今回は、こんな感じで。


まあ、他の記事でも少しばかり書いたかもしれませんが(笑)


先に、方法を書きましょうかΣ(゚Д゚;エーッ!


その方法とは…(;゚д゚)ゴクリ…


「歌を歌いながら、文字を読む」


これだけですΣ(゚Д゚;エーッ!


終わりΣ(゚Д゚;エーッ!



…(;・∀・)


これだけじゃ、ダメですかね? (笑)



まあ、ダメでしょうから、もう少し書きましょう(笑)




まず、

「イメージで文字を読む」というのは、良くある速読などで、

「1行を一目で読む」という時などに、必須の内容と言えるでしょう。



この時に多くの場合、

行の文字を脳内で音声化しない。

黙読をしない。

という注意があると思います。



というか、脳内で音声化をしていては、1行を一目で読む、認識をする、処理をすることはできません。


しかし、日本人の多くは学校教育を中心に、文字は必ず脳内で音声化をするべし…。

みたいな教育を受けています。



また、ひぐちアサさんの「おおきく振りかぶって」という漫画の一巻には、


速読は赤ちゃんのうちは誰でもできる、と言われています。

しかし、成長するにつれて、この能力を使えなくする教育をしているのです。


みたいな内容が登場をします。



まあ、おおふりの場合は、野球漫画ですので、今回の記事とは目的が違いますが(笑)



しかし、速読と言われる読み方は、本来、誰でも行えるのだ。


ということを知っているか、いないかの違いは、結構大きいので、この情報も、上手く使っていきましょう( ´ ▽ ` )ノ



もちろん、脳内でしっかりと音声化をする読み方も大切ではありますが…。

絶対の方法ではなく、選択肢の一つと言うのが本当の所です。



ですが、学校の影響が強すぎるのかは分かりませんが(;・∀・)

大人になっても、絶対に脳内で音声化をしなければダメ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

みたいな人は少なくありません。


しかし、この基準で常に行っていると、命の危険があるシーンも今では普通に沢山あります。


その一つが、車や自転車を運転しながら、道路交通標識を読むことです。


例えば、毎回、青看板を脳内で音声化していては、危険過ぎますよね((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


車や自転車を運転したことがある人は、分かると思いますが…。

交通標識を見つけるたびに、毎回脳内で音声言語化などしないで。

一目で、音声化しないで、その標識の内容を理解して、身体を動かしているでしょう。


例えば、目的地が亀有公園前派出所だったとして。


次の角を左に曲がり、直進500メートル先、亀有公園前派出所。


みたいな看板があれば、そのように身体を動かして運転をしていることでしょう。


この時にわざわざ、次の角を…と、全ての文字を音声言語化してから、身体を動かす人はいないでしょう。

というか、もし、そうしないと運転できないなら、自転車も車も乗ってはダメです。

危なすぎます。



ですが、

これは文字数が少ないから、できることでしょう…(´Д⊂グスン

と思う人もいると思いますが…(;゚д゚)ゴクリ…



それは、慣れの問題です(`・ω・´)



という一言で、解決をします(笑)




そもそも、最初に書いた、歌いながら文字を読む。

という方法には、歌を歌うことで、文章の文字を脳内音声化することを防ぐ目的があります。


また、実際には、脳内で歌を歌うのでもOKなのです。


ただ、やり易いのは、実際に口に出して歌うやり方だと思いますが…。


まあ、ココは個人差があると思います。



しかし、出来るのであれば、脳内で歌を歌いながら、文字を読む。


という方法の方が、色々とメリットはあります。


まあ、単純に言えば、時間を気にしないで出来る、ということですが(笑)


流石に深夜や早朝に、部屋で小声とはいえ歌っていると、色々と問題が起きる可能性は、高いですからね(笑)


そういうトラブルを回避するためにも、脳内で歌を歌う、という方法をおススメします。



ただ最初の内は、1行を一目で処理することは難しいかもしれません。


そういう場合は、1行を3分割などして、自分が読める量の範囲に区切ったり。

「、」などで範囲を区切る。

このようにして、少ない文字量、狭い範囲から始めるのがおススメです。


ただ、これでも難しい…(´Д⊂グスン

という人は…(;゚д゚)ゴクリ…


漫画から始めるのがおススメです。


漫画の場合は、吹き出しの中に、一つのセリフが完結した状態で、短く収まっています。


一部の、空知英秋さんの漫画や物語シリーズ原作の漫画、などの例外はありますが(笑)


基本的には、短い文章で、一つの吹き出しが完結しているでしょう。


なので、文章で行うのが苦手な人は、まずは漫画から始めてみるといいでしょう。

漫画のジャンルや、未読か、既読かも、気にする必要はありません。


ただ、一般的に、普通の文章にしても漫画にしても、既読の方が、スムーズに読み易いはずです。


まあ、その理由については、ここでは割愛でΣ(゚Д゚;エーッ!




という感じで、今回はこの辺で(o*。_。)oペコッ




そもそも、今回の記事を書くきっかけとなったのは…(;゚д゚)ゴクリ…


自分が歌を歌いながら、DFFOOというゲームのセリフを読んでいたことがきっかけです(笑)


というのも今では、このような歌を歌いながら、文字を読んだりしないので(((uдu*)ゥンゥン


すっかりと、忘れていた訳です(;´Д`)


その時に、あっ('◇')ゞ


となり(((uдu*)ゥンゥン


書いておきましょうか(・∀・)ウン!!


という状態になり(笑)


今回の記事が出来た訳です(笑)



ただ、今回の方法は、基本的にどこでも、いつでもできますが…。


他人の迷惑になったり、事故などの危険がある場所では、やめてくださいね。



それでは、今日も最高の一日を!