今回は堀江貴文さんの「ゼロ」と言う書籍をベースに記事を書いていきます。この書籍は主に、堀江さんの幼少期から長野刑務所での生活などの内容で構成をされています。もの凄く細かく書かれているというよりかは、堀江さんが印象に残った記憶をベースに書いている感じです。

多くの人には、難しくてなかなか理解が進まない、読むのがかなり大変だ…と、感じる本というのはよくあると思います。この様な本と出会った場合は、読み切っていなくても一旦読むのをやめて、他の本を読むことをおススメします。読みにくい、理解がなかなか進まない本や内容

堀江貴文さんこと、ホリエモンと言えば、一度は名前くらいは聴いたことがあるでしょう。現在はネットでの活動をメインにしながら、時々マスメディアなどにも出演をしているようです。99%の会社はいらない (ベスト新書) [Kindle版]堀江貴文ベストセラーズ2016-11-25堀江さん

複数の音源を同時に聞くことで、脳の並列処理能力を鍛えることができます。一般的な言い方では「マルチタスク処理能力」と言うほうが、身近でしょうか。並列処理とは、文字の通りに複数の異なる内容を、同時進行で処理をしていくことです。良くある例では、楽譜を見ながらピ

以前の記事には、速読スキルを中心とした内容を書きましたが、それ以外にも、まだまだ書きたいことがあります。なので今回は、スキル以外の内容を基準に書いていこうと思います。こちらから、Amazonへと移ります。ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫)苫米

共感覚の記事では、共感覚とは別に「IQを高める」と書きましたが。「抽象度を上げる、抽象度の高い思考ができるということが、IQを高めることである」と、苫米地英人さんの「オトナ脳は学習できない」という書籍の中で書かれています。他の記事でも何度かリンクを張っている

これからの記事にも関係してくる内容ですので「共感覚」について少し詳しく書いていきます。そもそも共感覚とは、音を光で感じたり、触感で音を聞いたり…という感じで、本来の五感の処理に、他の五感の処理も同時に付いてくる状態のことを言い、共感覚者は生まれながらに共

コーチングにおいて「コンフォートゾーン」とセットとなる内容である「ホメオスタシス」。基本的な内容はコンフォートゾーンの記事でも引用をしたリスタさんのサイトを参考にしてください。苫米地式ホメオスタシスを味方にして自動的に夢を叶える方法 リスタhttp://re-sta.j

コーチングの専門用語であり、現在ではアメリカのドラマなどでも時々セリフとして登場をすることもある「コンフォートゾーン」。詳しくは、リスタさんの記事に書かれていますので、まずはそちらを参考にしてください。公式|コンフォートゾーンを変えて自然と成功していく方

↑このページのトップヘ