが出ると、そのままの状態で固定する…。
というのは珍しくないでしょう。

ですので、可能な限り、この様な不要な行為をしないようにしてもらいたいと思います。

そして、この様に
行動をしながら、同時に計画を立てつつ、その行動と計画の両方を逐一観察をして、必要ならアップデートをする。
という意味合いで
「走りながら考える」
という言葉を認識してみると、より、この言葉の意味が分かるのではないでしょうか?

日本では、一度に同時にできることでも、一つ一つシリアルに順番に取り組むように
癖付けられている人が多いと思います。

この部分も計画という内容から抜け出せなくなる落とし穴の一つでしょう。

要は
処理速度が極端に遅いのです。

これも他の記事で書いていますが
一度に、同時に並列してできる内容は、なるべく、同時に片付ける癖をつけてください。

元々人間は複数の内容を同時に処理することを得意とする生き物です。

つまり
一つ一つ逐次処理をする。
というやり方の方がおかしいのです。

計画に時間を奪われないためにも
上手に
走りながら考えて、進んで行ってください。


それでは
今日も最高の一日を。





もし、失敗したら? 落ち込んで先延ばしにしないで、すぐに修正に取り掛かればいいのさ(`・ω・´)

これも
よく聞くことかも知れませんが
多くの人が
この様に
行動をすることができません。

ですが…(`・ω・´)

個人的な体験からも言えますが
確かに
凹むようなときもあると思いますし
本当に
その瞬間に
すぐに
修正に取り掛かる…。
というのが
難しいときもあると思います。

そーいうときには
これまた有り体ですが
気持ちが前向きになるまで
多少の時間を使ってでも
切り替えの時間を
作ることを
おススメします。

そーいう意味では
この様な
瞬時に切り替える。
ということの訓練にもなる
おススメの内容の一つは
スポーツだと思います。


例えば
たまに書いていますが
テニスであれば
次のプレイまでの時間は20秒以内と決まっており
その時間内に次のプレイを開始しなければいけません。

試合中は20秒をフルに使われると
早くしろ~(; ・`д・´)
なる人は
多いのですが
これも普通に考えれば凄くないですか?

だって
たったの20秒が全然待てないのですよ?

むしろ
遅い(; ・`д・´)
となるのですから
体感時間の違い
というのは
本当に面白いことです。

まあ
この時間感覚については
今回は目的が違うので、
これまた
別の記事に。


話を戻しますが
たったの20秒で
さっきのプレイのミスを忘れ、フラットな状態に切り替えるように訓練をする。
というのは
多くのシーンでも役にたつことだと思います。

まあ
実際には
この20秒で
本当に
上手く切り替えるのは
多くの人には難しいのですが
それでも
この様な状態を経験していれば
他の
切り替えまでに
もっと時間を使える内容の時に
人よりも切り替えが上手く行く確率が高くなるのは
理解できるでしょう。

では
テニスなどの
スポーツ以外で
この様に
すぐに切り替えをできるようにするには
どーしたらいいのか?
ということですが…。

一つの方法として
失敗という内容は
基本的に
必ず何かしらの
修正点があります。

なので
その修正箇所を
さっさと修正をする為に
毎回すぐに動く癖をつける。
というのが
簡単な方法であり
効果的な方法です。

ですが
こうは言っても
落ち込んで…(´Д⊂グスン
上手く頭が回らないし、身体も動かない…。
というのも
よーくわかります。

ですが…。

その様な時に
こう言い聞かせてください。

落ち込んでいても
何も解決しない。

とね。

人によっては
かなり厳しく聞こえるかも知れませんが
有限の時間を
より
大切に使っていくためには
この様な
考え方を軸にした
すぐに取り掛かる。
という
習慣は
とても大切だと思います。

勿論
最初から
即行動。
とするのは
難しいとも思いますので
これも
よく言っていることですが
少しずつ
慣れていきましょう。

自然と
変わって行きましょう。

ということです。

もし
この様な修正が必要な時が来たら…。

今回の記事を思い出して
少しでも良いので
挑戦をしてみてください。

それを繰り返していれば
必ず、変化は訪れます。


それでは
今日も最高の一日を。

やっぱり先延ばしはアカンよね(;´・ω・) 面倒でも、なるべくすぐに対応をする癖をつけよう(`・ω・´)

まあこれは一般論的にもそうでしょうが、
今回改めて感じました。

しかも、
現状の外側への行為なので
当然
ホメオスタシスの抵抗があり…。

自宅での作業だったので
助かったのですが…(;´・ω・)

私の場合は
大体
何かしらの軽めな体調不良
作業中の強い眠気
私のホメオスタシスの抵抗パターンであるようです。

まあ
他にもこれもかな?
思うものがあるのですが
大体は
この2つです。

特に
強い眠気は
本当に厄介です(; ・`д・´)

今回も
細かいのをいれると
6回ぐらいは
作業する→強い眠気でダウン→起きる…
というのを繰り返し
だいたい6時間くらいは
これに使われました(。-`ω-)

でも
最後の眠気をクリアして
起きると
それまでとは違い
かなり集中をして取り組むことができます。

この時も
起きるたびに
セルフトークなどを
整えて
その作業内容などに
前向きに取り組むようにしています。

また
これも体験的に
この様なホメオスタシスの抵抗と思われる強い眠気の時に
起きてから
おかしな怠さを感じているときは
まだ
抵抗にあっている途中なのかな…?
思うところがあります。

まあ、これに関しては
まだ
よく調べていないので
なんとも言えないのですが
おそらくですが
個人的な体験から考えるに
まだ
抵抗を強く受けているときは
身体的なコンフォートゾーンも不安定で
その為に
ホメオスタシスが現状維持と新しいコンフォートゾーンを行ったり来たりしている。
そんなような感覚があります。

