今回は、kindle関係の内容を。

そして、今思っているのは、この「使った感想シリーズ」は、すでに書いているように、シリーズ化する可能性が、凄く高い内容だと思っています。

というのも、当然ながら、時間が経てば、その時々で使える内容や、サービス、コンテンツが変わりますし、もっと大きな範囲では、世界の流れからの影響もある訳です。

ですので、毎日のように更新…ということではありませんが、不定期にその都度記事を書いていこうと思っています。


それでは、続きをどうぞ。






端末はタブレットでOK!?

私は以前に、kindle専用端末についての記事を書いています。

あの時は、その端末についてのメリット、デメリットなどを書いていました。

そして今感じるのは、「ブルーライト」などの問題が気にならないのであれば、必ずしも専用の端末を買う必要なない…ということです。

もちろん、私自身は今でも気に入っていますが、どうしても、漫画や図鑑などを読むときには、現状の端末ではだいぶ不便です。

また、実際に使ってみると分かりますが、コンテンツによっては専用の端末では無く、タブレットなどのカラー対応や、大画面などの内容を、ダウンロードの時に推奨をするコンテンツも沢山あります。

また、漫画や図鑑などは、どしても容量が大きくなりがちなので、そういう意味合いでも、ある程度のストレージ容量があるタブレットなどの方が、沢山コンテンツをダウンロードできる…という部分もあります。

実際にkindleは専用のアプリを入れれば、スマホ、PC、タブレット…という、機種を選ばない便利さがあります。
しかも、アプリは無料です。

ですので、専用の端末を買わなくても、すぐに使えますので、気になる人はアプリをダウンロードして、無料のコンテンツなどをダウンロードしてみたり、プライムに入っている人であれば「プライムリーディング」というサービスも、利用できますので、これらのほぼ無料のサービスで、実際にどのような感じなのかを体験するのもいいと思います。



500円で多くの本が買える!?

実は、つい先日に、結構な量のkindle書籍を購入しました(;・∀・)
…また、買っちゃた…(;´Д`)
という感じになりましたが、それでも、いつもよりもだいぶ、めちゃくちゃだいぶ、安く購入することが出来ました。

一部の書籍をご紹介しましょう(`・ω・´)

惑星・太陽の大発見―46億年目の真実 ビジュアル版 (大人のための図鑑)
田近英一


見て楽しい!読んでおいしい!日本の食材図鑑


おいしく実る!果樹の育て方
三輪正幸


という感じの書籍を買いました。
もちろん、これ以外にも、まだまだあるんですがね(;´Д`)

んで、この時のお値段ですが(;゚д゚)ゴクリ…
なんと、最安値は99円で、最高値は300円になりますΣ( ̄□ ̄|||)

これには、驚きますよね(((uдu*)ゥンゥン

まあ、先に書いておくと、どうやら期間限定の値段だったみたいですが(;・∀・)
しかしkindleは、この手の期間限定での大幅値下げは結構あるんですよね(((uдu*)ゥンゥン

特に、最初に書いた「惑星・太陽の大発見―46億年目の真実 ビジュアル版 (大人のための図鑑)」とかは、実際には1500円以上もしますからね(;´Д`)

…まあ、ほとんどがこれくらいのお値段ですが(笑)

なので今回は、かなり私としてはお得でした。

まあ、いつもこの値段で大丈夫なの(。´・ω・)? と心配をしていたので、その辺はホッとしました。


タイミングや運もあるでしょうが、kindleはすでに書いているように、結構な頻度で、大幅値下げをしているときがありますので、そのタイミングに、自分が気になるコンテンツを大量に買うのもいいと思いますよ。

確かに著者の方たちには、申し訳なさも感じますが、正直な話、本は読めば読むほどに、買う書籍が増えてきますので、その分のコストも、どんどん増えていきます(´Д⊂グスン

なので、著者の方たちと、いい関係を築きながら、私はどんどん新しい書籍を大量に買いたいと思っています。

また、気になるんだけどな~(;´Д`) という書籍が、たまたま安くなっていれば、当然ながら、即ポチをすると思います(笑)

書籍にも当然よりますが、時期によっては、500円もあれば、大抵の本は購入できると思いますよ。

もちろん、500円以上の書籍も沢山ありますが、それでも、たったの500円で、こんなにも選択肢があるの!? と、驚くことは間違いないでしょう(((uдu*)ゥンゥン



フリーミアムも沢山!

