今回は、先月発売された、エデンズゼロ第12巻の簡易レビュー記事になります( ̄ー ̄)



こちらから、Amazonへと移ります。











まず、この巻は、ドラッケン編の終わりと、次の章が始まる巻になります(((uдu*)ゥンゥン




29号世界からのドラッケン編でしたが…(;゚д゚)ゴクリ…


よ~やく、決着が付きます(;゚д゚)ゴクリ…


どのように、決着がつくのか(。´・ω・)?

というのは、当然、ここでは内緒です(((uдu*)ゥンゥン


ただ、このドラッケン編では、多くの人が、裏側で動いていたり…。

また、多くの人の人生に、何かしら関係をしている出来事が、結構あります(((uдu*)ゥンゥン


ですので、その辺の人間関係なども楽しめると思います。


とりあえず、無事に(。´・ω・)?

シキたちは、ドラッケンたちをやり過ごすのですが…(;゚д゚)ゴクリ…


外宇宙へと向かう前に、シキは一度、グランベルに向かいたい…と言い出します。


そして実際にグランベルに行くことで、真実を知ることになるのですが…。


そこでは、また、新たな真実を知ることになるのです(;゚д゚)ゴクリ…


さらには、29号世界と30号世界での微妙な違いに、大きく関わっている某人物も、登場をします(;゚д゚)ゴクリ…


さらに、さらに…(;゚д゚)ゴクリ…


ピンチの時に颯爽と登場をする、あの人も…(;゚д゚)ゴクリ…

作品を…いえ(笑)

世界を越えてΣ(゚Д゚;エーッ!

登場をしてくれます(((uдu*)ゥンゥン


と言うのが、大雑把な12巻の収録内容です(((uдu*)ゥンゥン



ただ、今回の12巻では、色々と、後々重要な内容に絡んできそうな情報が、沢山出てきます。

しかも、結構なページを使って出てきたり…(;゚д゚)ゴクリ…

一言、二言のセリフだけで出てきたり…と(;゚д゚)ゴクリ…

本当に、よ~く見ると、もしかして…(;゚д゚)ゴクリ…
というのが、沢山ありますので( ̄ー ̄)

暇な時にでも、繰り返し読んでみると、色々と見つかると思いますよ(((uдu*)ゥンゥン


繰り返し読めるのは、コミックの魅力の一つですからね(´ー`*)ウンウン




あとは…(;゚д゚)ゴクリ…


お話の表紙には、一部の登場人物たちのプロフィールが出てきますヾ(*´∀`*)ノ


意外な名前や情報に(´・∀・`)ヘー となること間違いなし(((uдu*)ゥンゥン

一部の情報に、ツッコミを入れることも間違いないでしょう(笑)


また、バトルシーンは、当然最高ですし(((uдu*)ゥンゥン

さらには、ついに、あの人が、〇〇を…ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
という展開もありますからね~( ̄▽ ̄)

個人的には、今作の主人公であるシキ君は、真島作品史上、一番破壊力がある主人公だと思っています(((uдu*)ゥンゥン

やっぱり、今までは、星の中のお話でしたから(((uдu*)ゥンゥン

今作のような宇宙が舞台のお話では、やはりスケールが違いますね( ̄ー ̄)

個人的には、NARUTOとドラゴンボールシリーズくらいの違いがあると思っていますΣ(゚Д゚;エーッ!

たぶん…(;゚Д゚)

今のところは…(;゚Д゚)

ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ



あとは、先程も少し書きましたが…。

物語の伏線的なセリフやシーンも沢山出てきますので、そういう部分も要チェックです(`・ω・´)



という感じで、今回はこの辺で(o*。_。)oペコッ


桜コスモス編の終わり…と言えるような12巻(((uдu*)ゥンゥン


ただ、まだまだ、シキたちの旅は始まったばかり…。

でもありませんΣ(゚Д゚;エーッ!


ようやく、はじまり…そうな段階になります(((uдu*)ゥンゥン



それでは、今日も最高の一日を!