なので
次からは
起きてみて
変な怠さなどを感じたら
まだ
移行が完了してないみたいだ…(;´・ω・)
という感じで
今回よりも
スマートに対応をしたいと思っています。


色々と先延ばしにしていることが、多くの人はあると思います。
ただ
面倒でも
なるべく早く
ザっとでも良いので
全体に目を通すくらいはしておくと
無意識が上手く処理をしてくれる確率が高くなります。

というのも
基本的には
無意識の処理の場合は
自分が
好ましいと
思われる内容の方が
上手く
無意識で処理をされて
意識上に上がる確率が
高い…。
という
感覚があります。


そもそも
先延ばしにしている時点で
色々と理由はあるでしょうが
基本的に
「今の」
自分が望んでいるようなことではない。
という
場合がほとんどでしょう。

そうなると
無意識の処理も活用し難くなる。

なので
この部分を
上手く活用をするためにも
先延ばしにしている内容でも
できる限り事前情報を与えてあげて、
さらに
そもそも
それをやる必要がないのであれば
やらない。
という
選択肢も使うと良いでしょう。

これについては
別の記事に書きますが
意外と
先延ばしにしてる内容で
やる必要がないものは
結構あります。


現代は
本当に
処理をする内容が多くあります。

私自身もそうですが
その多くの内容を
少しでも
スマートに
対応、処理できるよう
日々
試行錯誤をしつつ、
思考を働かせて

慣れて行きましょう(`・ω・´)

本当に
この
「慣れ」
という
言葉が真実だと思いますよ(´ー`*)ウンウン


なので
どんどん
先延ばしをしないで
スマートに
処理をしている
自分に
「慣れましょう」
( ´ ▽ ` )ノ

それでは
今日も最高の一日を。


ネタは一秒で決める(。´・ω・)? クロックサイクルをハイサイクル化しよう(`・ω・´)

今回はこんな記事を(笑)
というのも
当然ですが
私は今までの記事を
外注などしないで一人で全部書いています。

そうなると
記事のネタの選定も
結構大変なんですね(´ー`*)ウンウン

しかも
このブログは
書籍をメインとした
雑記ブログ的な感じになってきたので
それこそ
ネタの幅が広く、深くなります(;・∀・)

そうなると
本当に
どれを書こうかな~(;´Д`)
という
感じになるのですが
正直最近は
俗に言うモチベーションというのが
知らない間に
だいぶ、というか
かなり極端に下がっていました。

その為
生産性も
だいぶ低い状態でした。

ですが
色々と改善を続けて行くうちに
よーやく
徐々にですが
エネルギーが湧いてきました。

正確には
好転反応の様な感じで
一度弱って
復活したら
今まで以上に強くなった(`・ω・´)
という感じです。

違う例えならば
サイヤ人の様な感じです(´ー`*)ウンウン

まあ確かに
体力的にもやられてましたが(笑)

で…。

この記事を書く前に
ネタの選定をしていたのですが、その時にふと浮かんできたのが
今回の記事のネタです。

つまりは
数ある行動の選択の中から
今すぐ取り組む内容を
一瞬で決める。
という
処理スピードに慣れることで、
脳の処理速度全体を強化する。
という意味です。

というのも
多くの人は
本当に
どーでも良いことに
時間をかけすぎています。

それこそ
食事のメニューを決めるときや
コンビニやスーパーで何を買うのか?
という時まで
かなりゆっくり過ぎる時間を過ごしています。

そして
こういう日常の些細な時間というのは
積み重なると
結構な時間になります。

それこそ
30分は確実にあるでしょうし
ほとんどの人は1時間とかの
自由な時間をつくれることも珍しくないでしょう。

どうです(。´・ω・)?

毎日1時間の自由な時間が増えたら…。

その自由な時間を
簡単に作るコツの一つが
今回の様に
一瞬で決める。
という
本当に言葉のままの内容です。

勿論、最初からは難しいかもしれませんが
少しずつ
癖付けていくと良いでしょう。

これは本当に
癖付けで獲得できる内容です。

習慣の様なものですから(´ー`*)ウンウン


自由な時間が増えることを楽しみにしています。


それでは
今日も最高の一日を。
spotify iOS / App
プロフィール 
皆さん、始めまして。 HiroNと申します。 このブログでは、書籍を中心に得た情報などを基にして記事を書いています。 「速読で多読」 というタイトルですが すべての本を毎回1分で一字一句落とさないでダウンロードのように書籍の内容を理解できる訳ではありません。 詳しくは、ブログの記事で個物に書いていますのでそれらをご覧ください。 ただ、本音を言えば、速読など使わなくてもいいので読書を日課にして頂ければと思います。 速読ができる前提となる内容の一つに、「自分が持っている知識の量」が関係をしています。 ですので、速読など使わなくても大丈夫ですし、一度に読み切れなくても構いませんので、とにかく、本を読む癖をつけることが、速読に限らず、皆さんの人生を豊かにする大きな力になるハズです。 とにかく、1ページでも良いので、まずは本を読んでください。 それでは、今日も最高の一日を。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー 広告の配信について 当ブログは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」及び「nend 」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は 「広告 – ポリシーと規約 – Google」 https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja をご覧ください。 このブログは、 Amazon.co.jpならびに、バリューコマースを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイトプログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラム バリューコマース・アフィリエイトプログラム の参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせより直接ご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当ブログ(速読で多読が日常 一字一句飛ばさない速読で毎日読書)に掲載されているコンテンツや情報についての著作権は放棄しておりません。 当ブログ記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、 事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当ブログのコンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。
お問い合わせ

名前
本文
記事検索
イージーマイショップ
Amazonライブリンク