例えば、このブログでも定期的に記事を書いている「エデンズゼロ」なんかも、最初の数巻が0円でダウンロードすることが出来ました。

また、「キンドルアンリミテッド」というサービスを使うと、多くの作品が定額で読み放題になります。

その中には、長期連載されている漫画の一部が対応になっていることも、最近はよく見かけます。

また、著作権が切れた古典も沢山無料で読むことが出来ます。

宮沢賢治さんの作品なんかも沢山ありますからね(((uдu*)ゥンゥン


特に、私がよくやられる(笑)のは、漫画ですね(;´Д`)

今回も、某作品の3巻まで無料でダウンロードして、残りの11巻までを即ポチしましたから(笑)
典型的なフリーミアム戦法に瞬殺されています(笑)

ただし、良いことばかりでもないのです(´Д⊂グスン



クソ本に、要注意(; ・`д・´)

kindleは、誰でも出版できるサービスの一つです。

確かに大手出版社などを使わないでも、素晴らしい書籍、コンテンツを届けてくれる人も沢山居ますが、それでも現状では、かなりの割合でクソ本に出会います。

特に、キンドルアンリミテッド対応の書籍だと、この確率が高くなります。
酷いのだと、ネットの糞記事をそのままコピペして、500円とかも、普通にありますからね(-_-メ)

こんなのに金を払うくらいなら、ドラえもんの大長編作品とか、他の漫画や小説に使った方が、全然マシです(((uдu*)ゥンゥン

ただそうは言っても、全ての内容を、読まずに把握することは不可能ですし、最近ではレビューに関しても、やらせと思える内容が沢山あります。

まあ、アンリミテッド対応なら、こんな奴に金が発生するのか…(。-`ω-)
と感じることもあるでしょうが、そこは勉強だと割り切って、次からは、こいつに関係している内容は全て排除する( ´ ▽ ` )ノ という、対応をその後すればOKでしょう。
というか、私はそうしています。

まあ、この辺の状態は、今後改善されることを願って、もう少し気長に待ちましょう(;´Д`)



安くなくても、読みたいコンテンツはきっとある!

今回の記事の最後に、値引きされている、されていないにかかわらないで、読みたい本には、きっと出合えるはず(`・ω・´)
ということを書いて終わりにしましょう。

というのも、ここ10年近く活字離れが叫ばれる日本において、試しに…という感覚とは言え、実際にこの記事などを読んで、kindleというサービスを体験しているということは、ほぼ間違いなく、何かしらの書籍を読むことが好きな人のハズです。

たしかに、まだまだ電子書籍は数が…というか、数は多いですが、ジャンルの差が沢山ありますが、それでも、最近はとても多くの内容に対応をしてきています。

kindleが出た当初は、日本お得意のガラパゴス状態で、まともな書籍、ジャンルがほとんどなかったようですが、すでに書いているように、今の日本は全然違います。

もちろん、ここが頂点…というレベルでは無く、これからもどんどん発展をしていく状態です。

また、今の時点では読みたいと思う本が無くても、未来永劫そうだとは、絶対に言えません。

そして、ネットを中心に思うのは、どんどん実力のある書き手の人々が、独自のルートでコンテンツを読み手に届ける挑戦を沢山していることです。

ですから、私の中では、これからもっともっといい本が沢山読める環境になると、かなりの確信を持っています。

ですが、すでに書いているように、現状では、色々とクオリティを中心に、大きな差が、至る所であるのも事実です。

しかし、ほとんどの人にとっては、必ず最低1冊は、あなたが読みたい、読んでよかった…と感じる書籍に、出会えると思っています。

しかも、かなりの低予算で…です。

もちろん、そのままの値段のこともあるでしょうが、全ての人が値引きをされていなければ、一冊も買わない…ということは無いでしょう。

確かに、この記事の最初では、普通の紙の本とは違い、kindleを始めとした、電子書籍というジャンルでは、結構な頻度で割引をされることが多くある…ということも事実ですし、このときの値引きも使い様だと思います。

ですが、もし、紙の本になくて、電子書籍にだけある本とかで、気になる内容があるのであれば、試しに、一冊買って読んでみるのも、とてもいいことだと思います。

実際に自分で読んでみないと、わからないことも多いでしょうし、読み進めていかないと、わからないこと、感覚というのもあります。

ですので、当然のこととして、無理に行う必要はありませんので、マイペースに利用をしていってもらいたいと思っています。

また、何かありましたら、他の記事を書いていこうと思います。


それでは、今日も最高の一日を!